fc2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

駒込に隠れミャンマー博多とんこつラーメン店が登場!「ペコ」(駒込)

東京に存在するミャンマー料理店の多くは一見ただの居酒屋だったりして、実際普通の居酒屋使いしてるとそこがミャンマー料理店だと最後まで気づかない客もたくさんいる場合があるんです。
そんなお店を私は「隠れミャンマー店」と呼んでいます。
かつては軍事政権の迫害から逃れてきた少数民族の方々が文字通り「隠れ」ていた場合も多かったのですが、今はむしろ日本人には居酒屋として来やすく、ミャンマー人にはミャンマー料理店として寛いでもらえるという、商売上の理由がほとんどでしょう。
よく知られるところでは新宿「桔梗」、池袋「希望の星」、大井町「まるび」など。

そしてこのたび、駒込にちょっと面白い「隠れミャンマー店」が誕生しました。

こちらです。

「ペコ」

2021年10月オープン。
看板には「博多とんこつラーメン」とだけ書かれています。
脇のイラストにあえて日の丸があしらわれているあたりで「ん?ひょっとして?」と思えるアナタは最早一般人とは呼べませんよ。


カジュアルな店内。
ここでカウンター席に座ったら、ここは博多とんこつラーメン店以外の何者でもないと思うかも知れません。

しかしテーブル席に座り壁を見れば、

お、お、お、なミャンマー料理のオンパレード!

そう、実はこちらミャンマー人店主による隠れミャンマー博多とんこつラーメン店なのです。

それでは、博多とんこつラーメン店にてミャンマー飲み、行ってみましょう!


★ヒヨコ豆の豆腐サラダ(トーフトー)¥500

ひよこ豆で作った豆腐のことを「トーフ」と呼ぶミャンマー、揚げ豆腐にあたる「トーフジョー」が人気ですが、ここはあえて和え物で。
スティック状にカットされたひよこ豆トーフ、硬めの食感が酒のつまみにぴったりです。


★生ビール キリン一番搾り ¥500

ビールはばっちり日本のキリン。
ミャンマービールはメニュニーにはありませんでした。

さて、メニュー豊富なこのお店。とにかく種類をいろいろ食べたい。
「ローストポーク」ってのはミャンマーのワカウキンだろうなぁ・・・
お、ミャンマーおでん「ワッタードット」もあるではないか。
しかも両方 900円。ってことは半々ずつ出来たりしないかな????

なんてダメ元で聞いてみたらあっさり「大丈夫ですよ」とのこと。
(もちろん、とりわけやすい料理に限ります)


★ローストポーク(ハーフ)

やっぱりミャンマーのカリカリポーク「ワカウキン」でした。
うんうん、しっかり美味い。
けどひょっとして、これをとんこつラーメンにも入れるのかしら?
なんて気にしてたら「チャーシューは別です」とのこと。
日本式とミャンマー式それぞれ用意してんだ。頑張ってますね。

ソースは2種類、ケチャップマニスみたいなのと、青唐が効いたのと。


★ワッタードット(ハーフ)

通常は串で出てくる「ミャンマーおでん」ワッタードットをありがたいお裾分けサイズで。
ワッターは「豚」ですが、ワッタードットでは耳とか内臓とか、そのあたりをメインで使用。
甘めの味付けのお店が多いのですが「甘くないのもできますよ」とのお言葉に甘え、オトナ味でいただきました。

店内余裕あったからか、柔軟な対応が有り難いですね。

さて、やはりこれも食べとかなきゃ。

★ミャンマーチキンカレー ¥700

ミャンマーでいうところの「チェッターヒン」です。
ミャンマーカレーと訳されることの多い「ヒン」ですが実際にはその定義はめちゃめちゃ広く、汁物ですらない場合もしばしば。
(ざっくり「おかず」くらいのニュアンスだそうです)
こちらのチェッターヒンは汁物である点はカレーっぽいのですが、むしろ油に肉と野菜の旨味がしっかり移って滋味深い肉じゃがといった印象。
いや、間違いなく美味いのですよ。
ライスではなくキャベツが添えられているだけなのも、「これをアテにして呑むといいんだよ」と囁かれているようで心地よいです。

ということで、ここはミャンマー料理を肴にして呑む居酒屋としてなかなか秀逸。
と結論づけたいところなのですが・・・・おっと。

この店でこれ食べとかなきゃ。


★柚子胡椒ラーメン ¥950

はい。ここ、とんこつラーメンもちゃんと美味しいです。
そこらの、夜中までやってるだけが取り柄のお店よりずっとずっと美味しい。
隠れミャンマー店と気づかなくても、満足できるのでは?


高菜ごはんもつけてみました。
この流れでいただくとこれ、ミャンマー料理に思えてくるから不思議なものです。

実は豚骨ラーメン以外に、ミャンマーの麺料理もあれこれ。
そっちも食べたいな。近くにあったら毎日いろいろ楽しめて最高のお店ですよね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ペコ



関連ランキング:ラーメン | 駒込駅千石駅巣鴨駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

駒込ダルバートはピロピロピロピロで。「マヤ ダイニングバー」(駒込)

新大久保に現地式ネパール料理店が数多く誕生する前の時代。
駒込に2つのネパール料理名店がありました。

ひとつは「タール」。
バキッと辛いマトンカレーが印象的なダルバートを早くから提供していました。

もうひとつは「ホワイトヒマラヤ」。
ネパール家庭料理を標榜し、ネパール山岳地方の発酵料理も提供。私がグンドゥルックを初めて食べたのもここでした。

残念ながら2店とも2017年に閉店してしまったのですが「ホワイトヒマラヤ」跡地でオープンしたのがこちらのお店。

「マヤ ダイニングバー」

2017年10月オープン。

「ホワイトヒマラヤ」時代の小上がり席は取り払われ、テーブルメインのシンプルレイアウトに。


壁には木工ネパール地図と・・・


コック姿の星のカービィが。

なんだかアットホームですね。


★生ビール ¥400

立派な中ジョッキでの提供。
やっす!

食事メニューはナン&カレーにタンドール料理というインネパテンプレートと、ネパール料理が半々。
せっかくなのでここはネパーリーにて!


食前サラダはまさかの茶碗盛り。
インネパ特有のドレッシングがかかっています。


★ネパーリセット ¥1250

いわゆるネパールのダルバートにあたるセットですが、カレーは豆もマトンもインネパメニューと共通と思われるドローリタイプ。
副菜はムラコアチャールにサグブテコに、カリフラワーのタルカリ少々とシンプル。

ご飯の盛りはお茶碗2杯分くらいでしょうか。インネパダルバートあるある。

辛さは辛くしてとお願いしたら「中辛でいい?」と聞かれたので「辛口でお願いします」と言ったら「中辛ね」と言われたので、「いや、辛口で」といったら「中辛で良かったですか?」と確認され埒が開かなかったので「ピロピロピロピロ!」と言ったら「ああ、ピロピロ。激辛ね」と言われました。
(ピロはネパール語で「辛い」)
ま、いいか。

全然許容範囲でバッチリOKの辛さでした。

「ホワイトヒマラヤ」時代のようなハードコアさはないけれど、アットホームな地域食堂として愛されてそうなお店でした。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

マヤ ダイニングバー



関連ランキング:インド料理 | 駒込駅巣鴨駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

ガチ和牛×ガチイサーン料理=パラダイス。「タイ料理和牛専門店 ギンファー」(大塚)

大塚駅前に、予想の斜め上を行く素晴らしいタイ料理店が登場!
タイ料理専門店でありながら、和牛専門店なんです。
どういうこと?

「タイ料理和牛専門店 ギンファー」

駅前の雑居ビルを上がるとなかなか立派な空間が。

どうやらこちらのタイシェフ、日本で牛肉料理店のキャリア30年以上のベテランとのこと。なるほど。

と思いかけた次の瞬間メニューを開けばこの店のコンセプトがストーン!と腑に落ちたのです。

なるほど!そういうことか!!


和牛ガパオライスや和牛グリーンカレー、和牛パッタイなんていうキャッチーな見せ球を揃えつつ、よくよく見ればガチなイサーン料理やタイ東北料理がズラリ。

中でも注目は「イサーン料理×和牛」というページ。

そう、実はこれこそがこのお店のアドバンテージなんですよね。
あとでご説明いたします。


★チャーンビール ¥680

まずはチャーン。ここはチャーンでしょう。


★牛胆汁を加え香草と牛肉サラダ ¥1800

メニュー名を見て一瞬考えましたが、つまり和牛のゴォイ。いわばラープの生肉バージョンなんです。
イサーン魅惑の生肉料理。けれど日本ではなかなか提供が難しい。いくつかのお店では肉をマグロに置き換えていることも(つまり刺身マグロですね)。

ところが、生でいただける和牛を扱ってきたこちらのシェフならばマグロへの置き換えは不要。
客側から見ても「タイの生肉料理」と聞くと敬遠しそうなところ、肉寿司などを扱う和牛専門店の和牛料理として出せば素直に受け入れられるというもの。

タイのガチ現地料理を出すために和牛のプラスイメージを用いるなんて、完全にアタマいい。最高です。

そしてこちらのゴォイ、小岩あたりでもいただけないほど振り切った仕上り。

真っ赤な生牛肉に、生レバー、生センマイ、胆汁の苦味たっぷり、カオクワ(煎り米)ガッツリ。


上に乗っている葉っぱはバジルじゃなくてパックパイ。
これまたドクダミのように苦いんだ。

ガツーンとした辛さに加え、
胆汁×パックパイで突き抜けるようなオトナの苦味。

和牛としての旨さはもちろんのこと、ガチ現地流タイ料理としてもかなりのレベルです。
いろいろな意味で。

タイ料理から離れた和牛料理もいただいてみましょう。

★和牛上赤身寿司(トモサンカク)¥380/一貫
★和牛タン寿司 ¥380/一貫


お米はタイ米じゃなく日本米の酢飯。正しき肉寿司です。他の店なら倍の値段ですね。このあたりはシェフのキャリアが光ります。
ちなみにランチセットにはこの肉寿司が付いてくるそう。


★スパイ クラシック

肉寿司にタイのワインクーラー合わせるのは流石に初体験!
なんでもアリな気分になってきました。

お一人様なのに、もっと食べたくなります。

★炙り和牛タイラーメン ¥1200

麺はバミー(中華麺)ではなくセンレック(米細麺)。

うわー贅沢。
これだけ食いに来ても充分満足できますね。


★タイ風ココナッツミルクの焼きプリン ¥380

〆はタイのカノムモーケンで綺麗にフィニッシュ。

この日ラストオーダーの時間が過ぎ、日本人客が帰ったあたりからワラワラと近隣のタイ人たちが集結。
あ、日泰2部制か(笑)

いていいですよ!といわれたので暫し寛がせていただきました。
(ホントはちゃんと閉店時間に帰るのが基本ですよ!)


こりゃあ、立地も料理も雰囲気も最高だ。
良い店ができたものです。

和牛タイ料理 ギンファー



関連ランキング:タイ料理 | 大塚駅大塚駅前駅向原駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

スパイス香り立つカレーの新店、大塚に誕生。「トミヤマカレー」(大塚)

「ウミネコカレー」「ハブモアカレー」「大江カレー」と、人気実力店を輩出してきた「curry草枕」からまた、独立開業したお店が誕生しました。

「トミヤマカレー」

2018年ごろから梅ヶ丘で間借りカレー店としてスタート。
今年の2月頃に現在の大塚駅南口、サンモール大塚商店街の物件と出会い準備開始。
2020年4月1日に晴れて実店舗をオープンさせました。

ところが外出自粛要請のタイミングとぶつかったため、一週間後に一時休業を決定。
ようやく5月1日からテイクアウトのみで営業を再開し、続く8日から席を減らした時短営業で店内営業もスタート。

なかなか波乱万丈かつ先行きを模索しながらの船出ですが、3・11当日にオープンした「新宿ドミニカ」も逞ましく続いていることですし、是非頑張ってほしいものです。

奥へ続くカウンターメインの店内。
前会計をしてから席に着きます。

先客な2名、かなり間隔を開けてのイートインです。
長いカウンターが功を奏していますね。

さて、この日のカレーはこちら。

★本日のカレー2種あいがけ ナスと豚キーマ+ダルカレー ¥1000

背景がワイヤーフレームに見えますが違います。
実はカウンター面が白いタイル張りなんです。
こうやって写真を撮ると、面白いデザイン効果を生みますね。

カレーは結構インド家庭料理寄りで、インド現地でサーブされた時のように、ライスの上からダルカレーがかけられています。
ライスもインディカ米ですよ。

◎ ナスと豚キーマ

キーマはハーフウェットタイプ。
クローブ、マスタードシードとホールスパイスの香りが立っています。
キーマの下に隠れているのは「草枕」同様にスライスされたナス。
こんなところにこっそりルーツを潜ませているんですね。


◎ダルカレー

ムングダルを用いたシャバッとしたカレー。
インドのご家庭で出てくるような味わいですが、塩気も程良いチューニング。
これだけでご飯がどんどん食えちゃいます。

インドのスパイス使いの技法を下地にした、地に足がついたカレー。
今後がますます楽しみですね。
まずはこのご時期を乗り越えて頑張って欲しいです。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

トミヤマカレー



関連ランキング:カレーライス | 大塚駅大塚駅前駅向原駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

都電脇のジロー系洋食店。「キッチンのとや」(大塚)

大塚駅前。
都電が走る脇に佇む洋食店。


「キッチンのとや」

実はここ以前は「キッチンジロー南大塚店」として営業していたのですが、「キッチンジロー」のフランチャイズ解除に伴い店名を変更。
ご店主の名前を新たな店名にしたようです。

最盛期の1996年には直営店27店舗、フランチャイズ店27店舗の規模を誇った「キッチンジロー」ですが現在はフランチャイズ契約を順次解除。
かつてのフランチャイズ店は「キッチンジロー」を名乗れなくなったことから、それぞれの名前で営業を続けられています。
そういった洋食店たちを「ジロー系」とでも呼んじゃいましょうか。

こちらの「キッチンのとや」も、店名こそ新しいものの、地域密着型の老舗洋食店。
地元の常連さんに支えられているタイプのお店です。

メニューは「キッチンジロー」時代をほぼ踏襲。
カスタムオーダーで森早生や組み合わせを選べるのが嬉しいですね。

★ヒレカツカレー ¥1000

メニューにはカレーライスとヒレカツ。
もちろん組み合わせればカツカレーになるんです。

味噌汁付き、ライス、カツ、カレーが別盛りなのも老舗洋食店ならでは。

カレーは見た目よりもサラッとした味わい。
辛さもごくごく控えめで、辛いのが好みなら卓上の調味料で調整する仕組み。


単品300円のヒレカツはとにかく薄くてでっかい。
揚げ油には玄米100kgより1kgしか抽出できない米油を使用とのことで、胃にもたれないカツとなっています。

街の洋食屋さんらしく、ご飯の盛りはなかなかのもの。
カレーとカツだけでは余っちゃいそうなところ、活躍するのがこちら。

卓上に準備されたカリカリ梅・・・そう、お弁当によく入ってるアレです。
ご飯が進みますよ。

接客を担当する奥さんの声掛けもあったかく、これからも街に愛される洋食屋さんであり続けることでしょう。
オムカレーもきっとオススメですよ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

キッチンのとや



関連ランキング:洋食 | 大塚駅大塚駅前駅向原駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ