FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

ぼくのタイ料理あらため。「ソウルフードバンコク武蔵小山店」(武蔵小山店)

武蔵小山駅前にあったタイ料理店「ぼくのタイ料理」がリニューアル、オーナーはそのままで「ソウルフードバンコク」にFC加盟しました。


「ソウルフードバンコク武蔵小山店」


地下にあるサバーイな空間は変わらず。
壁が薄いようで、隣のカラオケスナックの唄声が聞こえて良いBGMになっています。


★ビアラオダーク ¥600

まずは大好きなラオスのダークビールから。
これがある時点で存在価値大!


★豚肉のパネーンカレーをロティで巻いたらうまかった ¥800

昨今の劇場アニメタイトルみたいなメニュー名ですね、
インドのストリートフード「カティロール」の具材をタイ南部のカレーに置き換えたような一皿。
ココナッツミルクたっぷりでパーティーフード感も満載!
何人かで来たらまずこれ。
他店にはないですしね。


★築地宮川さんの朝〆ガイヤーン ¥980

築地の老舗、創業明治35年「宮川食鳥鶏卵」さんの朝締め鶏を使用したガイヤーン。
このあたりの食材仕入れはFC店ならではのメリットですね。


★瀬戸田 生レモンサワー ¥580

レモンといえば瀬戸田。
日本で最初にレモンを栽培した島では今でも農薬を用いない有機農法でレモンを作っています。つまり皮まで安全!ということ。(無農薬を謳えず「エコレモン」と言っているのは、狭い島の環境で他の畑も隣接しているため)


★ラープガイ ¥930

ハッシュタグ #口癖はラープ 投稿のほとんど全てを担う私としては頼まねばならない一品。
粗挽きジューシーで、辛さより柑橘の爽やかさが際立つラープです。
もちろん辛さはオーダー時にお好みで伝えればOK!

駅改札からすぐということもあり、肩肘貼らずに使える便利なタイ料理店。
FC店になりましたが、変な意味でのチェーンっぽさがなく、料理も手作り感満載なのが好感度大ですね。
まさに今でも「ぼくのタイ料理」と言いたくなるお店です。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ソウルフードバンコク 武蔵小山店



関連ランキング:タイ料理 | 武蔵小山駅西小山駅不動前駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

中目黒の仕立て良いクラフトカレー。「CURRY TETRA」(中目黒)

最近、お店の入れ替わりが激しい中目黒。
通りから一本入った路地に、洒落た店構えのスパイスカレー店が登場しています。


「CURRY TETRA」

2019年6月オープン。
アパレル系のお店での間借り営業なのですが、いわゆるランチ間借りカレーではなく、一時休業しているお店での期間限定間借り。
なのでディナーも21時まで営業しているようです。


入り口脇には本日のカレーがご案内。


サードウェーブ感溢れる店内には客の入りも上々。
ネット上で話題というより、本当の意味での口コミが客を増やしている様子です。


★カレー2種盛り ¥1200
・ビーフ
・魚介キーマ


おぉ、抑制されたトークの中に美学を感じる盛り付けですね。

◎ビーフ

「TETRA」の定番カレー。
黒いビジュアル、香るグローブ、ローストされたチリ、しっかり煮込まれたビーフ。
辛さはそれほどではないものの、ひと口食べて「あ、GHEE系?」と感じました。
店主曰く「特に意識はせず、スパイスカレーと欧風カレーの間くらいを狙ったらこうなった」とのことですが、
実際そう感じる客は多いらしく、無意識に影響を受けているかもですねー、なんて話してました。


◎魚介キーマ

こちらキーマカレーの具材にシーフードが入ってるのではなく、キーマ自体が魚介。
海老、白身魚、マグロの合い挽きキーマという面白さで、フワッとやさしい味わいです。

添えられた豆カレーはスリランカのパリップを彷彿とさせる仕上がり。
その横の酸味あるタマリンドのチャトニも素敵です。

一見すると大阪のスパイスカレー。
けれど「GHEE系」のような東京アプローチもあり、大阪スパイスカレーや欧風、インド、スリランカ料理アプローチもあり、それらを掛け算ではなく調和させようとする姿勢に静かな個性があります。

カレーをファッションに例えるなら、異素材の組み合わせや大胆なカッティングでインパクトを狙うのではなく、無地の素材の風合いや中間色の組み合わせで、着心地を作っていく。まさに中目黒らしいファッション。
クラフトカレーと呼ぶにふさわしいカレーであります。

この場所での期間限定間借りは3月あたりまでを予定。
その先にもいい場所が見つかるといいですね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第5便
カレーとハラール。文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

CURRY TETRA



関連ランキング:カレーライス | 中目黒駅代官山駅池尻大橋駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

学大カレー最後の砦。「かしわや学芸大店」(学芸大学)

いつだって、最後の砦は用意しておいたほうが良い。

学大でカレー食いたい時の、最後の砦がここ。


「かしわや学芸大店」

三軒茶屋そして神奈川方面にもある立ち食い蕎麦&カレー屋さんですが、こちら学大のお店はなんと24時間営業。

深夜でも、徹夜明けの朝でも、カレーライスがいただけるのです。


支払いは券売機、ピックアップはセルフ。
座りカウンター席もあります。


★カツカレー ¥640

ワンコインを切る価格のカレーにカツを乗せた(この店では)なかなかの贅沢メニュー。


辛さ調節もセルフです。


カレーはとてもベーシックな日本カレー。
想像通り、に応えてくれる味。
カツはまぁ、お惣菜コーナーのものと思っていただければ。

そして、S&Bの辛味スパイスの優秀さよ・・・・
なんの違和感もなく、カレーをええ感じの辛さに導いてくれます。


★缶ビール ¥300

この世界観なら、生じゃなくて缶ですよね。

とまぁ、究極の日常使いなお店なのですが、なんと芸能人来店歴が。

石ちゃん、戸田恵梨香さん、そしてEXILE岩ちゃん。
岩ちゃんがこの近くに住んでいた時、よく来ていたお店だそうですよ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第4便
この頃、地方のカレーがアツすぎる。 文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

かしわや 学芸大店



関連ランキング:立ち食いそば | 学芸大学駅祐天寺駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

金沢カレーのレジェンド店、ヤサタマを携え中目黒に進出。「インデアンカレー中目黒」(中目黒)

「カレーのチャンピオン」「キッチンユキ」「ターバン」「アルパ」と並ぶ金沢カレーレジェンド店のひとつ、「インデアンカレー」が東京・中目黒に進出!


「インデアンカレー中目黒」

2019年11月10日オープン。


伝統的な洋食をルーツにもちながら、素早い提供とリーズナブルさを追求し、カレーライスと揚げ物、野菜がステンレスの一皿に盛られる進化を遂げた「金沢カレー」。
創業1964年の「インデアンカレー」はその黎明期を担った老舗です。
(もちろん大阪「インデアンカレー」、帯広「インデアン」とは別のお店です。)

一時は北陸一帯に直営、フランチャイズ店合わせ48店舗を展開するに至った「インデアンカレー」ですが、1992年までに直営店舗を全てクローズ。

しかし、新宿発「金沢カレー」の「ゴーゴーカレー」の勢いに伴い、ファンの後押しもあって2011年には直営本店が復活オープンし話題となりました。

復活した本店の訪問記事はこちら。
⇒『復活した、洋食としての金沢カレー。「インデアンカレー本店」』



こちら中目黒の店舗は建物の二階。
目黒川を見下ろす好立地です。

花見の時期凄そうだなー。

さて、金沢「インデアンカレー」の名物といえば「やさたま」。
定番の金沢カレーであるカツカレーのカツとご飯の間に、野菜入りの薄いオムレツが敷かれた一品です。

もちろんこの「中目黒店」にもありますよ。


★野菜玉子カツカレー(小) ¥930

これです!これが「ヤサタマ」。
東京で出会えるとは!!


濃厚なカレールウにサクッとした衣のカツ。
そこに野菜オムレツが加わって、コンパクトに楽しめる洋食カレーワンプレートとなっています。


特徴的な先割れスプーンも、オペレーションの効率化を図りフォークとスプーンを一本にしたもの。
長く愛される老舗には、ひとつひとつに理由があるのですよね。

この日はオープン直後ということでメニューは絞り込まれていたものの、ルーは辛口への変更も可能。
カツの盛り合わせに東京人が好きな目玉焼きを加えた中目黒支店限定「中目黒DXカレー」も用意されています。

ぜひ、この地に定着して欲しいですね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第4便
この頃、地方のカレーがアツすぎる。 文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

インデアンカレー 中目黒



関連ランキング:カレーライス | 中目黒駅代官山駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

開通しない補助26号線沿いで35周年。「らーめん亭26」(武蔵小山)

創業昭和59年。
いつまでも開通しない補助26号線のロードサイドで愛されるラーメン屋さん。

「らーめん亭26」

店名はもちろん、補助26号線から。
その頃からずっと未開通のままなんて、「サグラダファミリア線」に改名したほうが良いのでは。


細長いカウンター席の店内。

35周年を祝って常連さんが作ってくれたという、お店のマスコットキャラのフィギュアが飾ってあります。

愛されているお店の空気感がヒシヒシ。

この訪問日の翌日は休業日だったのですが、ここのママが白金で35周年記念歌謡ショーをやるとのこと。
これまたお客さんとのご縁で実現したそうです。

ってか、ママさん歌うたうんだ!
穏やかな雰囲気ですが、話してみるとなかなかアクティブでチャレンジ精神旺盛なママがとても素敵です。

お店が愛されるのはやはり、人ですね。


店内には年季の入ったメニューがあちこちに。
最初はカレーライスを頼もうと思ったのですが、トイレのドアに興味深いメニューがあったので注文してみました。


さぁ、やってきましたよ。


★みそカレーラーメン

濃厚な味噌ラーメンの上に、これまた濃厚なカレーをかけた一杯。


いやもう、濃厚としか言いようがありません。


自家製の麺は玉子たっぷりで黄色い、昔ながらの細麺。
なんとも昭和。平成の時代がなかったかのような昭和っぷりです。


★餃子 6個 ¥400

こちらの餃子も皮から自家製。
具材少な目でシンプルかつヘルシーな味わいです。
これまたノスタルジックだなぁ。

いまや様々に華やかなラーメンが溢れる時代。
けれど、このお店の雰囲気は、心のホームグラウンドを感じさせてくれます。
営業は夜中の3時まで。
この場所を必要としている人がたくさんいるからこそ、35年続いてきたのでしょう。

ちなみにここ、ラーメンを大盛りオーダーすると、笑えるほどでっかい鉢で出てくるので要注意。
「大盛り頼んだのにあんまり大盛りじゃないとがっかりすると思って」
そんなママの度量の大きさが、鉢の大きさなのですね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第3便:カレーに合うお酒【ビール編】 文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

らーめん亭 26



関連ランキング:ラーメン | 武蔵小山駅西小山駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ