fc2ブログ
2023/11/13
2023/11/12
2023/07/10
2023/07/05
2023/03/02

[中目黒~学芸大学]

        

駅前立ち食い丼ニュースタイルでビシッとカシミール。『魔皿カレー』は労働者階級の英雄だ。(中目黒)

category - [中目黒~学芸大学]
2023/ 11/ 13
                 
1968年上野『デリー』の暖簾分けからはじまり創業1968年、今や柏を代表する老舗カレー店となった『ボンベイ』。
2010年に二代目店主イソノ・コウイチさん体制がスタートしてから、攻めの挑戦を続けてきました。

『東京ボンベイ』恵比寿店・神田店のオープン(高田馬場『ボンベイ』は別系統)、
ファッション・デザイン系の仕掛け人とタッグを組み、『ボンベイ』の味を発展・チューニングした下北沢『SANZO TOKYO』に続き、
今度は中目黒で思いもよらない業態のお店をオープンさせました。

新店舗は中目黒駅改札から横断歩道を渡ってすぐの左手側。
旧山手通り沿いの好立地にありました。
『吉そば』のちょうど道路向かいあたりですね。

『魔皿カレー』

いやいやいや、何という店名、字面が強すぎる・・・
けれど声に出して読めば、あぁなるほど。『MASALA CURRY』なのですね。

まず何が凄いってこのお店、「店内」という概念がないこと。

飲食スペースは道路に面した、4人くらいがMAXの立ち食いカウンターのみ。
しかもこのカウンター『SANZOU』と同様に結構高さがあって、お子様はムリ。

そもそものカレー自体がお子様向けでないことをやんわりと伝えつつ、
オトナも不格好に背中を丸めることなく、シャンと立って食事ができる。

柏『ボンベイ』と磯野さんのプロジェクト全般に通づる、「カッコいいオトナ感」がここでも発揮されているようです。

カレーのバリエーションは5種類。

【白】マイルドカレー ¥850 *オープン価格¥790
【黄】魔皿カレー ¥900
【赤】デビルカレー ¥950円
【玉】ドライキーマカレー ¥1200
【魔】魔王ドライキーマカレー ¥1500


『ボンベイ』と言えば「カシミール」が名物なのですけど、メニュー名には見当たらず。
というか、そもそも『ボンベイ』と明示されているところはひとつもなく、プレゼンテーションとしては全くの別物なのですが、
『ボンベイ』を知っている人にとっては【白】がチキンカレー、【黄】がインドカレー、【赤】がカシミールにそれぞれ対応していることが想像できるでしょう。
カレーが全て「キーマ」というのも特徴で、【白】【黄】【赤】がシャバ系のゆるキーマ、【玉】【魔】がドライキーマになっています。

さらに凄いのは(ここが一番凄いのですが)『魔皿』を名乗りつつ皿を使わないんですよね。


お櫃から丼に盛られるシャリ。

そう、実はこちらのカレーは丼スタイルの提供なんです。

★【赤】デビルカレー ¥950

カシミールに相当する激辛カレーに鶏挽肉のキーマ。
さらに白飯の上に黄色いポテサラと黄色いキャベツ、キノコなど副菜がオン。

中目黒駅近辺で立ち寄る『おにやんま』や『吉そば』のもうひとつの選択肢となり得る「丼もの」としてのカレー。
これはまた斬新!

キーマはカレーの海に崩し込みながらいただきます。
そして流石、しっかりした辛さと「あの旨さ」。こりゃあ素晴らしい!

カレー・副菜それぞれの味を楽しんだあとはグワッと混ぜていきます。
南インド料理、スリランカ料理、大阪スパイスカレーなどでも混ぜて楽しむスタイルはありますが、これが丼になったことでまさに「油そば」「まぜそば」や「石焼ピビンバ」感覚に。
逆にこのほうが一般の客層にとっては馴染みがあるのかも。

いろいろと発見があります。

丼スタイルでシャバシャバカレー、キーマ、副菜を盛り付けることで、食感の変化や味の変化を最後まで楽しめる。

今までの駅前カレースタンドのスタイルを立ち食いに寄せることで、新たな気分が生まれる。

そして一番凄いと思うのは「丼」「駅前」「立ち食い」「混ぜご飯」、そして「通し営業」と、どこを取っても庶民のライフスタイルにがっつり寄せながら、しみったれずオシャレで、ちゃんと新しい。

柏『ボンベイ』のロゴマークにそっと添えられている「Worklng Class Hero」という一文。

そのコトバを有言実行したお店なのでした。

流石です。

「カレー細胞」Facebookページ

●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
スポンサーサイト



                         
                                  
        

中目黒から祐天寺へ。穏やかにジャンルを横断するクラフトカレーのお店。『CURRY TETRA』(祐天寺)

category - [中目黒~学芸大学]
2023/ 11/ 12
                 
中目黒で洗練されたランチカレーを提供していた『CURRY TETRA』がついに、2年半ぶりの復活再始動を果たしました。

中目黒時代の記事はこちら⇒『中目黒の仕立て良いクラフトカレー。「CURRY TETRA」』

新しい営業場所は東横線祐天寺駅から徒歩5分ほど。
駒沢通り沿いにある『祐天寺コミュニティセンター(UCC)』。


こちら東北・岩手と気仙沼の物産を販売していたり、毎週水曜夜に飲み屋営業したりと、さまざまなアクションが行われている、面白い「場」。

その平日昼間のカレー営業として『CURRY TETRA』が参加しているんです。


『CURRY TETRA』

試運転を経て2023年11月より移転再オープン。


カウンター席に加えテーブル席も広々。


おひとり様でも連れ添いでも気兼ねなく訪問できますね。

メニューはチキン、キーマ、海老3種のレギュラーカレーに加え日替わりの副菜を追加できるスタイル。

なのですがそのラインナップが多様で選べない!

・・・と迷っていたら、あら!
「全種盛り」がありました。

迷わずそれ!

★全種盛りプレート ¥2200
・純然鶏のチキンカレー
・三元豚の荒挽きキーマ
・海老のココナッツカレー
・パクチー
・半熟ゆで卵
・青唐ピクルス
・コールスロー
・焼きトマト
・ムング豆のスープ
・キノコのアチャール
・野沢菜のアチャール
・茄子と蓮根のアチャール
・豆と雑穀とじゃがいも
・柿の白和え
・牛すじ牛蒡煮込み
・帆立のアチャール


圧巻の品数ですね!

純然鶏とは「さつま純然鶏」のこと。
鹿児島出身シェフの地元名産です。
このチキンカレー、中目黒時代にも思ったのですがクローブやローストチリの感じが『GHEE』系のビーフカレーに通ずる味わい。スパイス感がありながらどこか欧風でもあるんです。
そして中目黒時代よりさらに辛さを抑え旨みを強調していますね。


ライスの上に乗ったキーマも焦がす手前の焙煎香があり、かなり好みのタイプです。

副菜はインドのアチャールと日本の季節のおばんざいを行ったり来たり。

和・印・洋を緩やかに往来しながら、美味しくなるためのアプローチに躊躇ないスタンスは、ぶれることなく深化していることが伝わってきます。

インドカレーとも欧風カレーともスパイスカレーともカテゴライズしようがないクラフトカレーだと言えましょう。

これこそが『CURRY TETRA』の静かな個性。

中目黒時代よりも辛さは抑えつつ、味や食感の振り幅がより広がった印象で、近隣の老若男女皆が新鮮な気持ちで楽しめる素敵なカレーとなっています。

そして、どれもきっと酒に合う。

今はランチのみの営業ですが、いずれはこれでガンガン飲みたいぞ。

食後はコーヒーでひと息。

★はまなすコーヒー 365ブレンド ¥400

岩手県で焙煎されたもので、こちら『祐天寺コミュニティセンター(UCC)』ならではの一杯といえましょう。
(あのコーヒーのUCCとは別ですよ。念のため。)

現在『CURRY TETRA』の営業は月~木曜の12時~16時。
遅めのランチやカフェ使いにもどうぞ。

「カレー細胞」Facebookページ

●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ



関連ランキング:カレー | 祐天寺駅学芸大学駅

                         
                                  
        

麻婆豆腐はカレーです・・・よね?『香氣 四川麺条 学芸大学店』(学芸大学)

category - [中目黒~学芸大学]
2023/ 07/ 10
                 
学芸大学で辛いもの好きに人気のお店。

『香氣 四川麺条 学芸大学店』(こうき)

四川の担々麺と麻婆豆腐がメインの小さなお店です。

メニューには担々麺のバリエーションがズラリ。
ルーツである四川では汁無しが主流なのですが、しっかり汁なしメニューも充実しています。

ちなみに言っておくと、「担々麺」の語源はかつて担ぎ棒で売り歩いていたことなので手偏の「担」が正解。
最近は「坦々麺」という表記をよくみますが、土偏の「坦々」は「平坦な」「平凡な」という意味なので、ありきたりの麺を心がけているのでなければ、避けた方が良いと思います。
兎にも角にも、スマホの変換候補で「坦々」が先に出るのが一番の問題なんですよね。

と、担々について淡々と話をした後ですが、オーダーしたのは担々でも坦々でもなくこちら。

★麻婆飯 ¥740

見て下さい。ほぼカレーです。
食べてみると花椒ビリビリ、さすがの振り切り。
辛さは多くの人が美味しくいただける範囲のチューニングです。

「カレーとは何か?」を考えるとき、よく命題となるのが「麻婆豆腐はカレーか否か」という問いですが、これはもうカレーライスで良いんじゃないかと。
カレーに山椒使うことも増えてきましたし。


花と青のダブルで追い山椒がオススメです。
ビリビリと電氣なグルーブがやってきますよ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ



関連ランキング:ラーメン | 学芸大学駅祐天寺駅

                         
                                  
        

中目黒にHIPでPOPなベジカレー専門店。『BUGWAVE』(中目黒)

category - [中目黒~学芸大学]
2023/ 07/ 05
                 
中目黒。
山手通りを歩いていると、見慣れぬカレー店の立て看板が。


脇道へと入っていくと、あら。
ここはかつて間借りカレー『CURRY TETRA』が営業していたアパレルショップの場所ですね。

『BUGWAVE』

ベジタリアンカレーのお店として2023年1月にオープン。

店内ではオリジナルのTシャツやホットソース、さらにCBDドリンクやCBDパウダーの販売もあって、小さなセレクトショップのよう。

食事メニューではグリーンカレー&タマリンドカレーがイチオシで、カレーの他チャーハンやまぜそば、インドネシアのピサンゴレンなども提供。
いずれも肉を用いないベジ仕様ですが、ナンプラー(魚醤)などを用いているため、肉は食べないが魚はOKというペスカタリアン対応とのことです。


★カシミールカレー フレッシュ野菜ソイミート ¥1300

上野『デリー』のカシミールカレーに想を得た、オリジナルのベジカレー。


とは言っても辛さはだいぶ控えめ。
野菜の酸味が際立った仕上がりですね。
見た目からは意外なほど軽くサラリといただけます。

ライスは黒米とジャスミンライスのブレンド。
その上にソイミート、ひよこ豆が散りばめられていて食感変化が楽しめるしかけ。

店頭販売もしているグリーン&レッドチリのホットソースで辛さを徐々に加えながら完食。

胃もたれ一切なしの爽やかな食後感はベジならではです。


★【ランチ限定】smallチャイ ¥200

通りから少し入った場所ということもあり、お店の認知はまだまだこれから。
夜もやってますので、是非チェックしてみてくださいね。

カレー細胞公式ストアOPEN!
ポケットカレーはじめ私がセレクトした色々なカレー商品を追加していきます。
ブックマークお願いいたします。


●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ



関連ランキング:カレー | 中目黒駅代官山駅池尻大橋駅


                         
                                  
        

複合アジアン店の複合アジアンメニュー、その秘密は米にあり。『SITA 祐天寺店』(祐天寺)

category - [中目黒~学芸大学]
2023/ 03/ 02
                 
中目黒や学芸大学に店舗を構え、都会的で安定したクオリティの料理を提供するインド・タイ・ネパール料理『SITA』。

現在は『スーリヤ中目黒店』も同グループとなっているようですね。

本日は祐天寺にある『SITA』へ。

『SITA 祐天寺店』

ランチタイムは17時まで、通し営業が有り難いです。

抹茶色の壁が印象的な店内。
『SITA』はどの店舗も清潔感があります。

オーダーしたのはこちら。
ガパオライスに見えますが、いえいえ。

★ナス・キーマカレーライスセット ¥1000
・ナス・キーマカレー
・ライス
・目玉焼き
・アチャル
・サラダ
・スープ
・ソフトドリンク


いわゆるインドのベイガンドライキーマ(茄子キーマ)をガパオライス風盛り付けにアレンジ。

ネパール人による複合アジアン店ならではのチューニングですね。

キーマは完全なるドライタイプ。
辛口にしたらなかなかのパンチです。
シャキッと歯応えを残したナスがまたタイ料理っぽくて面白いですね。

添えられたアチャルは刻みニンジンに胡麻を絡めたネパール仕様でちょっと中華な風合いも。

さらに興味深いのがライス。
ガパオライス風だからジャスミンライス?
いや、キーマだからバスマティ?
よくよく見れば、複数種のブレンド米だったんです。

タイのジャスミンライス5に対して、バスマティ米2、日本米3というブレンド。ギーで炊くことで日本米の粘りを和らげ全体を馴染ませています。
ほどよい香りは、タイ料理にもインド料理にも良く合いそう。
細かいように見えて、こういう工夫こそがお店のアイデンティティを支えているんですよね。

勉強になりました。

カレー細胞公式ストアOPEN!
ポケットカレーはじめ私がセレクトした色々なカレー商品を追加していきます。
ブックマークお願いいたします。


●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ



関連ランキング:インドカレー | 祐天寺駅中目黒駅