fc2ブログ
2024/02/17
2024/02/14
2024/02/10
2024/02/09
2024/02/05

[恵比寿,代官山エリア]

        

駅直結、東武のレストラン街でビリヤニを。『ロイヤルココナッツガーデン 池袋東武デパート店』(池袋)

category - [池袋エリア]
2024/ 02/ 17
                 
池袋駅直結、東武百貨店14階レストラン街に入ったインド料理店。

『ロイヤルココナッツガーデン 池袋東武デパート店』

最近都内に店舗数を増やしている『ロイヤルココナッツガーデン』、こちらのオープンは2022年4月22日。
「東武デパート」というワードがなんとも懐かしいですね。


百貨店ならではのありがたい通し営業。
ランチタイムも15時30分ラストオーダーと長めです。

この日は平日14時過ぎの訪問。
インド人のグループがランチを楽しんでいました。
みんなここを知ってるんですね。


【ランチ】マトンビリヤニ ¥1890
・マトンビリヤニ
・小カレー
・ライタ
・サラダ
・パパド
・ラッサムスープ
・デザート
・ソフトドリンク


駅直結でビリヤニがいただける店は有難い!


ビリヤニはしっかりバスマティ米使用でアツアツホクホク。
割としっかりした辛さとスパイスの香りなのですが、塩は効かせすぎずの品ある仕上がり。


ラッサムは酸味と辛さがいい感じ。
個人的には水筒入れてゴクゴク呑みたいタイプですね。

最高の立地で、日本人もインド人も満足させる堅実なインド料理。
こういう店が普通にあちこちにできると、スパイスラヴァーは暮らしやすくなるんですよね。

「カレー細胞」Facebookページ

●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
スポンサーサイト



                         
                                  
        

チャーミングなインネパ店のマトンごろごろ炒飯が美味い。『カレー屋のニサ』(豊田)

category - [日野,八王子エリア]
2024/ 02/ 14
                 

『カレー屋のニサ』

なんとなくジブリ感ある店名ですね。

店内はゴリゴリのネパールテイストで雰囲気満点!


では食事メニューもネパール一色かと言えばそうではなく。
基本、ナンとカレーとタンドール料理といったインド料理がメインで、ネパール料理は少々。

きっと事前に言えば作ってくれるんでしょうけどね。

さておき、よく見ればグランドメニューにも愉しみどころがいろいろあります。

★ククリラムコーク ¥420

ネパールが誇るダークラム「ククリラム」のコーラ割。
香りが強いククリラムでコーラのスパイス要素が引き立って、私はこれ、世界一のラムコークと思っております。
しかも、濃く作ってくれるのが嬉しくて。
お酒はその他、セットメニュー注文の方は生ビール3杯1000円といったクレイジーなサービスも。
呑兵衛に優しいのがインネパ店(ネパール人によるインド料理店)の良いところですね。


★グリーンカバブ3p ¥690

うわー!と声を出してしまう、可愛い盛り付け!
男らしい雰囲気のシェフがキュウリとコーンでお皿をキラキラデコレーションしてくれました。
「グリーンカバブ」とはほうれん草のスパイシーピューレに漬けたタンドリーチキンティッカ。
3Pって言うから小さなカタマリが三つ来るのかと思ったら、ナイフ必須の贅沢ボリュームでビックリ!

外側しっかり、中はジューシーで抜群の焼き加減です。

そして、今回いちばん萌えたのがこちら。

★マトンフライライス ¥990

マトンが入ったネパール風のスパイシーチャーハン。
「ビリヤニ」ではなくあくまで「炒飯」。
そう振り切るスタンスに好感が持てます。

日本米使用でしっとりホクホク仕立て。
ガッツリブラックペッパーが効いてしっかりスパイシー。
しかもしっかり下味がついた羊肉が遠慮ないボリュームでゴロッゴロ。

これはあれだ、うん。昭和喫茶のドライカレーをめっちゃエッジ効かせて羊肉ゴロッゴロぶちこんだ一皿だ。

そう捉えたら素晴らしく尊い一皿だな。


添えられた玉ねぎアチャールはビシッとせた辛さ。後半チャーハンに混ぜ込んでヒーヒー旨辛でいただきました。

気になる店名ですが、「ニサ」は店長サルマさんの息子の名だそう。

シェフもネパール人ながら、幼少の頃から親の仕事でインドのバンガロールとゴアに住んでいたそう。なるほどインド料理が得意なのはそれもあるのですね。

お店は今年で14年、今のシェフは7年め。

なんだかとってもチャーミングな、小さなお店なのでした。

「カレー細胞」Facebookページ

●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
                         
                                  
        

路地裏で、昭和天皇とアジアンミックスなダルバート。『昭和食堂』(三田)

category - [品川,田町エリア]
2024/ 02/ 10
                 
三田近辺で思いもよらず時間が空いたので、裏道散策。

そしたら見つけました。
気になるお店を。

『昭和食堂』

あれ?今日は国民の祝日だったっけな?
なんて思ってしまった日の丸国旗。

店頭では野菜の直売。

しかもよくよく近づけば、
『多国籍料理 和中韓印泰』とあるじゃないですか。

気になる。入らねば。

店内はかなりクセ強め。

テーブルは昭和のオフィスにあったスチール机。
壁には戦時中の新聞や、昭和天皇の軌跡。
そして「天照大神」と書かれた書。

『昭和食堂』の名の通りの昭和尽くし、とりわけ皇室と昭和天皇にまつわるものが中心と、ある意味かなり攻めています。

ふと横を見れば「満州餃子」の看板。

あれ?ひょっとして。

やはりそうでした。

こちら、三田の珍スポットとして知る人ぞ知る『昭和&紫禁城』と同経営。

アジア諸国を融合させた大衆食堂として2023年末にオープンしたばかりとのこと。
一切宣伝告知せず、店構えが気になった人に入ってきてもらおうという狙いとのこと。
狙い通りです。

平日ランチメニューを見てみましょう。

和・中・ネパールの組み合わせ。
となればランチシェフはネパール人だな。


★ネパール田舎豆カレー&棒棒鶏定食 ¥550

ネパールのダル(豆スープ/豆カレー)に中国の棒棒鶏、さらに日本のご飯とお味噌汁。

ネパールの国民食「ダルバート」とはつまり、豆スープ(ダル)とご飯(バート)を基本とし、おかずを組み合わせた「定食」なのですから、こちらアジアミックスなダルバートと呼んで差し支えないでしょう。

味噌汁だって、実は発酵ダルスープですからね。


同じアジアの食文化。こうやって組み合わせても何の違和感もありません。
さりげなく、めちゃくちゃ面白いですね。

『多国籍料理 和中韓印泰』の看板通り、夜はタイ料理や韓国料理もハイブリッドするのかしら。
何にせよ、ワクワクしちゃいます。

「カレー細胞」Facebookページ

●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ



関連ランキング:アジア・エスニック | 三田

                         
                                  
        

めちゃくちゃ楽しい!自衛隊の名物カレーが月替わりでいただける、その名も『やっぱりカレーは金曜日だよね』(市ヶ谷)

category - [中央線 四谷~水道橋]
2024/ 02/ 09
                 
市ヶ谷。
靖国神社、防衛庁、皇居に近接したこの場所で、自衛隊のカレーを常時提供するカレー専門店が登場。

『やっぱりカレーは金曜日だよね』

もともと海軍で、洋上で曜日感覚がなくならないよう、金曜にカレーを提供していた、そのことが店名の由来でしょう。

この「海軍カレー」が日本のカレーライス文化の浸透に大きな役割を果たしたことは間違いなく、今も自衛隊ではその伝統を受け継ぎ、各艦艇、基地、部隊ごとに独自の趣向を凝らした自慢のカレーを提供しています。

こちらのお店では陸上自衛隊、海上自衛隊のカレーを、実際のレシピに則って月替わりで提供。
さらに航空自衛隊の名物唐揚げ「空揚げ」も実際のレシピで提供しています。

オーダーは食券機にて。

今月(2024年2月)のカレーは海自「阪神基地隊」と陸自「福知山駐屯地」がピックアップ。

迷いましたがこちらをオーダー。


★海自「阪神基地隊牛すじカレー」 ¥1150

いやあ、なんともキャッチーなビジュアル!
サラダと「空揚げ」、

器は潜水艦型(501だから「そうりゅう」でしょうか)。

牛すじの甘みとコラーゲンのとろみが印象的なカレーで、まさに関西風なのが面白いですね。


「空揚げ」とサラダが盛り付けられた器は航空機型(ブルーインパルス?)。
プチトマトが斬新な使い方ですね。

「空揚げ」はこれ唐揚げグランプリ取れるんじゃ?と思える美味さ。いくらでもいけます。
この日は金曜日だったので「空揚げ」一個サービス増量とのことです。

オーナーは「自衛隊を応援したい!」という思いでこの店をオープン。
けれど、コアな自衛隊ファンでなくとも、さて来月はどこのカレーかな?なんて、
ある種のコレクター的興味をそそられてしまうお店なのでした。

やっぱり金曜日はカレーだよね!


「カレー細胞」Facebookページ

●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
                         
                                  
        

目黒の間借りから実店舗へ。ココロ満たされる南インド家庭料理の新店が久我山に。『ammikallu(アミカル)』(久我山)

category - [中央線 阿佐ヶ谷~西荻窪]
2024/ 02/ 05
                 
目黒でのランチ間借りで素晴らしい南インド家庭料理を提供していた『アミカル』さんが久我山で待望の実店舗オープン!



『ammikallu』(アミカル)

2023年12月8日オープン。


古い建物の2階をリノベーション。
さまざまなアンティーク家具を組み合わせた素敵な空間になっています。
よく見りゃ懐かしの図工室の椅子なんてのも。
ドライフラワーや生花もあちこちに配置され、雰囲気は暖か。



この日は土曜のランチ訪問。

土日はバナナリーフを用いたベジミールスが提供されていました。
(平日はカレー2種が選べるランチプレートだそうです。)


★【ホリデーランチ】ベジミールス ¥1900

ワダは揚げたてアツアツのホクホク。
サンバルにはドラムスティック、ラッサムにはフレッシュカレーリーフ。

日本のカレーの「じっくり煮込んだ」価値観とは逆で、食材の活力とスパイスの香り、その作りたての美味しさが存分に堪能できます。

さらに、この久我山で、このおしゃれな空間で、それなのにライス、サンバル、ラッサムにワダまでお代わりが可能。
南インド現地方式のサンバルサーバーで持ってきてくれます。

私はワダをおかわりしちゃいましたよ。


★チキン65 ¥450

この日の黒板メニューにあった、南インド式の鳥唐揚げ。
衣サックリ中ジューシーでとても美味しいですね。


★チャイ ¥300

素敵なガラスカップでいただくチャイは癒しの味。

店名の「アミカル」(ammikallu)とはスパイスを挽く石製の調理器具。

店主が師事した南インドのお母さんがこのammikalluを用いてスパイスを挽き、料理を作る様を見て、「こんな風に料理を作れたらいいな」という思いをこめたそうです。

他にあの「ダバインディア」での勤務経験もあるという店主。

この日もカレーマニアだけでなく近隣の老夫婦がランチに訪れていたりと、久我山の日常に素敵なスパイス料理が溶け込みつつあるのでした。


「カレー細胞」Facebookページ

●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ



関連ランキング:インド料理 | 久我山駅富士見ケ丘駅三鷹台駅