FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

「蒙古タンメン中本」カップ麺

激辛の殿堂。
ゲテモノの名店。

などと神格化される上板橋の名店「蒙古タンメン 中本」。
その看板メニューである「蒙古タンメン」がカップ麺として昨年末から販売されています。

FLYING ROPEFISH!-中本カップ
このカップ麺、セブン&アイと日清食品、そして中本の3者がコラボ、共同開発して誕生したもの。
販売されているのは、セブン&アイ傘下のセブンイレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマート、シェルガーデンのみ。

セブン&アイの独自商品路線の一環ですね。
私も「あえて」セブンイレブンに足を運ぶのは、このカップ麺を購入するときだけです。
コンビニ側としてはこういった「動機付け」が非常に大事なんでしょうね。
セブン&アイと中本のコラボはこれが初めてではなく、
以前「蒙古タンメンベビースター」という商品も発売されていました。

FLYING ROPEFISH!-中本カップ2
麺の量(60g)
178円(370kcal)

食べてみての感想は、もちろん中本の蒙古タンメンとは別物、ということ。
しかしそれは正しいことで、
蒙古タンメンに似た味がカップに入っていても、食えたもんじゃないです、と。

むしろこの味は、
「よくできた激辛カップヌードル」であり、
辛いもの好きにとっては、「全てのカップヌードルの中で一番美味しい」のです。

それだけで、必要充分じゃないでしょうか。

繰り返しますが、よくできた味です。

お奨めしますよ。

しかし近所の店が商品化されるのは、なんとなくうれしいものです。
ただ、中本さんには、過剰なチェーン展開をせず、
「名店」としてのスタンスを守っていただくよう、そちらも期待しています。

人気ブログランキング参加中。
いつもクリックありがとうございます。
クリックはこちら

FLYING ROPEFISH!-ranking banner
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/119-db27fa31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)