FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

銀座のチョコレートカレー、その驚くべき美味さ。「ピエール マルコリーニ 銀座店」(銀座)

あの「ピエール マルコリーニ」が銀座でチョコレートのカレーを出していると聞き、早速行ってきました。

「ピエール マルコリーニ 銀座店」

カレーは11時30分から売り切れまでの提供。
11時30分を狙って訪問、並ばず入れました。

チョコレートを模したインテリア。


室内温度が低めなのも、チョコに最適な温度に設定しているためだそうです。

徹底したチョコの聖堂ですね。
ここで本当にカレーがいただけるのか…?

ありました。
価格は3千円超えですが、ドリンクとチョコアイスもついているということでお得感すらあります。
早速オーダーしてみましょう。


まず出てきたのはトマトと玉ねぎのサラダ。
意外にボリュームあります。
最初に食べ終わらず、カレーを待ちましょう。


★マルコリーニカレー ¥3080(税込)
コーヒー・サラダ・チョコアイスつき


おぉ、まさにビターチョコ色のカレーですね。
これは美しい。

食べてビックリ。
カレーはしっかりとした辛さの欧風。
そして、はっきり、くっきりとしたチョコの風味が!

素晴らしいのは、全体がチョコの甘さなのではなく、カレー自体は辛く、ところどころムラのようにチョコのほろ苦さと酸味が現れてくるところ。
カレーをじっくり煮こむ後半にエクアドル産のチョコレートフレークを投入しているそうです。

さらに具材の牛肉のクオリティがまた素晴らしい。
スプーンで切れるほど柔らかいブロックのバラ肉で、時々チョコが沁みているのもたまりません。

これは、チョコレートカレーとしても、欧風カレーとしても掛け値なしに素晴らしいカレーですね。


セットにコーヒーと、マルコリーニのチョコアイスがついてくるのも嬉しいです。

そしてもうひとつ、日本国内ではこの銀座店と名古屋店でしかいただけないのがパフェ。

★マルコリーニ チョコレート パフェ ¥1760(税込)


チョコアイスの上に繊細なパレファン、下にはチョコレートムース。


チョコの聖堂ならではの、チョコ尽くしパフェ。
幸せですね。


ランチタイムにはもう、店前に行列が。


実は「ピエール マルコリーニ」、日本登場20周年を受け、20%オフの商品が登場しているのです。


チョコ好きを唸らせる名店。
そこで素晴らしいカレーがいだだけることは、まだあまり知られていないのです。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

インディアンシーシャとスパイス酒。意表つくバンゲラズキッチンの新業態。「Shisha Lounge Ginza」(銀座/有楽町)

日本初のマンガロール料理店としてビブグルマンを受賞、今最も勢いのあるインド料理「バンゲラズキッチン」が驚きの新業態をスタートしました。
場所は銀座インズ2のもともと「バンゲラズキッチン」があった場所。
移転した「バンゲラズキッチン」新店舗とは斜め向かい同士になります。

「Shisha Lounge Ginza」


シックでムーディーでコンパクトな店内。
あらためて思えば「バンゲラズキッチン」、この小さなスペースであんなに沢山の料理を出していたのは驚異だな。


実はこちらのシーシャ(水タバコ)、シーシャはシーシャでもインディアンシーシャ「フッカ」。
16世紀インドの貴族のたしなみだったのです。


キッチンを見れば、たくさんのフレーバーがストック。
(チャトニのような状態です)
ミントやグァバ、レモングラスから、カルダモン、シナモン、ラムネ、カプチーノ・・・たくさんありすぎる!


こういう感じで、好みのフレーバーをブレンドしてくれます。


まず選んだのはひのき&ピーチのブレンド。


吸い口は一人ひとり着脱式で衛生的。
(音楽の時間のピアニカみたいな感じですね)


大きく息を吸い込んで、


しっかり吐く。
深呼吸の要領です。
これはもう「吸うカレー」ですね。

水タバコといいつつ、いったん水を通しているためニコチンはごく少量。非喫煙者でも気兼ねなく楽しめますよ。
(もちろん未成年はダメです)


さらに注目したいのは酒棚。
たくさんのスパイスを漬けた酒とインドスナックがストックされているんです。


★マサラヴォッカ ¥1070

ウォッカにトマト、唐辛子の辛さ。グラスの縁にチャットマサラをさらにピリッとさせたようなマサラパウダーが。シーシャとスパイス酒の組み合わせ、なかなかの新体験です。


★ダールワダ(3pc)¥500

ニコチン微量とはいえ、水タバコはタバコ。主食との同時提供は禁止されています。
ということで、こちらではワダやサモサなどのインドスナックを用意。

ガッツリ食べたい時は斜め向かいの「バンゲラズキッチン」に行けば良いわけですから、食事の前の一服や、食後の2軒め、気の利いた銀座デートにも使えるわけです。

料金はシーシャ一台キープ1800円
(2名まで共用可能、90分まで目安、フレーバー途中変更OK)
チャージ 1000円
プラスワンドリンクオーダーということで、2名なら3000円程度で愉しめます。

銀座のど真ん中で、オトナのデートスポット誕生。
これは試してみるしか!

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

シーシャラウンジ銀座



関連ランキング:バー・お酒(その他) | 有楽町駅銀座一丁目駅銀座駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

創業半世紀越えの老舗洋食、フードコートへ。「東都グリル 築地魚河岸店」(築地)

築地は今も食のまち。

市場移転後も築地の活気とにぎわいを継承するため中央区が設置した生鮮市場「築地魚河岸」。
その3階には、築地の歴史を紡ぐ店たちが集うフードコートがあります。

「魚河岸食堂フードコート」


「小田保」や「鳥藤」など築地の顔である老舗がズラリ。
そんな中、今回訪れたのはこちら。


「東都グリル 築地魚河岸店」」

創業昭和38年(1963年)、築地で働く皆さんに愛され続ける洋食食堂です。
本店も健在で、ここから徒歩2分ほどの場所に。

こちら洋食からお刺身まで、気軽にいただける食堂メニューがたくさん。
なかでもカレーの種類が豊富なのが嬉しいところ。

・カレー ¥700
・カツカレー ¥900
・シーフードフライカレー ¥1000
・カレーとハヤシのあいがけ ¥1000


「中栄」を彷彿とさせるハヤシとのあいがけにも惹かれますが、やはり築地気分でいくならこちらでしょう。


★シーフードフライカレー ¥1000

トラディショナルなカレーライスの上に、海老・ホタテ・マグロのフライがトッピング。
これぞ老舗洋食の愉しみ。

カレーは辛さ控えめのベーシックタイプ。
ご飯も日本らしいモッチリ炊きでいかにも街の食堂といった感じ。
けれどやはり、揚げたてのフライが美味いですねー。
やっぱポイントはそこ。

このご時勢もあり、広いフードコートは空いておりディスタンスも充分。
なにより通し営業が有難く、なかなかの穴場と化しているのでした。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

東都グリル 築地魚河岸店



関連ランキング:定食・食堂 | 築地市場駅築地駅東銀座駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

銀座の胃袋を支え続けるロメスパの砦。「ジャポネ」(銀座一丁目)

有楽町。

青空にTOKYO2020の文字。

銀座。

静けさと澄んだ空気。

一年前は誰も予想出来なかった世界。

道端に手書きの看板が。

「ジャポネ 営業しています」

レストランからマクドナルドまで休業し、閑散とした銀座インの端っこ。
ロメスパのレジェンド店「ジャポネ」が営業していました。

「ロメスパ」とは「路面スパゲッティ」の略。
立ち食いそば感覚でいただけるスパゲッティ屋として庶民の胃袋を支え続けるお店です。

多くの会社が在宅ワークになり飲食店も休業する今、個人店の弁当販売もほとんどない銀座では、食事するのも困難。
やむを得ず銀座に出ねばならない人々を、ロメスパは支え続けているのですね。


「ジャポネ」

スパゲッティ屋とはいえ、ここはイタリア料理店ではありません。
昔ながらの洋食店の、鉄板で炒めたスパゲッティ。
日本文化に溶け込んだあの味を提供する思いが「ジャポネ」という店名には込められています。


入り口という入り口はなく、通路に剥き出しとなったカウンター席。
普段は行列が絶えないお店ですが、今はこの通り間隔を保てる状態。
店員さんは皆マスクをしており、消毒、洗浄に最新の注意を払っています。


カレー好きにとってもこの「ジャポネ」は特別。
スパイシーなカレーがかかったインディアンスパゲッティも絶品ですし、カレーライスだってあるんです。


★カレーライス(ポークカレー)レギュラー ¥550

見てください、この圧倒的にベーシックなビジュアル。まさにニッポンの、ジャポネのカレーライスです。
具材はポーク。
関東のカレーライスといえばポークが基本ですよね。
そして銀座でこの親切価格は凄い!

早速いただいてみましょう。

インディアンスパにも用いられるドロッとスパイシーなカレーは懐かしくも刺激的。
スパゲッティに負けないチューニングの辛さが、カレーライスだとより体感できます。
ボリュームもレギュラーサイズで充分なランチ量。
幸せで満たされます。

この時期ですから、店舗営業だけでなくテイクアウトにも対応。
電話オーダーしておけば、指定の時間に出来上がるみたいですので、近くへ立ち寄りの際は利用してみては?

もちろん、最新の注意と努力で営業を続けるお店にご迷惑かからないよう、訪問時のマスク着用は忘れずに。

ジャポネ



関連ランキング:パスタ | 銀座一丁目駅有楽町駅銀座駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

銀座インズの赤いカフェ。「カフェイズミ」(銀座)

1964年、前の東京オリンピックの際に、江戸城外堀が埋め立てられて作られた首都高速。
その下に作られたショッピングセンターが、現在の銀座インズです。


「カフェイズミ」

銀座異インズ1で創業40年、赤い喫茶店として親しまれる、憩いと待ち合わせの場所です。

昨今の席間ギュウギュウカフェとは一線を画するゆったり仕様。


インテリアのアクセントはもちろん、紅い花です。

この日はちょうど嬉しい期間限定メニューに遭遇。

★期間限定サラダドライカレー ¥880

ドライキーマカレーの周囲を彩るグリーンサラダ、トップには温玉。

どことなくタコライスをも彷彿とさせる、食べやすくヘルシー気分に溢れる一皿です。


食後にはコーヒーがついてくるのもうれしいところ。

ファストフードかチェーン店、もしくはちょっと値が張るカフェか。
両極になりがちな銀座カフェ事情。
このように「普通」を貫く安心感がとても貴重だと思いませんか。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

カフェイズミ



関連ランキング:喫茶店 | 有楽町駅銀座駅銀座一丁目駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ