fc2ブログ
2023/10/04
2023/05/02
2023/04/17
2022/10/16
2020/07/14

[初台~笹塚,代田橋,永福]

        

町のサードプレイスでカツカレー。『ピッコリー』(高井戸)

category - [初台~笹塚,代田橋,永福]
2023/ 10/ 04
                 
高井戸『ピッコリー』
そんなカレー店聞いたことないって?

それもそのはず。

こちらスーパーマーケット『オリンピック』の中にあるフードコートなのですから。


場所は「オリンピック高井戸店」一階正面玄関入ってすぐの好立地。


『ピッコリー』(picooly)

席数は堂々の50席。
窓が広く開放感があります。

料理はカレー、ラーメン、たこ焼き、さらに担々麺まで。

オーダーはもちろんカレー、しかもカツカレーです。
オーダーを受けてから揚げるカツ。
呼び出しブザーが鳴るまで暫し待ちます。


★ブレンドコーヒー ¥250

なんだか美味い。
そこらのハンバーガーチェーンより圧倒的に美味い。


★アンデスロース カツカレー ¥628

おお、銀の器がロマンティックですね!
フードコートの料理の寂しさが一切ない素敵仕様。

カレーの味自体はベーシック。
けれど充分、実に充分。
スーパー内にあるフードコートとしては充分以上じゃないでしょうか。

カツカレーって美味いですよね。


★コーラフロート ¥300

なんだか広々して居心地も良いし、実はここ「オリンピック高井戸店」のなんでも揃うっぷりも凄いんです。
食品から家具、電化製品、ブランドバッグに熱帯魚、爬虫類まで!

1日いられますね。

こういう場所のことをサードプレイスと呼ぶのでしょう。

「カレー細胞」Facebookページ

●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ



関連ランキング:カフェ | 高井戸駅浜田山駅

スポンサーサイト



                         
                                  
        

喫茶店の餡かけスタイル独特カレー。『豆の木』(久我山)

category - [初台~笹塚,代田橋,永福]
2023/ 05/ 02
                 
ふらり入った喫茶店のカレーが独特だと嬉しくなります。

井の頭線久我山駅前。
神田川にかかる橋を渡ってすぐの場所。

『豆の木』

平日遅めのランチ時間に訪問。

広々とした天和で、地元の奥さまやお父さんがふらり訪れリラックスしていました。


ランチメニューは黒板にて。
オーダーは即決です。


★野菜とチキンのカレーライス ¥700
(サラダ・フルーツ付き)


これは面白い!
いわゆる喫茶店のカレーライスとは全然違いますよ。

ライスの上には素揚げされたナス、ズッキーニなどの野菜と薄くスライスされた鶏肉。
その上からカレー餡がかけられているという、いわば中華丼のような仕立てのカレー。


これはカレーとカレーで無いものの絶妙な境界線。
かなりクセになる独特カレーです。

フルーツ付きと書いてありましたが、バナナ一本付いてきました。間違いない。


★ホットコーヒー ¥400

聞けば今年でだいたい45、6年ほど営業しているとのこと。
お店が重ねた年月だけ、あたたかな包容力が生まれるものですね。

カレー細胞公式ストアOPEN!
ポケットカレーはじめ私がセレクトした色々なカレー商品を追加していきます。
ブックマークお願いいたします。


●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ



関連ランキング:喫茶店 | 久我山駅富士見ケ丘駅三鷹台駅

                         
                                  
        

街の定番チキンカリーとクルフィと。『ゴトカリー』(西永福)

category - [初台~笹塚,代田橋,永福]
2023/ 04/ 17
                 
隠れグルメの街、西永福に新しいカレー店が誕生。



『ゴトカリー』

西永福駅北口から徒歩3分の好立地に2022年9月17日オープン。
お店に近づくと、スパイスとコーヒーのいい香りが漂ってきます。


スッキリしたカフェ調の店内。


メニューは定番チキンカリーの他、曜日替わりでもう一つのカレーが。
月~土曜はカレーの2種あいがけも可能。
日曜日は日替わりのチキンティッカプレートに「おかわりカリー」をつけてあいがけ仕様にすることができます。

ですがこの日はまず、定番チキンカリーをオーダーしてみましょう。

★チキンカリー ¥1000

カレーはサラサラ、トマトと玉ねぎの味が主体で辛さ控えめ。
スプーンでほぐせる2本のチキン手羽元。
ターメリックで炊いた日本米。
シンプルで食べ飽きない、まさに定番の味です。

食後のデザートはこちら。

★クルフィ ¥400
★ホットコーヒー ¥500

クルフィはインドのアイス。
甘くシャクシャク食感でボリュームたっぷり、ピスタチオたっぷり。
先日クローズした『ダバインディア』のクルフィっぽさも感じます。
コーヒーはお隣の『たまじ珈琲』によるゴトブレンド。スッキリ爽やかテイストです。


ケースには面白いクラフトビールの姿も。
近所の人がふらり立ち寄って一杯、なんて使い方も良さそうですね。

カレー細胞公式ストアOPEN!
ポケットカレーはじめ私がセレクトした色々なカレー商品を追加していきます。
ブックマークお願いいたします。


●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ


関連ランキング:カレー | 西永福駅永福町駅浜田山駅

                         
                                  
        

素敵空間で、たのしいお酒とあたらしいタイ料理。『タイ料理 ミャオミャオ』(幡ヶ谷)

category - [初台~笹塚,代田橋,永福]
2022/ 10/ 16
                 
東京にはいろいろなタイ料理店があります。
オシャレなカフェ感覚でアジアン気分が楽しめるお店から、
ここは日本?って思えるほど現地そのものに振り切ったお店まで。

けれども、こんなタイ料理店は今まで日本になかったかも。そう思えるお店が幡ヶ谷に誕生しました。

『タイ料理 ミャオミャオ』

オープンは2022年1月11日。

まず、内装が素敵。

天井で万国旗のように揺れているのはタイ・イサーンのチェック柄布「パーカオマー」。


厨房側のカウンターにはハーブを漬けたお酒がズラリ。
ともすれが怪しげな雰囲気になるところ、グラフィカルなラベルを貼ってカラフルPOPな雰囲気に仕上げています。

そうそう、そうなんですよね。
日本にある和食の店がみな田舎風じゃないのと同じで、バンコクあたりのレストランって意外にモダンな雰囲気のところが多い。
鄙びた「発展途上国テイスト」を押し出すばかりが現地風とは言えない時代なんです。
実際、日本よりタイの方が先進国って感じることも多いですし。


★チャーン ¥680

そんななかいただくタイの定番ビールはまた格別。

メニューを見れば、料理もドリンクも興味深いモノばかり。
ある意味マニアックな視点を保ちつつ、洗練されたスタイルにアレンジしているのがよくわかるんです。


★ミアンねぎトロ ¥580

ミアンとは元々、タイ北部で食される、お茶の葉を発酵させた漬け物。
それがもとになり、葉っぱで具材を包んでいただく前菜を「ミアンカム」と呼ぶように。
と、ここまではマニアックなのですが、このお店ではエゴマの葉を用い、
レモングラスや赤玉ネギを利かせたネギトロを包んでの提供に。

なるほど、見方によってはハーブを用いたネギトロ巻き。
別の見方によっては日本食材を活かしたミアンカムになるわけですね。


★サッポロ黒ラベル生 ¥580

日本の生ビールもタイ語のグラスで飲めばまた違う気分になります。


★カルパッチョ ペット ¥1180

タイ風、鴨のカルパッチョ。
タイ、特にイサーン地方では鴨をよく食べます。
ラープなどバキバキに辛い味付けでいただくことも多いのですが、こちらはカルパッチョ仕立てで良きビールのアテに。
そういや、『コンロウ』にも同じメニューあったよなぁ、なんて思ったのですが、それもそのはず。
こちら『ミャオミャオ』の店長は『コンロウ恵比寿店』から独立した方だそうで。


★レモングラスサワー ¥680

添えるだけでなく、しっかりと漬け込まれたレモングラスで爽やかの極み!


★ヤムヌア ¥1150

タイ東北の牛肉サラダ。
とにかく肉がしっかりしています。
こういう現地っぽい料理もちゃんとクオリティ担保してくるところに好感が持てますね。


★サー ¥880

卓球愛ちゃんの声が脳裏をよぎりますが、こちらタイ北部伝統の豚肉炒め。
こちらでは豚肩肉を用いており、引き締まった歯ごたえが楽しいです。

ちなみにヤムヌアもサーも辛さは調節可。
もちろん「ペッ マーク」(激辛)でお願いしましたよ。


★ビアラオダーク ¥680

タイでも親しまれるラオスのダークビール。
東南アジアのスタウト&ダーク系では一番好きです。


★ホイトードパットポンカリー ¥980

タイの卵炒めカレーといえばカニを具材にしたプーパッポンが有名ですが、こちらの具材は牡蠣フライ。
旨味凝縮、こりゃあ絶品だ。


★マンゴーサワー ¥550

グラスが可愛い。
店名が漢字で書かれていますね。

デザートも充実しています。

★カノムトゥアイ ¥480

アッツアツで提供される、ココナッツともち米のプリン。


★たろ芋のアイスクリーム ¥480

濃厚な風味がたまりません。

いろいろ食べたくなってしまう、色々飲みたくなってしまう。
楽しくワクワクするタイ料理店です。

マニアからそうでない人まで、一緒に行く人を選ばない素晴らしいレストランだと思います。

それにしても最近の幡ヶ谷、どんどん面白くなっていますね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ



関連ランキング:タイ料理 | 幡ケ谷駅初台駅代々木上原駅


                         
                                  
        

代田橋沖縄タウンの沖縄×カレー居酒屋。「酒里城」(代田橋)

category - [初台~笹塚,代田橋,永福]
2020/ 07/ 14
                 
下北沢を中心に、コンセプチュアルな飲み屋やカフェ、美容室などを展開する「呑もうぜグループ」が、代田橋の沖縄タウン入口にオープンさせた沖縄×カレーBAR。



「酒里城」(しゅりじょう)

2019年10月にとんでもない事件が発生・・・・



まさかのショベルカーがお店に突っ込んできたんですね。
それから修復に時間がかかったようで、ご苦労様です。

(その後、本家の首里城も炎上。一体何が・・・・)


ともあれ完全修復、綺麗になった店内。
席の配置も変則的で、座る場所や向きでディスタンスを保つこともできそう。


★オリオンビール ¥700

やっぱ沖縄ですからオジー自慢のオリオンビールから。


お通しはきゅうりとミミガーの和え物。


★島らっきょう ¥500

アンチョビペーストにつけていただくアイデアがなかなかにナイス。
これはみんな真似すると良いですよ。

そしてカレー。
いわゆるカレープレートもあったのですが、惹かれたのはこちら。


★オキナワカレーそば ¥1000

沖縄舌になっちゃったら、最後は沖縄そばで締めたいですからね。
そばとカレー両方食べたら腹パンになっちゃう。だからこれ。


いわゆるソーキそばやカレーうどんのように麺が汁に漬かっているのではなく、
汁無しソーキそばにカレーがサッとかかっている状態。
ほどよくスパイシーで、これは締めに最適の一杯ですね。


★コーヒー泡盛 ¥600

個人的にカレーの後は珈琲、なのですが、ここは沖縄。
泡盛でアルコール追加補給です。

最初から最後まで、結局なんやかや沖縄。
なのにカレーもお酒もコーヒーもいただいているという、なんとも有難いお店なのでした。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ



関連ランキング:バル・バール | 代田橋駅笹塚駅明大前駅