fc2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

八重洲地下でタンドール三昧。「シターラダイナー八重洲店」(東京)

東京・八重洲地下街。
各カレージャンルの名店を集めた「TOKYO CURRY QUARTET」

スープカレー代表「奥芝商店」
洋食カレー代表「銀座スイス」
大阪スパイスカレー代表「コロンビアエイト」

そしてインド料理代表はこちら。

「シターラダイナー八重洲店」

青山に本拠を構える高級インド料理の名店「シターラ」のチェーン業態。
百貨店や駅ビル、駅ナカに店舗展開をしています。

この業態の何が嬉しいって、インド料理店には珍しい通し営業ってこと。

16時前後にタンドリーチキン食べたい需要(あるのか?)にもしっかり応えてくれます。


店内はカジュアル。
カウンター席、テーブル席と、用途に応じて使い分けできそうです。



メニューにはカレー、ナン、タンドール料理、ビリヤニなどがラインナップ。

ナンのバリエーションやロティ、クルチャ、バトゥーラ、そしてビリヤニはダムビリヤニもオーダー可能。
カジュアルな店構えながら「シターラ」の矜持を感じますね。


★カバブセット ¥1600
・豆カレー
・バトゥーラ
・シークカバブ
・タンドリーチキン
・野菜のカバブ
・ポリアル
・2種類のアチャール
・グリーンチャツネ


ちょっと何でしょう、このインパクトある盛り付けは!!


タンドリーチキンやシークカバブだけでなく、野菜のタンドール焼きが山盛り。
豆カレーとグリーン(チリ)チャツネにつけていただきます。

まずタンドリーチキンは流石の仕上がり。
んで、カボチャやナスやイモなど、野菜のボリュームがとにかく凄い。
食物繊維をたっぷり取ったぁーって具合の満腹ぶりです。

これは思った以上の迫力だわ。


★マサラチャイ +¥250

食後のチャイで胃を整えます。

フゥ。

「TOKYO CURRY QUARTET」
カレー好きなら行くべき場所です。


カレー細胞 初の単著「ニッポンカレーカルチャーガイド」
ご購入はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

ラスタなスリランカカリの名物は納豆。「村上カレー店プルプル」(大通)

札幌スープカレーの特徴である、
メイン具材を選び、辛さを数字で選び、ライスの量を選び、トッピングを選ぶオーダースタイルを最初に始めたのは創業1984年「スリランカ狂我国」だと言われています。

もちろん当時は「スープカレー」という言葉もなく(「スープカレー」の名称を用いたのは1993年創業の「マジックスパイス」が初)スリランカカリとして提供されていたのですが。

今はなき「スリランカ狂我国」から暖簾分け、今もそのスピリットを継承しているのがこちらのお店。



「村上カレー店プルプル」

オープンは1995年。

スリランカカリを継承しつつも、レゲエ好き店主の好みで全面的にラスタ&ジャマイカ。


もっとも「スリランカカリ」はスリランカ料理そのものではなく、北海道で生まれたスープカレーの一系統というべきものなので、大した問題ではありません。


★ナット・挽肉ベジダブル ¥1050(税込)
・サンボール1/2 ¥150
・トルカリ ¥50


実はこの「村上カレー店 プルプル」、札幌では納豆カレーの元祖とも言われているんです。今やスープカレー店の定番トッピングに並ぶ納豆ですが、最初はここの名物だったんですね。


挽き割りの納豆は単に添えられているのではなく、鶏ひき肉と一体となって全体に行き渡っています。

具材のオクラの効果もあり、スープ自体がトロッとした舌触りに。
これはスープカレーとしてはかなり異質な美味さ。
リピーターがつくのがよくわかります。

さらに注目したいのがライスに添えられたオプション。
スリランカのポルサンボールが元と思われる「サンボール」はミッシリと固められた味噌状。ココナッツと唐辛子の旨味で、ライスと食べるも良し、スープに混ぜるも良し。
「トルカリ」はベンガルのボルタがベースかな?
ポテトサラダにスパイスを加えた仕様で舌のリセットに役立ちます。

食後のデザートはこちら。

★スパイス入り牛乳プリン ¥100

スリランカ繋がりでワタラッパンみたいなのが出てくるかな?と思ったら全然違いました。シナモン&カルダモン香るミルクプリン。100円だし頼まない理由はありません。

個性派店主の個性派カレー店だけに、店内はある種の迫力、緊迫感がありますが、接客自体は紳士的で丁寧。

ちなみにラストオーダーの時間は決まっておらず、とにかく8時までに食べて店を出てくれたらオーケーとのことです。

隅から隅まで、とても存在感のあるお店。

こちらの味を受け継いだ「カレー魂 デストロイヤー」も大人気で、「スリランカ狂我国」からの系譜はまだまだ続くのでした。

カレー細胞 初の単著「ニッポンカレーカルチャーガイド」
ご購入はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

村上カレー店・プルプル



関連ランキング:スープカレー | 中央区役所前駅西8丁目駅西11丁目駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

ムスリム文化圏のストリートテイストは高円寺でクロスする。「カナマカナン」(高円寺)

元「カレー百姓」こと小松さんが間借り新業態をスタート。
場所は高円寺北口。
「でんでん串 高円寺フィーバー」にて日曜ランチ限定の営業。


「カナマカナン Khana Makanan」

Khanaはインドやネパールの言葉で「食事」
Makananはマレーシア語で「食事」

南アジアと東南アジアの現地料理、特にムスリム文化圏のストリートフードをベースにし、その食文化に敬意を払いつつ、
日本の居酒屋っぽさを加えるなどオリジナリティを出してきた小松氏の料理をうまく言い表している店名です。

さて、新屋号でのお料理や如何に??


★無水サンバルビーフプレート ¥1200
◎追加ミニカレー2種 +¥300
・チキンカレー
・本日の魚介カレー



メインを張るのは「無水サンバルビーフ」
見た目も食感もパキスタンのカラヒながら、ブラチャンの旨みとケチャップマニスの甘みが際立った東南アジア仕様。


別皿のチキンカレーとアサリのカレーはインドのスパイス要素に東南アジアのハーブ&ココナッツミルク要素をそれぞれ補完。


組み合わせていただくことで、東南アジア(主にマレーシア)とインド・パキスタンの風情が共に楽しめる仕掛けになっています。


もともと現地料理のテイストをふんだんに取り入れながら、絶妙のチューニングで「旨い」に落とし込むセンスには定評がある小松氏。
今も平日は皆が知っているカレーの名店で修業を積んでおり、回を増すごとに味が洗練されていくことでしょう。

そしてこの、「修業しながら間借り営業」のスタイル、ここ最近増えてきています。
実践と検証を繰り返すこのやり方、今後に注目ではないでしょうか。


カレー細胞 初の単著「ニッポンカレーカルチャーガイド」
ご購入はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

カナ マカナン



関連ランキング:カレーライス | 高円寺駅新高円寺駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ