FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

焼肉・ハンバーガーそしてスパイスカレーの新機軸へ。「スパイスフォース」(上板橋)

お気に入りのハンバーガー店「ハングリーヘブン」が系列の焼き肉店「ギュービッグ」の1Fになんと、スパイスカレー店をオープン!
0

「スパイスフォース」

もともと、カレーメニューが充実していた「ハングリーヘブン」ですが、そのカレーメニューを開発していたスタッフがこちらの店を任せられたようです。
新店ながら、安心感と信頼感がありますね。


オープンは2020年4月22日。
直後に都の自粛要請もあり、大変だったでしょうがなんとか踏ん張ってくれました。


そのままカレーを召喚できそうなデザインのメニュー。
カレーはポーク、ビーフ、チキンを定番に、限定メニューが登場することも。


★2種あいがけ(チキン+ビーフ) ¥1200

「ボタニカリー」「大陸」など、大阪スパイスカレーであお馴染みの「あの皿」に乗って登場。
彩りが華やかなだけでなく、なかなか手が込んでいますね。


チキンカレーは比較的クリーミィ。
北インドカレーっぽさもありますが、しっかりオリジナルの定番感があります。


そしてビーフカレー。
流石はハンバーガー店と焼肉店を系列に持つだけあって、クオリティが非常に高いです。
味の雰囲気は欧風カレー寄りですが、長時間の煮込みよりもスパイスの香り方向に寄せた感じ。
ブラックペッパーがホールで入っているのも高いポイントです。

そして特筆すべきは、添えられたキムチ。
「ギュービッグ」でも提供されている酸味溢れるキムチですが、これがビーフカレーに合うのなんのって。
インド料理にピクルを合わせるのに近い感覚で味変を堪能できます。
さらにtっピングにはナムルも。

かつて某北九州のボスが「インド料理と韓国料理は味の組み立てに共通点がある」と言っていましたが、まさに。
そこに欧風テイストまで入れちゃうあたりには、ハンバーガー文化の影響もありそうですね。

ライスもまた面白い。
インディカ米ベースでクミンなどのスパイスと炊き込んだジーラライス仕立て。
けれどゴリゴリにインドに寄せるのではなく、ピンクペッパーをトッピングしたりしてモダンに仕上げています。

スパイスカレーを名乗りつつも、他店とは異なる視点で味を構成しようとする姿勢には大いに共感。
まさに、私が主張する「クラフトカレー」の考え方です。

これからも「スパイスカレーの定義」に囚われず、より一層の独自路線を突っ走って欲しいものですね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

大正9年の味を受け継ぐ老舗でカツカレー。「レストラン タカセ 板橋店」(下板橋)

池袋東口に昔からある、レトロな洋菓子店&レストラン「タカセ」。
下板橋にもお店がありました。

「レストラン タカセ 板橋店」

お店というか、ビルまるごと一棟。
こんなの老舗じゃなきゃ無理です。


5/21にようやく全店営業再開したようですね。

タカセといえば、レトロチックな洋菓子。

昭和レトロなんてよく言われますが、いやいやまだ甘い。
ホームページによると「タカセ」の創業は大正9年。
しかも「創業以来の変わらぬ製法と厳選した素材を使い、職人が一つ一つ丁寧に焼き上げています。」
つまり、昭和どころか大正時代の味なのですよ。


ベーカリーカフェの隣にはレストランエリアがあります。

https://currycell.blog.fc2.com/img/fc2blog_20200529121750344.jpg/“>https://blog-imgs-134.fc2.com/c/u/r/currycell/fc2blog_20200529121750344s.jpg”/>
席間ゆったり、広々とした空間。
この時期、気持ち的にホッとしますね。


食事メニューは昔ながらの洋食が中心。
ナポリタンにエビフライにカレーですね。
カレーには7種類のバリエーションがあります。


★ポークカツカレー ¥1020

お店のオススメはこちらのカツカレー。


サラダとドリンクがセットでついてきます。


とろみあるカレーは辛さよりも旨味重視、ほぐれた豚肉が溶け込んでいるんです。
そして立派なロースカツ。
衣のサックリ感も、肉のジューシーさも素晴らしい。
ファミレスやチェーン系カレー店でたまに遭遇する、硬くて寂しいカツとは大違い。
職人の手仕事を感じます。

最近、インド料理やスパイスカレーの情報は巷に溢れているけれど、日本カレー文化の要である洋食カレーはおろそかにされがち。
けれどみんな好きですよね?
美しい日本カレーを今こそ再評価、守っていくことが大切な時期であると感じます。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

上板橋ジャングルカレーが美味い。「泰国料理シーバンコク SRI BANGKOK」(上板橋)

ふらっと発見、上板橋に新しいタイ料理店がオープン!!

「泰国料理シーバンコク」(SRI BANGKOK)

元々「ジョイバンコク」というタイ料理店があった場所に2020年3月オープン。
外看板も「ジョイ」という文字を「シー」に変えてるだけでめちゃ効率いい(笑)。


お店に入ると、まずは物販コーナー。
タイの調味料などに混じって、手作りの布マスクも販売していますね。


そして店内は「空間除菌中」。
こんなのあるんだ・・・・

奥にはお座敷席もあって、通常時ならパーティーなんかにも良さそう。
とはいえこのご時世・・・・幸いタイ料理なので全品テイクアウトが可能。
この日は席が空いていたので、イートインにトライしてみました。


★チャーンビール ¥590

サービスでナッツ&レーズンが出てきましたよ。

タイビールはシンハとチャーンを取り揃え。
タイウイスキーのセンソムなんかもあったのですが、目を見張ったのがタイのワインクーラー「SPY」の品ぞろえ。
日本では扱っているお店のほとんどが赤・白・ロゼくらいなのですけれど、ここには青も黒もある!

「タイ本国には黒いSPYがある」という噂を聞いて5年以上、バンコクで探してもなかった幻の黒!!

★SPY BLACK ¥600

か、かっちょえー!!
味はSPYを飲んだ人ならわかると思うのですが、いわゆる暑い国の甘ーいワインクーラー。
そこにカラメルが加わっているんですが、甘ーいワインクーラーに変わりはありません。
けど、かっちょいいよね。「SPY BLACK一本!」なんて。

これ、どうやら池光エンタープライズが輸入はじめたみたい。
数年前、池光エンタープライズの社長に会ったときお願いしたのが効いたかな?

さて食事メニュー、なかなか幅広いです。
トムヤムクンのエビを鶏に置き換えたトムヤムガイがあったりと、家庭っぽい料理もあれこれ。
と思ったら基本的なイサーン料理は一通りあるし、マッサマンカレーもある。
クイティオ(麺)のバリエーションもなかなか豊富です。

この日は単独訪問だったのであれこれ頼むわけにもいかず、絞り込んだのはこちら。

グツグツと火にかかった土鍋での提供!

蓋を開けるとハイッ!

★ジャングルカレー ¥950
★もち米 ¥500


私が大好きなイサーンの激辛カレー、ゲーン・パー。
英語表記ではよくJungle Curryと紹介されます。
具材は各種野菜と鶏肉。
そう、ゲーン・パー・ガイですね。
こちらもち米(カオニャオ)を合わせるのが流儀ですよ。

早速いただいてみましょう。

おぉーっ。
デフォルトで結構いい辛さですねー!
ココナッツミルクを用いないゲーン・パーならではのストレートな刺激してが堪りません。
そして辛いだけでなく旨味も抜群、たっぶりボリューミィな鶏胸肉に辛さと旨味が滲み入ります。
ナスもタイの丸ナスを使用、フクロタケにカー、バイマックルーと、現地寄りの仕様が頼もしく最高。
やはり、日本人でこれ頼むのは少ないらしく、厨房シェフも興味津々。
サムアップして見せると、ホッとした笑顔に変わりましたよ。

ゲーン・パーだけいただいた印象だけど、なかなかレベル高いお店。
ここはちゃんと何人かで来て色々食べたいなぁ。
早くそんな日がくることを祈ります。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

泰国料理シーバンコク



関連ランキング:タイ料理 | 上板橋駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

嗚呼、黒いバンズのカレーバーガー。「ハングリーヘブン 上板橋店」(上板橋)

東京のハンバーガー屋さんでもTOP3に入るほど好きな「ハングリーヘブン」。
けれど上板橋の本店には随分ご無沙汰で、駅前に移転後初の訪問。

同じく移転した「蒙古タンメン中本本店」と同じビルの同じフロア。
奇しくも上板橋発の2大グルメがひとところに集結となりました。

「ハングリーヘブン上板橋店」

現在は営業時間短縮に加え、独自のデリバリーも開始。
衛生面に配慮しつつ、たくましく踏ん張っています。

「ハングリーヘブン」の特長はカラメルを用いた真っ黒なバンズ、そして焼肉店「ギュービッグ」を系列に持つアドバンテージで価格相応以上のパティが楽しめるところ。
それだけでもグルメバーガーとして最高なのですが、加えてなんと、カレーバーガーに力が入っているんです。

なんと4種類!!神です神。


★インディア スパイシーキーマ ¥1400

見てください!真っ黒なバンズに溢れんばかりのキーマ!
っていうか、溢れております。
ランチタイムサービスでポテトM&ドリンクが無料。もちろんコーラですよ。


キーマとパティの間には目玉焼きが挟まっていたりして、ジャンクフード的な楽しさも。


紙で挟んでグチャット潰して(絶対ここでキーマこぼれますが)さあいただきましょう!

キーマは辛さ控えめで、ひよこ豆とキドニー豆がたっぷり。
刑事コロンボの好物であるチリコンカンを彷彿とさせます。
肉もカレーもボリュームたっぷり、実にたまりませんなぁ・・・・・

実はこの「ハングリーヘブン」、この4月、移転前の場所になんとスパイスカレーのお店をオープン。
「スパイスフォース」という店名で、焼き肉店系列ならではの肉やキムチ、ナムルをアレンジしたカレーも提供するという面白さ。
ですがこの状況下、営業は不定期となっている様子。

「ハングリーヘブン」「スパイスフォース」「ギュービッグ」、営業状況はツイッター、インスタをチェックしてくださいね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ハングリー ヘブン 上板橋店



関連ランキング:ハンバーガー | 上板橋駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

まぜそば屋のテイクアウトで変則ドライカレーを堪能。「麺屋きころく 練馬氷川台」(氷川台)

全てのまぜそばをカレー味にできる最高のお店「きころく」がテイクアウトの「きころく丼」をスタート!!


「麺屋きころく 練馬氷川台」

扉をあけ換気しながらの営業ですね。

「きころく丼」とは、まぜそばの麺がご飯に置き換わったもの。
こちらもちゃんとカレー味にできるんです。素晴らしい!


★きころく丼 ¥780
・カレー味変更 +¥50
・きんぴらごぼう +¥50


角切りチャーシューやメンマなどまぜそばの具材がたっぷり。
別添えで半熟卵が付いてきます。
オプションのきんぴらごぼうもなかなか立派!!


ご飯ですけど、まぜそば的にしっかり混ぜていただきましょう。
下から出てきたのはターメリック色に染まったカレーごはん。
おぉぉぉ、これっていわばまぜそば的ドライカレーですね!

混ぜれば混ぜるほど味が濃厚になっていきます。
うんうん、流石「きころく」だ。
好みでちょっと酢を垂らしてもイケますね。

こりゃあちょっと掘り出し物の変則カレー。
「成増店」ではこの「きころく丼」のほか、まぜそばのテイクアウトもやってるみたいですよ。

※このあと氷川台店でもまぜそばテイクアウトが開始しました。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

きころく 練馬氷川台



関連ランキング:つけ麺 | 氷川台駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ