fc2ブログ
2024/03/31
2024/03/30
2024/03/29
2024/03/28
2024/03/27
2024/03/24
2024/03/22
2024/03/21
2024/03/20
2024/03/20
2024/03/19
2024/03/17
2024/03/16
2024/03/15
2024/03/14
2024/03/13
2024/03/12
2024/03/11
2024/03/10
2024/03/09
2024/03/08
2024/03/08
2024/03/06

2024年03月

        

コクーンシティの力強い武蔵野うどん。『肉汁饂飩屋 とこ井 さいたま新都心店』(さいたま新都心)

category - カレー&スパイス・埼玉県
2024/ 03/ 31
                 
東京・埼玉が誇るご当地うどんといえば「武蔵野うどん」。
さいたま新都心駅直結コクーンシティにあるこちらはアクセス便利な上になかなかのオススメです。


『肉汁饂飩屋 とこ井 さいたま新都心店』

実は1号店があるのは高円寺。
そちらも府道に人気店となっています。

店内には麺作りのプロセスがよく見れる「製麺室」が。

料理を待つ間、見ていて飽きません。

オーダーしたのはもちろんこちら。

★カレーうどん ¥950

カレーうどんといえど、出汁の旨味がメインでカレー感は控えめ。
これは池袋の武蔵野うどんの名店『うちたて家』でも同様だったので、
武蔵野うどん本来の味わいを崩さないチューニングが定番なのかもしれません。

具材として豚肉、ネギ、厚揚げが乗っています。


「武蔵野うどん」といえばコシが強くゴワッと食べ応えある太麺が特徴。
こちらの店内仕込み麺はまさにゴワゴワ太太な力強さ!

麺をぎゅぎゅっと噛み締める、他のうどんでは味わえないこの感じがたまらない。
思い出すとまた食べたくなっちゃいます。

Instagramフォローでトッピング一品サービス。

舞茸天をチョイスしたのですが、これがサービス品とは思えないお得なボリューム!
カレー出汁につけて美味しくいただきました。

想像通り、見た目通り、腹持ちも抜群。
向いにある映画館で長尺の映画を観る前にいただくのも良さそうですね。

●最新の活動について・お問い合わせはこちらから
カレー細胞/ポケットカレー 公式サイト

カレー細胞 Official Store
カレー細胞プロデュース「ポケットカレー」のご購入はこちらから


●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell
スポンサーサイト



                         
                                  
        

松本民の絶対的ソウルフードをビュッフェで。『メーヤウ桐店』(松本)

category - カレー&スパイス・長野県
2024/ 03/ 30
                 
いま、カレーシーンが激アツな松本ですが、松本のカレー文化を知るうえでまず初めに行くべきはやはり『松本メーヤウ』。
松本で知らない人はいないほどのソウルフードで、ここまで地元で熱狂的支持を集めるカレー店は全国を探してもないのでは?
と思えるほどのレジェンドです。

東京・信濃町『メーヤウ』から連なるルーツ。
早稲田学生のソウルフード『早稲田メーヤウ』とはいわば双子のような関係にあります。

信濃町『メーヤウ』の創業が1983年。
2年後の1985年頃に『メーヤウ 虎ノ門店』オープン。
タイカレー専門の信濃町『メーヤウ』に対し、激辛のインドカレー等のメニューを導入したのはこの虎ノ門店だそう。
そしてこちらのオーナーシェフであった猿田氏は信州出身。
色々な経緯は割愛しますが、早稲田・松本の両メーヤウはここから分岐したということのようです。

(『松本メーヤウ』が『早稲田メーヤウ』の暖簾分けという情報もありますが、必ずしも正確ではありませんのでご注意を。なお、かつての『早稲田メーヤウ』はすでに閉店。現『早稲田メーヤウ』はそのファンの方がクラウドファンディングによって復活させたお店になります。)

現在『松本メーヤウ』の直営店は『信大前店』『桐店』の2店舗。
(『信大前店』の記事はこちら
その他、FC店である『松本駅前店』が存在します。

『信大前店』『桐店』のどちらかが本店ということはなく、『信大前店』の前身である追分店が最初の店舗だったのが後に数百メートル先の場所に移転し『信大前店』となったため、現存する店舗としては『桐店』が一番古いということになっています。

『信大前店』と『桐店』はカレーの提供スタイルがそれぞれ異なるため、メーヤウファンはうまく使い分けている様子ですが、それは後ほど。

今回は地図上の位置関係から地元で「上メー」(うえめー)と呼ばれる『信大前店』に対し「下メ―」(しためー)と呼ばれる『桐店』に訪問してみましょう。

『エスニックカリー メーヤウ 桐店』

歴史を刻む、木彫りの看板。


入口にはこの日提供されるカレーのラインナップが。

そう、実はこちら『桐店』でのカレー提供はなんとビュッフェ方式。(1650円)
そのラインナップは日によって変わり、オーダー制の『信大前店』にないメニューもあれこれ登場するんです。

なお、有難い通し営業ですよ。

さらに面白いのは、最初からカレー専門店の『信大前店』に対し『桐店』はオープン当初「タイ料理店」だったということ。


今でもその名残としてメニューにトムヤムクンがあったり、テーブルに鍋の設備があったりするんです。


『松本メーヤウ』のシグニチャーといえばやはり定番の「グリーンカリー」「チキンカリー」「ポークカリー」。


タイとは異なる独自チューニングの「グリーンカリー」は初めて食べると驚くこと間違いなし。
ココナッツミルク控えめの旨味重視で、思い出したらまた食べたくなる常習性があるんです。

「チキンカリー」はお馴染み、インパクト大の激辛仕様。
この洗礼を浴びた信大生たちが後に「辛さを求める人生」を歩んでしまうという、まさに禁断のソウルフード。
このあたりは早稲田と同様ですね。

一方の「ポークカリー」はスリランカ風を謳っているバランス型。
何度もメーヤウに通っている方は次第にこれがお気に入りになっていくという。
「チキンカリー」が『デリー』の「カシミール」だとすれば「ポークカリー」は「コルマ」にあたる感じでしょうか。

そして『桐店』のお楽しみはローテーションする特別カリー。
中でも「お!」と思ったのは「カントリーカリー」。

つまりはタイ東北の「ゲーンパー」なのですが、実は東京・駒沢大学『ピキヌー』でもこの名前で提供しているんですよね。
『ピキヌー』の山口さんといえばかつて『早稲田メーヤウ』初代店長を務めていた方。両メーヤウの同じルーツが実感できます。

もっともこちら松本のカントリーカレーはベースの部分から製法をリニューアルしているため、こちら桐店だけのオリジナル。
『松本メーヤウ』の全カレーで唯一のベジメニューでもあります。
ベジだけど、結構辛いっすよ。


『桐店』ならではの楽しみといえば、複数のカレーを混ぜ合わせて新しい味を見つけること。
常連さんたちのオススメは激辛の「チキンカリー」に甘い「パイナップルカリー」を混ぜるというもの。
「パイナップルカリー」登場の日に遭遇したら是非試してくださいませ。


実は毎冬実施されている『松本カリーラリー』の旗振り役もこの『松本メーヤウ』の小山さん。
「カレーラリー」じゃなく「カリーラリー」という点にも、松本の街でのメーヤウの存在の大きさを感じます。

松本に行ったらまず『松本メーヤウ』へ。
そして、松本出身の人に会ったら『松本メーヤウ』の話題を振ってみてください。
予想外に盛り上がりますよ。

第9回松本カリーラリー
2024年2月17日~3月31日まで開催!

●最新の活動について・お問い合わせはこちらから
カレー細胞/ポケットカレー 公式サイト

カレー細胞 Official Store
カレー細胞プロデュース「ポケットカレー」のご購入はこちらから


●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell



関連ランキング:カレー | 北松本駅

                         
                                  
        

信州食材とスパイスマジックと。松本屈指の人気カレー店へ。『がねいしゃ』(松本)

category - カレー&スパイス・長野県
2024/ 03/ 29
                 
カレーシーンが年々アツくなる信州・松本。
中でも屈指の人気カレー店がこちら。

『がねいしゃ』

咋夏「ジャパニーズカレーフェスティバル in渋谷」に出店いただいた時にも、東京のハードコアなカレーマニアの方々が口を揃え「凄い」と唸っていた通り、松本だけでなく全国レベルの実力店と言って良いでしょう。

店の前で並んでいる間、建物の二階にも注目してみてください。


実はこの場所、現『がねいしゃ』店主の元木拓郎さんの父上が経営していた『我寧舎』(がねいしゃ)というダイニングバーがあったんです。
こちらはカレー専門店ではなかったものの、様々なアジアエスニック料理も提供していたそうで、息子の拓郎さんはその店名を受け継ぎつつ、階下にカレー専門店をオープンしたということだそうです。


人気店『がねいしゃ』、その魅力を端的に言えば、インド、スリランカ、タイといった各国のスパイス料理技法を信州の魅惑的な食材と組み合わせ、意表をついたアレンジで美食カレーへと昇華させてしまうこと。
さらに面白いことに、元木さんの奥さんは大の辛いもの嫌い(笑)


けれどそんな奥さんの試食チェックがあってこそ、ハードコアで狭いところに行き過ぎず、誰もが美味しいと思える料理へと着地しているのですから、まさに理想のタッグといえましょう。


★がねいしゃの2種盛りプレート ¥1300
◎ラムキーマ
◎金柑ポークビンダルー
★プチカレー(ドライグリーンカレー)+¥250



「ラムキーマ」は『がねいしゃ』定番中の定番、これが食べたくて『がねいしゃ』に通う人もいるという。
辛さ・旨味・スパイス香の絶妙なちょうど良さ!


「金柑ポークビンダルー」はなんと金柑自体が具材に。
その酸味と甘みがあってこそのバランスに仕上がっているんです。
まさに『がねいしゃ』の真骨頂ですね。


プチでつけた「ドライグリーンカレー」も人気のメニュー。
キーマであり、グリーンカレーでもある。ずっと食べていたい美味しさです。

その他、季節ごと、旬ごとに登場する限定メニューも見逃せないところ。
以前食べた「信州サーモンの冷やしカレー」も「信州味噌キーマ」もめちゃくちゃ美味しかったなぁ・・・

現在、松本市内には昔から長く愛されるカレー店もあれば、インドなどの現地料理をものすごいクオリティで提供する店もあります。
ともすれば二極化してしまいがちな両者を繋ぎ、どちらのファン層からも愛されているのがこの『がねいしゃ』だとするならば、その存在意義はめちゃくちゃ大きくてめちゃくちゃ貴重なのです。


第9回松本カリーラリー
2024年2月17日~3月31日まで開催!

●最新の活動について・お問い合わせはこちらから
カレー細胞/ポケットカレー 公式サイト

カレー細胞 Official Store
カレー細胞プロデュース「ポケットカレー」のご購入はこちらから


●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell



関連ランキング:カレー | 北松本駅松本駅西松本駅

                         
                                  
        

創業1971年。横須賀を代表する老舗カレースタンド。『カレー専門店 ベンガル』(横須賀中央)

category - カレー&スパイス・神奈川県
2024/ 03/ 28
                 
創業1971年。
カレーの街・横須賀を代表する老舗カレースタンドといえばこちら。

『カレー専門店 ベンガル』

店内のパンフレット表記は「カリーすなっく ベンガル」
まさにその通り、店内はスナック風のカウンター席となっています。
(「店内写真はご遠慮ください」の張り紙があったため写真は撮りませんでした)


メニューは具材のバリエーションがいろいろ。
さらにトッピングでカスタマイズができるのですが、1971年の創業時以来の人気トッピングはジャーマンソーセージ(+¥150)とエッグ(+¥50)を組み合わせた「ジャーマン・エッグ」。


★ジャーマン・エッグ・ビーフ・カリー(辛口)¥1100

エッグはゆで玉子か目玉焼きかが選べるのですが、横須賀で『ベンガル』といえばやはりこのビジュアルですよね。
セットでコールスローがついてきます。


カレーは「辛口」オーダーでも今の基準にすれば全然辛くはありません。
ドロっとシンプルでクセなく食べやすい、昔ながらのカレーライスといった味わい。
(辛さUPのオーダーも可能なので、聞いてみてください)

具材はしっかりした角切りビーフ。

ジャーマン(ソーセージ)は沖縄のスパムのごとき食べ応え。
玉子焼きは半熟で、黄身にスプーンを入れればトロッと溶け出します。
これがいいんですよねー。

付け合わせが刻みらっきょ、福神漬け、紅ショウガなのも特徴的なポイントです。

横須賀で有名な「海軍カレー」とはまた違うけど、こちらのカレーもまた「This is Japanese Curry」。
基地の街だからこそかえって、海外モノと日本モノが明確に区別されつつ共存しているのかも知れませんね。

●最新の活動について・お問い合わせはこちらから
カレー細胞/ポケットカレー 公式サイト

カレー細胞 Official Store
カレー細胞プロデュース「ポケットカレー」のご購入はこちらから


●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell
                         
                                  
        

ビリリビリリ!麻婆豆腐専門店が作る麻婆カレーを堪能! 『蝋燭屋 プレミア』(六本木)

category - [六本木,神谷町]
2024/ 03/ 27
                 
さまざまなジャンルの一流料理人たちが独自のカレーを競い合う「六本木ヒルズカレーグランプリ」開幕。

こちらは2024年1月にオープンしたばかりの麻婆豆腐専門店。


『蝋燭屋 プレミア』

2017年、銀座4丁目ガス灯通りにて創業した『SHIBIRE NOODLES 蝋燭屋』、そのプレミアム店舗になります。


こちらのお店、レギュラーメニューにもなんと「カレー味」の麻婆豆腐があるのが嬉しいところ。


ですがグランプリメニューはさらにプレミアム!

★YELLOWマジック麻婆ライス ¥2000

1日限定15食、ライディーンが聞こえてきそうなメニュー名がナイスです。

辛さ・シビレ・旨みが最高潮のところでバランスをとる麻婆豆富にカレーの風味を加えた新しい味。
粗挽き豚肉や絹ごし豆腐、葉ニンニク、ネギを特製の醤で炒め、自家製ラー油、花椒、数種のスパイスで作り出しています。

さらにトマトライス、ターメリックライスの2トーン合い盛りも楽しい、まさにプレミアな一品。

蝋燭屋ならではの攻め攻めな痺れ。
そして辛さと旨み。

よく「カレーとは何か?」を議論する際、「では麻婆豆腐はカレーなのか?」という命題にぶち当たるのですが、こちらは食べ進んでいるうちはカレーより麻婆豆腐そのもの。
なのにふと油断したとき、旨みの裏からじんわりと「カレー感」が持ち上がってくるんですよ。

ほら、やはり麻婆豆腐はカレーじゃないか。いや、しかし。

そんなアクロス・ザ・ボーダーを楽しんでください。


さらに卓上のぶどう山椒オイルが秀逸。
これをちょろり、ライスにかけてみてください。堪らなく青い痺れがやってきます。
青い痺れって?

それは実際にお試しあれ。


★カレーが進む生ビール(グラス)¥650

ビールと麻婆カレーの相性も抜群ですよ。

カレー好きも麻婆豆腐好きも、早速六本木ヒルズへGO!


「六本木ヒルズ カレーグランプリ 2024」3/26~5/6開催!
この期間、この場所でしか出合えない美食カレーをお楽しみください。
わたくしカレー細胞も公式アンバサダーとして参加します。

詳しくは公式サイトにて。

●最新の活動について・お問い合わせはこちらから
カレー細胞/ポケットカレー 公式サイト

カレー細胞 Official Store
カレー細胞プロデュース「ポケットカレー」のご購入はこちらから


●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell



関連ランキング:四川料理 | 六本木駅乃木坂駅麻布十番駅

                         
                                  
        

健在、佐世保名物レモンステーキと焙煎黒カレー。『ふらんす亭 池袋サンシャイン60階通り店』(池袋)

category - [池袋エリア]
2024/ 03/ 24
                 
創業1979年、ステーキとカレーのコンボで一世を風靡した『ふらんす亭』。
一時期より店舗数は減ったものの、池袋のこちらの店舗は今日も大賑わいです。

『ふらんす亭 池袋サンシャイン60階通り店』

階下の入り口にはいつも待ち客が。
けれども回転は速いのでご安心を。

お一人様用のカウンター席もあるので気軽に入れます。

さてオーダー。
普通にガッツリステーキをお得な価格でいただくのもいいけれど、『ふらんす亭』ならではの料理を食べたいならこのコンボがオススメです。

★サーロインレモンステーキ&カレー ¥2180

『ふらんす亭』の2大名物メニューのお得なコンボなんです。

こちらがレモンステーキ。

「レモンステーキ」は長崎・佐世保の洋食店『ふらんす亭』で昭和30年代に誕生した料理で、すき焼をベースにした薄切り肉のステーキ。発祥とされる『ふらんす亭』はすでに閉店していますが、こちら現『ふらんす亭』はその店名とレモンステーキの味を直接引き継いでいるお店なのです。

卓上の説明通り、裏返して焼き、レモンを絞っていただきましょう。

レモンが溶け込み、じんわりと甘い独特なソース。
これこそがレモンステーキをレモンステーキたらしめる重要なポイント。
ただ肉にレモンを絞っただけじゃあないんです。
このソース、肉に合うのは当然として、ご飯を絡めていただいてもめちゃくちゃ美味い!
流石の名物です。

そして『ふらんす亭』もう一つの名物はこちら「焙煎黒カレー」。

読んで字の如く、玉ねぎを真っ黒になるまで炒めた黒くてねっとりとしたカレーです。


かなり久しぶりにいただいたので「はて、こんな感じだったかな?」なんて思ったのですが、時代によって少しづつ変えていっているのかもしれません。
個人的には白飯より、ハンバーグなどにかけてこそ良さが引き出されるカレーなんじゃないかと思いました。
それもまた、ステーキとカレーの店ならではのことですね。

ホールの店員さんは皆若くて活気あり。
なんとなく、昔懐かし感のあった『ふらんす亭』ですが、しっかりと次の世代に受け継がれているようです。

●最新の活動について・お問い合わせはこちらから
カレー細胞/ポケットカレー 公式サイト

カレー細胞 Official Store
カレー細胞プロデュース「ポケットカレー」のご購入はこちらから


●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell
                         
                                  
        

鬼太郎そしてねじ式。両先生ゆかりの中華料理店でカツカレーラーメン。『中華料理 八幡』(調布)

category - [調布,府中エリア]
2024/ 03/ 22
                 
わたくし映像のお仕事に長く携わってきましたが、その一方で「妖怪研究家」と紹介されることもありました。
ずいぶん前になりますが「水木しげるの妖怪図鑑」が最初にデジタル化した時(CD‐ROMだった!)のディレクターを担当したこともあるんです。

当時、水木先生を訪ねに来ていたこともあり、私にとって調布は「妖怪のまち」。

かつて水木しげる先生が通った中華料理店へ4年半ぶりの訪問です。


『中華料理 八幡』(はちまん)

創業はなんと昭和39年(1964年)。

建物の上はアパートになっているのですが、実はかつてこの2階の四畳半に、つげ義春先生が住んでいたというのです。
今では建て替えられていますが当時は木造、つげ作品に出てくるような鄙びた風情だったのでしょう。
かつて水木先生のアシスタントをやっていたつげさん、ここから水木プロに通っていたのですね。

もちろん、つげ作品の作中に出てくるラーメン屋もこの『中華料理 八幡』。
代表作「ねじ式」はこのアパートの屋根で布団を干しながら昼寝していた時に見た夢がモチーフとなっているそうです。


建物の裏手に回ると、のんびりとした雰囲気の農地。


つげ作品「李さん一家」のモデルとなった畑ですね。

この畑のはす向かいにある「下石原八幡神社」は猫娘のすみか。

原作「ゲゲゲの鬼太郎」の猫娘初登場回「猫娘とねずみ男」によれば、この神社の軒下に猫娘が住んでいるということです。

そんな『中華料理 八幡』、昨今のラーメン屋、中華料理屋と比べるとゆったりとした店内です。

あくせくしていない、この雰囲気が水木さん、つげさんも好きだったのではないでしょうか。


壁にはたくさんの人から寄せられたファンアートが。
先日大ヒットした劇場版『ゲゲゲの鬼太郎』にもこの店のラーメンが登場したことから、公開当時は大忙しだったそうですよ。

料理はラーメン、餃子をはじめ町中華の定番はもちろん、遊び心のある「おもしろメニュー」も。

私はどうしてもこちらを頼んじゃいます。
何だかわかります?


★カツカレーラーメン ¥1000

謳い文句は「中華×印度×洋食 パワフル合体メニュー」。
これがたまらなくいいんですよ。


餡かけの如きとろみたっぷりのカレースープはいわばカレー餡かけ。
そこに衣ザクザクのカツ。


麺は細麺。
たっぷりのネギと玉ねぎもまたたまりません。

実に変わっている。
変わっているのだけど、やっぱり旨い。
しみじみする。

水木先生やつげ先生のマンガのようです。

そして、個人的おススメ。

★餃子 ¥605

野菜たっぷり、そのままで美味しい餃子なのですが・・・

これをカレーラーメンのスープに浸していただくんです。
すると・・・・

フハッ!

片栗粉のとろみとカレーの香りが餃子に絡まって、まさに絶品!!
ぜひ試してみてくださいませ。

ちなみに水木さんの定位置は入り口入ってすぐ左、窓際の席。

注文はいつもラーメンか五目そば。
締め切りに追われ忙しいときは出前をとっていました。

見えないけれど、きっと今でもふらり立ち寄っているのでしょうね。

●最新の活動について・お問い合わせはこちらから
カレー細胞/ポケットカレー 公式サイト

カレー細胞 Official Store
カレー細胞プロデュース「ポケットカレー」のご購入はこちらから


●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell



関連ランキング:中華料理 | 西調布駅調布駅

                         
                                  
        

海軍カレーにネイビーバーガー、両方人気の3号店。『tsunami box』(汐入/横須賀中央)

category - カレー&スパイス・神奈川県
2024/ 03/ 21
                 
「横須賀ご当地グルメ御三家」といえば、「よこすか海軍カレー」「横須賀ネイビーバーガー」「ヨコスカチェリーチーズケーキ」。
これらが全部楽しめる、横須賀屈指の人気店『TSUNAMI』、その3号店がこちら。


『tsunami box』(ツナミボックス)

いままで1号店『TSUNAMI』と隣接する2号店『TSUNAMI CURRY&GRILL』とでお店を回していたのですが2021年12月23日、同じ通りの少し先にこの3号店がオープンしました。


鉄人28号が目印の本店に対しこちらはスパイダーマンとバットマンが目印です。


2階へはエレベーターもありバリアフリー対応もバッチリです。

メニューは基本的に本店と同じ。


カレーも食べたいけどハンバーガーも食べたい。

ということでオーダーしたのはこちら。

★よこすか海軍カレーバーガー[R] ¥2759
・フレンチフライ&ソフトドリンクセット +¥480
・チポトレソース +¥150


流石の迫力!
別皿で「よこすか海軍カレー」がついてくるほか、パティの上のオニオンリングにもドライキーマカレーが詰め込まれています。


レギュラーサイズ[R]でパティは227g。
オージービーフ使用で赤身の噛み応えと炭火焼の香ばしさが特徴的。
さすがは米軍仕様のレシピを基にした「横須賀ネイビーバーガー」といった食べ応えですね。
キーマカレーは辛さ控えめですが、別添えの海軍カレーは(海軍カレーの中でも)意外に辛口。

トロミある牛すじもたっぷりで安定の美味しさは流石!

バンズは久里浜『沙羅』によるもの、野菜は三浦野菜を使用と、地産地消をテーマにしていることも見逃せません。

カレーとハンバーガーにしてはお値段結構張るけれど、ここは横須賀。

日本じゃなくアメリカだと考えると、普通にグローバル相場なのです。
日本の外食産業のほうが特殊なのかもしれません。


●最新の活動について・お問い合わせはこちらから
カレー細胞/ポケットカレー 公式サイト

カレー細胞 Official Store
カレー細胞プロデュース「ポケットカレー」のご購入はこちらから


●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell



関連ランキング:ハンバーガー | 汐入駅横須賀中央駅横須賀駅

                         
                                  
        

発見!信州の郷土ティファン。『うす焼きカフェ 豆まめ』(松本)

category - カレー&スパイス・長野県
2024/ 03/ 20
                 
発見!信州の郷土ティファン。


『うす焼きカフェ 豆まめ』

小麦粉を水で溶き味付け、お家で残ったご飯や煮豆、さつまいも、かぼちゃなどを入れて、油をひいたフライパンで焼いて作る、信州の郷土食【うす焼き】。

パンケーキのようであり、クレープのようであり、でもおにぎり的用途の軽食でもあり。
その、食事とデザートの中間的立ち位置はまさにインドの【ティファン】的。


松本カリーラリーには第一回から参加しているそうで、具材を自由に変えられる【うす焼き】の本領発揮でしょう。

この日は「カレーうす焼き」完売につき、こちらをチョイス。

★ 花豆・かぼちゃ・えごま うす焼き ¥200

米粉100%使用と、さらに南インドのティファン的。
一個200円とリーズナブルなうえ、カリーラリーのスタンプ特典でお漬物まで付いてきた!

持ち帰りもOKだし、ラリー梯子の合間に必ず挟むべきお店といえましょう。

第9回松本カリーラリー
2024年2月17日~3月31日まで開催!

●最新の活動について・お問い合わせはこちらから
カレー細胞/ポケットカレー 公式サイト

カレー細胞 Official Store
カレー細胞プロデュース「ポケットカレー」のご購入はこちらから


●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell
                         
                                  
        

赤坂から清澄へ。カレー屋と居酒屋が完全融合。『VIGOR』(清澄白河)

category - [門前仲町,木場]
2024/ 03/ 20
                 


『VIGOR』(ヴィガー)

どこかで聞いた名前・・・と思ったら、そうだ!
かつて赤坂で平日昼はカレー店『VIGOR』、夜は海鮮居酒屋『時シラズ』として営業していたあのお店だ。

ご主人の地元である清澄白河に2019年移転したそうです。

その後コロナ禍のリモート化で赤坂がガランとしたことを考えればタイミングが良かったと言うべきか。

ご夫婦で営む店内はアットホームな雰囲気。

夜にはカレー店要素と居酒屋要素ががっちり融合。
バリエーション豊かなカレーがお腹いっぱいいただける一方で日本酒、クラフトビール、そして酒の肴が大充実。
飲みの〆にカレーうどんまであるというのですから素晴らしい。


★エストレージャ ダム ¥750

スペイン・バルセロナFCのオフィシャルビール。パンチあるピルスナータイプです。


★地鶏ハツ串焼き 2本 ¥450

居酒屋としても優秀です。

この日いただいたカレーはこちら。

★魚介たっぷりVIGOR風シーフードカレー ¥1480

選べるライスの量は普通盛(230g)で。

滑らかなカレーは決して奇を衒わず、誰もが美味しいと思える味わい。
でありつつも、最初甘くてじんわりスパイスが効いてくる良き時間差が。
重さもなく、後半じわじわ美味しくなってきて、最後食べ切るのが惜しくなるという、さりげなく良くできたカレーなのです。

そこにたっぷり、海の幸の旨み。
赤坂で海鮮居酒屋をやっていたご主人ですからクオリティは間違いなしなのです。

満足度高いなぁ。

カレー屋としても居酒屋としても、なんだかとっても丁度良いこの感じ。
地元民なら毎日通っちゃいそうですね。

●最新の活動について・お問い合わせはこちらから
カレー細胞/ポケットカレー 公式サイト

カレー細胞 Official Store
カレー細胞プロデュース「ポケットカレー」のご購入はこちらから


●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell



関連ランキング:カレー | 清澄白河駅森下駅水天宮前駅

                         
                                  
        

吉祥寺でナイスな中華カレー呑み。『チーナテリア ハナヤ 吉祥寺』(吉祥寺)

category - [中央線 吉祥寺~三鷹]
2024/ 03/ 19
                 
新宿で中華カレーが人気の『グリルアンドバー ハナヤ』が監修する姉妹店が吉祥寺に。



『チーナテリア ハナヤ 吉祥寺』

オープンは2021年3月1日。

『ハナヤ』監修の中華カレーに加え、ちょこちょこつまめる創作中華も取り揃えています。


★ブロッコリーの麻辣アーリオオーリオ ¥450


カレーはハナヤ名物「上海角煮カレー」のほか、「台湾カツカレー」「四川麻婆豆腐カレー」「広東海老キーマカレー」など、中国地方菜の特徴にあわせたカレーを提供していました。

この日いただいたのはこちら。

★スパイス香る 台湾カツカレー ¥1450
・辛め ±¥0
・ライス少なめ(150g) −¥50



黒くてとろみあるカレーは名物「上海角煮カレー」と共通。
ブラックペッパーに五香粉も効いてスパイシー。ネギ油の香ばしさも個性的です。

カツは台湾風の排骨。
表面カリッと中はふんわりジューシー。
これは確かに、東京ではなかなかいただけない中華カツカレーです。

非常に美味しい。

インスタ投稿で紹興酒一杯サービス。

これは嬉しいですね!

カレーに限らずちょい飲みにもがっつりディナーにも使える素晴らしいお店でした。
また行こう。

●最新の活動について・お問い合わせはこちらから
カレー細胞/ポケットカレー 公式サイト

カレー細胞 Official Store
カレー細胞プロデュース「ポケットカレー」のご購入はこちらから


●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell
                         
                                  
        

埼玉欧風カレーの名店が、大宮に2号店オープン。『欧風カレー Gii 桜木町店』(大宮)

category - カレー&スパイス・埼玉県
2024/ 03/ 17
                 
埼玉欧風カレーの名店『Gii』が大宮に2号店をオープン!


『欧風カレー Gii 桜木町店』

横浜の桜木町じゃありません。大宮の桜木町。
目立たない場所ながら大宮駅からのアクセスも便利。

大和田というマイナーな立地にある本店と比べ、ぐっと利便性が増しました。


一階がカウンター席で二階がテーブル席。

オーダーすると最初に出てくるのはじゃがいもバター。

そう、神保町にある欧風カレーのパイオニア『ボンディ』さながら。

そのスタイルの類似性から『ボンディ』で修業した店主による店という情報も流れていますが、実はそうではありません。
大和田『中華そば 螢』や『大宮大勝軒』といったラーメン店も経営している『Gii』のオーナー、『ボンディ』の前身となる高島平『インディラ』に学生時代通いつめていたそう。
『ボンディ』の味を愛し、『ボンディ』の味を研究した、いわば"ボンディインスパイア系"というわけです。


器の形状、ロゴの位置に至るまで『ボンディ』愛が溢れていますね。

この日オーダーしたのはこちら。

★ホタテカレー ¥1550
・辛口


濃厚な欧風カレーの中に立派な帆立がゴロゴロ。

インスパイア系といいつつ、そのカレーの味は確かなもの。
というか以前に増してさらに美味く、さらにコク深くなっている気がします。
帆立はいい意味で磯の香りを残してあり、濃厚なカレーの中でもしっかり存在感を放っていますね。

冒頭に出てきたじゃがいもも半分残しておいて、後半カレーに混ぜ込んじゃいましょう。
この辺りはお好みで、自由に。

『ボンディ』から派生した名店たちも多々あれど、この『Gii』も今や、埼玉を代表する欧風カレーの名店。
未体験の方は是非、アクセスしやすくなったこちらのお店へどうぞ。

「カレー細胞」Facebookページ

●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ



関連ランキング:カレー | 大宮駅

                         
                                  
        

松本、ホテルメイドの逸品カレーパン。『パセオ』(松本)

category - カレー&スパイス・長野県
2024/ 03/ 16
                 
松本を訪れるVIPや芸能人が泊まる場所として知られる『ホテルブエナビスタ』。
その一階にある人気ベーカリー。

『パセオ』

実はこちらも松本カリーラリー参加店なんです。


ラリー参加メニューはこちら。

★焼きチーズカレーパン

噛みしめるたび小麦香るハードブレッドに濃厚な牛すじカレーとチーズ。
ホテルメイドならではのリッチさがたまりせん。

スタンプラリー4個目からは各訪問店で特典モードに。
こちらではコインチョコ3枚をゲット。

これがまた美味かったんだ。

第9回松本カリーラリー
2024年2月17日~3月31日まで開催!

●最新の活動について・お問い合わせはこちらから
カレー細胞/ポケットカレー 公式サイト

カレー細胞 Official Store
カレー細胞プロデュース「ポケットカレー」のご購入はこちらから


●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell



関連ランキング:ケーキ | 西松本駅松本駅


                         
                                  
        

「映え」に全振りしたカレー店で高いインプレッションを獲得。『Curry Labo Tokyo 日比谷店』(日比谷)

category - [銀座,築地,有楽町]
2024/ 03/ 15
                 
SNS、特にInstagramの普及によって生まれた「映え」(ばえ)という文化がある。

「映え」る写真を投稿すると「いいね」が増える。
「映え」る写真を投稿し続けると「フォロワー」が増える。
「フォロワー」が増えると「承認欲求」が満たされ、いずれ「収益」につながる。

「映え」は今の若い世代にとって、自己実現のための「たしなみ」だ。
例えそれがかりそめの自己実現であり、Meta社をはじめとする企業に利用されているだけだとしても、
彼ら(彼女ら)にとってそれは大きな問題ではない。
というか、問題であると認識していないし、認識する必要性も感じていない。

若い世代にとって大切なのは「今」だ。
上昇経済がとっくに破綻し、普通に就職してもたいして賃金が上がらない日本において、それは正常な適応変化なのかもしれない。

「映え」の文化に特徴的なのは、「中身はさておき」で経済が動くことだ。
大事なのは「見た目」。
フォロワーもすぐに真似できる「見た目」であればなおのこと価値がある。

そして、前の世代にとって理解しづらいことだが、
「映え」を極め、「映え」の経済合理性を追求するためには、他の「こだわり」はむしろ邪魔になるというのだ。
「映え」こそが全て。料理としてのこだわりや、未知なる文化の追求などは、経済合理性を下げる。

彼ら(彼女ら)にそんな余力も時間もない。
大切なのは「今」だ。

こう書くと、世の中ずいぶん歪つなことになっていると感じる人が多いかもしれない。

けれどもこれは、実際に起こっている「事実」である。
そこで経済が動いている以上、賛否に関わらず見過ごすことのできない「現実」である。

そんな、ゾワゾワした状況の答え合わせをしてしまうような体験が、最近はとても多い。

念のため、繰り返しになるが、これは賛成か反対か、そんな単純なことではない。

ただし、こんな時代に「君たちはどう生きるか」が問われているというのもまた、逃れようのない現実である。

日比谷公園の中に、2021年誕生したカレー店がある。
日比谷公園でカレーといえば名店『日比谷 松本楼』と思うかもしれないが、もう一つある。


『Curry Labo Tokyo 日比谷店』

日比谷公園敷地内、元フレンチの『南部亭』だった建物。
それだけでも「映え」要素は抜群ではないか。

店名だってお洒落だ。
地方から東京観光に来た人にとって、なんと有り難い名前であることか。


メニューの説明には
「ヘルシーかつ最高に『映える』TVやSNSで大好評のカレー」
という文字。

ヘルシーで、最高に『映え』て、TVやSNSで大好評なんて、その筋のターゲット層にとっては満貫前席のありがたさではないか。



スマホ写真に収まると最高に「映え」る店内。
動線であるべきスペースにカウンター席を作っているため、店員も客も移動が不便だが、大した問題ではない。
だってそんなの写真に映らないから。

会計は前会計。
入り口POPは「松坂牛カレー」がアピールされているものの、お昼過ぎには売り切れ。
というかカレーはすでに2種しかなく、あいがけの組み合わせ必然的に決定。
「映え」という面ではなんの問題もなし。

というか、「松坂牛」もそれ以外のカレーも価格は均一。そういうことである。

「お冷はセルフでお願いします」と示された先にはグラスがない。

お手拭きも切れているが、補充はなし。

「映え」という面ではなんの問題もないので、対応不要。

お店のレイアウトに店員さんの動線が確保されていないため、店員さんが来るたび体を避けることに。

「どうやってあそこへ運びましょう?」
「この後ろ通るしかないんじゃない?」
なんて店員さんの会話。

オープンして2年以上経過して、まだ配膳ルートに迷っているというのも衝撃だけど、大した問題はない。
だってそんなの写真に映らないから。

ちなみに私は別に巨漢ってわけではないし、案内されたカウンター席にスツール位置も変えずに座っただけだし、カウンターには「映え」セッティングがされているため、そこに正対するよう座っただけなのだけど、座っているだけで動線が途切れ、あまりに店員さんが困っているので・・・

「あっちに移りましょうか?」と声をかけたのだけど、リアクションがなく。

聞こえなかったのかなと思い、店内の客が全員振り返ってしまったほどの大声で
「あの、あっちに移りましょうか?」ともう一度声かけ。

けれどリアクションはなし。

pepperくんでも何らかのリアクションするかと思うのだけど、
これも「映え」という面ではなんの問題もなし。

その後しばらく、店員さんが後ろ通ろうとするたび席を立って道をあけていた私。
ようやくもう一人の店員さんが「あちらに移られますか?」と提案。

「そうですよね。」と返事して移動。

程なく、「ヘルシーかつ最高に『映える』TVやSNSで大好評のカレー」の登場。

★スペシャルあいがけカレー(ライス/セットドリンク付き) ¥1800
・メンチカツ +¥200


ワンプレートカレーにわざわざ「ライスつき」と書くのも一瞬不思議だが、トッピングの下にライスが隠れているため「ライスがないじゃないか」という客がいるのかも知れない。

メニュー写真では皿の上にレイアウトされていたメンチカツだが、これだけ寂しい別皿。
いやいや、客側が自己流に「映え」トッピングするための配慮なのかも知れない。

2種のカレーは「トマトバター」と「麻婆坦々ビーフ」。

ちなみに中国のタンタンメン本来の漢字表記は「坦々」ではなく「担々」。
「棒を担いで売り歩いた」由来からくる名前なのだが、iOSなんかで「たんたん」を漢字変換すると「坦々」が先に出てくるため最近は誤用が多い。

いや、きっと誤用なのではない。
SNS投稿においては変換しやすい方が正義。料理の由来なんて、どうだっていい。「映え」には関係ない。
そんなことうるさくいう方が邪魔だし、経済合理性に反する。

ちなみに「坦々」という漢字の意味としては「変化がなく平凡なさま」となる。
料理の説明として間違えてはいないのだ。


ビジュアル的には、Instagramで映えることが話題となった「大阪スパイスカレー」の盛り付けを参考にしているものの、カレー自体はいわゆる普通の「カレー」。

それで問題ない。

「映え」が目的で来たのにカレー自体が未知の味だったら、情報として余計。
カレーはどうしたっておいしいのだから、それ以上の味の情報があっても、アタマがこんがらがってしまう。
「松坂牛」くらいわかりやすい情報なら考えずに投稿できて良いが。

カレーだけでなく、「映え」トッピングも良く見れば厨房オペレーションが簡便で余計なコストがかからないものに絞られている。メンチカツだって、いわゆる惣菜コロッケだ。
シェフの技量や手間暇に依存しない、経済合理性と映えの両立。

同じ「映え」るカレーでも、料理を異常なまでに追求し、偏執的なまでの手数を費やして完成する神保町『タケウチ』のカレーとはまさに対極。
『タケウチ』のカレーは竹内シェフにしか作れない。そういう属人性を、こちらのお店では徹底排除しているのだから。


★チーズケーキ「ピスタチオ」 ¥710

デザートだって「映え」る。
ハッシュタグ #スイーツ でインプレッションを増すにはこれも重要ポイントだ。

この日のランチ会計は2710円。
たくさんの「いいね」を獲得するコストとしては随分とリーズナブルだ。

徹底的に「映え」に全振りし、「映え」に関わらない部分は徹底的に省略する。

シェフの見えない手間とこだわり、カレーという料理ジャンルへの偏愛、由緒正しい場所へのリスペクトあるおもてなし、これら「映え」に対し余計な要素を徹底排除。

それで客がひっきりなしに入り、売り切れ続出。食べログ評価は3.5を超えテレビの取材もくるというのだから、今の時代に適応した経済合理性として、簡単に否定はできない。

もちろん、今のような「映え」経済があと10年続くはずはないが、問題はない。

大切なのは今だ。
10年後は全く別の業態にチェンジすれば良いだけなのだから。

そう考えるとここは、「映え」至上主義の今しか体験できない、「映え」のワンダーランドといえるかも知れない。

●最新の活動について・お問い合わせはこちらから
カレー細胞/ポケットカレー 公式サイト

カレー細胞 Official Store
カレー細胞プロデュース「ポケットカレー」のご購入はこちらから


●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell



関連ランキング:カフェ | 内幸町駅霞ケ関駅虎ノ門駅

                         
                                  
        

地域密着型カレー店のフランス風カレー。『ローレル 稲田堤店』(稲田堤)

category - カレー&スパイス・神奈川県
2024/ 03/ 14
                 
京王稲田堤駅とJR稲田堤駅間の乗り換えルートの飲み屋街にある、昔ながらのカレーライス屋さん。



『ローレル 稲田堤店』

現在は隣駅の中野島との2店舗展開。
オーナーは中野島店にいるそうです。


メニューを見ればカレーのバリーションが豊富。
「スペイン風カレー」や「フランス風カレー」、「ジャーマンカレー」に「アイドルカレー」「ギョーザカレー」と楽しさいっぱい。

一番人気はオムカレー仕立ての「スペイン風カレー」だそうですが、今回はこちらをオーダー。


★フランス風カレー ¥950

カレーの上に白いペシャメルソースをかけ、プリプリ小エビを乗せた一皿。
なるほどな「フランス風」です。
ベースのカレー自体はベーシックでありながらフルーティな酸味が特徴的。
想像よりもスパイシーでブラックペッパーが効いているのがポイント。

そこにペシャメルソースがかかってクリーミーかつまろやかに。
混ぜたり混ぜなかったりで辛さやまろやかさを変えられるのがとても楽しいんです。

これはなかなか良いアイデア。なんなら家でも真似したくなる。

当たり前のように地元にあって、いつでも気軽に楽しめる。
それでいて、いろんなバリエーションを選ぶたび、ちょっぴり気分が上がる。

とっても素敵な地域密着型カレー店じゃないですか。

「カレー細胞」Facebookページ

●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ



関連ランキング:カレー | 京王稲田堤駅稲田堤駅

                         
                                  
        

創業明治10年。元祖ミルクホールで特選カレー。『ラ・プラージュ』(浅草)

category - [上野,浅草エリア]
2024/ 03/ 13
                 
創業なんと明治10年。
"元祖ミルクホール"といわれる浅草の喫茶店。


『ラ・プラージュ』

明治10年(1877年)といえばエジソンが蓄音機を発明した年。日本では西郷隆盛の西南戦争が勃発したその年です。


店内は1階が喫煙席、2階が禁煙席に。

Wikiによればミルクホールとは、

ミルクホールとは、明治・大正期にかけて日本の市街地に数多く存在した、主に牛乳や軽食を提供することを目的とした簡易な飲食店の形態。
当時の日本政府が日本人の体質改善を目的として牛乳を飲むことを推奨していた明治時代に数多く出現した。


とのこと。

こちら『ラ・プラージュ』の前身こそが東京で初めて出現したミルクホールだったそうです。

喫茶店となった現在もミルクホール当時の「クリーム牛乳」を提供しているようです。


★特選カレーライス(チーズ&目玉) ¥1200

カレーは誰もが安心できるベーシックな美味しさ。
特製ではなく特選というところがポイントかも。

具材として薄切りのビーフが用いられています。


チーズの上からカレーをかけているので徐々に溶け合い、カレーを掬うとチーズが伸びるんです。


★ブレンドコーヒー ¥700

明治・大正・昭和・平成・令和と、変わりゆく浅草を見守ってきたこのお店。

同じ浅草には創業 明治36年(1903年)の元ミルクホール、『デンキヤホール』も。
流石は明治時代東京随一の繁華街なのでした。

●最新の活動について・お問い合わせはこちらから
カレー細胞/ポケットカレー 公式サイト

カレー細胞 Official Store
カレー細胞プロデュース「ポケットカレー」のご購入はこちらから


●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell



関連ランキング:喫茶店 | 浅草駅(東武・都営・メトロ)浅草駅(つくばEXP)田原町駅

                         
                                  
        

松本ハシゴ飲みの終着点はお座敷タイ料理で。『タイ食堂ほたる』(松本)

category - カレー&スパイス・長野県
2024/ 03/ 12
                 
かつてタイパブ文化華やかなりし松本。
お店が減った今も、真夜中まで営業するタイ料理店があります。


『タイ食堂ほたる』



カウンター席とお座敷で構成される居酒屋の居抜き。


夜中3時までやっていて、意外なことにお客は呑みの3次会やらライブハウスの打ち上げやら、ほぼ日本人だそう。


★スイカハイ ¥700

スカイハイ!ってな響きですね。
生スイカ使用でまさに飲むスイカといった味わい。
実は成城石井なんかで売ってるスイカジュースもMade in Thailandだったりして、まさに本場の味なんです。

さて、ディープ系タイ料理店にきて私が真っ先に頼むのはラープ。
タイ東北イサーン地方の激辛挽肉サラダなのですが、こちらのメニュー紹介文は・・・

「幸福を呼ぶ牛肉or豚肉or鶏肉」

確かに辛いものを食べると脳内麻薬が生成されて気持ちよくなりますからね。
間違いない。


★ラープイサーン(ムー) ¥1000

「ムー」=豚肉でお願いしました。挽き肉は粗挽き、というか刻みに近いかな。
辛さも確かにあるけれどライムの爽やかな酸味が立っていて、真夜中にシャキッと目が覚める味わいです。

タイの餅米「カオニャオ」も一緒に頼みました。
合わせて食べるとうんまいですよ。


メコンハイボールを挟んだりしながら。


★カポッ・プラー・ナム・デーン ¥1000

これまた声に出しづらいメニュー名ですが、魚の胃袋、鶏肉、キノコなどが入った珍しいスープ。
ちょっととろみある餡かけのようでもあり、旨み溢れてなんともホッとする味。
「信州の伝統料理ですよ」なんで言われたら信じちゃいそうな・・・
とにかく飲みの締めには最高のスープでした。

バンコク育ちのジャスミンママは沼津で『メナム』というお店を14年。そのあとこの松本で11年のキャリア。

昼間はタイ料理店『インター・テラス』の隣にあるマッサージ屋で働いているそうで、「そっちにも来てね」とのこと。
次回松本で歩き疲れたら寄ってみるとしましょう。

第9回松本カリーラリーは2024年2月17日~3月31日まで開催中です。
詳しくは公式サイトにて。

「カレー細胞」Facebookページ

●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ



関連ランキング:タイ料理 | 松本駅

                         
                                  
        

レトロナイスな看板の、仕立て良きビーフカレー。『ビアレストラン 味蕾亭』(横浜)

category - カレー&スパイス・神奈川県
2024/ 03/ 11
                 
日本トップクラスにイカす店名タイポ!

横浜駅の徒歩圏内にこんな素敵な洋食レストランが。


『ビアレストラン 味蕾亭』(みらいてい)

ゆったり広々とした空間が魅力的。

平成元年オープンで今年35周年だそうです。

店内には訪れた著名人のサインがズラリ。



オススメメニューはビーフカレー。

★ビーフカレー ¥1240

ソースポットで提供される伝統スタイル。
サラダがついてきます。

抜群にして飽きのこない味わい。
町場の洋食店のカレーというよりも一流ホテルのカレーの如き気品がありますね。


具材のビーフもボリュームたっぷり。
煮込みで肉の旨みが抜けることなく、しっかり味なのもポイントです。

入り口脇には、サロン風のゆったりした個室も。

ここは覚えておくべきナイススポットですよ。

●最新の活動について・お問い合わせはこちらから
カレー細胞/ポケットカレー 公式サイト

カレー細胞 Official Store
カレー細胞プロデュース「ポケットカレー」のご購入はこちらから


●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell
                         
                                  
        

カレーの街のカレーつけ麺。『麺好獅子團』(小川町/淡路町)

category - [神保町,神田,秋葉原]
2024/ 03/ 10
                 
カレーの街・神保町の裏路地にあるラーメンとつけ麺のお店。

『麺好獅子團』(めんこいししまる)

のれんには「らーめん つけ麺 カリー麺」の文字。

実はこちらのご店主は秋葉原の『麺屋武蔵 武仁』出身。
そちらで開発した「カリー麺」を独立後も看板メニューとして提供しているんです。

オーダーできるカリー麺は

・スパイシーカリー麺
・カリーつけ麺


の2種。
そのほか秋口から2月までの金・土限定のみの裏メニューとして「神田カリー麺」も提供しています。


★カリーつけ麺 ¥1000

麺は中太手揉み麺。


カレー風味のスープは濃厚な口当たり。

刻みチャーシューがゴロゴロ入っているのも嬉しいところですね。


卓上のブラックペッパーをまぶすのもオススメ。

一見こってりズッシリかと思いきや、あと口は意外に爽やか。
これは普段使いしたいカレー麺のお店ですね。

●最新の活動について・お問い合わせはこちらから
カレー細胞/ポケットカレー 公式サイト

カレー細胞 Official Store
カレー細胞プロデュース「ポケットカレー」のご購入はこちらから


●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell
                         
                                  
        

相模原カレーフェス発起人が作る、超個性派の麻婆カレー丼。『中国料理 昌龍飯店』(相模大野)

category - カレー&スパイス・神奈川県
2024/ 03/ 09
                 
現在開催中の相模大野カレーフェスティバル、その発起人にして、旗振り役を務めているお店がこちら。


『中国料理 昌龍飯店』

今年で創業45年の老舗中華料理店です。

自身が提供するフェスメニューは「昌龍さんの麻婆カレー丼」。
最近はあちらこちらで耳にする「麻婆カレー」ですが、ここのは他と全く違いました。


★麻婆カレー丼 ¥1000

片栗粉のとろみたっぷり、アッツアツの麻婆カレーの上に炙りチーズが惜しげもなくオン。
焼きカレーのようにハフハフリッチな美味しさが堪能できるんです。


用いている豆腐は絹ごし。チーズと合わせればどこかグラタンのような感覚も。
トッピングされたフライドオニオンのザクザク感もアクセントに。

そして、気づけば口内でビリリと存在感を示す花山椒が。
これはさすがの完成度ですね!
スモールサイズやテイクアウトにも対応しているので、これは絶対押さえとくべし。

せっかくなのでお酒も一杯。

★地酒 ¥570

常温でいただいた銘柄は「丹沢ほまれ」
厚木の小金井酒造が造り、相模原酒販協同組合が販売する地酒です。
優しい甘みとクリアな飲み口、あとからじんわり旨みがやってくる、飲み飽きないお酒です。

普段からカレーは提供しないのかと聞いたところ、
「うち、メニュー多すぎなんですよ、減らして減らして、それでもまだ80種以上。だからカレーは増やせず、フェスのみなんです。」
とのこと。

相模大野カレーフェスティバル
2024年3月1日(金)~10日(日)開催中!
この機会を逃すべからず。


●最新の活動について・お問い合わせはこちらから
カレー細胞/ポケットカレー 公式サイト

カレー細胞 Official Store
カレー細胞プロデュース「ポケットカレー」のご購入はこちらから


●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell



関連ランキング:中華料理 | 相模大野駅


                         
                                  
        

カレーとカレーの合間は、カレーロイヤルミルクティで一服を。『cafetsumuri』(相模大野)

category - カレー&スパイス・神奈川県
2024/ 03/ 08
                 
カレーフェスティバル開催中の相模大野。
いろいろ食べたいけど連食はちょっと・・・というあなたにピッタリのスポット。

『cafetsumuri』

キッズスペース、おむつ替えスペース、お子様用メニューも充実した、パパママにも優しい優しいカフェです。


こちらのカレーフェス参加メニューはなんと「カレーロイヤルミルクティ」!?
いったいどういうものなのか???


★カレーロイヤルミルクティ ¥600

いきなりカレーの香りがしますね。

飲んでみるとまさに、カレースパイス香るミルクティなんです。
これが違和感なくて実に美味しい!
カルダモンもほんわり香ってバランスを取っていますね。
添えられたクリームを溶かしながら、後半はまろやかクリーミィに。

ホッと一息つきながらあたりを見渡すと、ところどころの壁や床に楽しい仕掛けが。

絶対子供が喜ぶはず!
(大人も)

こちらで一服して次の作戦を練るもよし。待ち合わせで誰かと合流するもよし。
フェス中は『カレーロイヤルミルクティ』の他に『つむりのまかないカレーペンネ』という裏メニューも用意しているそうですよ。

相模大野カレーフェスティバル
2024年3月1日(金)~10日(日)開催中!

●最新の活動について・お問い合わせはこちらから
カレー細胞/ポケットカレー 公式サイト

カレー細胞 Official Store
カレー細胞プロデュース「ポケットカレー」のご購入はこちらから


●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell




関連ランキング:カフェ | 相模大野駅


                         
                                  
        

相模大野のラーメン店でどんぶりカシミール。『麺屋 鼎』(相模大野)

category - カレー&スパイス・神奈川県
2024/ 03/ 08
                 
相模大野のラーメン店でどんぶりカシミール!


『麺屋 鼎』(かなえ)


現在開催中の相模大野カレーフェスティバル。

こちらがフェス期間限定で提供するのはなんと「カシミールカレー」

『デリー』の名物激辛カレーとして知られる「カシミール」。

といってもこちらのカシミールはだいぶ方向性が違います。


★カシミールカレー ¥1000

でっかいラーメンどんぶりにご飯たっぷり。
その上から粘度たっぷりのカレーと角切りチャーシュー。さらに茹でキャベツに茹で玉子、ネギとまさにラーメン店主がラーメンならではのノウハウで真摯に作ったカレーといったところ。

旨み抜群、ぐわっと混ぜればちょっと混ぜそばのようでもあり。

しかし食べ進むにつれ、後追いでしっかりした辛さが。
なるほど「カシミール」と名付けたのはそれ故か。

おかみさんに、普段からこのカレーを出さないのか聞いてみたところ、
「一年に一回ですね・・・凝りすぎちゃってるから、クタクタになっちゃう(笑)」
とのこと。

ラーメン店が凝りすぎたカシミール、ぜひこの機会に!

相模大野カレーフェスティバルは2024年3月1日(金)~10日(日)開催!


●最新の活動について・お問い合わせはこちらから
カレー細胞/ポケットカレー 公式サイト
images.png



カレー細胞 Official Store
カレー細胞プロデュース「ポケットカレー」のご購入はこちらから


「カレー細胞」Facebookページ

●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ



関連ランキング:ラーメン | 相模大野駅

                         
                                  
        

3月1日よりCoCo壱番屋で「魯肉スパイスカレー」期間限定提供スタート!

category - [臨海エリア]
2024/ 03/ 06
                 
2024年3月1日よりCoCo壱番屋で「魯肉スパイスカレー」期間限定提供スタート!

訪れたのは東京ビッグサイト向かいのビルに2023年11月オープンしたばかりのこちら。

『CoCo壱番屋 ワンザ有明店』

場所柄もあり、様々な案内は日本語・英語、ときどき中国語に対応。

各席に電源があるのもありがたいところ。

オーダーはタブレットで、こちらは日本語・英語・中国語に加えハングルにも対応していました。



オーダー完了!


★五香粉香る魯肉スパイスカレー ¥1070
・プラスほうれん草 +¥242
・3辛 +¥66



台湾風に甘辛く煮た豚角煮。
カレー自体もココイチのカレーをベースにしつつ八角の香りがしっかり。
五香粉にクミンを効かせており、なかなかのスパイス感です。
3辛でも結構辛く感じたのはこの限定カレーがそうなのか、それとも加齢によるものなのか。

魯肉×スパイスカレーといえば外食においては渋谷『ケニックカレー』と大久保『魯珈』がパイオニア。
それがついにココイチにも!
と考えたら、ニッポンのカレー文化もずいぶん進化してきたのだなあと、感慨深いのでした。


●最新の活動について・お問い合わせはこちらから
カレー細胞/ポケットカレー 公式サイト
images.png



カレー細胞 Official Store
カレー細胞プロデュース「ポケットカレー」のご購入はこちらから


「カレー細胞」Facebookページ

●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ



関連ランキング:カレー | 東京ビッグサイト駅国際展示場駅有明駅