FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

ミクロクテノポマ・ファスキオラータム

FLYING ROPEFISH!-ファスキオ5
2007年3/18、市ヶ谷フィッシュセンターにて入手したこの魚、
インボイス名は「クテノポマsp.cfコンギカム」
「sp.」というのは、「~の一種」。
「cf」というのは、「confer:参照」つまり「多分~かな?」ぐらいの意味。
なので「クテノポマsp.cfコンギカム」は翻訳すると、
「多分クテノポマ・コンギカムかな?と思われるクテノポマの一種」
となります。回りくどいですね。

ちなみに、クテノポマ・コンギカムという種は、
日本の図鑑にも載っていなければ日本への入荷もない種で、
現在クテノポマ属からミクロクテノポマ属へと再分類されたため、
正しくはミクロクテノポマ・コンギカムと呼ばれている珍魚。

ミクロクテノポマ属は10cmに満たない小型クテノポマで、
ヒレや体に綺麗な模様が入るのが特徴。体型もクテノポマ属と比べるとやや細長く、
アフリカ版のワイルドベタといった風合いの仲間。
日本には、
ミクロクテノポマ・アンソルギー(茶色と赤の縞々が特徴)
ミクロクテノポマ・ファスキオラータム(伸張する青いひれに入った細かい模様が特徴)
ミクロクテノポマ・ナヌム(普段はこげ茶、発色すると青味がかった縞が出るのが特徴)
の三種が入荷します。

ちなみにミクロクテノポマ・コンギカムは黄色がかった体色が特徴で、
ヒレには不規則な縞模様が入る種。
FLYING ROPEFISH!-ファスキオ4
この「クテノポマsp.cfコンギカム」の場合、
小豆色の体色にところどころ金色の発色がありますが、
ヒレに入る模様は縞にならず断続的なスポット状になっており、
かつ状態が上がったときには青味を帯びることからおそらく、
ミクロクテノポマ・ファスキオラータムの一タイプであろうと思われます。

FLYING ROPEFISH!-ファスキオ9
ミクロクテノポマ・ファスキオラータム
学名:Microctenopoma fasciolatum
別名:クテノポマ・ファスキオラータム(ファスキオラートゥム)
最大長:8cm
原産地:コンゴ、ザイール

ミクロクテノポマ属のなかでもアンソルギーと双璧をなす美種。
アンソルギーが生餌以外になかなか餌付かず神経質なのに比べ、
本種は何でも食べかつ物怖じしないので非常に飼いやすいです。

しかしこの個体は意味不明のインボイスで入ってきただけあって、
ノーマルのファスキオラータムとは少し趣が異なっているようです。
FLYING ROPEFISH!-ファスキオ8
まずは小豆色を基調にした体色。
ノーマル個体と比べると赤みが強いです。
FLYING ROPEFISH!-ファスキオ2
またエラ蓋など所々に金色の発色をしており、
それがコンギカムと混同された要因かと思われます。

そしてさらに体型。
FLYING ROPEFISH!-ファスキオ3
見事に反り返った頭部。アロワナでいうところのスプーンヘッド。
クテノポマの仲間は同じ種であっても体型が異なるタイプがいくつか見られることが多く、
洋書の「Aqualog:Labyrinthfish」では体型の違いごとの写真が紹介されているのですが、
この本によるとこのスプーンヘッドは「form C」というタイプに該当します。

FLYING ROPEFISH!-ファスキオ7
ヒレをピンと張った状態。結構ゴージャス。
ベタと同じアナバンデッドに属するだけあって、威嚇するときにはヒレを拡げます。

その様子を紹介。

FLYING ROPEFISH!-ファスキオ
混泳相手のクテノポマ・ウィークシーを発見。

FLYING ROPEFISH!-ファスキオ3
ヒレをギラギラと拡げながら相手を包囲・・・

FLYING ROPEFISH!-ファスキオ2
回転しながら自分の優勢を主張。

FLYING ROPEFISH!-ファスキオ6
そして、チャージ!

(ウィークシーの体側には、攻撃の的となる黒点があるんです。 →記事「クテノポマ・ウィークシー」参照)

とまあ、こんな具合でたまーに小競り合いをするのですが、
ベタと違い、相手のヒレをボロボロにしたり弱るまで痛めつけたりということはなく、
自分の優位が確保されたと思ったらまた何事もなく仲良くしています。

FLYING ROPEFISH!-ファスキオ
小さいけど丈夫で、時々思いもよらず派手になる、
そういう意味ではなかなか飽きのこない魅力の魚といえるでしょう。

人気ブログランキング参加中。
いつもクリックありがとうございます。
クリックはこちら

FLYING ROPEFISH!-ranking banner
関連記事

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

コメント

2. さすが

ラビリンス系かなりお詳しいですね!
市ヶ谷は私もかなり使います。
あまり流通しない魚が無理の無い価格で出ているので重宝です。

ナヌムは飼った事がありません。
というのもナヌムで売られている魚ではっきりとナヌムの特徴のある個体を見ることがなかなか無いからです。
育てるとどうなるのでしょう?
はっきり差が出るものでしょうか?

マクラータムはかなり好きなクテノポマですが、
過去二回☆にしてしまったことがあります。
調子を崩して、とかケンカして、とかではなく、
ある日突然ポックリ。
かなりおとなしい魚なので、ひょっとすると混泳ストレスに弱いのかもしれません。
しかし10cm以上に育ったマクラータムは相当いいですよ!
おでこ出てきて、全身に新しい10円玉みたいなメタル感が出てきて、そして何より、ヒレが黄色に染まってきます!!

あー、またトライしたい。

またクテノポマ報告お願いいたします!!

  • 2009/05/13(水) 08:50:15 |
  • URL |
  • ropefish #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

1. 無題

こんばんは。
ファスキオラータムも青系ギラギラでとてもいいミクロクテノポマですが、この子もいわゆるファスキオラータムとちょっと違った風合いでいいですねー。
スプーンヘッドタイプというのがたまりません。

GW中、実家に帰り次いでに、市ヶ谷フィッシュセンターに寄り、クテノポマ・マクラータムをゲットしました。それと我が家では2尾目のウィークシーとナヌムも買ってしまいました。

地方にいるともっぱら通販に頼り勝ちですが、久しぶりの生体購入、新幹線で帰ってくるときは、なんともいえないいい気分でした。

これからも、クテノポマUPを期待しております。

  • 2009/05/12(火) 18:33:53 |
  • URL |
  • 松風 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/124-a336aac6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)