FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

19時55分までのジャーマン。「ゴーゴーカレー 池袋東口スタジアム」(池袋)

新宿で創業、「金沢カレー」の名を広めた「ゴーゴーカレー」。
師匠筋にあたる、リアル現地金沢カレーの老舗「ターバン」をグループ傘下とし、東京上陸を果たしたり、跡継ぎがいない老舗カレー店を買収することでその味を存続させるなど、最近はカレーM&Aの活躍が目立ちます。

この日は池袋東口のお店へ。

「ゴーゴーカレー 池袋東口スタジアム」

19時30分を過ぎると一気に入れるお店が少なくなる今日この頃。

こちらは19時55分までやってます。
さすがゴーゴー(55)ですね。


地下の店舗ながら、内装は「元気」と「やる気」と「感謝」で溢れています。

さて「ゴーゴーカレー」といえばカツカレーの印象が強いのですが、今回は池袋東口限定メニューのこちらをオーダー。

★ジャーマンチーズカレー(M) ¥860

ソーセージとポテトにチーズがとろりかかった、恰幅良くなること必至の一皿。
アツアツのうちにいただきます。
もともと、スパイス感抑えめでソースのようなニュアンスが強いゴーゴーのルゥだけに、チーズとソーセージの味わいがたっぷり楽しめますよ。

量以上に満腹な一皿。
19時55分までにどうぞ!!

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

インディアンシーシャとスパイス酒。意表つくバンゲラズキッチンの新業態。「Shisha Lounge Ginza」(銀座/有楽町)

日本初のマンガロール料理店としてビブグルマンを受賞、今最も勢いのあるインド料理「バンゲラズキッチン」が驚きの新業態をスタートしました。
場所は銀座インズ2のもともと「バンゲラズキッチン」があった場所。
移転した「バンゲラズキッチン」新店舗とは斜め向かい同士になります。

「Shisha Lounge Ginza」


シックでムーディーでコンパクトな店内。
あらためて思えば「バンゲラズキッチン」、この小さなスペースであんなに沢山の料理を出していたのは驚異だな。


実はこちらのシーシャ(水タバコ)、シーシャはシーシャでもインディアンシーシャ「フッカ」。
16世紀インドの貴族のたしなみだったのです。


キッチンを見れば、たくさんのフレーバーがストック。
(チャトニのような状態です)
ミントやグァバ、レモングラスから、カルダモン、シナモン、ラムネ、カプチーノ・・・たくさんありすぎる!


こういう感じで、好みのフレーバーをブレンドしてくれます。


まず選んだのはひのき&ピーチのブレンド。


吸い口は一人ひとり着脱式で衛生的。
(音楽の時間のピアニカみたいな感じですね)


大きく息を吸い込んで、


しっかり吐く。
深呼吸の要領です。
これはもう「吸うカレー」ですね。

水タバコといいつつ、いったん水を通しているためニコチンはごく少量。非喫煙者でも気兼ねなく楽しめますよ。
(もちろん未成年はダメです)


さらに注目したいのは酒棚。
たくさんのスパイスを漬けた酒とインドスナックがストックされているんです。


★マサラヴォッカ ¥1070

ウォッカにトマト、唐辛子の辛さ。グラスの縁にチャットマサラをさらにピリッとさせたようなマサラパウダーが。シーシャとスパイス酒の組み合わせ、なかなかの新体験です。


★ダールワダ(3pc)¥500

ニコチン微量とはいえ、水タバコはタバコ。主食との同時提供は禁止されています。
ということで、こちらではワダやサモサなどのインドスナックを用意。

ガッツリ食べたい時は斜め向かいの「バンゲラズキッチン」に行けば良いわけですから、食事の前の一服や、食後の2軒め、気の利いた銀座デートにも使えるわけです。

料金はシーシャ一台キープ1800円
(2名まで共用可能、90分まで目安、フレーバー途中変更OK)
チャージ 1000円
プラスワンドリンクオーダーということで、2名なら3000円程度で愉しめます。

銀座のど真ん中で、オトナのデートスポット誕生。
これは試してみるしか!

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

シーシャラウンジ銀座



関連ランキング:バー・お酒(その他) | 有楽町駅銀座一丁目駅銀座駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

あの店がっ、移転っ、再始動っ。「カレーの店 URAぼなっ」(水道橋/本郷三丁目)

神楽坂の坂ふもとにあった「カレーショップ ボナッ」が2020年5月にクローズ。
・・・と思っていたら、ひっそりと移転、新たな場所でオープンしていましたッ!

場所は水道橋と本郷三丁目のちょうど間くらい。

「カレーの店 URAぼなっ」

2020年9月4日オープン。
「ボナッ」の小さな「ッ」は継承しつつ、平仮名に変えての再始動。
より柔らかな雰囲気になりましたっ。

店内の雰囲気も柔らかですねっ!


カレーは日替わりで2種類を用意。
あいがけもありますよっ。


★あいがけ!デルタカレー ¥900

迷ったらあいがけ!
2種あいがけを何故デルタと呼ぶのかは、新たな謎なのです。
ライスは白飯かターメリックライスか選択可っ。


この日のカレーはキーマカレーと角煮風ポークカレー。
いずれも辛さはかなり控えめで柔らかな味わい。
ポークは甘みが特徴的、キーマは優しい中に時折香るクローブがアクセントです。
辛さを追加したい方のために辛味ソースも用意されているのですが、こちらのカレーの個性を楽しむなら、辛くないままがオススメかもっ。


★コーヒー ¥250

リラックスした雰囲気のカレー店では、食後のコーヒーが欠かせませんよねっ。

しかし店名になぜ「っ」が付いているのか。
店名を口に出すとき「っ!」と勢い付いてしまうのが気恥ずかしいのではと思いきや、お店の方が電話をとった時には「はい、ボナです。」なんてサラリ、「っ」などなかったかのように発音していたり。
突っ込むべきか、突っ込まざるべきか、なんとも言えない気分になるのですが、その何とも言えなさ自体がカレーらしいのだなあと、思うの、ですっ!

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

八幡山で、ナイス&ウォーム&ウォーク&ウォーム。「nice & warm」(八幡山)

八幡山の住宅街に佇む、カレーとマフィンとかき氷のお店。


「nice&warm」(ナイス&ウォーム)

一般的な知名度はまだこれからですが、地元はなかなかの人気ぶりで、11時30分のオープンからほどなく、自転車でお客さんが次々やってきていました。
テイクアウトもかなり人気のようですね。


カレーの提供はランチとディナーの2部。
かき氷は14時からの提供で、両方いただくなら夕方狙いなのですが、人気のカレーは早い時間に売り切れることもあるようです。


この日はイートイン。


店内の黒板には食材や調味料の産地へのこだわりが。
能登など石川県の食材に重点を置かれているようですね。


★ポークキーマ ¥1000

この店定番のキーマ。
辛口でお願いしたのですが、これがとても良かった。
クミン、クローブ、カスリメティ・・・特定のスパイスが強く立つというより、とてもバランスの良い仕上がり。
しっとりスパイスオイルを纏った豚ひき肉の肉感、程よい辛さもあいまって、ビシッと決まったキーマとなっています。
ライスは石川県産の特別栽培米コシヒカリに古代米をブレンド。
硬めの炊き加減も素晴らしくキーマに合いますね。

副菜にはキャロットラペ、サラダ、フムスのように滑らかなポテサラ。
これは満足度高い。


★本日のカレー モロッコいんげんのポークカレー ¥1000

こちらは日替わりのカレー。ゴロっとした豚ブロック肉とモロッコいんげん。
やはり辛口が決まりますね。


★本日のカレー 豚バラ肉と長芋のカレー ¥1000

食事中に早くも「本日のカレー モロッコいんげんのポークカレー」が売り切れに。
すかさず新たな日替わりカレーとしてこちらがオンメニュー。
シャキッとした長芋と、生姜焼きのような豚バラ肉が楽しい創作カレーとなっていました。

食後はやはり、コーヒーとマフィン。

★コーヒー ¥400
★鳥居醤油&クリームチーズマフィン ¥350


コーヒーは能登半島の突端にある「二三味珈琲」の豆を使用。
深煎りのコクが楽しめます。

そしてマフィンは数ある中から「鳥居醤油&クリームチーズ」を選択。

まず、表面カリッと中しっとりとしたマフィンの食感が素晴らしい。
生地に香る醤油、ローストアーモンドにも醤油の味がのっています。
そして、中にはたっぷりのクリームチーズ。
これはスイーツと呼んでいいのか、独自の世界観が楽しい一品。
とても美味しくいただけました。

この日は時間的にかき氷はいただけなかったのですが、そちらも面白いバリエーションが。
醤油味のかき氷なんて、どういう落としどころなんだろう・・・

お店を出て、環八をてくてく南下していくと15分ほどで「天然温泉 成城の湯」へ。
ユニクロの大型店舗の上にある、露天風呂完備の天然温泉です。
スパイスでポカポカ、ウォーキングして、温泉でまたポカポカ。

ナイス&ウォーム&ウォーク&ウォームな一日となりましたよ。

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ナイス&ウォーム



関連ランキング:カフェ | 八幡山駅上北沢駅芦花公園駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

旧ヤム邸イチさんの新たな挑戦。魅惑のスパイスたこ焼き居酒屋。「タコムマサラダイナー」(下北沢)

大阪スパイスカレーの代表店「旧ヤム邸」。
大阪時代から、東京進出、そして今に至るまでその厨房を守り続けてきた藤田一也さん(あの名内野手ではなく)、通称イチさんがついに独立。
誰もが思いもよらないお店を立ち上げました。

スパイスたこ焼き屋です。

「タコムマサラダイナー」

2021年2月下北沢にオープン。


店内は気軽な立ち飲み居酒屋スタイル。
けれどアジアンな雰囲気と、カウンターに並ぶスパイスがただならぬ雰囲気を醸し出しています。
カレー屋とはまた異なる動きを見せるイチさんも真剣な表情!


メインコンテンツとして提供されるのは、カレー粉を使ったカレー味のたこ焼きではなく、あくまでスパイスたこ焼き。

たこ焼きとスパイスの融合を目指し、日本~中華~インド圏の料理や創作料理も提供、スパイス居酒屋としても楽しめるお店となっています。
ちなみにいわゆる「カレー」は時々であったりなかったり。ミニカレーでの提供がメインになりそう。

それでは、早速行ってみましょう。


★バイマックルサワー ¥400

タイのこぶみかんを用いた爽やかなサワー。
私は葉っぱもモシャモシャ食べちゃいます。


★しめ鯖アチャール ¥320

「インドにはないアチャール」と銘打った日替わりシリーズ。
この日あったのは牡蠣としめ鯖。
しめ鯖の酢とアチャールの酸味がなんとも刺激的、これは新体験です。


★豚モツの発酵唐辛子と紹興酒漬け ¥320

これ、ちょっと凄かった。
柔らかなモツからギュッと染み出す紹興酒のインパクトときたら!


★ゆで鶏のニラミントソースがけ ¥420

荒木町のスパイス中華「南三」のインスパイアメニュー(水岡シェフ了承済み)。
私は元ネタも食べていたので微笑ましい部分もあったのですが、居酒屋メニューとしての強度がすごい!
これはオススメ。


★定番牛ホルモン煮込み ¥480
・温玉トッピング +¥60


大阪で立ち飲みといえば欠かせないメニュー。
和牛のシマチョウ、中チョウ、ハツ、フワ、センマイ、ハチノスなどを使用し、めちゃくちゃ完成度高い一品となっています。
毎回頼むべし。

さて、ここらでメインコンテンツのスパイスたこ焼きに行ってみましょう。
普通のたこ焼きはソースやマヨネーズをかけていただくのですが、こちらのたこ焼きはベースの味がしっかりしているため、トッピングを軽く漬けていただくスタイル。
トッピングは3つの中から選ぶことができます。


★スパイスたこ焼き 4個(和風ごま油醤油糀) ¥380

一つひとつが立派なサイズ。
関西風のとろっとした生地に出汁と、仄かなスパイスがピリッと香ります。
さらに注目したいのは中の具材。
普通のたこ焼きのように、タコが一切れ入って終わりではなく、刻まれた野菜やハーブで食感の変化が楽しめます。
これ、このままでも美味しいし、これ見よがしなスパイスアピールじゃない分、飽きることなくいただけます。
そこに和風ごま油醤油糀を付けるわけですが、発酵の旨味が折り重なり、なるほどな味変。
このあたりのレイヤー感は、まさにイチさんの真骨頂ですね。


★スパイスたこ焼き 4個(爽やかスパイス塩昆布) ¥380

こちらは関西人大好きな塩昆布バージョン。
ただの塩昆布じゃあありません。仄かにカルダモンが香るんですね。
ちょっと普通じゃ思いつかないし、スパイスカレーじゃなくたこ焼きだからこそできる技。


★マトンと茄子のミニカレー(飯付) ¥700

この日はカレーがありました。
ミニといいつつしっかりとしたビジュアル。
カスリメティトッピングなど「旧ヤム邸」の面影がありつつも、キーマ主体の「旧ヤム邸」ではなかなか作れなかったであろう、ゴロッと肉のカレーです。


羊、美味いっすもんね。

ある意味、カレー屋の縛りから解き放たれたイチさんが、今まで出したかった料理をドドドッと繰り出す勢いを感じるお店。
たこ焼きを軸にしたスパイス料理店である前に、最高の立飲み居酒屋の誕生であります。

これは、通ってしまいますよ。

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

タコムマサラダイナー 下北沢店



関連ランキング:たこ焼き | 下北沢駅池ノ上駅東北沢駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ