fc2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

日本西洋料理のパイオニア、東京駅エキナカに登場。「東洋軒 東京ステーション」(東京)

創業1889年(明治22年)。
日本西洋料理のパイオニア「東洋軒」。
現在は三重に本拠を構える大御所が、東京駅改札内に出店。


「東洋軒 東京ステーション」

2020年8月オープン。

レトロモダンな雰囲気が素敵です。

店内にはかつてのメニュー表が。

ステーキやコロッケ(コロッケー)、カレーライスのほか「さしみ」も扱っていたんですね。
「カレーライス 参拾円」と読みかけて「カレーライス 三拾餞」だったことに気づいた時、この店の歴史の深さを再認識。


あ、こちらには「東洋軒和食堂車」の文字がありますね。

そう、明治大正の時代には「精養軒」やこの「東洋軒」が食堂車の運営を請け負っていたんですよね。
いままた東京駅改札内に店舗を構えるとは感慨深いものがあります。


今も昔も変わらない「東洋軒」の名物といえばやはりカレー。
例えば今でこそ大衆的なカレーとして親しまれる金沢カレーだって、元を辿れば「東洋軒」にルーツが見つかります。
それほどまでに全国各地の洋食カレーに影響を与えたパイオニアなのです。

そんな「東洋軒」のカレーは今では「ブラックカレー」の名で愛されています。
メニューを見てみましょう。

さすが三重に本拠を置くだけあって松坂牛や伊勢海老など贅を尽くしたラインナップ。
金額は駅ナカ飲食店としては流石に高級路線(そりゃそうなのですが)ではありますが、ハーフサイズでのオーダーが可能な配慮も。
ちなみにカレーをハーフサイズでオーダーするとソースポットではなくカレーライス仕立てのワンプレートでの提供となります。

しかし「東洋軒」の伝統的な世界観を満喫するなら、フルサイズのソースポット提供で行きたいところですね。


★松坂牛ロイヤルブラックカレー ¥3080
・カレーセット +¥880


三重の伊藤牧場松坂牛A5ランクを100%使用した、ブラックカレーの「上」にあたるカレーがこちら。
サラダとコーヒーがついたセットでオーダーしました。


・プチ・コンビネーションサラダ
ポテサラは男爵とインカの目覚めのブレンド、トマトは高知産の糖度が高い品種を使用と野菜ひとつひとつに気持ちが行き届いています。
流石の抜かりなし。


ブラックカレーは銀製四つ足のソースポットでの提供。
これが気分良いんですよね。

チャコールな色合いのブラックカレーは濃厚を超えて濃密、そして滑らかさの極み。
辛さより圧倒的なコク深さが身上で、リッチこの上ない旨さです。

そして、驚くべきは具材としての肉自体の旨さ。

いやいや、そりゃあ高くて良い肉使ってたら旨いの当たり前でしょと思うかも知れません。

けれどいくら良い肉を使っていても煮込む過程で肉の旨みがカレーに溶け出し、具材としては旨みが抜けた肉になっていることが正直多い中、こちらの肉は、カレーの中でも赤身としての肉の旨さをしっかり残しており、アップグレードした価格にしっかり見合う味わいに。
これほんと、あるようでなかなかないレベルです。

カタチを残したまま限りなくトロトロになった玉ねぎにも注目。ソースをここまで真っ黒にするには玉ねぎをかなりの量炒めていると思うのですが、それに加えトロトロ食感まで楽しめるというのは、これまたなかなかない。

付け合わせのピクルスも酸味はかなり控えめで、野菜の味を活かしたもの。
素材に自信があるんですね。

言わずもがな、ご飯の状態も完璧。実に素晴らしい。


程良き頃合いにやってくるセットのコーヒー。
ここも銀の匙なのが嬉しいですね。


駅改札内のレストランでありながら、圧倒的な伝統とその矜恃を寸分の隙なく受け継いでいることに敬服。
(いろんなお客が来る立地ですから、その大変さもひとしおかと)


お土産に「ブラックカレーパン」やブラックカレーのレトルトも販売しているので、東京土産に活用してみては?
(ただしロイヤルブラックカレーはレトルトでも2000円越え!)

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

東洋軒 東京ステーション



関連ランキング:洋食 | 東京駅大手町駅二重橋前駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

煉獄!灼熱!9月は激辛の季節。「北海道スープカレー Suage 丸の内店」(二重橋前)

2007年札幌で創業、2019年5月渋谷に進出すると丸の内、中目黒、池袋と店を増やし快進撃を続けるスープカレー店「SUAGE」。
その攻めの姿勢から目が離せないのですが、この9月にはなんと「激辛フェア」を開催。
激辛なマンスリー特別メニューがあるとのことで、早速丸の内店へと突撃してきました。


「北海道スープカレー Suage 丸の内店」

丸の内ブリックスクエア地下一階にあるこのお店。
カウンターメインのお店ながらスッキリとした内装で広さを感じさせてくれます。


東京にある「SUAGE」各店は実は限定スープの種類が異なっており、渋谷店はイカ墨スープ、池袋店はココナッツスープ、中目黒と丸の内が海老スープ、だったのですが、この日メニューを見ると海老スープに加えイカ墨スープもオーダー可能に。
やるな!丸の内店。

ですがこの日の目当てはマンスリー。

これっすよこれ。
「灼熱」に「煉獄」って・・・ちょいゾゾゾっと来ますが、今の世の中自体がもはや煉獄なので、カレーなる煉獄はむしろ歓迎!
煉獄さんッ!


★ガラナ ¥250

北海道といえば、「SUAGE」といえばまずガラナですよね。


★灼熱チキンケバブカレー ¥1300

まずは灼熱。
スープは甘口か辛口が選べ、辛口の場合さらに辛さが選択可能(レギュラースープ同様ですね)。
ということで辛口辛さ5を選択しました。

メインの具材はケバブソースがかかったチキンケバブ。
これが香ばしくて旨い。
さらにスープの中には素揚げ野菜の他、刻みキャベツが投入されケバブ感を盛り上げています。
5辛のスープはピリ辛ではありますが、ケバブソースのまるやかさ、刻みキャベツの甘みで抑制されたバランスに。
そんな中、素揚げの野菜、特にブロッコリーの存在感が抜きんでているのは流石「スアゲ」といったところ!


★煉獄チキンケバブカレー ¥1400

さて、こちらは煉獄・・・
辛さ2200000スコヴィルを誇る「死神の唐辛子」キャロライナリーパーを使用しているとのこと。
2200000ってさ・・・ドラゴンボールZかと。


見るからにさっきの灼熱とは色が違いますよね。
スープを一口飲んでみると・・・ハハハッ!(ミッキーマウス風)

確かに、確実に、しっかりとしたキャロライナリーパーの存在感!
一括りに激辛唐辛子と言ってもそれぞれ味わいや香りが違って、ハバネロは辛さの中に旨み、ジョロキアは辛さの中にフルーティーさがあるのですが、このキャロライナリーパーはシュシュッとストレートな辛さアタックが特徴。
これは目が覚めますね。

そしてその辛さは野菜にもじわじわと侵食、これは飲み干すのが困難な代物ですよ。
(同行者はリミット越えの激辛クイーンだったのでグイグイ行ってましたが・・・)
けれども、そんな中でもスープ自体の旨み、野菜の甘みに加え、ケバブの香ばしさでバランスを取っているあたり、流石といったところです。

この激辛フェアは9月いっぱい、東京の「SUAGE」各店で実施。
期間中「煉獄」を完食しTwitterで #我こそが激辛王 と添えつぶやくと、抽選でいいことあるみたいです。

なんだか茫漠な世の中ではありますが、進んでお口の中を緊急事態宣言に。
そんな食のエンタメなら許されていいですよね。

最後に・・・レジ前でビックリするモノを発見。

「SUAGE」、航空チケット販売はじめてるってさ。SUGEE。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

北海道スープカレー Suage 丸の内店



関連ランキング:スープカレー | 二重橋前駅有楽町駅日比谷駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

西葛西の名店が東日本橋に。魅惑のスパイスワールド。「アムダスラビー 東日本橋店」(東日本橋/馬喰横山)

スパイスショップが経営する西葛西の人気南インド料理店「アムダスラビー」。
かつてあのマハリンガムシェフも在籍した名店が、都心近くに2号店を出しました。

「アムダスラビー 東日本橋店」

2019年6月17日オープン。
都営地下鉄の馬喰横山駅、東日本橋駅のいずれからも徒歩5分以内と意外に便利なロケーションでありつつも、
ビジネスなど用事がある方以外にあまりなじみがない街であるのに加え、大通りから脇に入った場所にあることから、
ふらり立ち寄る一見さんはとても少ないのでは?と思ってしまいます。


この日はディナー訪問でしたが、コロナの影響もあってか他に客の姿はなし。
「アムダスラビー」ほどの名店でこれとは・・・・

どう考えたってここは安全な場所に思えますけどね。スパイス摂取できるし。

さて、メニューを見てみましょう。

まず、料理名の表記があちこち独特。
誤植、ではありません。
日本でなじみのない自国料理の発音を、一所懸命にカナ表記へ置き換えようとしている跡が見え、涙ぐましくも微笑ましいのです。


そう、努力と工夫でうまく行く。

実はこの日、レギュラーメニューとして提供しているバナナリーフミールス(凄いですよね)を予約しようとしたところ、「今はできない」とのこと。
昨今の客入りでは、確かに難しいでしょうね。

けれど、だからと言って落胆することはありません。

珍しいものも含めアラカルト多彩なこのお店、気になるものを頼んでいこうじゃありませんか。


★サッポロ生ビール ¥500


★パニールティッカ ¥1100

南インド料理を軸としながらも、実はタンドリー料理も美味い西葛西「アムダスラビー」。
その実力はこちらでも健在でした。
想像を遥かに超えるボリューム、ピーマンと玉ねぎで挟み焼したでっかいパニールが4つ。
ドレッシングたっぷりの野菜が添えられておりカラフルですね。


★アムダスラビハイボル(シングル) ¥550

シングル、というから少なめなのかな・・・と勘違いしましたが、つまりは「濃さ」のオーダーでした。
シングルなのでがぶがぶ行けますよ。


★チキンクッツパラタ ¥1200

これ、何だと思います??
実はこれ、パンを刻んで具材とスパイスを加え、鉄板焼きそばのように炒めた料理。
南インドと隣接するスリランカで「コットゥロティ」と呼ばれるのと同じものですね。

で、これがブラックペッパーがガツンと効いてえらく美味い。
スパイスと小麦の香り豊かな焼きそばって感じもあり、見た目の地味さに反して味は華やかなんです。
これ嫌いな人はいないだろうなぁ・・・・珍しい料理なので是非頼んでみてください。

但し・・・量が多いうえに、パンなので意外に後で満腹感がやってくるのに注意。
みんなでシェアするか、余ったらテイクアウト覚悟で臨むのが良いでしょう。


★チェッティナドクラブセット ¥1700

なんとまぁ!
魅惑のカニ尽くし、南インド式のミニミールスですよ。


丸められたチャパティに壁ドンするのは、丸々一匹ご立派なワタリガニのマサラ炒め。
まずこの美味さに驚いた。
身がフワッフワでカニ自体の美味さがしっかり生きているんですわ。


さらに南インドのカニカレー、ナンドゥマサラ。
カニの旨味が溢れ出していて、完璧な炊き加減のバスマティ米と合わせればまさに至福。

タマリンドの酸味強めのラッサムともよく合います。

サラダのドレッシングがめちゃかかっているのもご愛嬌ですね。
(ここのシェフ、ドレッシング好きなのね。)

立派立派なカニ料理、この値段でよくもまぁ。
オススメです。


★タンドールチャイ ¥500

現地では素焼きのコップごとタンドール窯の中で熱して作るタンドールチャイですが、
この店では単品オーダーに応えるため、小さなクレイポットで熱しての提供。
満腹の胃がスッと整います。

総じてスパイス使いは強め、ボリュームも多め。
クオリティは間違いなしで、料理のバリエーションも多彩。
夜は数名で予約して訪問するのが良いでしょう。

とにかくこの立地、家賃も安くはないでしょうし、客が来なきゃまずいわけで。
こんな時だからこそ、ちゃんと応援しましょうね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

アムダスラビー 東日本橋店



関連ランキング:インドカレー | 東日本橋駅浜町駅馬喰横山駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

タイ式ぶっかけをぶっかけないのが丸の内式。「カオタイ MY PLAZA」(二重橋)

丸ノ内オフィス街の小さなタイ料理屋さん。

「カオタイ MY PLAZA」

高田馬場にある「カオタイ」の系列ですね。

タイの屋台のようにおかずを指差しして選べるスタイル。


テイクアウトがメインですがイートインカウンター7席もあります。


だいぶ狭いですが。


★選べる!タイ式ぶっかけご飯 3種盛り ¥1030
★目玉焼きのせがタイ式! +¥70

ぶっかけご飯というからワンプレートでくるのかと思いきや、ぶっかけないスタイルのぶっかけご飯なのですね!
カウンター奥行きがキワキワです。
選べる3種はグリーンカレー、ガパオ、日替わりのパネーンガイとチョイス。


厨房にはタイ人の皆さま。
けれど料理の仕上がりはいずれもまろやかなチューニング。


丸ノ内ワーカーが誰でも楽しめる味。この場所ではそれが正解なのですよね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第5便
カレーとハラール。文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

カオタイ MY PLAZA



関連ランキング:タイ料理 | 二重橋前駅有楽町駅東京駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

フレンチシェフが丸の内でドライカレーを創ったら。「o/sio」(二重橋)

代々木上原のフレンチ「sio」がカジュアルビストロ業態の新店をオープン。

場所は二重橋「丸の内ブリックスクエア」の地下一階。
スープカレー「SUAGE丸の内店」のちょうど隣。


「o/sio」

オープンでカジュアルな雰囲気でありながら、洗練度は抜群。
さすがであります。


興味深いのがランチメニュー。

ほっけ定食に唐揚げ定食、カレーにナポリタン。
ニッポン庶民のDNAに染み渡るメニュー構成です。
しかも価格設定も大衆食堂のそれ。
これらをフレンチアプローチで解釈するとどうなるのか・・・

ドライカレーを頼んでみましょう。

★シェフのお父さんのドライカレー ¥1000

トレイで出てくるあたりが街の食堂シフト。
メニュー名はほっこりだけど、カレーが醸し出すオーラは只者ではありません。


口の中でザックザクに弾けるコリアンダーシード、カルダモン、ツンと香るクローブ、ブラックペッパー。
なかなかにスパイスフルなドライキーマカレーですね。


そこに細かなフライドオニオン&削りチーズで風味、食感をディテールアップ。


さらに温玉をとろーり崩せばまろやかに味変。

同じ丸の内には、ライスにキーマを載せたスタイルの元祖といわれる日本郵船式ドライカレーを提供する「ポールスター」もありますが、そこからさらにアレンジが入った一品。
かなりレベルの高いドライカレーです。
シェフのお父さん凄いなぁ。

流石「sio」、フレンチから離れニッポン大衆食を手掛けても再解釈と再構築のセンスが素晴らしい。

それでいてこの価格設定。
本来の意味でのコスパ=コストパフォーマンスが凄いお店です。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第5便
カレーとハラール。文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

o/sio



関連ランキング:ビストロ | 二重橋前駅有楽町駅日比谷駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ