FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

中野の南インド料理名店が、こんなところに2号店。「南インドダイニング ラニー」(平間)

あれ?こんなところに南インド料理??

JR南武線平間。
いわゆるインネパ店が並ぶ通りに南インド料理の看板が。

「南インドダイニング ラニー」

ずいぶん古びた看板で、いつからやってるんだろう?
と思ったのですが、実際には2019年1月9日オープン。

そしてあの、中野「南印度ダイニング」の支店なのだそうです。
あらら、ノーチェックだった。

「南印度ダイニング」といえば、武蔵新田の名店「ポンディバワン」もオープン当初はその2号店的扱いだったし、埼玉南川口に支店を出していたこともありました。

けれどそのあたりは整理され、現在はこちらが2号店の扱いだそうです。


カリフォルニアのキャンディ屋さんのような楽しい店内。


メニューはカレー単品500円、ビリヤニ単品700から800円とかなりリーズナブルです。
中野「南印度ダイニング」と共通メニューもありつつ、こちらはより南インド寄りで、ティファン系やセットメニューも充実。


中野同様、予約限定のバナナリーフミールスもありました。


辛さの表記が、ちょっとかわいい。だいぶかわいい。


このご時世、アルコールを決して出さないという決意もスゴイ!


★特別な食事 Special veg meals ¥1350
・ラサムスープ(ラッサム)
・サンバーカレー(サンバル)
・ヨーグルトカレー(カード)
・マサラ・ヴァーダ(マサラワダ)
・ポテトドライ
・インド米(バスマティライス)
・パパド
・ピクルス
・インド茶(チャイ)
・デザート(パヤサム)


葉っぱ形のさらに盛られたスペシャルベジミールス。
メニュー名からは、ミールスがつまり「食事」くらいの意味で用いられていることが伝わりますね。

構成はミニマムでシンプルながら、要となるサンバルとラッサムがとにかく美味い。




バスマティライスの盛りは日本人にとってはかなり多め(バスマティって食べて暫くして満腹感来るんですよね)なのですが、ほんのり塩味でおかずなしでも美味しくいただけます。


食後はチャイのエアブレンドパフォーマンス。


甘さ控えめ、カルダモン香るインドのデザート、パヤサムと共にいただきます。

インネパ系の競合も多いこの界隈。
こんなに貴重な料理を出しているお店が埋もれてしまうのは勿体ないことです。

川崎からも武蔵小杉からめアクセス便利なので、このエリアの方々はぜひご贔屓にしてくださいな。

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

こどもの日に、アダルト仕様のゴリえもん。「ゴーゴーカレー 溝の口ノクティプラザパーク店」(溝の口)

溝の口でちょっと仕事をせねばならなくなり、ノクティ2(つまりマルイ)のフードコートに寄りました。

ここ、広くて良いんですよね。

せっかくなので、こちらのカレーを頼もうかな。

「ゴーゴーカレー 溝の口ノクティプラザパーク店」

けどメシはもうすませてるし、軽食でいいんだ。

と思っていると、あ。

ゴーゴーカレーのキッズメニュー「ゴリえもん」ってアダルト仕様があるんだ。
しかも、特小サイズもある。

今日はこどもの日だし、これに決まり!


オーダーをすませ、呼び出しブザーを受け取り、席で待ちます。

ブザーが鳴り、カレーを受け取りに行くと・・・

「本日はゴーゴーバースデーなのでこちらの割引券を差し上げます。」

おぉ、そうか。
55にこだわるゴーゴーカレー、5月5日が誕生日でもあったか。

★大人のゴリえもん(特小)¥800
・辛口 +¥150


もう、写真だけで何も言うことはないですよね。
アダルト仕様はもちろん通常のゴーゴーのルゥが基本なのですが、辛口オプションを選択。
ゴーゴーのルゥって、カツを活かすためかカレーと言うよりトンカツソースっぽいところがあるのですが、
辛口オプションにするとグググっとカレーらしいスパイシーさが出てくるんですよね。

(特小)サイズはご飯少な目ながら、ルゥはたっぷり。
個人的にはこのバランスがいいな。

我ながら、なかなかのナイスチョイスでした。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ゴーゴーカレー 溝の口ノクティプラザパーク店



関連ランキング:カレーライス | 武蔵溝ノ口駅溝の口駅高津駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

お好み焼きを扱うパン屋のカレーパンは。「サンボンジュール」(湯河原)

「パンのまち」湯河原カレーパン巡り。
2軒目は駅から少し歩いた場所にあるこちら。

「サンボンジュール」

面白いのはここ、パン屋なのに、パンに混じって「ミニ丼」が売られているところ。


手のひらサイズの焼き肉丼にミニカツ丼・・・


「パン屋が作るお好み焼き」にも惹かれます。

考えてみれば、惣菜パンを扱うパン屋なら惣菜を作っているわけですから、こういう展開はもっとあっていいですよね。


★カレーパン ¥180(税込)

惣菜にチカラを入れるこちらのカレーパンはスタンダードなルックス。



きめ細かい生地に表面サックリパン粉、カレーは濃厚甘辛でバランス良し。
安心してリピートできるクオリティです。

学生時代、通学路に欲しいタイプのパン屋さんですね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

パンのまち湯河原のチーズ焼きカレー パンが秀逸。「フォーシーズンベーカリー」(湯河原)

最近「パンのまち」として売り出し中の湯河原。
ちょっとカレーパン巡りをしてみました。

「フォーシーズンベーカリー」

昔ながらの店構えがいい感じ。
地元ではかなり人気のようで、続々と売り切れが出ていました。


人気はあん食パン、そして要前日予約のアップルパイは長さ26センチでリンゴゴロゴロ。


他にもワクワクするようなパンが並んでいました。


カレーパンは2種。
揚げタイプの「ビーフカレー」と焼きタイプの「チーズ焼きカレー」。


★チーズ焼きカレー ¥180

こっちを選んでみました。


表面に焼き込んだチーズだけでなく、中のカレーにもとろりチーズが入っています。
これは逸品!

そしてもう一つ。

★いちごパイ ホイップ&カスタード ¥170

サクッと軽やかなパイ生地の中にホイップ&カスタードクリームがたっぷりたっぷり。いちごの甘酸っぱさとよく合ってしあわせ心地。
パイ生地と白いパウダーが服に降り注ぐことに注意ですよ。

駅から近く大通りに面しているので油断していましたが、こちらなかなか良いパン屋さん。

湯河原に来たらまた寄りましょう。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

横浜の老舗カレーの2号店はカジュアルテイスト。「アルペンジロー 元町店」(元町・中華街)

創業1971年、横浜で根強い人気を誇るカレー店「アルペンジロー」の2号店。

「アルペンジロー 元町店」

中華街から少し離れたビジネス街の路地にあります。


お店側面には山々のイラスト。


本店とは異なりこちらは食券制、セルフサービスでの提供。
気軽に立ち寄れるカレーショップとなっています。



嬉しいのはコーヒー&紅茶がセルフで飲み放題ってこと。

テイクアウトもOKなんですよ。


さすがアルペン、辛さは山の高さでチョイス。
けれどここ、基本辛くないカレーなので、臆することなく頂上目指しましょう。


★キーマカリー ¥880
・辛さ:エベレスト


(北海道とは違うタイプの)スープカレーが看板の「アルペンジロー」ですが、あえて手軽なキーマを選択。
お皿がとにかく個性的で綺麗ですね。


スッキリ食べやすいキーマ。
辛さはエベレストですが辛味はかなり控えめで、たぶん子供でもいただけるレベル。
ゴロっと柔らかい温野菜が「アルペンジロー」らしいですね。


実はこちらのお店、朝7時からモーニングも提供。
横浜の朝カレーはここで決まりですね。

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

アルペンジロー 元町店



関連ランキング:スープカレー | 元町・中華街駅石川町駅日本大通り駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ