FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

危険な上海ファーストフード。「永祥生煎館」(池袋)

テイクアウトメインの小さな小さなお店です。
photo:01
「永祥生煎館」

ヨォンシャアンシェンシェンクァンと読むそうです。

ヨォンシャアンシェンシェンクァンヨォンシャアンシェンシェンクァン、
ヨォンシャアンシェンシェンクァンヨォンシャアンシェンシェンクァン・・・

憶えられません。

どうやらここ、上海ではなかなか有名なチェーン店なのだそう。
池袋のこの小さなお店もテイクアウトの中国人でにぎわっていましたよ。
photo:02
メニューはとてもシンプル。

焼小龍包と、牛カレースープのみ。

まぁ、カレーメニューがあるということで、
カレー細胞的には試してみる義務が発生・・・ということですね。

photo:07
お店の壁にはどこかで見たことのあるマークが。

photo:03
物凄く狭いイートインカウンターで、全メニュー注文してみましたよ!!
(全2種)

photo:04
牛カレースープ(小)¥130

その価格設定にも驚きますが、その価格設定を納得させるほどのジャンク感にもビックリ。
インスタントの春雨スープにカレー粉を混ぜ、インスタントラーメンの肉を入れたような味。

ジャンクジャンクジャジャンクー!!!

でも美味しいっちゃあ美味しい。
手軽にあったまるのには良いカレーメニューかもしれませんね。

photo:05
焼小龍包(4ヶ)¥380

さて、こちらが正真正銘の看板メニュー。
見た感じ、巣鴨「ファイト餃子」やその他全国に散らばるホワイト餃子にも似ていますね。

しかしここでウマソーなんてガブリといったら大変な目にあいます。

アッツアツに焼かれたこの小龍包、そのカリッと固めの皮の中はなんとアッツアツのスープ。
思いっきりかじったが最後、消防隊の放水訓練のようにスープが飛び出し、
思いっきり火傷してしまうという危険な代物なのですから(笑)

私も店内の注意書きを見て、慎重に皮だけをかじろうとしたのですが・・・
やっぱり噴き出しちゃいました。

ビヤャャャ~ッと。

予測はしていたので、気分的にはこんな感じで避けたはずだったのですが・・・
$カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
ちょっと袖をかすめシミになってしまいました。

なかなか手ごわいですね。

さて、あまりに危険なこの食べ物、しかしお味はなかなかのもの!!!
photo:06
火傷やシミの危険を覚悟の上でまた食べたいと思わせるのだから、
本当に大したものです。

みなさんも一度試してください。

慎重に皮だけをかじり、スープを吸ってから食べると安全なようです。
また、思いっきりスープをかぶって火傷したとしても、
お店には火傷薬が常備されているので安心(笑)!

もしくは・・・

鍛錬を重ね、ここまで素早くスープを避けられるようになれば・・・
$カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
もうこの店のヒーローになれることでしょう。

ご馳走様でした!


↓一日一回。クリックはこちら
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル FLYING ROPEFISH!-ranking banner食べログ グルメブログランキング

永祥生煎館餃子 / 池袋駅東池袋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5


関連記事

コメント

2. Re:ここ美味しい!

>遊香さん

さすが!私は屯ちんが混んでいたので、
こちらを発見したんですよ。

  • 2011/12/31(土) 23:52:51 |
  • URL |
  • ropefish #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

1. ここ美味しい!

なんつっ亭の後なのについ買ってしまったけれど、しっかり完食しましたw
蒸したのより美味しいよね。

  • 2011/12/24(土) 18:06:09 |
  • URL |
  • 遊香 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/1178-5fed78cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)