fc2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

大注目!川越に週末のみの酒&カレー処が誕生。「タベカレー」(川越)

毎週金・土・日のみ、川越の小さなイタリア料理店「デイリースタンドコポリ」を間借りし、
旬の食材と地産の野菜を使ったインド料理的カレーを提供する注目の間借りカレー店。


「タベカレー」



また、(ランチ営業にもかかわらず)お酒とのペアリングにも力を入れており、川越の地ビール「COEDOビール」が生でいただけたり、店主の出身地会津の貴重な日本酒が入荷したりと、スパイス呑み勢にもありがたいお店となっています。


それでは行ってみましょう。


★2種盛 (こがしキーマ+牡蠣カレー) ¥1600(税込)

その日のカレー2種に副菜がついたセットターリー。
この日のカレーは「こがしキーマ+牡蠣カレー」、副菜は「じゃがいもとさつまいものサンバル」「大根のラッサム」。

この店の定番にあたる「こがしキーマ」はパラっとしたスーパードライな食感と、モフッと濃厚な旨味が魅力的な一品。

その風合いといい、トッピングのピンクペッパーといい、「negombo33」の傑作ラムキーマに似ているなと思ったら案の定、「negombo33」の山田さんに乞うたところ、「雑誌でレシピ公開しているからどうぞ」と言われ、それを基にアレンジしているのだそう。
ただしラム肉をまんま用いるのは禁じ手として、こちらのキーマには合い挽き肉を使用しています。


その他、素材の旨さが存分に生かされた牡蠣カレー。

オプションがなかなか面白くて、この日は「酒アテ!シュッキボルタ(¥200)」と「黄金トウガラシアチャール(¥100)」を追加。

酒に合うシュッキボルタ(ベンガルで食される干し魚の佃煮みたいなもの)、めちゃ辛い黄金トウガラシの旨味をナンプラーで引き出したアチャール。

驚くことには、じゃがいもも、さつまいもも、大根も、黄金トウガラシまで地元産とのこと。

しかもラッサムの隠し味にも川越産ハバネロを使用とのこと。
川越ってそんなにいろいろ採れるのね。
地産地消の取り組みが素晴らしいです。

ランチ営業なのにスパイスとお酒のペアリングが楽しめるのもこのお店の愉しいところ。
特に店主の故郷会津から取り寄せたお酒は貴重なものが揃います。

この日いただけたのは「純米新酒 央」
会津坂下産の「瑞穂黄金(みずほこがね)」というお米で造られた貴重なお酒で、会津でも限られたお店にしか卸されていないそう。

提供されるグラスは2つ。
クリアでフルーティーな「上ずみ」部分と、甘苦さとまろみが奥深い「おり」の飲み比べです。

カレーと同じくらい店主のこだわりを感じますね。


★COEDOフレッシュホップ ゴールデンエール ¥780

こちらは川越が誇るクラフトビールCOEDOの貴重な季節限定品。
フレッシュホップが爽やかで、柑橘のピールのようなほろ苦さが魅力です。
提供できる酒は時々で変わるので、聞いてみてくださいね。

川越の街に、こだわりが詰まったカレー店が登場したという印象。

店主自身カレーを結構食べ歩かれており、カレーファンのツボの押さえ方は抜群です。

知名度はまだまだこれから。今のうちにチェックしておくべし!


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

タベカレー



関連ランキング:カレー(その他) | 川越


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

埼玉No.1カレー名店が川越に進出。「negombo33川越店」(川越)

西所沢に本店を構え、埼玉県を代表するカレー名店として名高い「negombo33」が2020年11月12日川越に登場。

場所は熊野神社前のフードコート。


「negombo33川越店」

フードコートでありながらスタイリッシュな佇まいはさすが。

オーダーは券売機にて。
圧倒的人気を誇る定番「ラムキーマ」「ポークビンダルー」に加え、川越店限定の「南越式さつまいもチキンカレー」も登場。
川越名物といえばサツマイモですからね。


★2種盛り ¥1500
(ラムキーマ+南越式さつまいもチキンカレー)


定番のラムキーマはフレッシュなラム肉の旨味に花山椒&ピンクペッパーの突き抜ける香り。
塩気強めでご飯がどんどん進む、まさに傑作キーマです。


そして新登場の南越式さつまいもチキンカレー。
南ベトナムのココナッツチキンカレー「カリー・ガー」をベースにさつまいもの甘みを加え、マスタードシードやレモングラス、ナンプラー、そしてゆず七味唐辛子を加えた個性派カレーになっています。
3種のカレーの中では一番優しい味わいですね。

そして「negombo33」に欠かせないのは山田珈琲豆焙煎所(本店の隣で営む焙煎所)のコーヒー。

★ホットコーヒー ¥400

デザートにも注目です。

★コルコルラムレーズンアイス ¥400

沖縄南大東島産の無添加・無着色のラム酒「コルコル」を使用した大人のアイスクリーム。
有機カリフォルニアレーズンをたっぷりのコルコルで漬込み、アイス生地にもコルコルを使用しています。
このコルコルというラム酒が良い意味でとてもクセとパンチが強く、他のラムレーズンとはワンステージ上の満足度。
これ、絶対に食べて欲しい!

その他、ワンハンドタイプで散策のお供に最適な「小江戸ぶらりCURRY」も販売。
店舗数が増えても、それぞれの場所に合わせたアレンジが嬉しいですね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

東京国際大学前に現地式バングラデシュ料理。「アハール」(霞ヶ関)

霞ヶ関、といっても東京ではなく埼玉。

東京国際大学のあるこの駅の南側には、留学生向けのハラール食材店や南アジア系料理店が密集しており、リトル新大久保さながら。



東京国際大学の正門向かい。
ケバブショップ併設のバングラデシュ料理店。

「アハール」

実はここ、東京・新井薬師前で愛された「シックダール」が移転、店名新たに再始動したお店なんです。


入り口ドアには「Sorry WE'RE CLOSED」の文字。
けれどご安心、やってます。

よく見ると「Sorry WE'RE CLOSED ON EVERY TUESDAY」と書いてあるんですよね。
ちょっと紛らわしい。


店内はかなりコンパクトです。
厨房の奥に食材ストック、販売してるのかな?
写真手前に見えるのはケバブルームです。

この日はランチ訪問。
卓上にメニューはなく、店員さんが「今日は○○です。それとケバブ。」と伝えてくれます。


そう、現地式バングラデシュ料理店の多くがそうであるように、こちらも料理は日替わり。
迷うことなくオーダーします。


★日替わりセット(キチュリ) ¥1200

ビリヤニに似ていますがキチュリはレンズ豆と炊いたご飯料理。
インドのほうにはお粥タイプのキチュリもありますが、こちらバングラデシュ式はドライタイプの「ブナキチュリ」になります。
セットドリンクでコーラかホットチャイかが付きますが、これにはコーラでしょう。


用いられている米はバスマティではなくチニグラ米。バングラデシュでよく食される小粒のお米です。
骨ごとカットされたマトンも入っていますね。
骨はカット面が尖っているので注意していただきましょう。


別添えで付いてきたグレービー(具無しカレーですね)をかけて。
添えられた青唐辛子、ミント、レモンで味変も可能です。

味も雰囲気も、日本人に迎合しないバングラデシュとってはどれほど有難いお店か。


お店の2階はムスリムの礼拝室。

川越市からたった一駅でこんな異国があるとは、カレーを辿ると楽しい発見がありますよね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

バングラデシュレストラン アハール



関連ランキング:南アジア料理(その他) | 霞ケ関駅的場駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

川越に南インド料理の有名店が進出。「ニルワナム川越店」(川越)

かつて東京屈指の南インド料理と謳われた「ニルワナム」。
シェフ陣が独立し「ナンディニ」を立ち上げるなど時代の移り変わりは激しくも、本家は2018年に横浜センター北、2020年にこの川越と精力的に店舗拡大路線をとっています。


「ニルワナム川越店」

看板には「北と南インド料理」とありますね。
マーケティング的にナンやタンドリーチキンといった北インド料理も推しとくべし、ということでしょうか。


本店同様、ランチは食べ放題のブッフェ。
南インド料理が貴重だったころ、多彩な南インド料理が食べ放題ってことで大変な評判でした。
こちら川越でも人気となるはず。
(ただし本店含め「ニルワナム」のブッフェ料理は温度ぬるめの状態が多いです。気温が高く、手食をする南インドでは日本ほどアッツアツにはこだわらないんです)

ディナーのグランドメニューにはティファン(軽食)から単品カレー、ミールスまで多彩な南インド料理(と、北インドのナンカレー)がズラリ。
ただしミールスは3000円台の高価格路線となっています。
この日はカレー梯子という事もあり、ライトなティファンで攻めてみましょう。


★プレーンドーサ ¥1100(税抜)

南インドの米粉クレープとかガレットとか形容されるドーサ。
中にカレーポテトが詰まったマサラドーサなどのバリエーションも揃っていたのですが、記事のパリっと感を楽しみたい私は昔から断然プレーン。

・・・しかしこちらのドーサ、とにかくデカい。ミールス用プレートから優にハミ出しています。


早速いただいてみましょう。
この日のドーサ生地は発酵浅めの酸味控えめ。
クセがないと言えばクセのない味。

ディップにはサンバル(南インドの野菜カレー)とココナッツチャトニ、トマトチャトニ。
サンバルはグズッと煮詰まった感じが2日目のおうちカレーのようであります。
ランチバイキングと共通の仕込みなのかも知れませんね。
ココナッツチャトニとトマトチャトニはプレーンで滑らか。キンキンに冷えていることを鑑みるにまとめて作り置いているのかもしれません。

かつての「ニルワナム」を知っていると、随分大衆レストラン的になったなぁという感。
リンガーハットやマクドナルドが並ぶフロアですから、世界観的には合っているのかもしれません。

とはいえ、川越の地では画期的な南インド料理店。
南インド料理未体験の方が、その多彩な料理世界を知るきっかけになるといいですね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ニルワナム 川越店



関連ランキング:インド料理 | 川越駅本川越駅川越市駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

戸田が誇るスープカレー店、駅前に移転。「スープカリー シーエス」(戸田)

埼玉県戸田市のスープカレー店「シーエス」が戸田駅の真ん前へと移転。

トタン作りのでっかい建物。


「第三倉庫」と書かれているのが見えます。元は倉庫だったようですね。


「スープカリー シーエス」

2020年9月25日移転オープン。


中本ばりの真っ赤な内装は健在。
しかし格段に広く、席間に余裕ができています。


カウンターの上はガラス張りで、広い厨房を眺めることができますよ。


基本のスープは一種類なので、具材・辛さ・ライスの量・トッピングと選びオーダー。
サイドメニューやワインをはじめとしたお酒も充実しており、早く解禁して欲しい思いです。


★ツクネハーブソーセージベジタブル ¥1080
・4辛
・ライス:普通(200g)


華美すぎず質実剛健なビジュアルのスープカレーです。


特徴的なクリアなスープ。
辛さは4まで無料、4からピッキーヌが入ります。

シンプルながらじんわりとした旨みがたまらない、まさに薬膳スープ。ニンニク&生姜も効いていて、マレーシアの肉骨茶のように滋養強壮効果がありそう。


まず素揚げ野菜の揚げ具合が抜群。
ジャガイモの皮はカリッと中はホクッと。
カボチャは比較的薄めに、人参は縦に切られています。他店と比べしっかり火と油が通っているため、柔らかく素材の旨みや甘みが出つつ、スープの味との一体感も生まれています。見た目よりも味わい優先のディレクションに好感がもてますね。

ハーブソーセージはたかがソーセージと侮るなかれ。ブリッとした弾力と旨み、メインを張るだけの食べ応えあり。
ツクネは表面硬く中柔らかく、高級中華の肉団子の如し。

マスターは札幌のスープカレー店「パンチ」にて修行された方。
移転前よりもさらに味は研ぎ澄まされていると感じました。

スープカレー店自体が少ないこの埼玉エリアで高レベルのスープカレーは貴重ですよ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

スープカリーシーエス



関連ランキング:スープカレー | 戸田駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ