FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

菅生名物、牛タンカレーパン。「杜のパン工房」(菅生)

仙台グルメの筆頭といえば牛タンですが、とあるところに牛タンカレーパンが人気の店があると聞き、連れて行ってもらいました。


とあるところとは東北自動車道上り、菅生サービスエリア。


「杜のパン工房」

サービスエリア内ながら創意あふれるオリジナルパンを多数そろえる人気のパン屋さん。


あ、ありました!看板メニューの「ザ・たんカリー」。


朝の時間帯限定で、パン購入者はコーヒーの無料サービス。
こりゃクルマの旅の朝はここでキマリですよね。


★ザ・たんカリー ¥250

はい!こちらがザ・たんカリー。
あえてカリーにしたのはタンカレーだとお酒を想起させて高速道路にはふさわしくない!と誰かが判断したと妄想。


ベーシックな揚げパン生地の中にはダークブラウンのカレー。
確かに、刻んだ牛タンがしっかりと存在感を示していますね。

そしてもう一つ購入したのがこちら。

★生ワッサン ¥240

生のクロワッサンでどういうこと!?なんて思ったのですが、つまりは生クリーム入りクロワッサン。
軽ーいクロワッサン生地にミルキーな生クリーム、シンプルで個人的にはとても好きです。

クルマ旅ならではの、プラスアルファの愉しみ。
もっともっと各地のパーキングエリアでカレーパンが流行ればいいのに、なんて思ったのでした。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

仙台のフードコートで出汁カレー。「キーチャンズ お好み食堂 タピオ店」(泉中央)

大阪スパイスカレー文化の中で火が付いた「出汁カレー」の世界。
最近は東京でもチラホラ見かけるようになってきた・・・なんて思っていたのですが、流石情報流通の早い現代。

なんと仙台のフードコートにも出汁カレーがあったんです。

場所は仙台、泉パークタウン。
市街地からはちょっと離れ、アウトレットモールやらなんやらがあるエリアです。

そこのショッピングセンター「タピオ」の2Fにあるフードコート「TAPIO KITCHEN」。


めちゃくちゃ広いです。ディスタンスどうこうなんてレベルじゃない。
地平線が見えます(言い過ぎ)。

中にはインド料理店なんかもあるのですが、出汁カレーを扱っているのはこちらのお店。

「キーチャンズ お好み食堂 タピオ店」

仙台にカフェや串揚げ居酒屋を四店舗展開する「キーチャンズ」の一店舗です。


食事は税込700円均一で、洋食から丼もの、ラーメンまで取り揃え。


カレーメニューは

牛たんキーマカレー
和風だしコンビーフカレー
和風だしスタミナカレー
和風だしカツカレー


の四種。

「仙台だから牛タン・・・」ってな考えがちょいよぎりましたが、ここは我慢。


★和風だしコンビーフカレー ¥700(税込)

オーダーから提供まで約20分。
フードコートにしてはそれなりに時間がかかりました。

下から出汁カレー、ライス、ほうれん草、コンビーフ、温玉と積み重なった盛り付けが楽しいですね。

出汁カレーはポタージュのような舌触り。
分かる人にしかわからない例えで言えば新宿「アカシア」のロールキャベツにかかっているアレのような感じ。
そこに出汁の旨味が加わっています。辛さは唐辛子というより塩味の方が強いですね。

そこにさらに塩味の強いコンビーフがのってるのですから、とにかくご飯とお水が捗ります。
実際、このカレーを食べているとお水が美味しいことおいしいこと。
フードコートですからいくらでもおかわりしちゃいますよ。

それにしても、出汁カレーってのは無限の可能性を秘めていますね。
数多の和食とカレーとの組み合わせ、それが料亭やレストランだけでなく、フードコートやファストフード、そして家庭で生まれてくるともう、カレーの再構築がどんどん進むのではないでしょうか。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

仙台カレーニューウェーブ。おにぎりスパイスカレーの魅惑。「3 FLAVOR CURRY」(陸前高砂)

仙台に新しいカレーの波がきています。

ここ2年ほどの間で、間借りを含むスパイスカレー店がどんどん増えているんです。

Sendai Spice Tripや、仙台スタンプラリーなど、カレーを軸とした取り組みも多く、これからグングン盛り上がっていく予感。
そんな中、ムーブメントの中心として仙台カレーを盛り上げる「東北カレー同盟」の一員として活躍するこちらのお店へ訪問してきました。


「3 FLAVOR CURRY」

「スリーフレーバーカレー」、通称「スリフレ」。
店主の加藤さんは仙台スタンプラリーを実現させるためのクラファンの発起人でもあり、仙台カレーシーンには欠かせない人物です。

白を基調としたモダンな店内ながら、あちこちに日本画や浮世絵、和テイストの調度品が。



実はこのギャップこそが、カレーにも反映されたこのお店の個性なのです。


メニューを開けば「3Flavor」の由来でもある3つの想いが記されています。

「四季を感じるヒトサラを」
「カラダに寄り添うヒトサラを」
「出会いを想うヒトサラを」

日本の季節食材を取り入れ、栄養と健康に配慮し、異文化を受け入れ融合させるカレー。
そうも読み取れますね。

言い換えれば、そのとき、その瞬間、その相手に寄って変化するカレーと言えるかもしれません。

単にスパイスカレーの流行りに乗るのではなく、信念を掲げるカレー店は強いですよ。

メニュー、いや「おしながき」を見てみましょう。

カレーとご飯は月替わり。
カレーは
・特製チキンカレー
・厚揚げの麻辣キーマカレー
・ひよこ豆とキノコの豆乳カレー

ご飯は涌谷産【金のいぶき】。

世にカレー店数あれど、ここまでご飯に意識を向けさせるお店はそうそうありませんね。


★カレー二種盛り(御飯&揚げナンセット)¥1380
・特製チキンカレー
・厚揚げの麻辣キーマカレー
・今月の御飯 涌谷産【金のいぶき】


なんと、立派な御膳スタイルで登場したカレー。
お吸い物、漬け物が添えられており、完全に和食スタイルです。


そしてビックリしたのはご飯。
なんと、2個のおにぎり仕立てなんです!

これは盲点、「日本人はやっぱり米だろ」の原点に立ち帰らされる思いですね。

定番の特製チキンカレーは柔らかな鶏肉ゴロゴロ。
サラサラで辛さ控えめながらスパイスが立っており、モチモチのおにぎりに染み込む感じが楽し美味しい。

一方の厚揚げの麻辣キーマカレーは技ありの一品。
東京や大阪でもブレイクしている、中華を融合させた麻婆カレーのようでありつつ、厚揚げを主役にすることで一気に和の風合いを持たせています。
花山椒の痺れも心地よく、これまたおにぎりとの相性抜群!

もはや、おにぎりを最高に美味く食べるためのスパイスカレー。
時折、漬け物やお吸い物を挟んで。
この感覚はなかなかないですよ。

面白い!!


と、ここで揚げナンとかついてくるもんだから、さらに面白い。
これまた香ばしくて良い仕上がりなんです。
おにぎりと揚げナンを交互にいただくなんて、カレーがあるからこその楽しみ方ですね。
最後、お皿に残ったカレーも揚げナンで綺麗に拭き取ってパクリ!
フードロスもゼロです。


ドリンクだって、ひと技あります。


★百年農家の美人甘酒ラッシー ¥480

古代米から作られ、【飲む点滴】と呼ばれるほど栄養価が高い甘酒がベースのラッシー。
※お酒ではありません。

これがまた、悶絶級に美味いです。
飲まずに引き下がってはいけません。マスト。

スパイスカレーと和出汁の融合、といえば他にもありますが、こちらはむしろ、和の心と融合したスパイスカレー。
東京にいては気づかないいろんな発見をさせていただきました。

大阪、福岡、東京と、新しい世代のカレー店が新しい文化を作り上げてきていますが、次に注目するべきは仙台かも知れません。
これからの仙台カレーカルチャーの盛り上がり、見逃せませんよ。

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

スリー フレーバーカレー



関連ランキング:インドカレー | 陸前高砂駅福田町駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

ここは北国の南国。仙台で本格南インド料理を堪能。「南國堂」(長町一丁目)

仙台に本格南インド料理店!
仙台駅から地下鉄南北線で長町一丁目駅下車、徒歩5分ほど。
仙台市立病院の道路向かいにお店はあります。

「南國堂」

とてもレトロな店構えながらオープンは2012年。
あえて「カレーの店」を名乗っているのは地方ならではの配慮でしょう。


居心地の良い店内。
入り口側にテーブル席、奥の厨房脇にカウンター席があります。


メニューは完全に南インドミールスに特化。
オーバルターリー皿に盛られた「カレープレート」と葉型皿に盛られた「インド定食」があり、それぞれ構成が異なります。
また、ライスの量があらかじめ選べ、それによって価格が変わってきます。


★【インド定食】おまかせ定食 S ¥1750
・本日のベジカレー2種
・本日のお魚のカレー1種
・本日のお肉のカレー1種
・サンバル
・クートゥー
・コザンブ
・ラッサム
・ダヒ
・ポリヤル
・パパド
・ピックル
・ライス


一番品数が多いのにしちゃいました。


この日セットについてきたカレーは、
・カブとチャナダル、しめじのカレー
・白菜と蒟蒻のカレー
・カジキマグロのマラバールカレー
・ハイデラバードのチキンコルマ
の4種。


まじまじと見れば、細部にわたり丁寧な仕事が伺えますね。
これは手食したくなりますよ。


一品一品の味を確かめた後は、ベジメニューから混ぜ合わせ手食。
それぞれの料理の味付けが主張しすぎることなく、混ぜることで味が作られていく仕掛けは、まさに南インドの日常食。
東京で言えば「ケララの風」や「とら屋食堂」に通づる風合いです。
そんな中にも素材の香りや食感がしっかり楽しめ、特にクートゥ、そして白菜と蒟蒻のカレーの食感が好み。
酸味強めのラッサムもいい仕事しています。

後半はノンベジを堪能。肉・魚いずれも優しく、胃にもたれない味わい。
ライスSにしたのでカレー比率多めで最後まで楽しめました。


★チャイ ¥400

食後のチャイはたっぷり仕様。
芯から温まります。


外は北国、けれど中は南国。
爽やかな食後感でカラダ整う素晴らしい南インド料理。

これは仙台でマストなお店です。

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

南國堂



関連ランキング:インドカレー | 長町一丁目駅長町駅河原町駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

仙台駅前の牛タンスープカレー。「Vajraroad ヴァサラロード 仙台AER店」(仙台)

何気にスープカレーが多い仙台。
こちらは仙台駅至近、アエル一階に入ったスープカレー屋さん。


「Vajraroad ヴァサラロード 仙台AER店」

札幌の老舗人気店「ピカンティ」の監修により2006年オープン。
長町本店は2020年に閉店し、現在はこちら一店のみとなっています。


お店は天井高く広々。


ご当地名物やご当地食材を使ったメニューもありました。
そうこなくっちゃ!


★とろとろ牛タンと舞茸 ¥1800+税
・ゴロゴロ野菜
・スープ:薬膳 +¥150
・4辛 +¥100
・ライス 少なめ


一番わかりやすく仙台なのを頼んでみました。
スープは一日限定10食の「薬膳」、辛さはピッキーヌ5本入りの「4辛」にカスタマイズ。


野菜の彩りに隠れていますが、とにかく牛タンが豪華。
肉厚で、口の中でトロける柔らかさ。これはたまりませんね。


一瞬パプリカと間違えそうになるピッキーヌ。
危ない危ない。

開店時間は早めの10時。
この日は朝メシとして寄ったのですが、11時前あたりから客がゾロゾロ。
立地も良いし、さまざまな客層が集まるお店となっていたのでした。

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ヴァサラロード 仙台アエル店



関連ランキング:スープカレー | 仙台駅あおば通駅広瀬通駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ