FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

ラマナイア・マジック、銀座へ。「南インド料理 アーンドラ・ダイニング」(銀座一丁目)

南インド料理ブームの先駆けとなった京橋「ダバインディア」。

この店のデビュー以来6年の間コックを務めたMr.ラマナイアはその後、
葛西「和印道」を経て、御徒町に「アーンドラ・キッチン」をオープン。
東京の南インド料理シーンを牽引してきました。

そして、ついに2012年2月2日、「ダバインディア」から徒歩5分ほどの銀座一丁目に、
アーンドラの二号店にあたる「アーンドラ・ダイニング」がオープン。

厨房を守るのは、もちろんMr.ラマナイアです。

「ダクシン八重洲店」「エリックサウス」と、
近隣に南インド料理店のオープンが続いた「ダバインディア」にとって、
「アーンドラ・ダイニング」オープンのニュースはまさに驚き以外の何物でもなかったことでしょう。

まさにこの銀座一丁目~八重洲にかけてのエリアは、
日本有数の南インド料理激戦区の様相を呈してきたようですね。
photo:02
さて、「アーンドラ・ダイニング」があるのは、銀座通り口の交叉点をちょっと脇へ入った場所。
photo:01
好立地ながら、知らなきゃ見過ごしてしまいそうな入り口です。

階段を上った二階にある店内。
photo:08
御徒町の「アーンドラ・キッチン」が街の小さな食堂ならば、
こちらは銀座らしい、堂々としたレストランとでも言えそう。
photo:09
南インド料理メニューはまさに多彩。
オープンしてすぐ訪れる南インド料理ファンの方々のほとんどが、
ミールスかドーサか、ドーサミールスを頼むと思うので、
ここは一つ、ググッと変化球でいきましょうか。
photo:03
アーンドラ・マトン・ヴェプドゥ ¥1390

南インドでも激辛で有名なアーンドラ・プラデーシュ州の料理。
ヴェプドゥとは炒め物です。
デフォルトでも素敵に辛いマトン炒めに、ココナッツがトッピングされてまさに南インド。
ネパールの辛いチョエラなんかが好きな人はハマる味ですね。
photo:04
トウガラシ・マトン ¥1490

英語表記もTogarashi Mutton
「ためしてガッテン」で紹介されたアーンドラオリジナルのカレーです。
photo:06
ドロッと濃厚なハーフウェットタイプのマトンカレーに青唐辛子系の辛さがバッチリ。
しかも具材としても青いししとうがタップリ。
まさに羊と唐辛子を愛する者のためのカレーですね。

いや~、辛さも美味さも大満足~!

カレーにあわせたのはこちら。
photo:05
プーリー ¥490

わはは。
羊と唐辛子と油づくしのディナーになっちゃった(笑)
そんなとき胃をいたわるのはこちら。
photo:07
マンゴー・クルフィ ¥540

さすが「ダバインディア」のクルフィとソックリ。
濃厚なマンゴーの風味にピスタチオの食感がアクセントとなって美味!

アラカルトで頼んでも、流石のラマナイア・マジック。
なんとも強力なお店が銀座に登場したものです。

次回は何人かで訪問して、色々食べてみたいですね。

ご馳走さまでした!


↓一日一回。クリックはこちら

店名

アーンドラ・ダイニング 銀座本店 Andhra Dining GINZA [ HP別ウィンドウで開きます]

最寄り駅銀座一丁目駅京橋駅宝町駅
ジャンルインド料理インドカレー
住所

東京都中央区銀座1-8-2 銀座プルミエビル2F (地図を見る) 

TEL03-3567-4005 
営業時間[月~金] 11:15~15:00(14:30LO) 17:00~23:00(22:00LO) [土日祝] 11:30~15:00(14:30LO) 17:00~22:00(21:00LO)

アーンドラ・ダイニング 銀座本店
インド料理 / 銀座一丁目駅京橋駅宝町駅
夜総合点★★★★ 4.0

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/1245-fdb2f651
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)