FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

カンボジアタイガーバルブ -その2-

カンボジアタイガーバルブ -その1- の続き。

FLYING ROPEFISH!-カンボジアタイガー2
カンボジアタイガーバルブ
学名:Probarbus labeamajor
別名:シックリップバルブ
最大長:150cm
原産地:メコン川流域

「プロバルブス」と呼ばれる原始的なコイの仲間。
同属のタイガーバルブ Probarbus jullieni はコイ科で唯一CITESⅠに指定されている貴重な種。
同属3種のうちもう一つは、Probarbus labeaminor
本種がシックリップ(分厚い唇の)バルブ(鯉)というのに対して、labeaminorのほうはシンリップ(薄い唇の)バルブと呼ばれているそう。

しかし、あまりにも情報が乏しいため、
Probarbus属3種の区別はよく判らないのが実情です。

FLYING ROPEFISH!-カンボジアタイガー11
現在10cm超。
各ヒレをピンと張った状態で泳ぐ姿は、なかなかかっこいいもの。

FLYING ROPEFISH!-カンボジアタイガー3
各ヒレは大きめ。

FLYING ROPEFISH!-カンボジアタイガー9
体側にはタイガーフィッシュのような黒いラインが入ります。

FLYING ROPEFISH!-カンボジアタイガー7
低層を泳ぐ姿はどことなくエンツュイにも似ています。

FLYING ROPEFISH!-カンボジアタイガー10
性質は今のところ温和。
結構いろんな魚にヒレをつつかれていましたが、
泳ぐ速度も案外速く、傷はすぐ治りました。

FLYING ROPEFISH!-カンボジアタイガー14
本家タイガーバルブ同様口は下向きで、
コケを舐めたり、砂を口に含んだりしています。

FLYING ROPEFISH!-カンボジアタイガー
口がにゅっと伸びます。
いわゆる「ベントス食」ですね。
しかし一方で人工飼料にも反応し難なく食べてくれる丈夫な奴です。

FLYING ROPEFISH!-カンボジアタイガー12
幼魚だからか、本家タイガーバルブとどこが違うのか、
現在まるでわからない状態。

いずれにしても原始的なコイである事に間違いはないのですから、
暖かく見守っていきたいものです。

人気ブログランキング参加中。
いつもクリックありがとうございます。
クリックはこちら

FLYING ROPEFISH!-ranking banner
関連記事

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

コメント

2. 無題

カンボジアタイガーバルブという名前の入荷はおそらく初だと思います。

ちなみにサイテスのタイガーバルブは東京タワー水族館で見ることができますよ。

  • 2009/03/27(金) 10:23:35 |
  • URL |
  • ropefish #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

1. 昨日の聞き馴染みのある名前も…

今回の憶えのない名前も希少価値の動物なんですね…

  • 2009/03/25(水) 00:55:45 |
  • URL |
  • kein3650 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/121-da073cd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)