FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

仙台カレーニューウェーブ。おにぎりスパイスカレーの魅惑。「3 FLAVOR CURRY」(陸前高砂)

仙台に新しいカレーの波がきています。

ここ2年ほどの間で、間借りを含むスパイスカレー店がどんどん増えているんです。

Sendai Spice Tripや、仙台スタンプラリーなど、カレーを軸とした取り組みも多く、これからグングン盛り上がっていく予感。
そんな中、ムーブメントの中心として仙台カレーを盛り上げる「東北カレー同盟」の一員として活躍するこちらのお店へ訪問してきました。


「3 FLAVOR CURRY」

「スリーフレーバーカレー」、通称「スリフレ」。
店主の加藤さんは仙台スタンプラリーを実現させるためのクラファンの発起人でもあり、仙台カレーシーンには欠かせない人物です。

白を基調としたモダンな店内ながら、あちこちに日本画や浮世絵、和テイストの調度品が。



実はこのギャップこそが、カレーにも反映されたこのお店の個性なのです。


メニューを開けば「3Flavor」の由来でもある3つの想いが記されています。

「四季を感じるヒトサラを」
「カラダに寄り添うヒトサラを」
「出会いを想うヒトサラを」

日本の季節食材を取り入れ、栄養と健康に配慮し、異文化を受け入れ融合させるカレー。
そうも読み取れますね。

言い換えれば、そのとき、その瞬間、その相手に寄って変化するカレーと言えるかもしれません。

単にスパイスカレーの流行りに乗るのではなく、信念を掲げるカレー店は強いですよ。

メニュー、いや「おしながき」を見てみましょう。

カレーとご飯は月替わり。
カレーは
・特製チキンカレー
・厚揚げの麻辣キーマカレー
・ひよこ豆とキノコの豆乳カレー

ご飯は涌谷産【金のいぶき】。

世にカレー店数あれど、ここまでご飯に意識を向けさせるお店はそうそうありませんね。


★カレー二種盛り(御飯&揚げナンセット)¥1380
・特製チキンカレー
・厚揚げの麻辣キーマカレー
・今月の御飯 涌谷産【金のいぶき】


なんと、立派な御膳スタイルで登場したカレー。
お吸い物、漬け物が添えられており、完全に和食スタイルです。


そしてビックリしたのはご飯。
なんと、2個のおにぎり仕立てなんです!

これは盲点、「日本人はやっぱり米だろ」の原点に立ち帰らされる思いですね。

定番の特製チキンカレーは柔らかな鶏肉ゴロゴロ。
サラサラで辛さ控えめながらスパイスが立っており、モチモチのおにぎりに染み込む感じが楽し美味しい。

一方の厚揚げの麻辣キーマカレーは技ありの一品。
東京や大阪でもブレイクしている、中華を融合させた麻婆カレーのようでありつつ、厚揚げを主役にすることで一気に和の風合いを持たせています。
花山椒の痺れも心地よく、これまたおにぎりとの相性抜群!

もはや、おにぎりを最高に美味く食べるためのスパイスカレー。
時折、漬け物やお吸い物を挟んで。
この感覚はなかなかないですよ。

面白い!!


と、ここで揚げナンとかついてくるもんだから、さらに面白い。
これまた香ばしくて良い仕上がりなんです。
おにぎりと揚げナンを交互にいただくなんて、カレーがあるからこその楽しみ方ですね。
最後、お皿に残ったカレーも揚げナンで綺麗に拭き取ってパクリ!
フードロスもゼロです。


ドリンクだって、ひと技あります。


★百年農家の美人甘酒ラッシー ¥480

古代米から作られ、【飲む点滴】と呼ばれるほど栄養価が高い甘酒がベースのラッシー。
※お酒ではありません。

これがまた、悶絶級に美味いです。
飲まずに引き下がってはいけません。マスト。

スパイスカレーと和出汁の融合、といえば他にもありますが、こちらはむしろ、和の心と融合したスパイスカレー。
東京にいては気づかないいろんな発見をさせていただきました。

大阪、福岡、東京と、新しい世代のカレー店が新しい文化を作り上げてきていますが、次に注目するべきは仙台かも知れません。
これからの仙台カレーカルチャーの盛り上がり、見逃せませんよ。

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

ここは北国の南国。仙台で本格南インド料理を堪能。「南國堂」(長町一丁目)

仙台に本格南インド料理店!
仙台駅から地下鉄南北線で長町一丁目駅下車、徒歩5分ほど。
仙台市立病院の道路向かいにお店はあります。

「南國堂」

とてもレトロな店構えながらオープンは2012年。
あえて「カレーの店」を名乗っているのは地方ならではの配慮でしょう。


居心地の良い店内。
入り口側にテーブル席、奥の厨房脇にカウンター席があります。


メニューは完全に南インドミールスに特化。
オーバルターリー皿に盛られた「カレープレート」と葉型皿に盛られた「インド定食」があり、それぞれ構成が異なります。
また、ライスの量があらかじめ選べ、それによって価格が変わってきます。


★【インド定食】おまかせ定食 S ¥1750
・本日のベジカレー2種
・本日のお魚のカレー1種
・本日のお肉のカレー1種
・サンバル
・クートゥー
・コザンブ
・ラッサム
・ダヒ
・ポリヤル
・パパド
・ピックル
・ライス


一番品数が多いのにしちゃいました。


この日セットについてきたカレーは、
・カブとチャナダル、しめじのカレー
・白菜と蒟蒻のカレー
・カジキマグロのマラバールカレー
・ハイデラバードのチキンコルマ
の4種。


まじまじと見れば、細部にわたり丁寧な仕事が伺えますね。
これは手食したくなりますよ。


一品一品の味を確かめた後は、ベジメニューから混ぜ合わせ手食。
それぞれの料理の味付けが主張しすぎることなく、混ぜることで味が作られていく仕掛けは、まさに南インドの日常食。
東京で言えば「ケララの風」や「とら屋食堂」に通づる風合いです。
そんな中にも素材の香りや食感がしっかり楽しめ、特にクートゥ、そして白菜と蒟蒻のカレーの食感が好み。
酸味強めのラッサムもいい仕事しています。

後半はノンベジを堪能。肉・魚いずれも優しく、胃にもたれない味わい。
ライスSにしたのでカレー比率多めで最後まで楽しめました。


★チャイ ¥400

食後のチャイはたっぷり仕様。
芯から温まります。


外は北国、けれど中は南国。
爽やかな食後感でカラダ整う素晴らしい南インド料理。

これは仙台でマストなお店です。

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

仙台駅前の牛タンスープカレー。「Vajraroad ヴァサラロード 仙台AER店」(仙台)

何気にスープカレーが多い仙台。
こちらは仙台駅至近、アエル一階に入ったスープカレー屋さん。


「Vajraroad ヴァサラロード 仙台AER店」

札幌の老舗人気店「ピカンティ」の監修により2006年オープン。
長町本店は2020年に閉店し、現在はこちら一店のみとなっています。


お店は天井高く広々。


ご当地名物やご当地食材を使ったメニューもありました。
そうこなくっちゃ!


★とろとろ牛タンと舞茸 ¥1800+税
・ゴロゴロ野菜
・スープ:薬膳 +¥150
・4辛 +¥100
・ライス 少なめ


一番わかりやすく仙台なのを頼んでみました。
スープは一日限定10食の「薬膳」、辛さはピッキーヌ5本入りの「4辛」にカスタマイズ。


野菜の彩りに隠れていますが、とにかく牛タンが豪華。
肉厚で、口の中でトロける柔らかさ。これはたまりませんね。


一瞬パプリカと間違えそうになるピッキーヌ。
危ない危ない。

開店時間は早めの10時。
この日は朝メシとして寄ったのですが、11時前あたりから客がゾロゾロ。
立地も良いし、さまざまな客層が集まるお店となっていたのでした。

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

自宅で仙台カレー、自宅でパキスタン。「キクチカレー」(仙台)

仙台で精力的な活動を続けてきた間借りカレー店「キクチカレー Kikuchi Curry」。

現在は仙台気鋭のカレー店3店舗(gingercurry.ai、3 FLAVOR CURRY、Kikuchi Curry)合同でカレー配送プロジェクトを行っています。

【通販ページはこちら。】

「キクチカレー」はお店で一番人気のパキスタンカレーを冷凍通販。
早速取り寄せてみました。


袋のまま湯煎で10 ~15分。
その後火にかけてサッカと加熱します。

最初から自分で作ったような錯覚!(笑)

完成したカレーがこちら。

★パキスタンカレー

手羽元を数種のスパイスとトマトベースのカレーソースでホロホロになるまで煮込んだ、水を一切使わない無水チキンカレー。
名店「サリサリ」を彷彿とさせます。
「サリサリ」の場合はマスターが現地の家庭で教わった「カダイチキン」が元となっているんですよね。こちらのカレーも基本は同じかと思われます。

まず嬉しいのは、解された鶏肉を噛み締めるたび溢れ出す旨味。たまりません。
完成後すぐに冷凍し旨みを凝縮、普通のレトルトだとこうはいかないです。
そしてトマト由来のジューシーさ。その酸味に加え、生姜が効いているのもポイント。
スパイス使いはシンプルで、辛さも控えめながら、実に味わい深いカレーとなっています。

晩酌時にバゲットに乗せても絶対合う!

通販ページでは、合同プロジェクト3店のカレーが楽しめるセットも販売中。

【通販ページはこちら。】

この機会に、自宅で仙台カレー、いかがでしょう?


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

キクチカレー



関連ランキング:カレー(その他) | 青葉通一番町駅大町西公園駅勾当台公園駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

東北で貴重なネパール料理店、津波から復活。そして・・・「イエティ」(南気仙沼)

宮城から岩手にかけての沿岸部でほぼ唯一のネパール料理店「Yeti」が震災・津波に見舞われたのは今から5年前。

1.3mの津波で泥だらけになった店内、去っていったスタッフ・・・
万難を乗り越え、約半年後に復活オープン。

震災から5年経った今でも仮設住宅が並び、被災した建物の取り壊しも終わらない気仙沼の街で、多くの飲食店が廃業していく中、頑張ってフル営業されています。


「ネパール・インド料理レストラン Yeti」(イエティ)

なんと、ネパール料理、インド料理だけじゃなく、アウトドアショップも併設。
実はここのオーナーは小野さんという日本人の方で、山登りなどでお世話になったネパールに思いを馳せ、恩返しの意味もあってこの「Yeti」を経営されているとのこと。


この日は小野さん不在でしたが、震災後再び戻ってきたネパール人スタッフの方々でお店は切り盛りされていましたよ。


★エベレストビール ¥600

ネパールビールもしっかりあります。


★モモ ¥800

ネパール料理の定番と言えば、のモモ。
手作りテイスト抜群のモチモチの皮が素敵で、餃子好きにもオススメできる一品。
漬けダレのゴルベラアチャールの香りも秀逸です。


★チョウメン ¥800

ネパール焼きそば。
やはりネパール料理ってのは、日本の居酒屋的な使い方が楽しいですよね。
こちらはピリ辛で香り高く、焼きそば好きにもオススメできる一品ですよ。


★レッドチベット風チキン ¥1300

なんと!このお店、ネパール料理だけでなく、チベット料理も充実しているんです。
中でもこれは超おススメ!!
胡椒が効いて、体の芯から暖まるチキンスープです。


★エビチリ ¥900

ここまでくればもう、チベットを通り越してほぼ中華料理ですね。
けど、ピリ辛なスパイス使いはバッチリです。


★ククリラム ¥400

私の好きな、ネパールの香り高いラム酒。
ホントはラムコークでいただきたかったのだけど、コークもソーダもないとのことで、ロックにていただきました。
やっぱり濃くて美味いし、お値段も手ごろ。これを飲まなきゃはじまりませんね。

さて、ここまで居酒屋使いでガッツリ楽しませていただいたのですが・・・・第二ラウンド。

実はここ、東北地方ではほとんどお目にかかれないネパール定食「ダルバート」がレギュラーメニューにあるんです!!


★ネパールダルバードセット ¥2000

綴りは「Dalbhat」ですから、「ダルバート」と表記するのが妥当かと思われるのですが、メニュー名は「ダルバード」。
ま、濁音と撥音が曖昧なのはアジア各地であることですから、気にしない気にしない。


ダルスープは緩めのシャバシャバ仕様。
ジンブーは用いられていつつも、塩&ニンニクは控えめで素朴な味わい。


ご飯の上で混ぜ混ぜしながらいただきます。
お米は国産米。
ククラコマス=鶏肉のネパールカレーに、アルサデコ=ジャガイモのスパイス和えに、ブテコサグ=青菜の炒め物に・・・
どれもホッコリ素朴な味わいです。
ゴルベラアチャールの酸味が良いアクセントになりますね。


辛味ペーストも用意されています。
全体的に料理が控えめな味付けなだけに、私は結構使っちゃいましたよ。


ダルバート(ダルバード)にはチヤ=ネパールのチャイが付いてきます。

ふぅ、もう、お腹いっぱい。


店内には、ネパール大地震の支援活動を行った際の写真も飾られていました。
東北で被災を味わっているだけに、スタッフたちの祖国ネパールの震災も見過ごせなかったのでしょう。

震災に負けず立ち上がる逞しさと、ともに支え合う優しさ。

東北で珍しいネパール料理店が、ここまで愛され、人気なのには、
国籍を超えたその心意気に皆が心動かされるからに他なりません。


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

Yeti

夜総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:ネパール料理 | 南気仙沼駅不動の沢駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ