fc2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

下北沢から、そっと隠居と思わせて。染み渡るカレーの味。『小川ぐらしの茄子おやじ』(小川町)

下北沢のカレー名店『茄子おやじ』。
が、当の「おやじ」は2016年末をもって下北沢の店を若者に譲り埼玉・小川町へと移住。
2019年3月から『小川ぐらしの茄子おやじ』として営業しています。


『小川ぐらしの茄子おやじ』

小川町って聞くと山と川と田んぼばかりだと思っていませんか?
実はかつて「武蔵の小京都」と呼ばれたほど小粋な文化が溢れる町なんです。

この店も下北沢時代と同じ、いやそれよりにも増して洒落た店構え。
それでいて不思議と周囲に溶け込んでいます。


場所が変わっても変わらずの人気。
この日はお祭りの人出があったこともあり、記帳してから40分余りの待ちとなりました。


作家やミュージシャンが集った下北沢のお店の空気そのままの店内。


お店の隅では45回転のアナログレコードが回っています。


照明の傘は蓄音機のラッパ型。


カウンターの向こう側では、あの「茄子のおやじさん」がカレーをせっせと作っています。

都心から離れても、同じようにカレーを作り続ける姿に、ちょっとジンとしてしまいます。


★びーふカレー(ドリンク付)¥1050

何の衒いもない、一皿のカレーライスがやってきました。
最初は全く辛さを感じず、食べ進むにつれじんわりと毛穴が開いてくるのが『茄子おやじ』のカレー。
そうそう、この感じ。
ビーフはたっぷり、そして柔らかくて優しい。
カタチを残して投入されたトマトの酸味がまた良いアクセント。

下北沢と変わらぬ仕立てながら、不思議と以前よりさらに美味い。
それどころか『茄子おやじ』のルーツである吉祥寺『まめ蔵』のオーラを越えんがばかりの中毒性。
これは堪らぬ。
土地のチカラか、作り手のチカラか、もちろん両方でありましょう。


さらに食後のコーヒー、これが最上級。
豆も淹れ方も完璧なのに加え、これは間違いなく土地の綺麗な水によるものが大きいのでしょう。
「世界一美味しい珈琲は、カレーの後の珈琲」なのです。


この味に会いに行く、小さな旅も素敵なものです。



カレー細胞 初の単著「ニッポンカレーカルチャーガイド」
ご購入はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

綺麗な川、美味い酒、美味いカレーに素敵な人たち。『CURRY&NOBLE 強い女』(小川町)

7/23.24の2日間、3年ぶりとなる『小川町七夕まつり』が開催。
それに合わせ、前から行きたかった『CURRY&NOBLE 強い女』が夜営業していると知り、早速訪問してきました。


『CURRY&NOBLE 強い女』

全国各地からミュージシャンやクリエイターが一同に集う野外フェスティバル "GO AROUND JAPAN"を主催する代々木原シゲルさんが小川町に移住、2019年3月14日にオープンしたお店です。

シゲルさんはこの『CURRY&NOBLE 強い女』のほか、すぐ隣に食品流通部『強い女のスパイス研究所』、さらに町内にカフェ&シェアハウス『薪をくべる』も運営、小川町発のカルチャーを盛り上げています。


かつては床屋さんだったという店内は、クラシックな雰囲気が逆にモダンを感じさせ素敵です。



★COEDO 瑠璃 ¥600

川越が誇るクラフトビールCOEDO。
都内と比べれば随分リーズナブルにいただけます。


★無水チキン&ポークビンダルの2種あいがけ×出汁カレー(M) ¥1680
・辛口 +¥120


無水チキンは札幌『カラバト』リスペクト。
玉ねぎとトマトの水分だけで煮詰めた、パキスタンのチキンカラヒ由来のカレーです。
塩と生姜で引き締まった鶏肉の旨みはそのままに油をさらに抑えたチューニング。

ポークビンダルはちょっと珍しい豚キーマ仕立て。辛さとビネガーの酸味が決まっています。

『カレーは肉料理です。』というお店のキャッチフレーズ通り、肉感推しの2つのカレー。
いずれも、気負いもなければユルさもない丁寧な作り込み具合。

さらに、スープスタイルの出汁カレーをかけて味変する楽しみも。
まさにDRY&WET方式。
ベースとなる出汁は日々変わったりするそうですよ。

その他、竹炭と炊いたライス、地元野菜の副菜と、プレートの隅々にまで愛が溢れています。


★スパイスハイボール(ブラックペッパー)¥680

スパイスハイボールもいくつかの種類が揃っていました。

おりえ店長、メグさん、勿体無子(もったいないこ)さんと、スタッフのキャラクター性も抜群。
カレー自体が美味いのでランチもおすすめですが、この雰囲気での夜スパイス呑みは堪らないですね。

ちなみに昼はこんな感じ。


隣の角にあるのが食品流通部『強い女のスパイス研究所』

そして両者に挟まれたBARスペースでもとある企画が進行中とのこと。

道路を挟んだ向かいには槻川。
親水公園になっており水辺に降りられるのですが、

もの凄い透明度!
いろんな魚がビュンビュン泳ぎ、ハグロトンボが群れ飛んでいました。

近隣には小川町に3つある酒蔵のひとつ『晴雲酒造』が。

酒蔵見学だけでなく無料試飲(16時まで)もあるので、日本酒好きなら行くべし。

かつて武蔵の小京都と云われ、有機農法発祥の地としても知られる小川町。
「移住してみたいかも?」と思ってしまう魅力がたくさん。
都心から一時間余りで辿り着く別世界です。


カレー細胞 初の単著「ニッポンカレーカルチャーガイド」
ご購入はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

CURRY&NOBLE 強い女



関連ランキング:カレーライス | 小川町駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

再訪必至。個性派ネパール料理店が上福岡に出現。『ネパーリバンチャガル』(上福岡)

知る人ぞ知る飲兵衛天国、上福岡にメチャメチャ素晴らしいネパール居酒屋&ダイニング誕生!

『ネパーリバンチャガル』

2022年5月15日オープン。

バンチャガルとは、ワイワイ飲み食いできる大衆食堂といった感じの意味。

実際内装は素敵で、ステージまであって居心地抜群!

メニューはよくあるインネパメニューに加え、完全現地式ネパール料理がズラリ。


バラやチャタマリに焼きと揚げがあったり、チョイラに鴨があったり。


ダルバット(ダルバート)だけでなくディドやサマエバジまで。
(ディドとサマエバジは2名以上でお願いしているようです)

新大久保に引けを取らないどころか、新大久保でもあまり見ないメニューが並ぶ優秀さ。

その他ビリヤニや明太チーズナンなど、バリエーションが凄い。
これは一階で堪能しつくすのは無理そうです。


★生ビール(中)¥400

アサヒスーパードライの中ジョッキ。
上福岡価格が素晴らしき!
たくさん飲めば交通費の元はすぐ取れます。


★グンドゥルックサデコ ¥280

ネパールの発酵干し野菜グンドゥルックの和え物。
マスタードオイルたっぷり、ジューシー&ホットな玄人仕様で最高です。
高菜好きな方なら絶対好きなはず。


★ククリラムコーク ¥575

私の大好物。
メニューにはないけど頼めば作ってくれました。
店長の柔軟な対応もこのお店の魅力です。


★マトンチョイラ ¥700

店ごとのチョエラの違いを楽しむのも私の趣味。
こちらの店ではニンニクに加えニラをガッツリ用いた居酒屋アレンジが最高!
フェヌグリークのザクザク感とティムルのビリビリ感も素敵にブーストされています。

ネパールではチョエラにニンニクの葉を用いることもあるようで、ニラはその代用イメージとのこと。


★ダルバットセット ¥1050

ネパールの国民食ダルバート。
ダル、チキンカレー、ライス、サラダ、アチャール、パパド、ヨーグルトという構成です。


まずダルが美味い。
そして骨ごとぶった切ったチキンが入ったククラコマス(ネパール式チキンカレー)の旨味も抜群。
これはもう、言わずもがなの実力店です。

こんな素敵なお店が上福岡に降臨した奇跡。
ネパール料理も本格的&ハイレベルでかつ、アレンジの方向性が実に個性的。
これは要チェックなお店の誕生です。


カレー細胞 初の単著「ニッポンカレーカルチャーガイド」
ご購入はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ネパーリ バンチャ ガル



関連ランキング:ネパール料理 | 上福岡駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

満足度満月の如し。蕎麦が美味いカレー南蛮。「SOBA満月」(新越谷/南越谷)

南越谷で素晴らしいお蕎麦屋さんと出会いました。



「SOBA満月」

地元では大層な人気店らしく、街ができることも多いようですが、この日は気温が低い夜のラストオーダー滑り込み。すんなりと入れました。


凛とした、それでいてアットホームな店内。
綺麗な居酒屋、とでもいいましょうか。


★七賢 ¥605

山梨県北杜の清水で造ったお酒。
シャキッとクリアながら、しっかりとした甘さと辛さが共存しており秀逸。
なお、お猪口を自分で選べるシステムも最高です。
器ひとつで満足度が変わりますから。


★鴨焼き(タレ)ハーフ ¥605

蕎麦を待つ間オーダーしたこちらが大当たり。
ハーフサイズでおひとり様にもフレンドリー。


鳥と獣の間のような、鴨肉の弾力が堪りません。
そして染み出す甘辛ダレ。
これは素晴らしいですよ。


★カレー南蛮 ¥1100

ちょっと良い蕎麦屋では、カレー南蛮を頼むかどうか躊躇してしまうこともしばしば。
折角のお蕎麦の風合いがカレーに上書きされて楽しめないかもと。
(それでも結局カレー南蛮頼むのですが)

しかしこの店では杞憂でした。

カレー汁の中に浸ってなお負けない、お蕎麦の風味と噛み心地。
ここまで蕎麦が美味いと思えるカレー南蛮、なかなかありません。
カレー汁自体、鰹をはじめとした和出汁がしっかり効いていながら、どことなく蕎麦の香りがしっかり移っているんです。ひょっとしてそば湯で戻しているのかしら。
カレー南蛮に欠かせない具材の豚肉もネギもたっぷり。とても丁寧な仕上がりです。

これ、一年前に出会ってたら絶対本で紹介していたな。

お食事の締めはこちら。

★そばアイス ¥330

蕎麦風味のアイスに、さらに蕎麦茶に用いる蕎麦の実をトッピング。
クラッシュナッツのようなザクザク感に香る蕎麦感が素晴らしすぎます。

駆け込み訪問でこの満足度。
しかもカレー南蛮頼んだにもかかわらず「美味しい蕎麦だったなあ」と印象に残る素敵。

掛け値なしに、良いお店です。

カレー細胞 初の単著「ニッポンカレーカルチャーガイド」
ご購入はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

関東初進出!小樽からやってきた楽しいスープカレー店。「クレイジースパイス トナリエふじみ野店」(ふじみ野)

ふじみ野に突然現れた複合商業施設「トナリエふじみ野」。

ここになんと、小樽のスープカレー店が関東初進出!



「クレイジースパイス トナリエふじみ野店」

2022年2月11日オープン。


北の国から来たとは思えない、トロピカル感満載な店内が面白いですね。

この「クレイジースパイス」が他の北海道スープカレー店と違う点。
それは・・・・

スープカレーだけでなく・・・・


インネパ店(ネパール人によるインド料理店)ではおなじみナン&カレーがあるということ。

店員さんも皆ネパール人で、実質インネパスープカレー店というノリなのです。

ま、最初に頼むのは小樽スープカレー一択ですけれども。


なんと!
辛さ1~40までのアップに追加料金なし。これはなかなかクレイジーですね。


★クレイジーチキンカレー ¥1180
・辛さ:8
・スープ:MMBスープ


その名もクレイジーなのを選んでみました。
立派な骨つき鶏モモ肉にスパイシー&ホットなミックススパイスがビッシリクレイジー。

ベースのスープはMMBスープを選択。
鶏ガラをベースに香味野菜、昆布、桜海老、サバなどの出汁を加えたクリーミースープなのですが、これが予想以上に美味かった。
滑らかさの中に鯖の旨味がしっかりと出ているんです。
辛さは8にしたのですが大正解。、このスープは多分これくらい辛くしたほうが旨く感じると思います。


クレイジーなスパイスがかかった鶏もも肉のクオリティもバッチリ。
肉厚で贅沢な食感がたまりません。
その他の具材としてはピーマン、カボチャ、キャベツ、ひき肉、ブロッコリー、大根、ニンジン、茄子、ゆで玉子、水菜、揚げごぼう。
北海道のスープカレーとしては、これだけの内容でこの値段はかなりの好バランスだと思います。

カジュアルで楽しい雰囲気や、ナンカレーも頼めるバラエティ感とはうって変わって、スープカレーのクオリティが高いことに驚き。
今回のチョイスやチューニングが個人的好みにズバリはまったことも大きいとは思いますが、ここはしっかりオススメできるお店となりました。

カレー細胞 初の単著「ニッポンカレーカルチャーガイド」
ご購入はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

CRAZY SPICE トナリエふじみ野店



関連ランキング:スープカレー | ふじみ野駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ