fc2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

イトシア地下のベトナム屋台。「バインセオサイゴン有楽町店」(有楽町)

有楽町イトシア地下にあるベトナム料理店。

「バインセオサイゴン」

店名通りバインセオが売りのお店なのですがそれ以外にもベトナム屋台料理がいろいろあるんです。


例えばこちらは現地スタイルの「コンビンザン」。日によって変わるおかずを指差しながらワンプレートに盛り付けてもらうんです。


内装も雰囲気抜群で商業ビルの中とは思えません。


ホールの女性たちはみな綺麗なアオザイスタイル。
見惚れてしまいますね。

まずはこちら。

★ベトナム風モスコミュール ¥555(税抜)

ベトナムウォッカ、つまりネプモイを用いたモスコミュール。
生姜よりもむしろネプモイの香りが強くて完全に独特なカクテルになっています。なかなか気に入りました。


★ガー・チェン・ムォイ・オッ・ラ・チャン ¥891(税抜)

こちらカラッと揚げたレモングラスとコブミカンが乗った鳥唐揚げ。
完全にビールが必要な案件です。


★333ビール ¥655(税抜)

ということでベトナムのラッキーナンバービール、バーバーバーを。スッキリした喉越しとシャープな泡が油ものにベストマッチ。

お次はお待たせカレーメニューです。

★カリ・フォー・トム ¥1100(税抜)

直訳すれば、海老カレーフォー。
メニューにはもう一つ、チキンカレーフォー(カリ・フォー・ガー)もありました。

カリ・フォー・ガーがいわゆるココナッツミルクを用いたチキンカレーなのに対し、こちらカリ・フォー・トムはカレーというよりほぼトムヤムクンなのが興味深いところ。
一般的なタイのトムヤムクンよりは辛さ控えめでココナッツミルク強めではありますが、ベトナム式トムヤムフォーと言っても差し支えないレベルです。

ちなみにタイ語でトムヤムクンの「トム」は「煮る」の意、「クン」が海老なのですが、ベトナム語では「トム」が海老の意。
言葉って面白いですよね。

今回は単独訪問につきバインセオまで頼めませんでしたが、味は間違いなし。ぜひ2人とかで頼んでみてくださいね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

昼はスパイスカレー、夜はスパイスたこ焼き。「タコムマサラ日比谷」オープン!(内幸町/虎ノ門)

大阪スパイスカレーの重鎮「旧ヤム邸」のキッチンを支えてきた藤田一也シェフ、通称イチさんが昨年独立し立ち上げたスパイスたこ焼き専門店「タコムマサラ」。

その2号店がなんと日比谷にオープン!

「タコムマサラ日比谷」

日比谷フォートタワーの一階にできたフードホール「日比バル」の中心に位置し、昼は「旧ヤム邸」、夜は「タコムマサラ」という二毛作店です。
古巣とのコラボ、それだけでワクワクしますね。

私はオープン初日、ラストオーダー19時30分直前になんとか滑り込み。
居酒屋調のカウンターに陣取りました。

カウンターでの前会計で、料理が出来上がるとブザーが鳴るというフードコート式。
まずはこちらをば。

★零ICHI ¥460

イチさんだけに。ノンアルです。
この業態ですから早くお酒が飲めるようになるといいですね。


★スパイスたこ焼き(ざくろソース) ¥500

タコムマサラで外せないのがこのスパイスたこ焼き。
実は私も関西人ですが、たこ焼きにうるさい関西人の舌を唸らせるに足る完璧な食感の生地。
そこにじんわり出汁とスパイスが練り込まれており、なにもつけずとも美味いのですね。
さらにタコ以外にも細かく刻まれた野菜やハーブが入っており、超大衆的に見えながらも手が込んでいるのです。
ホクホクで食べればなお最高。

さらにオーダー時にプラスワンの味が選べるのですが、今回はざくろソースを選択。
甘く香るオリエンタルテイストが魅惑的で、絶対他では食べられないたこ焼きとなっています。

さらに、シモキタにはなかったこんなメニューも!

★スパイスたこ飯プレート ¥1200

え?これってビリヤニじゃ??
いや、タコ飯なんです。


バスマティ米仕様で見た目完全にガチビリヤニながら、削り節にマヨに紅生姜にソースでめっちゃナニワテイスト。
もちろんタコもたっぷり、
うんうん、これはビリヤニでなくたこ飯、いや、ビリヤニでありながらたこ飯なのか。


さらにボッタ的なポテサラ、ピクル的茄子と、イカ・メンマ・キクラゲなどのスパイス胡麻マリネ。
スパイス料理×ナニワテイストでどれも親しみやすい美味さ。
それでいて、どれもが「カレー」と呼ばせない境界線にあるのがまた面白いところ。


昼夜で入れ替わる暖簾をもつイチさん。

今後はシモキタとは差別化したメニューにもいろいろ挑戦する予定で、カレーを出すことがあるかもとのこと。
「旧ヤム邸」とのあいのり店舗という珍条件を活かす面白さも出てきそうです。

ラストオーダーは19時30分。
もちろんテイクアウトにも対応しているので、夜食のお持ち帰りや差し入れにも便利そうですよ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

タコムマサラ日比谷



関連ランキング:たこ焼き | 虎ノ門駅内幸町駅霞ケ関駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

驚嘆!渋沢栄一翁にオマージュを捧げたエメラルドグリーンのカレー。「帝国ホテルパークサイドダイナー」(日比谷)

130年の歴史を誇る帝国ホテルが全く新しいカレーをリリース!
フードジャーナリスト岩谷貴美さんからお誘いを受け、早速訪問して参りました。


新たなるカレーが提供されているのは、帝国ホテルの一階にあるレストラン。


「帝国ホテル パークサイドダイナー」

帝国ホテル初代会長 渋沢栄一氏が1867年、パリ万博へと向かう道中、セイロン(スリランカ)で「カリー」を食したエピソードにちなみ、渋沢翁の出身地深谷の名物である「深谷ねぎ」を活かしたカレーを8月まで期間限定で提供しているんです。



有難いことに杉本雄料理長ご本人も同席。
これは贅沢すぎるディナー。

さて、この夏登場した衝撃のカレーはこちら!!

★深谷ねぎカレー¥2900  ※1日20食限定

な、なんでしょこの美しすぎるカレーはう一体!


グリーンカレー??
いや確かにグリーンカレーではありますが、単なるタイのグリーンカレーではありません。


驚くべきはその鮮やかな色。
これこそが深谷ねぎから抽出した色素なんです。


見てください、カレーからあえて浮き立たせたオイル、そのエメラルドグリーンの美しいこと!
用いている油はグレープシードオイル。
青ネギ自体の香りのよい部分がしっかりテンパリングされています。

辛さはかなり抑えめ、繊細な香りと旨味で舌を楽しませるあたり、フレンチを得意とする杉本シェフの真骨頂。
ここまで青ネギの個性を活かしたカレーも他に思い当たりません。

驚きはそれだけではありません。

深谷ねぎのオイルで和えたライスも鮮やかなグリーン。
カレー無しでも楽しめるほど香ばしいライスに仕上がっています。


トッピングにはグリルした深谷ねぎに、低温調理した深谷ポーク、さらに赤玉ねぎ、ピーマン、新芽のコリアンダー。
この深谷ポークの柔らかな食感もかなりヤバいですね。


後半は味変として、炙りの入ったライムをかけていただくという斬新さ。

伝統ある帝国ホテルがここまで攻めの創作カレーを生み出したことにビックリ。

単なる渋沢翁へのオマージュを飛び越えて、現料理長である杉本シェフによるフレンチ技法と独創アイデアが爆発したかなり斬新なカレーになっています。
皆さんの声によってはレギュラー化もありうるとのことで、これは支持せねばなりませんね。


デザートでいただいた和栗モンブランも流石のクオリティ。アフターカレーにぴったりのドルチェでしたよ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

パークサイドダイナー



関連ランキング:洋食 | 日比谷駅内幸町駅銀座駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

特別な街の特別なレストラン、特別なビーフカレー。「資生堂パーラー銀座本店」(銀座)

1902年にソーダファウンテンとしてオープン、1928年からレストラン事業を開始した「資生堂パーラー」。

池波正太郎ら文士にも愛されたこの老舗で、創業時から一番人気だったというメニューは「カリーライス」でした。
歴代シェフがその味を受け継ぎ、今でも銀座の特別なカレーとして食通たちに愛されています。

伝統のカレーがいただけるのは建物の4、5階にあるレストラン。


「資生堂パーラー銀座本店」

ゆったりと食事を楽しむのはドレスアップした紳士淑女たち。
そう、ここは特別な街銀座の、特別なレストランなのです。


カレーの他に、ビーフクロケット、ハヤシライスなども名物ですよ。

まず、立体的な銀の什器で登場する薬味セット。

らっきょ、福神漬、玉ねぎの醤油漬。お口直しにミカンのシロップ漬けも用意されています。


続いて銀のアンドレディッシュからライスが盛られます。
このライスはおかわりも可能。


★ビーフカレーライス ¥3000

カレーのソースポットも、カトラリーも全て銀。


ああ、これが本来の銀座ですよね。


ネットリと粘度が高いカレーソースからは鶏ガラ、香味野菜、ブイヨンの芳醇な香りとコク。


舌で切れるほど柔らかなサイコロ牛肉にギュッと詰まった旨味も素晴らしく贅沢です。

薬味では特に、玉ねぎの醤油漬けが好み。
濃厚な味わいのカレーですから、口内リセットが実に有り難いのです。

池波正太郎の、
『戦後の30年間、すべてがめまぐるしく変わったのに、ここの味だけが変わらぬ』

というコトバをお借りするならば、

『コロナ禍の1年間、すべてがめまぐるしく変わったのに、ここの味だけが変わらぬ』

長引くコロナ禍で、ココロもどよっと曇りがちな今日この頃。特別な街銀座で、特別なカレーを食べて、スパイシーに気分転換。そんな非日常体験こそが、心の健康維持には大切だと思います。

ちょっとおめかしして、銀座のきりっとした雰囲気に浸ってみてください。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

資生堂パーラー 銀座本店



関連ランキング:洋食 | 新橋駅銀座駅東銀座駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

銀座洋食伝統のインド風チキンカレーをランチで。「ラ ヴィオラ 三笠会館」(銀座)

日本洋食文化の歴史を彩った老舗名店が並ぶ銀座。
なかでも他とは違う個性派カレーを提供するのがこちら。

創業1925(大正14)年、1966年からはフロアごと洋・和・中の多業態を展開する「三笠会館」。
銀座でその伝統のカレーを提供するのは一階にあるこちらのレストランです。


「ラ ヴィオラ 三笠会館」(LA VIOLA)


エントランスを入ってすぐはスタンディング形式のイタリアンバール。


その奥にシックで静謐なテーブル席エリアがあります。

テーブルを一つ挟んだ向こうでは、銀座マダムたちが
「普段着にするにはイッセイ・ミヤケがいいわ。」
「私はミッソーニのニット、いいわよ。」
「私は最近ギャルソンばっかり。」
・・・なんて会話を交わしていますよ。

大陸からの観光客を当て込んだ量販店の進出、コロナ禍における店舗の撤退と、
「かつての銀座の面影は何処へ?」なんて思っていましたが、まだここにありました。


消毒スプレーひとつとっても気品があります。

銀座はいつまでも、贅沢な気分にさせてくれる街であってほしいですものね。


伝統のカレーがいただけるのはランチタイム。


セットはシーザーサラダかミネストローネが選べます。


★三笠会館伝統のインド風チキンカレーランチ ¥1800(税込)

そう、実は「三笠会館」のカレーは昔からインド風を謳っているんです。
といってももちろん、最近日本でも普及したインド現地の料理ではなく、「新宿中村屋」の「インド式カリー」同様、日本の伝統洋食としてのインド風(インド式)カレー。
カレーがソースポットに入った、「昭和の日本人がイメージする」インドカレーです。


提供される全ての陶器には鹿の意匠。
三笠といえば奈良、奈良といえば鹿なのですから。


まず、具材がなんとも驚き。
骨ごとぶった切ったチキン手羽と、砂肝なんです。
ここに至った経緯、知りたいなぁ。

ともあれ、肉の滋味を一番感じるには骨まわりの肉と、骨髄に限る。
髄の旨味に加え、砂肝の苦味、そしてスパイスがビシッと効いた、アダルトな味わいがたまりません。


卓上にはレーズン・キュウリ漬け・アーモンドの三品。
ごめんなさい、めっちゃ使ってしまいます。
それぞれをカレーに混ぜ込むと食感や味の変化が堪らないんです。
というか、絶対混ぜ込んでくださいな。


食後にはドリンクもついてきます。
ブレンドコーヒーでゆったりと。

失われそうになっている、歴史ある銀座の贅沢な時間。
こんなにリーズナブルに楽しんじゃっていいんでしょうか。

いや、いいんです。

今だからこそ、気兼ねなく銀座に繰り出そうじゃありませんか。

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ラ ヴィオラ 三笠会館本店



関連ランキング:カフェ | 銀座駅有楽町駅東銀座駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ