fc2ブログ
2023/12/15
2023/09/25
2023/09/19
2021/03/14
2013/05/24

カレー&スパイス・栃木県

        

佐野ラーメンも良いけれど、佐野ミールスも。『ALTAF HALAL FOOD& SOUTH INDIAN RESTAURANT』

category - カレー&スパイス・栃木県
2023/ 12/ 15
                 
栃木県、佐野。
佐野ラーメンの印象があまりに強く、実際に佐野で佐野ラーメンを食べると「来てよかった」と満たされてしまうのですが。

実は南インドミールスを提供しているお店が一軒あるんです。

『ALTAF HALAL FOOD& SOUTH INDIAN RESTAURANT』
2023年4月15日オープン。

質素な作りながら、天井や壁をシックな布で飾りつけ。

オーナーもシェフもインド人。
「パキスタン人やバングラデシュ人やネパール人やスリランカ人もインド料理店やってるけど、それはインド料理が美味しいから。ここはインド人のインド料理」と強調されていました。

メニューを見れば「カダイチキン」や「チャナマサラ」など北インド寄りのメニューが多く、南インド料理は割と少なめ。
ミールスの他、「レモンライス」や「ケララいか」くらいかな。

もともとは土日限定でバナナリーフミールスの提供をしていたようですが、
平日もミールスがメニューに入った今、そっちがどうなっているのかは定かではありませんでした。
また、外看板にはドーサなどの写真もあったのですが、予約すれば作ってくれるのか、かつてあったメニューなのか。

ちなみに完全ハラールレストランにつき、お酒などのドリンクメニューはありません。


★南インドミールスセット ¥1585
・ビリヤニまたは日本米
・チキンコルマ
・サンバー
・ラッサム
・ウポマ
・パーパド
・サラダ
・ラッシーまたはマンゴーラッシー



まず、ライスがビリヤニなのが嬉しいですね。
日本米にチェンジも可能ですが、変える人いるのかな。

透明度高いラッサムは辛さ控えめ。
赤玉ねぎもたっぷり入っていて旨みたっぷり。
これはビリヤニにかけてこそ。
その他サンバー(サンバル)が特にいい味出していました。

お店の厨房脇のストックルーム兼テイクアウトコーナーでは山積みのナンがスタンバイ。
聞けば「お弁当」とのこと。

私の他に客は誰も来ていないし、前の通りに人もいない。
そんなにたくさん一体・・・

実はこの店のすぐ近くにはイスラム教の礼拝所「佐野モスク」(佐野マスジド)があるんです。

建物自体、公民館みたいで見逃していました・・・

こちらにインド人や、この近辺に多いインドネシア人が集まることもあり、ハラール対応の弁当需要があるようですね。


近くの路地でハラール食材店も発見。

同じ群馬県の伊勢崎市みたいに多国籍な料理店が軒を連ねるでもなく、ハラール対応インドレストランは近隣にこの『ALTAF』のみ。

ラーメン巡りの日本人訪問者からはあまり意識されないでしょうが、佐野の地域社会にとって欠かせないお店のようです。


「カレー細胞」Facebookページ

●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ



関連ランキング:インド料理 | 佐野駅堀米駅

スポンサーサイト



                         
                                  
        

小山カルチャーを牽引するコーヒー&カレー拠点。『TERMINAL BY Cafe FUJINUMA』(小山)

category - カレー&スパイス・栃木県
2023/ 09/ 25
                 
「カレーが美味しいコーヒー店」2023として2023GW西武池袋本店『にっぽんカレー列島』に出店いただいた栃木県小山市『Cafe FUJINUMA』さん。


小山市内に3店舗展開しているのですが、本店でのカレー提供は15時までのランチタイムのみ。

ですが小山駅ビルの駅ビルにあるこちらの店舗では通し営業でカレーがいただけるんです。

『TERMINAL BY Cafe FUJINUMA』

都心のスタバやタリーズのような利便性ですが、提供しているのは小山でしかいただけない珈琲とカレーです。


テーブル席あり、電源付きカウンター席あり、ゆったりできるソファー席あり。
時間貸しのミーティングルームまであって、小山での出張拠点としても最高です。


オーダーはカウンターでの前会計。

もちろん、カレーと珈琲のセット一択です。


★ハーフ&ハーフカレー ¥1290
【DRINK SET】本日のコーヒー +¥210



オーナー藤沼さんの母上直伝キーマカレーは地元のブランド牛「おやま和牛」と同じくブランド豚「おとん」をブレンドして使用。
しぐれ煮の如き濃厚風味でご飯が進みます。
あと、これほどピクルスに合うカレーもなかなかないかと。


ソースポットに入ったオレンジのカレーはもう一つの定番「トマトチキンカレー」。
これGWの池袋で初めて食べたのだけども、トマトとヨーグルトで絶妙な酸味&ミルキーさを醸し出しており、かなり個性的。そしてやっぱりかなり好み。
インド料理のバターチキンのような華やかさがありつつ、重さを全く感じさせないんです。
玄米ミックスで硬めに炊かれた白米も最高にマッチしますね。


コーヒーの豆は日替わり。
この日はエル・サルバドル。
スッキリした酸味で爽やかにいただきました。

駅ビルという好立地で電源も完備、ソファー席もあるしコーヒーのお土産も買える。
小山に来たら必ず寄るべきスポットですね。


「カレー細胞」Facebookページ

●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ



関連ランキング:カフェ | 小山駅

                         
                                  
        

小山の完全現地パキスタンでMANDI。『LAHORI KHABA HALAL RESTAURANT』(小山)

category - カレー&スパイス・栃木県
2023/ 09/ 19
                 
栃木県小山市。
この辺りでスパイス料理を食べるなら、筆頭候補はパキスタン料理でしょう。
千葉県野田市および埼玉県八潮市から北の地域は中古車オークション及び自動車部品輸出業に従事する(もしくは取り仕切る)パキスタン人が多数おり、現地食材店や現地式レストランが点在しているんです。

(あとは宇都宮を中心に定着したタイ人コミュニティ由来のタイ料理も面白いんですが、それはまた。)

主に自動車で移動する同胞たちの利便性にあわせ、北関東のパキスタン料理店は駅から離れた街道沿いにあることが多いのですが、こちらは電車アクセスも(比較的)便利。

『LAHORI KHABA HALAL RESTAURANT 』
(ラホーリーカーバーレストラン)


小山駅から徒歩15分ほど。
国道50号線の側道にお店はありました。


『WORLD SPICE & HALAL MEAT MART』という食材店が併設されていました。


先客はパキスタン男性ばかり9人。
うち2人は髭を蓄えたトーブ姿。
ここが日本とは俄かに信じがたい光景です。


テーブルが整然と並ぶ簡素な作りの内装。
お酒を出さないムスリム食堂だけに、お酒の協賛ポスターがあるわけでもなくシンプルなものです。


日本語メニューもあるにはあるのですが、こちらはあくまで日本人向けメニュー。

現地客が集うパキスタン料理店でチェックすべしはホワイトボード。
それが鉄則なんです。

ひやぁ、これは迷いますね。
ビリヤニやニハリにも惹かれますが、ここは東京でもなかなか出会わない料理を。


★MUTTON MANDI ¥1500

この日は祭日の月曜日。
だから「マンディ」なわけではなく元々「マンディ」という料理。
エジプトやアラビア半島諸国で提供される「ドッカン肉乗せ炊き込みご飯」みたいなイメージでしょうか。
乗っかる肉はタンドリーチキンのこともありますが、こちらは骨ごとスライスされたヤバめなサイズの羊肉。

炊き込まれたバスマティライスにはクミン、グリーンカルダモン、カシューナッツ、ベイリーフ、千切りの生姜、少量のクローブとたっぷりの青唐辛子。
油のギットリ感はあるものの、ビリヤニにように米単体で料理として成立しているわけではなく、あくまで濃厚でボリュームたっぷりな羊肉と合わせていただくご飯のようです。


羊肉は骨ごとスライス。
(たぶん隣の食材店で売ってる)
マライティッカのようなソースでマリネされ焼き上げている様子でかなり濃厚な味付け。中は少し赤身が残っている感じでした。
この羊肉を骨からほぐし取り、時には骨ごとかぶりながら米に合わせていただきます。
時折青唐辛子を齧った時以外、辛さはありません。(ライタの出番が少ないな・・・)


★スプライト ¥200

食べ進むにつれ口内が油と脂で満ち満ちてくるのでコーラかスプライトは必須。

実際、ライスは700gくらいあったでしょうか。
他のメニューも気になりましたが、一人では到底無理無理無理!
2人以上での訪問をお勧めします。

隣りのテーブル(パキスタン人の名士と思われる4人組)には直径30cm以上の鉄鍋でそのままカラヒの提供。
その奥のテーブルの2人組の目の前には丸ナンが6枚山積みに。
何から何まで、ここが日本とは思えない空気感です。

Paypayが使えるところだけが日本です。

「カレー細胞」Facebookページ

●twitterあらためX 「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ



関連ランキング:パキスタン料理 | 小山駅

                         
                                  
        

祝一周年!ゲストハウス併設の日光スープカレー。「スープカレー空海」(東武日光/日光)

category - カレー&スパイス・栃木県
2021/ 03/ 14
                 
日光になんと、北海道スープカレーのお店。

東武日光駅から徒歩4分。

ゲストハウス「NERU-NIKKO」の一階に併設されています。


「スープカレー空海」

2020年3月12日オープン。



ゲストハウスのロビーを兼ねたコンパクトな店内。
掘りごたつ式、畳張りの小上がり席はリラックス感抜群です。

本店にあたるのは北海道岩見沢市にある「45395(しこうさくご)」というラーメン店。
同系列だった「スープカレーくーかい?」を併合し、「くーかい?×45395」という名で、ラーメンとスープカレーの両方を提供していたのですが、現在スープカレー提供はストップ。
「くーかい?」=「空海」のスープカレーを提供する店舗はここ日光のお店だけとなっているようです。


メニューは「カリッとチキン」「にこみチキン」の2種。
ベースのスープは4種類から選べ、ライスの量、辛さ、トッピングとカスタマイズしていく北海道方式。

しかもこの日は丁度オープン一周年。
改良された新スープをいただく最初の客となりました。


★カリッとチキン ¥1000
・ライス:少な目
・スープ:クーカイマサラ +¥60
・辛さ:3(辛口)


アッツアツの土鍋で提供されるカレー。
衣をつけカリッと揚げたチキンが入った一品。


オリジナル調合によるミックスマサラを加えたクーカイマサラスープは滋味豊か。
骨付き鶏の皮のパリッとした食感が楽しいですね。


★にこみチキン ¥1000
・ライス:少な目
・スープ:エビスープ +¥160
・トッピング:ブロッコリー +¥90
・辛さ:4 (大辛)+¥50


こちらはふんわり煮込んだ骨なしチキン。
エビスープ でお願いしました。

なかなかに海老の味です。
海老風味というより、海老の味を感じるスープです。
スプーンでほぐれる鶏肉も旨し。

いずれも野菜の甘みや食感が存分に楽しめるスープカレーでした。


★アップルジュース +¥100

スープカレーの辛さとジュースの甘み、そのコントラストも楽しみましょうね。

伝統洋食のカレーが強い日光では貴重な存在。
北海道、仙台、そして東京と拡がるスープカレー人気ですが、その間を繋ぐ栃木でも盛り上がりを見せるのでしょうか。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ



関連ランキング:スープカレー | 東武日光駅日光駅


                         
                                  
        

カレーと作家の益子焼。「カレーキッチン yamani」(益子)

category - カレー&スパイス・栃木県
2013/ 05/ 24
                 
益子に来たら、やはり益子焼。

安いモノを安く手に入れるなんてのは普通。
東京にはなかなか出回らない地元作家の作品と触れるのがオトナの楽しみ方ですよね。

もちろん時間があれば、点在する作家の窯を廻れば良いのですが、そうもいかない時にはこちら。


「やまに」

益子焼の大型販売店舗なのですが、嬉しいのは作家をピックアップしたコーナーがあること。
そこに思わぬ出会いがあるわけです。

⇒「やまに大塚本店」HP

しかもこの「やまに」、いろいろ手広くやっているようで、広い敷地内には「やまにさんちのラスク」があったり、カフェがあったり、そしてカレー屋さんがあったり!

「カレーキッチン yamani」

元々は栃木名物のうどんがメインのお店だったようですが、そこで出していたカレーが人気で、近年カレー屋さんにリニューアル。
引き続き、うどんの提供もしているようです。

ドカーンと広々、贅沢すぎる空間!


お値段は・・・ちょっと観光地価格ではありますね。


★8種の野菜たっぷりのカレーうどん ¥1100
ドリンクセット +¥200

カレーかうどんか迷ったら、やっぱりカレーうどん。


色とりどりの野菜と豚肉、コシのある太打ちうどんにトロッと存在感あるカレー。
器はもちろん、益子焼ですよ。


食後のコーヒーも益子焼で飲めばまた格別。


益子探訪の出撃基地としても重宝しそうな場所ですね。

・・・あ、ちなみにこの日出会った器はこちら。

2色以上の陶土を用い、こねあわせたり、積み上げたりして模様を作ってゆく「練上手(ねりあげで)」という特殊技法で作られたビアマグ。
着彩とは異なり、陶器の表裏で模様が繋がっているのがわかるでしょうか?

千田義昭さんという作家さんの作品なのですが、手にした時の触感、焼酎を入れたときのひんやり感が実に素晴らしいのです。

これは、一生モノの出会いですね。

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

カレーキッチンyamani

昼総合点★★★☆☆ 3.2



関連ランキング:カレー | 益子駅