FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

餃子レストランの変則カレーが面白い。「GYOZA ROCCOMAN 渋谷道玄坂店」(渋谷/神泉)

道玄坂、「真武咲弥」の道路向かいにあるお洒落な餃子ダイニング。


「GYOZA ROCCOMAN 渋谷道玄坂店」

一号店は日吉にあるようです。

メニューには餃子はもちろん、四川料理やタイ料理なども。

そして見逃してはならないのがテーブル上のこのPOP。

これは頼むしかないでしょう。


★旨辛台湾ミンチベジタブルカレー ¥900

いわゆる名古屋の「台湾ラーメン」の如き挽き肉とカレーの組み合わせプレート。
卵黄、温野菜、キャロットラペ、パクチー、オニオンピクルスに加え、スープとヤムウンセンが付いてきます。


カレーは粘度高くプルプル。
しっかりと野菜を煮込んでいるのに加え、隠し味に西京味噌を用いており辛さよりも旨味押し。
一方の台湾ミンチにはホールのブラックペッパーがゴロゴロ。なかなかスパイシーでありながら、こちらも濃厚な旨味。
副菜ではズッキーニなどの温野菜がとてもジューシーで素敵、夏の旬野菜はいいですね。

洒落ている雰囲気でありながら、味は濃厚旨み押し。
餃子にも通づる、大衆的な味わいにホッとするお店でした。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

GYOZA ROCCOMAN 渋谷道玄坂店



関連ランキング:餃子 | 神泉駅渋谷駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

夜の渋谷のバタチキもんじゃ。「Don Accino 渋谷センター街店」(渋谷/神泉)

夜の渋谷。
どんな状況でも、どんな場所でもカレーに辿り着く才能を発揮。

「もんじゃ・お好み焼き 鉄板バル Don Accino 渋谷センター街店」

東急本店向かいにいつの間にかできていたお好み焼き&もんじゃバルです。


店内は決して広くはないですがテーブルは大小あり、おひとり様からグループまで対応。

メニューブックはなく、全てスマホからのオーダー。
時世に合っていますね。


オーダーすると店員さんが目の前でもんじゃを作ってくれます。

チキンとバター、そしてカレー粉。


ドドドドド・・・・

完成したのはこちら。

★インドバターチキンもんじゃ ¥1180


アッツアツですな。


カレー感は強すぎず。普通に美味しいもんじゃ。
この他にもトムヤムもんじゃやメキシカンもんじゃなどもあり、なかなか楽しめそうです。


★爽快パクチーレモン ¥520

実のところこのお店、かなりいい時間まで頑張ってらっしゃいます。

自粛に対しいろいろ思うことある方も多いでしょうが、国が多様性多様性と言葉を乱発する通り、人々の暮らしや生業は多様。
真夜中でもちゃんと落ち着いて休憩できる場所を奪って、良いことなど何もありません。

多様性を謳いながら多様性を否定する政策に見捨てられた人たち。
路上飲みでブロンクス化する夜のセンター街を「けしからん」というのは簡単ですが、なぜそうなったかを考えれば、政治の打算、その途方もないあほらしさに至ることでしょう。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

もんじゃ・お好み焼き 鉄板バル Don Accino 渋谷センター街店



関連ランキング:お好み焼き | 神泉駅渋谷駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

渋谷駅チカに登場したアラビアンハンバーガーが凄い。「CARVAAN Delicatessen&Beer stop しぶちか店」(渋谷)

2021年7月1日にリニューアルオープンした渋谷駅前地下街「しぶちか」。
ここに面白いお店が入りました。

飯能に本拠を構え、渋谷スクランブルスクエアにも進出したアラビア料理&クラフトビールレストラン「カールヴァーン」。
そのデリカテッセン&ビアパブ業態の店舗です。

「CARVAAN Delicatessen&Beer stop しぶちか店」

ショーケースには珍しいアラビアのデリがズラリ。

クナーファにラップサンド式のシャワルマ・・・


コシャリにファラフェル、アラビアンバーガーに、ヴィーガンジェラートビスケットサンドまで。


本来なら、こちらのスタンディングパブでクラフトビールが飲めるんですけどね。


実は「カールヴァーン」って飯能の自社畑でホップを育てるところからビールを醸造しているのですから。
他とは一線を画しているのです。本来なら。

パブエリアで4分ほど待っていると、オーダーしたものがやってきました。

アラビア文字がデザインされたメチャクチャかっこいい紙に包まれて。


★アラビアンラムバーガー ¥1566

硬すぎず柔らかすぎず小麦の味がするバンズに、肉汁たっぷり羊の旨味たっぷりのパティ、そこにレバノンのタブーリサラダ、たっぷりのチーズ、アラビアンソース。
いわゆるグルメバーガー専門店と比べ遜色ないクオリティどころか、テイクアウト料理とは思えないクオリティ。
流石は「カールヴァーン」です。
これはエスニック料理好きだけでなく、肉好き、パン好き、ハンバーガー好きにもぜひ食べていただきたい逸品。

駅チカでメニュー豊富なこともあり、これから利用頻度が増えそうです。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

錦糸町の昼はタイ現地。「ゲウチャイ江東橋店」(錦糸町)

10年ほど前は東京一のリアルタイ料理天国だった錦糸町。
その後多くの店が閉店したり小岩方面へ移ったりし、把握している限りタイ料理店の数はほぼ半分に。

けれども、それでもなお、錦糸町で長く続く筋金入りの数店は只者ではないのです。

「ゲウチャイ江東橋店」

1990年創業。現在は新宿、成田空港にも店舗を持つ「ゲウチャイ」の一号店です。
2012年惜しくも閉店した「目黒店」は(当時タイ大使館が近くにあったこともあり)タイ王宮料理を謳っていましたが、こちらはむしろ開放的な「町のタイ料理屋台」と言った雰囲気。

店内も広く、キッチンもオープン、テラス席もあります。

この日はランチ訪問。
ランチメニューは定番的な定食から、手軽に食べられる麺料理までラインナップ。
この街場の雰囲気を味わうなら麺ですかね。


★レッドポーク入り汁なしラーメン ¥800
・麺=センヤイ


つまりタイ語でセンヤイヘーンムーデェンですね。

タイの麺料理は提供時には味薄めが基本。
プリックナンプラーなど卓上調味料で自分好みに仕上げていくのです。


センヤイは幅広米麺。
ナンプラーちょっと強めくらいが丁度よいのです。
タイのレッドローストポーク(ポンムーデン)も味わい深く、クラッシュピーナッツのザクザク感も心地よいです。

まさにタイ。タイの街角。

サービスでオレンジジュース。

今の日本の窮屈な閉塞感を全く感じさせない、日本離れした街、錦糸町ランチを充分に堪能できました。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

ミシュラン星付きシェフによる、和仏融合ペストリー。「ティエリーマルクス ラ ブーランジェリー」(渋谷)

渋谷スクランブルスクエア地下二階。
パリでミシュランの星を5回獲得したティエリー・マルクス氏監修のベーカリー。


「ティエリーマルクス ラ ブーランジェリー」(THIERRY MARX LA BOULANGERIE)

「フランスの伝統と日本ならではの味の融合に挑戦」したベーカリーとのことで、和の食材を用いた「惣菜パン」系があるのも面白いところです。


日本が誇る「カレーパン」だってもちろんありますよ。


★ビーフカレーパン ¥378

ベーシックな揚げパン仕様ながら、表面のテクスチャは繊細。

中のカレーはガッツリ牛の旨味推し。
フォンドヴォー、赤ワインを用いているそうです。
具材としても牛肉が入っており、流石の上質感。

そして、カレーパンに輪をかけてオススメなのがこちら。

★ゴルゴンゾーラと蜂蜜のフォカッチャ ¥378

ゴルゴンゾーラ、グリュイエールチーズを用いた濃厚リッチな味わいな蜂蜜の甘み。
カレー界隈でいえば「カマルプール」や「アチャカナ」でゴルゴンゾーラチーズクルチャに蜂蜜つけて食べるとどれだけの快楽か、知っている人も多いと思います。
そう、あれですよ。


それだけではありません。
パンの中にはクリームチーズ、表面にはクルミがトッピングされており、味覚・食感ともにめくるめく変化。
これは流石の逸品と言えるでしょう。


★フランボワーズラスク ¥270

ラスクだってひと捻り。
フランス産小麦100%のバゲットを使用、甘酸っぱいフランボワーズの味わいをシミシミさせた、お茶請けに最高なラスク。
ちょっとした手土産にも最適ですよね。

閉館間際の時間には割引セールも。
いろいろ試したいなら、その時間を狙うのも手ですよ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ティエリーマルクス ラ ブーランジェリー



関連ランキング:パン | 渋谷駅神泉駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ