fc2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

創業80年越え、町の老舗でカレーせいろ。『有楽庵』(九品仏)

九品仏の駅改札から右へ徒歩3分ほど。
地域に愛されるお蕎麦屋さん。


『有楽庵』

地元では「出前が早い」ことで有名なお店ですが、実は1937年(昭和12年)創業の超老舗。
お蕎麦以外に中華料理もあって、地域の憩いの場となっています。

店内は50席と広々。奥にはお座敷もあります。

用いるそば粉の産地は収穫の時期によって北海道から福井県まで4、5カ所に変わるそう。

本日の産地は『手打ち 栃木県真岡市産 常陸秋そば』でした。


★カレーせいろ ¥1000

カレー南蛮ならあちこちで見ますがカレーせいろは何気に珍しい。
この日は食事に割ける時間が30分ほどと短かったため、慌てて食べて舌を火傷する可能性のあるカレー南蛮は黄信号。
これがあって良かった!!


カレー汁はサラサラで鰹出汁が強く効いた和カレータイプ。


弾力と伸びがある麺をカレー汁につけていただきます。


あら、カレーの絡み方も端正だ。
綺麗ですね。綺麗なのど越しと、出汁の旨味。
いい意味でクセのない、安定したクオリティを堪能しました。

店員さんはホール、厨房あわせ4,5人ほど。

お客の来店、退店ごとに「いらっしゃいませ!」「ありがとうございました!」の朗らかな声かけ。
コロナ後は静かになりがちな飲食店ですが、やはりこういう挨拶は気持ち良いものです。

そこはいくら「新しい生活様式」とかなんとか言ったって、不変なのです。



カレー細胞 初の単著「ニッポンカレーカルチャーガイド」
ご購入はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

只者ではないモーラム酒店の只者ではない2号店。『タイ東北 小料理 タイバーン酒店』(自由が丘)

私がこっそり通っている『モーラム酒店』が自由が丘に2号店をオープン!

『タイ東北 小料理 タイバーン酒店』

オープンは2022年1月13日。


建物の2階にある店舗は広々。
1号店のギュッと詰まった感じとは好対照です。


ですが、壁に貼られたタイのゆるゆるポスターは1号店で見たものだったり。


「タイ東北、イサーン地方で畑仕事を終えた男たちが一杯やるときの料理」というクールすぎるコンセプトを持つ『モーラム酒店』ですが、こちら2号店にもそのコンセプトは受け継がれている様子。

しかしよくよく見るとメニュー構成はちょくちょく変えてあって、1号店でいただけないものもあれこれ。
うーん、こっちも通うしかないじゃんか・・・

この日はランチ訪問。

グリーンカレーやガパオ、カオマンガイといったタイの超定番メニューがランチセットになっていました。
けれどそこは『モーラム』、一筋縄でいくはずはありません。


★スペシャルMIX ガパオとカオマンガイ ¥1400

ガパオとカオマンガイの合いがけという、玉置浩二と井上陽水の合唱ってほどパンチあるプレート。
ライスの上にはカイダーオ(目玉焼き)、濃厚な鶏ガラスープとサラダがついてきます。
しかも大盛り無料。


カオマンガイはこれ単体でお店を張れる本気モード。
(カオマンガイ好きに伝わる言い方でいえば)ピンクかグリーンかでいえばグリーン寄りです。

そして痺れるのがガパオ。

お店の説明では
「ガパオには日本のガパオとタイのガパオがありますが、間違いなくタイのガパオライスです。」
とのこと。
これだけで刺さる人には刺さりますよね。

そう、タイのガパオは決して挽き肉を指してはいなくて、ホーリーバジルのことなんです。
それがいつしか(半ば意図的に)、日本ではタイ風挽き肉ライスを「ガパオ」と呼ぶ店が増え、
さらにいつしか、ガパオ(ホーリーバジル)を用いていないのにガパオを名乗るお店まで出てきているという。
そんな「日本のガパオ」は置いといて、この店はちゃんとガパオを用いたガパオとなっています。
肉も厳密に言えば挽き肉ではなく、刻み肉。そのバラツキ感こそがガパオライスの醍醐味だったりもします。

定番タイ料理のランチですら、しっかり気を入れてくるこの『タイバーン酒店』、夜のヤバさは想像に難くありませんよね。



カレー細胞 初の単著「ニッポンカレーカルチャーガイド」
ご購入はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

タイ東北小料理タイバーン酒店



関連ランキング:タイ料理 | 自由が丘駅九品仏駅奥沢駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

自由が丘で、混ぜて真価を発揮するスパイスカレー。「カーリーノブ」(自由が丘)

昨年、自由ヶ丘に登場した「スリランカ式スパイスカレー」のお店。

「カーリーノブ」

2020年3月7日オープン。


ご店主は元俳優。
インドに渡り衝撃を受け、カレー屋に転身したそうです。


カレーは日替わり2種で、合いがけを推奨。

素直に合いがけオーダーしちゃいました。

★"カーリーノブ"の2種盛り ¥1300
・"カーリーノブ"定番キーマcurry
・蓮根と濃厚えび出汁のマサラcurry
・GM5(自家製ガラムマサラ5辛)


盛り付けもなかなか綺麗。
こういう合いがけって、ライスの形状やその輪郭の丁寧さにシェフの性格が出たりしますが、俯瞰で見ても良いアールを描いていますね。

「スリランカ式」を謳ってはいますが、食べておっ、と和風の味わい。
鰹出汁がしっかり効いています。
どうやらカレー自体は和出汁系スパイスカレー、「スリランカ式」というのはワンプレートの盛り付けを混ぜていただくことを指しているようですね。


それではグチャッと混ぜていただきましょう。
単品では「ちょっと味付けが濃い?」って感じてたのですが、バスマティライスにぐわっと混ぜ込むと、いい按配の旨味に落ち着いて大変美味。
なるほどなるほど、確かに最初から混ぜることを前提の味付け、混ぜることを前提の米とカレーの配分だったわけだ。

ということで、食後感は大変良い感じ。

スパイスカレー系が少ない自由が丘界隈で、なかなかのヒットじゃないでしょうか。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

カーリーノブ



関連ランキング:インドカレー | 自由が丘駅奥沢駅緑が丘駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

名店から大衆チェーンへ。気軽な街のインド料理。「サムラート自由が丘店」(自由ヶ丘)

かつて「モティ」と並ぶインド料理の名店として名を馳せた「サムラート」。
ナン&カレーという日本におけるインド料理のフォーマットが確立された時代を経て、今ではコモディティ化。
新宿にある本店は別として、都内にチェーン展開する各店は完全にインド料理大衆食堂となっています。



「サムラート自由が丘店」

こちら自由が丘においても、「タージマハール」「ふたば」などそれなりに設えられたインド料理レストランがある中で「サムラート 」はかなり庶民派の立ち位置。


店内は席数を減らしての営業ですが、客の姿はなし。
寧ろテイクアウトや宅配がよく出ている様子です。

ランチタイムは16時30分まで。
中休みなしでディナーに切り替わる通し営業です。
このあたりはチェーン店のありがたみですね。

ランチメニューはいわゆるナン&カレーが中心。
その中にビリヤニの文字を発見。

そういや、「サムラート 」でビリヤニ食べたことはなかったなあ。

★ビリヤニセット(マトン) ¥1300

アッツアツのおひとり鍋で提供されるビリヤニ。
なるほど。
予め仕込んでおいたビリヤニに、同じく仕込んでいたグレービーなしの白いビリヤニ(というかプラオ?」をまぶして色のコントラストをつけ、器ごと温めている様子。

なので中のビリヤニの味は均一。
ホールスパイスを使用していない(少なくとも提供時にはなし)分刺激も抑えめです。
ちょうど、オムライスの中のチキンライスのような感じですね。

セットのライタは驚くほどボリュームたっぷり。
ビリヤニにかけて味変しようとしたら、これが結構甘いんだ。

なるほど、これはかけすぎると変になるライタ。
ヨーグルトは甘い、という日本人のイメージに合わせたのでしょうか。
ビリヤニと別々に食べるのが良さそうですね。

ここは大衆チェーンと割り切って楽しむお店。
ゆっくり時間取れる時には近隣の「タージマハール」「ふたば」などに行けばいいわけですし。

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

サムラート 自由が丘店



関連ランキング:インドカレー | 自由が丘駅奥沢駅九品仏駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

ネパール人オーナーの南インド料理店。その巨大ドーサに刮目。「シッダールタ パレス 雪谷田園調布店」(雪が谷大塚)

仕事での移動中、車窓から見慣れぬ南インド料理店を発見。


「シッダールタ パレス 雪谷田園調布店」

これは!と早速入店してみました。


なかなか立派な店内です。
厨房の周りにはお酒がズラリ。
世界のビールに、日本の焼酎に・・・ネパールのラム。

ふむふむ。

メニューを開けば、南インド料理のほかにタイ料理も。

ふむふむなるほど。

聞けばやはりオーナーはネパール人。
ネパール人によるインド料理店、通称「インネパ店」にはお酒や様々なアジアン料理が置いていることも多いのですが、
ここはまさに「南インネパ」というわけです。
ただし厨房には南インド出身シェフを擁しており、南イン不土料理へのアプローチは本気。
なかなか面白いパターンですね。

オープンは2019年12月。最初は順調だったようですが、このコロナ禍で徐々に大変に。

これは応援せねば。

メニューでまず驚くのは、ドーサの豊富さ。

バリエーション何と10種類!!
なかに日本じゃ滅多にお目にかかれない珍しいものも。


★セジュワンドーサ ¥1400

セジュワン(シェズワン)とはつまり「四川風」。
実は南インドにはインディアンチャイニーズという、現地化されたインド料理があって、「マンチュリアン」(満州風:実際には客家風)と並び人気のジャンルが「シェズワン」なのです。

そんな有難い四川風南インド料理がこの地でいただけるだけでもびっくりなのですが・・・・・
さらに度肝を抜かれたのはその大きさ。

iPhoneSEと比べてみましょう。
折りたたまれてこのサイズ、クレージーですね。
なんと1mの鉄板で焼き上げたドーサなのだそうです。


表面パリッとしたドーサの中にはピリ辛のシェズワンソース。
それだけでなく野菜やパニールがたっぷり入って食べ応えあり。
添えられたミントチャトニとサンバルにつけて味変を楽しみましょう。

なかなか美味しいですが・・・・やはり量が半端ではない。
そんなときも心配無用。インド料理店では余ったらテイクアウトが鉄則です。
私は半分持ち帰り、その日の夜食と翌日の朝食まで賄いました。


★ククリラムコーク ¥550

せっかくのネパール店ですから、ネパールのラムは欠かせません。
油を使ったスパイス料理とラムコークの相性は神ですが、なかでもこのククリラムコークは個人的世界一。
メニューにはありませんが、頼めば出してくれます。


★アーンドラマトンカレー ¥1480

南インドでも、唐辛子使用量が多いことで知られるアーンドラ・プラデーシュ州のマトンカレー。
辛さは選択制でしたが、ここは激辛がふさわしいでしょう。
セットでナンかライスかパロタかが選択可。
南インドのガッツリ系カレーにはサクッとデニッシュ食感のパロタが合うに決まってます。、

カレー自体はちょっと北インドっぽさもあるクリーミー&スパイシー。
羊肉もたっぷりで、これはこれで食べ応え充分です。

メニューにはその他、3000円のバナナリーフミールスやビリヤニ、タイ料理、お酒に合オリジナルなスパイス料理も。
インネパ店特有の「スパイス呑み」に、南インド料理を組み合わせられるなんて、なかなか粋なお店ですよね。
もちろんテイクアウトにも対応。
地元の皆さん、しっかりと応援してくださいませ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

シッダールタ パレス 雪谷 田園調布店



関連ランキング:インドカレー | 雪が谷大塚駅御嶽山駅多摩川駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ