fc2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

表参道で、あの薬膳カレーに出会う。「薬膳レストラン 10ZEN青山店」(表参道)

久々、表参道に用事があり、ランチに訪れたのがこちら。

「薬膳レストラン 10ZEN青山店」

この名前を聞いてピン!とくるカレーファンの方もいるのではないでしょうか。
横に流した長い前髪がトレードマークのスリランカ人ダンディ、ラビさんが料理長としてアーユルヴェーダと薬膳漢方をミックスさせていたあの「ZEN」です。
ラビさん自身は2011年に独立、自らの会社を立ち上げたようですが、こちら「10ZEN」には今でも薬膳カレーがメニューに残っているんです。

地下一階ながら開放的な作りの店内。


いちばんのメインは薬膳鍋。
この日もおひとり様女子が4人ほどランチ鍋を楽しんでいました。凄いなぁ。
もちろん私のオーダーはカレーですけれども。


食前に出てくるのはお茶。
かつてと同様、ルイボス茶にいくつかミックスしているみたいですね。

そしてやってきたカレーがこちら。

★薬膳カレー《2種》¥1280

盛り付けこそ変わっているものの、確かに「ZEN」のカレーです。


選べるカレーはポークとキノコをチョイス。
ポークは赤ワインビネガーの酸味かかなり効いていてなかなかのインパクト。
キノコは5種類入っていて、特にエリンギの食感が心地よいですね。
辛すぎないのに、じんわり発汗する感じが薬膳です。


雑穀米も温野菜もヘルシー気分を演出。

食後には漢茶ゼリーもついてきました。

食事メニュー以外にも、
木・火・土・金・水というフィフスエレメントをテーマにした「五行スイーツ」なるものがあったりと、カフェ使いも楽しそうです。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

薬膳レストラン 10ZEN 青山店



関連ランキング:薬膳 | 表参道駅明治神宮前駅渋谷駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

カレーパングランプリ金賞カレーパンとハンバーグカレー。「モトムズ バイカッパ」(原宿)

2020年9月11日、原宿駅から徒歩3分の場所にグランドオープンした「JINGUMAE COMICHI」

全18店舗もの飲食店で構成されるグルメビルです。

その一階、通りに面した場所にあるお店がこちら。

「モトムズ バイカッパ」

店先には「もとむのカレーパン」という看板が。

「もとむのカレーパン」は沖縄にあるお店。
カレーパングランプリ2020西日本揚げパン部門金賞を受賞した人気カレーパンです。

ネットでの冷凍販売のほか、東京ではこちらの店舗にて販売。

当初は予約限定販売でしたが現在は予約なしの訪問でも充分な準備があるようです。


元々この「もとむのカレーパン」、築地にある「築地焼肉もとむ」の人気メニューである牛すじカレーをベースにしたもの。
こちらの店舗ではカレーパンの他この牛すじカレーとハンバーグもイートインが可能になっています。
これはありがたい。


★もとむのハンバーグカレー ¥1400(税込)

「もとむ」の2大人気メニュー、ハンバーグとカレーをコンボにした一皿。


気品ある欧風仕立てです。


ハンバーグにはA5黒毛和牛を用いており、旨みある肉汁が魅力。
一方のカレーには牛すじがしっかり溶け込んでいます。


食後のサービスでシャーベットが出てくるのも気が利いていますね。

カレーをイートインしている間にカレーパンを準備してもらい、アッツアツでのテイクアウト。


★もとむのカレーパン ¥400(税込)

コッペパンのように細長い形状はストリートでのワンハンドフードとしても最適。


表面カリッとした生地の中には、先ほどの牛すじカレーがアツアツトロリで入っています。
こぼすと熱いよw

今回はアツアツでテイクアウトしましたが、冷凍状態でのピックアップも可能。冷凍のままなら2か月キープできるそうです。
ステイホームのお供にストックしておくのも良さそうですね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

モトムズ バイカッパ



関連ランキング:パスタ | 原宿駅明治神宮前駅北参道駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

ついに復活!週一原宿のスパイス愉しみ処。「BLOCK HOUSE 水曜カレー」(原宿)

高木さんによる「水曜カレー」がついに復活!

場所は以前と同じ原宿「BLOCK HOUSE」
外階段を上った三階。

「BLOCK HOUSE 水曜カレー

2015年 原宿
2016年 神楽坂
そして2021年再び原宿へ。

看板をよく見れば「仮)」の文字が消されていますね。


まさに隠れ家というのに相応しい原宿のルーフトップ。

なのにしっかり満席なのですから流石高木さん、そして皆さんの情報キャッチ力も凄いですね。



青空が抜けたこの空間、やはり素晴らしい。
ズラリ並ぶお酒が呑めないのは勿体なくもあるけれど。


変わらぬメニューデザインが素敵。
いや、デザインだけでなく書かれている料理内容もビックリもんですよ。


★スペシャルカレープレート(カレー3種盛り)¥2000

この日のテーマは「冷やしアジと酸辛ポークとビリビリ】
・冷やしアジカレー
・ポークヴィンダルー
・ベジタブルサンバル

冷たいアジカレーとポークヴィンダルーのツートップです。

アジはなんとスパイシーなヅケ。
冷や汁のような雰囲気で、もはやカレーという概念のキワキワを征く攻めっぷり。
個人的にはミクロネシアのヤップ島でいただいたマグロのヅケを思い出させる生&スパイシーな風合いで面白すぎます。


さらにポークヴィンダルーとサンバル。
ヴィンダルーはビネガーのビシッとせた酸味が決まっているのはもちろん、ポーク自体の仕上がりクオリティが抜群!
サンバルは全体をつなぎ纏める存在・・・と思ったら野菜の存在感がしっかりで単品でも張れる美味さ。
もちろん、混ぜ合わせても抜群にいい仕事をします。

そして、今回ビックリしたのがライスに乗った「ジャンブー」。
どうやらブラジル原産の野菜だそうですが、菜の花のような食感のあと山椒のようなビリビリが。
こりゃ面白くクセになります。
聞けば国産で、今が季節なのだとか。これは儲けもんだ。

南インドテイストを基調としつつも、食の驚きと愉しみを企む高木ワールドが冴え渡った一食でした。


★アイスチャイ ¥300

熱帯の東京ですから、糖分補給も忘れずに。

営業日はもちろん水曜日のみ。
昼間は少し並びますが、アイドルタイム後に予約のみの夕方営業があるようです。
暑い中、並ばず食べたい方はインスタの案内をチェックしてみてくださいね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

BLOCK HOUSE 水曜カレー



関連ランキング:カレー(その他) | 明治神宮前駅原宿駅表参道駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

カツ丼とタイ料理の期間限定コラボがすごい!かつや × マンゴーツリー 「かつや代々木駅前店」(代々木)

タイ・バンコク発、世界展開するタイ料理レストラン「マンゴーツリー」が「かつや」と期間限定コラボ。
早速トライしてきました。

「かつや代々木駅前店」

近隣にはカレーの「camp」が展開する豚汁専門店「ごちとん」が。
そちらでも「マンゴツリー」とコラボしたグリーンカレー豚汁が提供されています。
はて?

どうやら「camp」「ごちとん」を経営する株式会社バックパッカーズ、日本で「マンゴツリー」を展開する株式会社ミールワークス、そして株式会社かつやは皆同じアークランドサービスホールディングスの傘下。
今回は「マンゴツリー」と同グループ各ブランドとのコラボ企画のようなんですね。
これは面白い。


「かつや」で提供されているコラボメニューはカツ丼とガパオライスのハイブリッド。
結論から言えばこれがとんでもない傑作となっていたのです。


★鶏ガパオ ダブルチキンカツ丼 ¥790

まずガパオが素晴らしい。
割と良くある誤解として、ガパオはタイの挽き肉ごはん・・・という認識があったりしますが、実はガパオ=ホーリーバジル。
バジルが見当たらないガパオが巷に溢れていますが、こちらはバジルたっぷり。
溢れる香りとジューシーな挽肉、そしてしっかりとした辛さ。
チェーン店で提供するガパオとしてはかなり攻めています。本気ですね。


そしてたっぷり肉厚、衣サクサクのチキンカツ。
これがまた素晴らしい。
「かつや」ってこんなに美味かったっけ??
カツにかかったスパイシーソースとガパオの相性もまた抜群。

ちょっとこれ、普段「かつや」に行かない人にも食べていただきたい。
辛さ、ボリューム、本格度、そのすべてにおいて高い水準を誇る、素晴らしい一杯ですよ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

かつや 代々木駅前店



関連ランキング:とんかつ | 代々木駅南新宿駅北参道駅


テーマ:酒と食 - ジャンル:日記

常識を覆す超人気ベーカリーの小さなカレーパン。「365日」(代々木公園/代々木八幡)

代々木公園駅からすぐの路地にある、独特な佇まいのベーカリー。


「365日」

日本の食材に徹底してこだわり、パン業界の長きにわたる「常識」を打ち破るパンを次々と創造、常に話題のセンターにいる人気店。
オーナーであり職人でもある杉窪氏のスタンスや人となりはググっていただければいくらでも出てくるので割愛するとして、とにかく他とは一線を画したお店なんです。


小麦粉には国内産麦のみを使用。ジャムやベーコンまで自家製。
発酵は最小限。生イーストは使わずインスタントイーストをあえて選択。
いろいろ食べたいからパンは小ぶりに。

杉窪氏自身の物差しにより最適化されたパンたちはもちろん、他にはない旨さと食感です。


そして、我らがカレーパンも人気。


★カレーぱん ¥346

小ぶりで丸っこいカタチがかわいいですね。


国産ブランド豚使用で肉肉しく仕上がったキーマに、デーツかと思うほど甘みあるセミドライトマト。
オリーブオイルで焼き上げたフワモチ食感のパンがまた素晴らしい。
小ぶりサイズで油っこさも重たさもない、肉肉しくも軽やかなカレーパンです。

一緒に購入したのはこちら。

★黒オリーブ×グリュイエール ¥270(税込)

しっとりモチモチ食感の生地に濃厚な黒オリーブペーストと濃厚なグリュイエールチーズ。
クルミとベーコンで食感の変化も。
うわぁ、こっちも美味いなぁ。

いずれも流石としか言いようがありません。

食べた後から、そして記事書いてる今も。
あーまた食べたい。

そう思っちゃいます。


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

365日



関連ランキング:パン | 代々木八幡駅代々木公園駅代々木上原駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ