fc2ブログ
2024/04/19
2024/04/17
2024/04/16
2024/04/14
2024/04/07
2024/04/03
2024/04/01

2024年04月

        

東西融合、鴨のコンフィとスパイスカレー。『リゴレット バーアンドグリル』(六本木)

category - [六本木,神谷町]
2024/ 04/ 19
                 
六本木ヒルズ。
「スパニッシュイタリアン」を標榜し、アメリカンダイナー要素も加えた人気店。


『RIGOLETTO BAR AND GRILL リゴレット バーアンドグリル』

オープンでインターナショナルな空気感。

取引先とのランチミーティングに利用するエグゼクティブも多い様子ですね。

ピザやパスタ、グリル料理にハンバーガーと多彩な料理を展開するこのお店が「六本木ヒルズカレーグランプリ2024」のために用意したメニューはこちら。

★フランス産骨付き鴨肉のコンフィとスパイスカレー ¥2,310(税込)
※ 平日のみサラダ・ドリンク付き

キャッチコピーは「東西の食材と技法が皿の上で出合い、初めて知る美味の世界へと誘う」

フランス産の鴨もも肉を3時間ほど油で煮た鴨肉のコンフィはたまらない香ばしさ。

皮目はパリッと、身はほろほろな仕上がりが贅沢極まりない!

サラサラのカレーは鶏ガラをじっくり煮込んでとったスープにたっぷりのスパイスを使用。
カレー自体はあえて塩味強めで仕上げており、鴨コンフィ、ジャスミンライス、パクチー、赤玉ねぎ、フライドオニオンと混ぜ合わせて良きバランスになるという設計です。

こちらのスペシャルカレーメニューはランチタイムのみ1日20食の提供。

平日ランチタイムにはサラダ・ドリンクもついてさらにお得です。


そうそう、あわせたドリンクはこちら。


★チャイラッシー (通常価格¥680)

カレーにはチャイ派、ラッシー派、どちらも満たされるダブルテイスト。
シナモンの香りと乳脂肪分のまろやかさで、舌をスッキリリセットしてくれますよ。

よ。

六本木ヒルズ カレーグランプリ 2024 」3/26~5/6開催!
この期間、この場所でしか出合えない美食カレーをお楽しみください。
わたくしカレー細胞も公式アンバサダーとして参加しています。

ぜひ!

●最新の活動について・お問い合わせはこちらから
カレー細胞/ポケットカレー 公式サイト

カレー細胞 Official Store
カレー細胞プロデュース「ポケットカレー」のご購入はこちらから


●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell
スポンサーサイト



                         
                                  
        

四川伝統料理シェフが麻婆豆腐×カレーを作ったら。『老四川 飄香小院』(六本木)

category - [六本木,神谷町]
2024/ 04/ 17
                 
「麻婆豆腐はカレーか否か」

カレーとは何か?を議論する際によく出てくる問いです。
そのヒントを探りに六本木ヒルズへ。

折りしも現在、六本木ヒルズカレーグランプリ2024が開催中。
参加店に「カレー×麻婆豆腐」をテーマとしたお店が2つもあるのですから。

一つは先日訪問した『蝋燭屋』。
そしてもう一つがこちら。

『老四川 飄香小院』

「昔の四川が漂い香る」という店名通り、伝統料理から家庭料理まで四川の味の伝承が信条。


そんなお店が六本木ヒルズカレーグランプリのメニューとして用意したのは1日10食限定提供のこちら。

★咖喱麻婆豆腐蓋飯/柔らか豆腐のカレーマーボー豆腐丼 ¥1,980
※ サービス料別(10%)

短角和牛入りの挽き肉に、毎朝店で作る柔らかく濃い味の豆腐。
さらに自家製豆板醤とホールの豆鼓。品のある痺れを帯びた麻婆豆腐がベースでありながら、かなり濃厚なカレー味が。
カレー粉を用いているわけではありません。
麻婆豆腐にはないカレー要素であるターメリックやパウダースパイスを慎重に補し「しっかりカレー味の麻婆豆腐」に仕上げているんです。
https://currycell.blog.fc2.com/img/fc2blog_20240416225234e95.jpg/“>https://blog-imgs-174.fc2.com/c/u/r/currycell/fc2blog_20240416225234e95s.jpg”/>
ターメリック色に染まる油。
クミン、コリアンダーも(パウダーと思うけど)感じます。
これで実際、世の中で「麻婆カレー」と呼ばれるどの皿よりカレー味が強いともいえるのですが、それでもこれは麻婆豆腐であり続けるのですよね。


そう、答えはシンプル。
四川伝統料理を軸とするこのお店にとって、麻婆豆腐は決してカレーではない。
麻婆豆腐を構成する香辛料は「カレー味」には寄与しない。四川料理にカレーはほぼ存在しない。

ということで今回のカレーグランプリでは「麻婆カレー」ではなく「カレー味の麻婆豆腐」を作った、ということなのです。

あくまでも麻婆豆腐である、その前提での特別なカレーアレンジ。まさに四川料理人の矜持と言えましょう。

しかし、だからといって
「麻婆豆腐はカレーか否か」という問いに対する普遍的な答えが出たわけではありません。
カレー側から見て、カレーの可能性や自由度、寛容さを語る視点では「麻婆豆腐だってカレーと言える」わけですから。

(こういう思考実験は楽しいですよね)

ともあれ、話をこのカレー麻婆豆腐に戻しましょう。
四川麻婆豆腐として、ホールの豆鼓をガッツリ用い深い旨味を出しているのが高ポイント。聞けば豆鼓で塩味が強くなりすぎるのを抑えるため、一度水で洗う手間をかけているのだそうです。

さらに、添えられた漬け物。

実はこれ、四川伝統の泡菜(パオツァイ)というもので、天然の乳酸菌を付けているのだとか。四川料理のイメージとは真逆な、爽やかでスッキリな味わいなのですが、成る程。
カレー味の麻婆豆腐という濃厚極まりない料理のあいだに摘むと、舌のリセットに大活躍。これも四川の知恵なのでしょうね。


あ、ペアリングは、スパイス料理を引き立てるスペインの赤ワイン「テンプラニーリョ」がオススメですよ。

「六本木ヒルズ カレーグランプリ 2024」3/26~5/6開催!
この期間、この場所でしか出合えない美食カレーをお楽しみください。
わたくしカレー細胞も公式アンバサダーとして参加しています。

●最新の活動について・お問い合わせはこちらから
カレー細胞/ポケットカレー 公式サイト

カレー細胞 Official Store
カレー細胞プロデュース「ポケットカレー」のご購入はこちらから


●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell
                         
                                  
        

韓国料理×カレーのフロンティア、その可能性。『KOREAN BBQ 水剌間』(六本木)

category - [六本木,神谷町]
2024/ 04/ 16
                 
「韓国料理×カレー」

この組み合わせはかなりのフロンティアだと思っています。

唐辛子を主体とした刺激、そして副菜を混ぜることによる味のパレット効果。
このあたり南インド料理と共通するアプローチなのに加え、東アジアの食文化として日本との共通点も多い。
「カレー」との親和性が高いはずの韓国料理、実はあまり掘られていないと感じているのです。

現在開催中の六本木ヒルズカレーグランプリ2024に興味深いお店がエントリーしています。
六本木ヒルズ ウエストウォーク5階。

『KOREAN BBQ 水剌間』

「水剌間(スラッカン)」とは「宮廷の台所」の意味。
本店を恵比寿に構える人気店であり、この六本木ヒルズ店は系列店の中で最も「肉」に重点を置いた店舗となっています。

オープンキッチンのライブ感も楽しいですね。

さて、『六本木ヒルズカレーグランプリ2024』会期に合わせ提供している注目メニューはこちら。

★水剌間特製タッカルビの石鍋カレーピビンバ ¥2,600

パチパチと音を立てて運ばれてくる極熱の石鍋ピビンバ。
ここに特製カレーをかけ、ガッツリと混ぜていただく一品です。

カレーの隠し味は自家製コチュジャンや棗(なつめ)ジャム。
甘さの後にやってくる旨辛がとっても心地良いんです。


ボリュームたっぷりの鶏肉はヨーグルトやガラムマサラに漬け込んで焼いた大和肉鶏のもも肉。
肉質最高、これはまさに韓国風タンドリーチキン!

5種のナムルも合わせガッツリ混ぜ合わせれば味や食感にメリとハリ。

おこげ部分もまた独特な味わいになって最後まで楽しめます。

唐辛子の辛さを刺激点にして、米や肉、様々な副菜をガッツリ混ぜていただくということ自体、
インドやその周辺国の食文化に通ずるものが。

今回のカレーはもちろん韓国料理のほうに軸足を置いているのだけど、
逆にインド料理に軸足置いて韓国要素を入れても面白い。(コチュビリヤニ、なんて)
そう思ったのでした。

合わせるお酒は発泡性の「福順都家 ソンマッコリ」(グラス¥1,300)がオススメ。
ラッシーのように辛さをなじませてくれますよ。

「六本木ヒルズ カレーグランプリ 2024」3/26~5/6開催!

この期間、この場所でしか出合えない美食カレーをお楽しみください。
わたくしカレー細胞も公式アンバサダーとして参加しています。

●最新の活動について・お問い合わせはこちらから
カレー細胞/ポケットカレー 公式サイト

カレー細胞 Official Store
カレー細胞プロデュース「ポケットカレー」のご購入はこちらから


●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell



関連ランキング:韓国料理 | 六本木駅麻布十番駅乃木坂駅

                         
                                  
        

市民の憩い空間に、容赦なき激辛カシミールを。『カレーの店 ボンベイ タカシマヤフードメゾンおおたかの森店』(流山おおたかの森)

category - カレー&スパイス・千葉県
2024/ 04/ 14
                 
流山でビシッとしたカレーが食べたい!
となれば迷わずこちら。

つくばエキスプレス 流山おおたかの森駅を降りてすぐ、流山おおたかの森ショッピングセンター。

子供たちの笑い声が聞こえます。
ショッピングセンターの中央広場は老若男女、市民の憩いの場になっているんですね。

そんなショッピングセンターの中にある「タカシマヤフードメゾン」。

お目当てのお店はここにあります。


『カレーの店 ボンベイ タカシマヤフードメゾンおおたかの森店』

1956年創業、日本カレー史に輝く名店『デリー』から1968年に暖簾分けし、今では柏を代表するカレー名店となった『柏ボンベイ』。
その支店として2020年にオープンしたのがこちら。

ショッピングセンターの中での半ばオープンな店構えは、かつて六本木にあった『デリー東京ミッドタウン店』を彷彿とさせますね。


基本メニューは『柏ボンベイ』とほぼ同じです。

オーダーしたのはやはりこちら。

★カシミールカレー ¥950

『デリー』そして『ボンベイ』のシグニチャーである極辛口カレーです。


他の『デリー系』ではカシミールをコンスタントに食べてはいるものの、久々に『柏ボンベイ』のを食べたらバチバチに辛い、というか痛い。
けどそれがいいんです。辛くて痛くてヒリヒリするような感覚の中に溢れ出す旨み。これこそカシミールの醍醐味ですね。
はぁぁ。


★デミタスコーヒー ¥100

原材料高騰の折、サービスだったデミタスコーヒーは有料になりました。
良いと思います。
やっぱり『ボンベイ』のカシミールの後はこれを飲みたくなるんですよね。

店構えはオープンながら、ハードコアな『柏ボンベイ』の味はそのまま。
すぐ外で遊んでいる子供たちも、早いうちにここでカレー英才教育をしてほしいものですね。

●最新の活動について・お問い合わせはこちらから
カレー細胞/ポケットカレー 公式サイト

カレー細胞 Official Store
カレー細胞プロデュース「ポケットカレー」のご購入はこちらから


●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell
                         
                                  
        

北千住、クラフトビリヤニの洗練。『ビリヤニ食堂 BIRYANI SHOKUDO』(北千住)

category - [千住,綾瀬,葛飾エリア]
2024/ 04/ 07
                 
古民家でオリジナルビリヤニを提供して人気だった北千住『ビリヤニ食堂』。
店舗立ち退きに伴って一時閉店していましたが2023年6月13日、無事に移転再開。

『ビリヤニ食堂 BIRYANI SHOKUDO』


以前とはうってかわってモダンな店構え。

けれどエキゾチックなインテリアは健在です。

実はこちら、同じ北千住の『タンブリン カレー&バー』の姉妹店。
スリランカ料理を基軸にしたスパイスBAR『タンブリン』に対し、こちらのメインはビリヤニ。
近年知名度が急激にアップしたビリヤニですが、まだまだ知らない方も多数。
ショップカードには「スパイスご飯とチャイの店」とわかりやすい謳い文句がありましたよ。


★本日のビリヤニ・スペシャルセット ¥2035

日替わりメイン、副菜3種、カレー、ライタ付き。

この日のメインはスペアリブ。

骨付きで、けれど肉もたっぷりボリューミーで実に贅沢です。

ビリヤニはグレービーがしっかり絡んだ濃厚仕上げ。
カルダモン、クローブ、ブラックペッパー、シナモンといったホールスパイスもザクザク。肉肉しいスペアリブと一緒に食べるとたまらんですね。

パクチーがたっぷり乗ったカレーはトマトのパリップ(スリランカ式豆カレー)。
このあたりは『タンブリン』系列ならでは。

かつての北千住の、場末感漂う飲み屋街イメージとは真逆の洗練、そして振り切り。
周りにもちょくちょくセンスの良い店が見られるようになりました。

勝負する店が増えれば街自体が変わる。
北千住はまさにその途上であるようです。

●最新の活動について・お問い合わせはこちらから
カレー細胞/ポケットカレー 公式サイト

カレー細胞 Official Store
カレー細胞プロデュース「ポケットカレー」のご購入はこちらから


●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell



関連ランキング:インド料理 | 北千住駅牛田駅京成関屋駅

                         
                                  
        

和食・鮪・南インド。一期一会の異色カレー。『鐵ちゃん』(六本木)

category - [六本木,神谷町]
2024/ 04/ 03
                 
現在開催中の『六本木カレーグランプリ2024』、今回の訪問店はこちら、

六本木ヒルズ メトロハット地下2階。

『鐵ちゃん』

マグロ料理が人気の和食屋ですが、合同店舗として寿司の『ぴんとこな』が店内にある、異色のスタイルです。

寿司も和定食もSAKEもいただけてインバウンド客にも人気。
そんなお店まで参加している『六本木ヒルズカレーグランプリ』、多様性が半端ではありません。



カレーを待っている間、板前さんにお寿司を握っていただきましょう。(なかなかないシチュエーション)

★赤身 ¥500
★鯛 ¥350


流石は流石、まずはマグロを食べるべき。

さて、『鐵ちゃん』が六本木カレーグランプリ2024のために編み出したのはこちら。

★マグロのハラモティッカスパイスカリー ¥2,280

思わず「おおっ!」と声が出るビジュアルですよね。
和食のお店ながら、今回挑戦したのはなんと「南インド風カレー」なんです。

サラサラなカレーは2種あいがけ。
マスタードシードをはじめとしたフレッシュなスパイス使いの「インドカレー」(写真上)と、クリーミーな甘さが辛味を引き立てる「ココナッツカレー」(写真下)。
どちらも鰹出汁を隠し味に用いているのが和食屋らしいですね。

さらに!
ライスの上に鎮座するのは刺身で食べられるほど新鮮なマグロの希少部位「ハラモ」を用いたティッカ。

ハラモをまずは醤油・ニンニク・生姜に漬け、さらに自家製マサラに半日漬け込み、こんがりと焼き上げて、揚げネギをパラリ。
このティッカがとにかく濃厚スパイシー!
辛さと酸味の奥からしっかりとしたマグロの旨み。
この濃い味がサラリとしたカレーとベストバランスなのです。

インドのスパイス技法を用いながら、和の要素もしっかり。実に良くできているのですが、やはりこれ、仕込みはかなり大変な様子。

いわゆる日本のカレーと違って南インドのカレーはスパイスのフレッシュさが命。
結果、寿司職人が毎朝スパイスを挽くことに。しかも手にスパイスの香りがつくと寿司が握れないので仕込み中は手袋を三重にはめているのだそう。

そんなこんなで1日限定8食。
食材の貴重さ以上に貴重なプレミアムカレーとなったのです。

ぜひゲット狙いましょう!

そうそう、せっかくお酒が豊富な和食のお店。
ペアリングとしては麦チョコのような香ばしさが光る宮崎県の大麦焼酎「青鹿毛」(グラス¥780)をロックで。

スパイスに負けない強い香りですよ。

●最新の活動について・お問い合わせはこちらから
カレー細胞/ポケットカレー 公式サイト

カレー細胞 Official Store
カレー細胞プロデュース「ポケットカレー」のご購入はこちらから


●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell



関連ランキング:海鮮・魚介 | 六本木駅乃木坂駅麻布十番駅

                         
                                  
        

立川でインバウンド人気、野菜とザンギが美味い札幌スープカレー。『Rojiura Curry SAMURAI. 立川店』『立川)

category - [中央線 小金井,国分寺,立川]
2024/ 04/ 01
                 
東京でも順調に店舗数を増やしている札幌スープカレーの人気店『Rojiura Curry SAMURAI.』(サムライ)が立川に進出。

『Rojiura Curry SAMURAI. 立川店』

立川駅北口「GREEN SPRINGS」2階に2024年1月31日オープン。


ウェイティングスペースで席が空くのを待っている間はメニューや「本日のお野菜」リストをチェックしておきましょう。


店内にはカウンター席、テーブル席が。
そのほかテラス席もあり、これからの季節は気持ち良さそう。

タブレットでのセルフオーダーも可能です。

日本語、英語、中国語、韓国語、ベトナム語に対応でインバウンド対策もバッチリ。


★侍.ザンギ&チキン1/2と野菜 ¥1760
・スープ:レギュラー
・辛さ:6(ピッキーヌ入り)+¥110
・ライス:M(180g)
・キーマトッピング +¥275
計 ¥2145


スープの素となるブイヨンは札幌にあるスープ工房で作っており、豚肉、親丸どり、ニンジン、タマネギ等の素材を大量に用い、濃厚で少しトロみがあるのが特徴です。一杯あたり100gほどの野菜が溶け込んでいるそうですよ。

具材として入っている野菜は12品目。
新鮮かつ甘みが強い野菜が多いのでスープの辛さアップは正解です。
どの野菜も美味しいのだけど、この日は紅芯大根、たまらなかったなあ。
そしてゴボウ、これはいつだって美味しい。

ちなみに辛さ5以上でタイの激辛唐辛子ピッキーヌが入るのだけど、これが立派すぎてサヤインゲンみたい。
油断してパクッといかないようご用心を。


北海道のこだわり米を用いたライスの上にはザンギ。北海道のご当地鶏唐揚げですが『SAMURAI. 』のザンギは本当に美味し。
個人的には『SAMURAI. 』のマストアイテムです。

この日店内に飛び交うのは中国語。
ひょっとして日本のスープカレー、海外から注目されているのかしら?

●最新の活動について・お問い合わせはこちらから
カレー細胞/ポケットカレー 公式サイト

カレー細胞 Official Store
カレー細胞プロデュース「ポケットカレー」のご購入はこちらから


●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell