FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

新大久保ムスリムストリートに待望のパキスタン料理店誕生。「Embassy HALAL Restaurant Mirha」(新大久保)

新大久保改札向かい、マツモトキヨシ脇の通称ムスリムストリートに、新しいパキスタン料理店が誕生。

「Embassy HALAL Restaurant Mirha」(ミルハ)

2020年2月7日オープン。
あの「ソルティカージャガル」と同じ建物の一階になります。

外看板には別に、「Asian YATAI」「Embassy HALAL Foods」「SAKURA EXCHANGE」の案内も。

中がちょっとしたモールになっている感じかしら、とか、アジアン屋台って書いてるくらいだから、複数店舗によるフードコートみたいな感じかしら、と想像できるのですが・・・

実際には、両替所と食材&雑貨店併設でネパール料理や焼き鳥をちょっと扱ったパキスタン料理店でした。


ポップなのか、鄙びているのか。
なんともいえない雰囲気です。


卓上メニューはめっちゃシンプル。
もちろん、これが全てでないことは容易に想像がつきます。

外看板にグトゥカの文字があったので、
「グトゥカありますか?」と聞いたら、「ない」と言われたので、「じゃあニハリで」と言って出てきたのがコレ。


★Mutton Nihali ¥1000
★Tandoori Roti ¥250


めっちゃグトゥカですね!
(ちなみに本来グトゥカは肉の部位(後ろ足)を指すコトバなので、「グトゥカありますか?」と聞いた時は、食材としてのグトゥカを買おうとしていたと思われた可能性あり。)
正しくは羊のグトゥカのニハリです。
めっちゃ儲けもの!!


器を見ているだけで日本を脱出できます。


中にはたっぷりの肉。
早速取り出しましょう。


思っていたより数倍デカい!
まさにマンガ肉!!!


ニハリのスープ部分は意外とさっぱりした味わい。
辛さも控えめでサラッといただけます。
つまり主役はマンガ肉グトゥカ。
弾力ありつつ、ホロッと崩れる独特の食感が最高。
しかも大好物の髄が詰まってるんですね。
骨の髄までしゃぶりましょうぞ。


ロティは軽やかで、味わいもスッキリ。

見た目の重厚感からは意外なほど、爽やかなディナーとなりました。

店内は(当然ながら)パキスタン男性ばかり。
電卓を弾いてなにやら商談中。
店長は背が低くコロっとした体型で、ふくよかな顔立ちに平たい帽子を被った様はまるで、ビリヤニ壺の妖精のよう。
片やホールを担当するのは背が高くコワモテで、「シェーン」の敵役ジャック・パランスのよう。
キャラ立ちが凄い2人ですが、凄く日本的な丁寧で優しい接客で、慣れるととても居心地良い感じでした。

会計後、席を立つと目にしたのは、クルハールという素焼きのコップごとタンドール窯で熱したタンドールチャイ。
次回は絶対頼もう。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

エンバシー ハラル レストラン ミルハ



関連ランキング:パキスタン料理 | 新大久保駅大久保駅西武新宿駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

リトルカトマンズ新大久保の佳店はロティが旨い。「タンドールダイニング ニムト」(新大久保)

数が増えすぎて、もはや全て名前を挙げ連ねるこそすら困難になってきた、新大久保ネパール料理店事情。

そうだ、ここは駅近なのにまだ行ってなかったっけ。

「タンドールダイニング ニムト」

タイ料理「クンメー1」の二階。

この日は14時すぎの訪問。
有難い通し営業です。


奥にゆとりある店内はネパール人カップル、ネパール人グループ、ネパール人フォミリーで大賑わい。

メニューを開けば、まあ品数が凄いこと。

ネパール料理セットにインド料理セット・・・


タンドール料理に・・・


ベジ、ノンベジと揃えた軽食やおつまみ。


実に多彩です。

ダルバートにディロ、迷った結果こちらをチョイス。


★ロティセット ¥900

いわゆるダルバートのライスをロティに置き換えたセット。
白飯はちょっと重いかな・・・なんてときにぴったりですね。
サラダ、ドリンク付き。
カレーはマトンを選択しました。


まず、ロティ自体が手作り感溢れて非常に美味い。これは美味い。
深いオリーブ色のダルスープによく合います。

マトンカレーは完全ネパールのククラコマス。
インド料理のマトンとしっかり作り分けているのが素晴らしいです。
ぶった斬られた骨から髄がしっかり染み出しクローブもガッツリ。最高ですね。


アチャールもタルカリもいい味出してます。
特にティムル(ネパール山椒)が効いたゴルベラコアチャール(モモにつけるあのソース)の爽やかな酸味と香り、好きすぎます!


★チキンティッカ4p ¥600

せっかくの「タンドールダイニング」ですからタンドール料理もひとつ。
フワッと焼かれた鶏肉にしっかりとした味付け。
なるほど、こちらも抜かりなし。

ハイレベルなネパール料理店が居並ぶ新大久保ですが、こちらもなかなか侮れないお店。
他の街にあったら、余裕で地域ナンバーワンネパール料理店になれる実力を見せてくれました。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第5便
カレーとハラール。文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

タンドールダイニング ニムト



関連ランキング:インド料理 | 新大久保駅大久保駅西武新宿駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

回る回るよセクワマシーン。有能なネパール串焼き居酒屋。「セクワガル」(大久保)

大久保・新大久保の同胞向けネパール料理店といやぁ、我々にとっても優良な飲み屋であることが多いですよね。
大久保駅北口から中野方向へスキップして3分。

「セクワガル」

オープンは2019年10月1日。
近隣には「Newガウレレストラン&セクワガル」「バジェコ セクワガル」と2つの類似した名のお店があり、混同必至です。


「セクワ」とはネパールの串焼き、「ガル」は家というような意味ですから、日本で言えば「串家」みたいな店名。
その名に恥じぬ、まだピッカピカな排煙設備が立派です。


さて、この日もまだまだ日本人客は他におらず。
まずは一杯と行きましょう。

★ネパールアイス ¥700

ネパールビール数あれど、最近ネパールアイスが増えましたよね。


サービスでムラコアチャール(大根アチャール)が付いてきました。
味濃くて酒飲みには嬉しいです。


★ジブロフライ ¥650

こちらは羊舌のスパイス炒め。
コリっとした独特食感にめっちゃ濃厚な「カレー味」でこれまた最高のつまみ!


★ ダックチョイラ ¥650

ネパールの超定番スパイスマリネ「チョイラ」ですが、こちらは鴨バージョン。
鴨特有の風味と、フェヌグリークの苦みがよく合ってこれは美味いですねー。


★ククリラム ソーダ割り ¥450

割と好きなネパールのラムをお得な価格で。

と、そろそろお店のウリであるセクワを頼むとしましょうか!


★セクワ盛り合わせ ¥900

一本200円ほどと、単品でもリーズナブルなセクワですが、せっかくなら一通り食べたい!
こちらはポーク、チキン、ダック、羊、ニンニクの5本セットです。

そして・・・・自動セクワマシーン起動!
これはぜひ動画で見ていただきたい!!


さぁ、口ずさみながら動画をご視聴ください。

「ゲロンパ!ゲロンパ!ライクア・セクワマシーン!」

なるほどこうやって回転することで火を通し、脂を落としていくわけだ。
そういや近くにある延辺料理「千里香」でも似たようなマシーンがあったなぁ。

当然ながらお味は抜群。
炭焼の香ばしさと相まって、これまた酒が進みます。


★ククリラム コーラ割り ¥450

最後はやはり、いつものククリラムコーク。

店名通り、串焼き居酒屋としてとっても有能なお店。
ネパール店であることを伏せつつ、「串焼き行きましょうかー!」なんて一般の方を連れてきても、きっと満足できちゃいますよ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第4便
この頃、地方のカレーがアツすぎる。 文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

セクワガル



関連ランキング:居酒屋 | 大久保駅新大久保駅西武新宿駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

ボーダーレスな画家カレーの旨さ。「CURRY DICE」(大久保/新宿西口)

小滝橋通り。
ロックバー「Rock Inn DICE」のランチ間借りで営業するカレー屋さん。

「CURRY DICE」(カリーダイス)

ラストオーダー15時30分と遅めの設定がありがたいですね。


コの字カウンターにDJブース、通りを見下ろす展望せきと、なかなか考えられたレイアウト。

夜も楽しそうですね。

その日のメニューは卓上に掲出されています。

あいがけもあるので迷うことはありません。


★あいがけ ¥1200
・オクラチキンカレー
・豚バラしいたけ玉ねぎのカレー


一見、今風のスパイスカレーながら、よく見りゃカレーは独特の風合いです。

オクラチキンカレーはオクラのとろみが行き渡り、辛さよりも旨み押し。
インドやスリランカや大阪スパイスカレーというよりも、西アフリカのオクロシチューのようであります。

一方の豚バラしいたけ玉ねぎのカレーも椎茸と豚の旨みが染み渡り、これはなかなか素晴らしい!

いずれも、マニアックなスパイス使いをアピールするでもなく、インドへの造詣を披露するでもなく、自然体で確かな旨さを追求したカレーという印象です。
アタマじゃなく感覚に素直というか。


セットにはドリンクと豆サラダもついてきます。
ドリンクはジンジャーティー選択、豆サラダはセビーチェのような酸味押しでこれまた面白い。


背後の壁には夜メニューが書かれていました。
昼のカレーの残りを夜にも提供しているようです。

それにしても「画家カレー」とは?

実はこちら「CURRY DICE」の作り手さん(店頭のお姉さんとは別の方)の本業は画家。

このエレベーターアートも、


ビル一階のこの絵も手掛けたそうです。

なるほど、ボーダーレスで感覚的なカレーの味にも納得ですね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第3便:カレーに合うお酒【ビール編】 文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

カリー ダイス



関連ランキング:カレーライス | 大久保駅新大久保駅西武新宿駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

飲んで食って800円、庶民派ダルバートの新店。「友達ハブ」(新大久保/東新宿)

リトルカトマンズ新大久保に、またまた強力な店名のお店が登場。

ジャワ料理「モンゴ・モロ」の二階。


「友達ハブ」

2019年9月1日オープン。
ハブっちゃいけません、ハブになるのです。

と、店名はフレンドリーですがエントランスへの階段はミステリアス。



電子オルガンの音が似合うアジト感ですね。


ひとたび店内に入ればアットホームな空間。
(色が変わるLEDは相変わらずですか)

日本人が一人もいないのはリトルカトマンズのデフォルトです。
・・・ってか、日本人が珍しいのかお客さんにめっちゃ写真撮られました(笑)


通りを見下ろすナイスビュー。
ティッシュはコットンフィール、ネコの置き物はソーラーです。


★角ハイボール ¥300

ややや安いです。
ちなみに生ビールは350円。


あ、ネパーリカナという名のワンコインダルバート(犬入りダルバートではない)がありますね。
「ムスタング」が始めてから、みな500円提供になった新大久保ダルバート事情。
利益は出ないが客を呼ぶには必須な状況です。


★ネパーリカナ ¥500

おおっと、メニュー写真と全然違いますね!
いや、全然違うと言っても上ブレのほうで、大丈夫でしょうか。


ダルスープはスッキリとした味。
アルタルカリにはジャガイモのほか瓜が用いられています。
ムラコアチャールは他店より浅漬けのシャッキリ感。
ククラコマス(チキンカレー)は骨付き胸肉使用でグレイビー無しのドライ仕様です。

そしてライスはドカンと、日本昔話盛り!
いや、ヒマラヤ盛りと言うべきか。

ナイーブな瞳のネパーリ青年が「おかわり?」と確認してくれましたが、いやもう充分な量です。

お腹いっぱいダルバート食べてお酒飲んで、しめて800円。

この激戦区でどこまで独自性を出していけるかはわかりませんが、ここが異文化交流のハブになるといいですね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第2便 ドライカレーの世界。文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

友達ハブ



関連ランキング:ネパール料理 | 東新宿駅新大久保駅大久保駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ