fc2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

ムサコのネパール、小さなスパイス旅。『タンドール&スパイス酒場 チャチャフイ』(武蔵小山)

武蔵小山駅前にできた商業施設『パークシティ武蔵小山』。
その一階でめちゃくちゃ良いネパール料理店を発見。 

『タンドール&スパイス酒場 チャチャフイ』

駅側から見てちょうど死角になる場所。
とても小さなお店なので見逃しそうですが、見逃してはいけません。


内装のセンス、料理のラインナップや提供スタイルがネワール族(カトマンズ盆地に住む民族。美食で知られます)らしいなあと思い、聞けばやはりそうでした。


まず注目したいのがお酒。

ただ安いとか量が多いとか種類がたくさんとかではなく、しっかりこだわりを持ったセレクト。
センスがあり、ハートがある店と即座にわかりますね。


★オピアジントニック ¥748

私のお気に入り、英国のオリエンタルスパイスジン「Opihr」でつくるジントニック。
これがあるだけで親近感が湧いてしまいます。


おつまみのサービスは塩炒りした皮付きレンズ豆。


★ジョルモモ S ¥495

胡麻を用いた酸味あるスープに浸したモモ。
肉厚な衣のモチモチ感が素晴らしくそれだけでも美味しいのですが・・・


ディップするゴルベラアチャールは小さな真鍮のスパイスミルで自作体験。

これは楽しい!


すり潰して、すり潰して。


でけた!
当然ですが、最高にフレッシュな香り。
モモにつけたら最高です。

ちなみにタンドール料理をオーダーしたらミックススパイスをミルする体験が付いてくるみたいですよ。

ん?
今度はいったい何だ何だ??


★Buff.Mushroom Curry ¥1155
★バスマティライス ¥495


バフってのはつまり水牛。
ようやく日本(のネパール料理店)にも食肉として入りやすくなりましたね。


辛口でオーダーしたら、あら素敵な辛さ。
水牛の肉は牛丼の肉のようにスライスされており繊細。マッシュルームとの組み合わせも面白く、どことなく『柏ボンベイ』を彷彿とさせます。


よく我々は、アジア現地の料理を日本人シェフがセンス良くまとめたものをいただいたとき、『日本人ならではのセンスで』という表現を使ったりしますが、ホントごめんなさいと反省。
こちらのネワールシェフ、実に繊細なセンスの持ち主です。


気になる真鍮壺に入っているのはバスマティライス。

この壺で炊き、そのまま提供しているのでアッツアツもアッツアツ。


米が美味いとご飯が進みますね!

他にも軽食メニューやセットメニューがあれこれ。
センスいいのでたぶん、何食べても美味しいと思います。

隣駅の西小山にはネパール料理の名店『バルピバル』があるし、なかなかこの辺アツいなーなんて思っていたら、なんとこちら『バルピバル』と同系列のお店とのこと。

流石すぎます。

カレー細胞 初の単著「ニッポンカレーカルチャーガイド」
ご購入はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

ニューデリー出身のインド人シェフが作る、和風テイストの欧風カレー。『キムラレストラン』(池ノ上)

下北沢の隣駅、池ノ上。
実は下北沢の中心街から徒歩で10分もかからない距離にある住宅街には、意外と「いい店」があるんです。
ここもそう。

『キムラレストラン』

オープンは2011年6月。
店名からは想像がつかないのですが、インド人シェフによるインドカレーがいただけるお店なんです。
けれども、それだけではありません。


シェフはインド・ニューデリー出身のダスさん。
来日してからイタリアン、フレンチ、中華、洋食屋で28年勤務した経験を活かし、インドカレーと欧風カレーの両方を提供するお店となっているんです。

インドのスパイス、和洋の調味料、日本で作り、日本で食べてうまいと思える料理を心がけている素敵なレストランです。
ちなみに店名のキムラは奥さまの苗字です。


★キングフィッシャー ¥700

インドのビールもありました。

さて、前回訪問時はインドカレーをいただいたので今回は欧風カレーといきましょう。

★ポークステーキカレー(辛口) ¥1500

カレーの「ルゥ」には牛骨、カルダモン、クローブを使用。辛口オーダーしたらなかなかの辛さ。
けれどただ辛いだけでなく、旨みがしっかり生きて食が進む良きバランスです。


特筆すべきはポークステーキ。
醤油をベースに味醂、酒、ニンニク、タマリンドを用いた和風バターソースで仕上げており、単品でもメインを張れる美味さ!
(実際、単品オーダーも可能)

さらにポークの肉汁、ソースの酸味がカレーに混ざり合えばもう最高。
ほんと良くできてます。
日本での長きにわたる調理経験があってこその一皿。
『キムラレストラン』ならではの欧風カレーです。

ちなみにこの店、以前ら王様のブランチで紹介されたカレーパンも人気だったはず。
今はやってないのかと聞くと、最近久しぶりに作って販売したのだけれど、コロナの影響でそもそも通りに人がおらず、ずいぶん余らせてしまったのだとか。

下北沢には随分活気が戻っていますが、少し離れた池ノ上はまだまだ大変みたい。

逆に今なら穴場といえますよ。

カレー細胞 初の単著「ニッポンカレーカルチャーガイド」
ご購入はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

ここは世田谷の南インド。毎日バナナリーフミールスがいただける地下空間。『スリマンガラム 祖師ヶ谷大蔵店』(祖師ヶ谷大蔵)

名シェフ、マハリンガムさんが率いる南インド・チェティナードゥ料理専門店『スリマンガラム』がまさかの2号店をオープン!

しかもただの2号店ではありません。
毎日バナナリーフでの料理提供にこだわる、完全現地式レストランなんです。

これはアツい!

場所は経堂から2駅。

ウルトラマンのまち、祖師ヶ谷大蔵。


『スリマンガラム 祖師ヶ谷大蔵店』

え?カラオケ!?
違うんです。
カラオケボックスと同じビル、カラオケボックスの看板に挟まれて見えませんが、ほら。


地下へと続く半開きの扉。


そう、ここが南インド現地へと続く扉なんです。


早速ワープトンネルを潜ってみましょう。


びっくりするほど広々とした空間。
けれどよく見てください。
各テーブルには片側にしか席がないんです。

なぜ?
その答えは後ほど。


席に着くや否や、問答無用に敷かれるバナナリーフ。
もう、絶対ここ日本じゃない。


★ソルティ レモンソーダ ¥350

最近はインドより暑い東京。
暑い日に美味しいインドのドリンクがマジで美味いのです。

さて、料理。
一品料理やティファン(インドの軽食)もあれこれありますが、初訪問ならやはりミールスがオススメでしょう。
もちろん、バナナリーフミールスになるのですが、ベジかノンベジか、リミテッドかアンリミテッドかが選べます。

アンリミテッドとはつまり、おかわり自由。
というかストップかけないと食べても食べてもサーブされるというインド式。

今回はリミテッドでボリュームを測ってみることにしましょう。

オーダーするや否や、店員さんがバナナリーフに料理をサーブしはじめます。

最初はお米。
南インド・タミルナードゥ州を中心に食べられるポンニライスです。
日本米ほど甘みや粘りもなければ、バスマティライスほど香りが強くもない。
おかずや汁物のスパイス香を引き立てるお米なんです。
(ちなみにこの店が標榜するチェティナードゥとはタミルナードゥ州の一地方の名。古くから貿易商が多く住み、様々な国のエッセンスを取り入れた華やかなスパイス使いがチェティナードゥ料理の特徴、だと思ってます)


次々にサーブされていく料理。
もうお判りでしょう。
テーブルの片側にしか席がないのはこのためなんです。


★ノンベジミールス リミテッド ¥2000

いやもう、もう、絶対ここ日本じゃない。南インドです。現地。


選べる肉はマトンをチョイス。
これがまた、骨付き肉という範疇を越えて、肉づきの良い骨。
もしここが日本ならきっと、賄い行きの、けれど一番美味しい部分。
髄とコラーゲンを存分に堪能できますよ。


少し遅れてラッサムとパヤサムも登場。
このラッサムが鮮烈。ブラックペッパーがホールでゴロゴロ。


気兼ねなく手食しましょう。
なにせここは日本じゃないのだから。

ここからは問答無用、表現無用。
ただひたすらに、食べる食べる食べる。

気取りのない、美味しいのそのまんま。


★チキンコーラウルンダイ ¥950

こちらは鶏肉の揚げ団子。
素朴に見えてビックリする美味さです。

食後はやはりチャイ。

高い位置からサーブするマハさんの技は見ものです。
なんてったって、カメラ目線!


★チャイ ¥300

『スリマンガラム 祖師ヶ谷大蔵店』のオープンは2022年5月6日。
約三カ月の営業を経て、いよいよ8月からはメニューも拡充。
さらなるチェティナードゥ料理の魅力を我々に伝えてくれることでしょう。

人懐っこくナイスキャラなマハさん。
ディナータイムはこちらのお店にいることが多いようです。

ぜひ会いに行ってみてくださいね。


カレー細胞 初の単著「ニッポンカレーカルチャーガイド」
ご購入はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

創業60年越え、歌舞伎町の大衆食堂のカツカレーは・・・『つるかめ食堂 歌舞伎町店』(新宿/新宿三丁目)

歌舞伎町で昔ながらの大衆食堂といえばやはりこちら。


『つるかめ食堂 歌舞伎町店』

創業1956年(昭和31年)。
60年以上もの間、ずっと歌舞伎町のど真ん中で変わらず営業している、その凄さたるや。
その立地ゆえ、平常時は夜11時まで営業しています。


ちなみに『つるかめ食堂』といえば西口の思い出横丁にある同名店との関係が気になりますが、
実は両店の先代オーナー同士が兄弟という関係らしいですね。

なのでメニュー構成も別。
思い出横丁『つるかめ食堂』には「ソイ丼」という名物カレー料理がありますが、
こちら歌舞伎町店には「カツカレー」があります。
何故か卓上のメニューに書かれていないのですが・・・


★カツカレー ¥950
・ライス小盛り -¥50


ステンレス皿に盛られた昭和ビジュアルが眩いですね。
付け合わせにはたくわんとマカロニサラダ。完璧です。


昭和の懐かしカレーライス・・・と思いきや、カレーは結構シャバシャバ。
夜の飲み屋街ですから、ズシッと胃にたまらないカレーが欲されるのでしょう。
カツは揚げたてで薄切りカツ。油もしっかり切られていて、サクッとした食感がたまりません。
このカレーとカツのマッチング、そしてキャベツという組み合わせで胃もたれなし。

ライスを少なめオーダーすれば、飲みの〆にもなるという。なんて歌舞伎町に最適化されたカツカレーでしょう。
長く続くお店はやはり伊達じゃない。


お会計時、レジ前にミャンマー平和を願う張り紙を発見。
聞けば店員さん、やはりミャンマー人でしたよ。

歌舞伎町なのに、危険な香りが全くない、平和地帯でありオアシス。
もはや、歌舞伎町の重要文化財です。


カレー細胞 初の単著「ニッポンカレーカルチャーガイド」
ご購入はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

デートに最適。眺望抜群味抜群のシンガポール料理レストラン。『シンガポール・シーフードリパブリック銀座』(銀座一丁目)

品川、高輪プリンスホテルの傍らにあり、人気を博した『シンガポール・シーフードリパブリック』。
シンガポールの4名店がタッグを組んで日本上陸した本気のシンガポールレストランでしたが、品川周辺の再開発でクローズ。
現在東京では銀座と竹芝の2ヶ所にて営業をしています。


『シンガポール・シーフードリパブリック銀座』

お店はマロニエゲート銀座の11階。

まず驚くのは解放感。

天井高っ!


見晴らしすご!

これは気合い入ったデートや誕生会なんかに良さげだぞ。
(単独訪問)


★シンガポールスリング ¥780

ラッフルズホテルの名物カクテルとして知られるシンガポールスリングを、オリジナルレシピで。
ジンやブランデーにパイナップルジュースやグレナデンシロップを加えたトロピカル風味。

ジョッキにはこのシーフードリパブリックに加わった4名店のロゴが書かれています。


★シンガポールラムサテー ¥980

シンガポールのサテーといえばピーナッツソースつけていただくチキンサテーのイメージが強いですが、こちらは香り高いラム肉。しかもビシッとスパイシーなサンバルソースをつけていただきます。

ま、ビール泥棒。


★タイガー ¥880

シンガポールのビールといえばこれで決まりですよね。


★オイスターホッケンミー ¥1680

シンガポール名物の福建焼きそば、そのオイスターバージョン。シーフードリパブリックだからシーフードいっとかないと。


ムチムチの太麺、繊細な細麺、2種類の麺が用いられており、食感変化も楽しいです。
牡蠣はさすがというか、思った以上にたっぷり。
こりゃあ贅沢やわ。

ここのホントの魅力は2人以上で予約してシンガポールのカニ料理をシェアしながら、いいお酒と一品料理を楽しむスタイルで発揮されるはず。

接客も眺望も一流。
切り札に入れておきたいお店です。


カレー細胞 初の単著「ニッポンカレーカルチャーガイド」
ご購入はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ