FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

欧風カレーの宿命。「ペルソナ」(神保町)

「欧風カレー」という料理ジャンルは、海外の方々にとってなかなか好奇心を引くもののよう。

つまり、ヨーロッパに行けば欧風カレーの本場などあるわけもなく、やはりカレーライス同様日本独自に進化した、まぎれもない日本食であるわけです。

そもそもカレーライス自体、ルーツが大英帝国海軍であることを考えれば、
欧風といえなくはない。

そんな中、欧風カレーというジャンルが確立した背景には、
高島平「インディラ」から名店「ボンディ」を経て、
その弟子筋へと拡がる、いわゆる「ボンディ系」の存在が中心にあるからに他なりません。
photo:01
この神保町「ペルソナ」もそういった「ボンディ系」の一つに数えられる、
由緒正しき欧風カレー店。

「ボンディ」から独立した店主が、まさに近所の裏道にオープンしたお店です。
photo:09
物静かな店内。
ゆったり欧風カレーを味わうにはよい環境ですね。
photo:03
本家ボンディより100円ちょっと安く設定された価格。
しかし一皿1200円のカレーは高級カレーに違いはありません。
ちなみに会計時、次回300円割引券をもらえるので、
近隣のリピーターにとってはなかなか値ごろ感のあるお店だとも言えます。
photo:04
ペルソナの特徴の一つは、二種、三種の具材を組み合わせるミックスカレーの存在。
合い掛けではなく、あくまでもミックスである点に注意。
photo:05
注文を済ませると、ボンディ系のトレードマークとも言えるジャガイモが登場。
小食な方はこれでお腹を膨らませないよう気を付けましょう!
photo:06
ダブルミックスカレー(ビーフ&ナス)¥1300

まさに欧風カレーならではの組み合わせ。
ライスにチーズが乗っている点はボンディと共通ですが、
小梅が乗っていない点が異なります。
photo:08
カレーの見た目はボンディそのもの。
ビーフとナスが半々で入っています。
これがダブルミックス。
肉自体のボリュームはボンディよりも控え目ですね。

ちょっとだけ庶民派、ちょっとだけ軽めのボンディといったところでしょうか。

と、結局どうしてもボンディとの比較になってしまうのはいた仕方ないのでしょうね。
photo:07
ブレンドコーヒー +¥300

こうやって食後のコーヒーをゆったり飲むには、ボンディより良いかと思います。
ゆったりしてますからね。

ご馳走さまでした。

↓一日一回。クリックはこちら


欧風カレー専門店 ペルソナ
電話番号:03-3295-3578
住所:東京都千代田区神田神保町1-28-9
営業時間:11:30~15:30 17:30~21:00
定休日:日曜・祝日


欧風カレー専門店 ペルソナ欧風カレー / 神保町駅新御茶ノ水駅御茶ノ水駅

関連記事

コメント

1. 香り漂う写真ですね

カレーも珈琲も香りが漂ってきそうです。

重厚な雰囲気ですね。

カレーの写真は麻薬です。

見ているとほしくなって、禁断症状がでてきます。

  • 2012/01/29(日) 01:41:23 |
  • URL |
  • 白井賢人 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/1223-4d794745
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)