FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

酒と肴とマッサマン。穴場のカレーランチにも。「食堂酒場 エナジーホール」(水道橋)

水道橋にオープンした、肉や和洋中、そこにカレーもある食堂酒場。


「食堂酒場 エナジーホール」

オープンは2019年9月3日。
ドラえもんの誕生日ですね。

メニューを見れば料理のバリエーションはなかなか豊富。
食材にこだわった魅惑のラインナップです。

この日はお任せのコースでお願いしました。

★生ビール ¥490

銘柄はサッポロ。
オリジナルジョッキが眩しいですね。


★宮城・女川産 生牡蠣

トゥルン・・・トゥルンとしか言えない舌触り。
シンプルな幸せ。


★本日の鮮魚カルパッチョ

スズキにイクラ、これは贅沢です。


★フォアグラと白レバーのパテ


★チリコンカン


★イベリコ豚トンテキ スパイシーソース

いやぁ、様々な食ジャンルの連鎖が楽しいですね。

お酒だって気が利いています。


★グリューワイン ¥550

シナモンやクローブなどスパイス香るホットワイン。
そう、これ今年流行りのスパイス酒ですよ。


★モモモーニ ¥550

こちらはスプモーニをもも酒でアレンジした一杯。
甘く優しい飲み口でライトに楽しめます。

さて、この店のウリのひとつであるカレー。
それはマッサマンカレー。

もともとタイ南部のムスリム料理に由来するマッサマンカレー。
2011年、CNNインターナショナルによる「世界で最も美味な料理ランキング50」の1位に選ばれたことで日本でも話題になりましたが、それでもまだまだマイナーなこのカレーを居酒屋の看板メニューに選ぶとはチとぶっ飛んでいますね。

夜は単品、もしくはコースの締めとして提供されるマッサマンですが、この日は特別にランチ仕様でいただくことができました。


★ランチカレー(マッサマン・キーマ合いがけ) ¥900

ランチ限定、キーマカレーとの合がけです。
価格設定もなかなかリーズナブル。


マッサマンはピーナッツたっぷり、マッサマンカレーとしてはシャバシャバめで、幾分辛口。
なるほど、甘さが勝ったマッサマンだとお酒と合いづらいのでは?と思っていたのですが、上手いことチューニングされていますね。


一方のキーマカレーは私の好きなドライキーマタイプ。
味は濃厚で、ご飯がガツガツ進みます。

カレー好き幹事が仕込む飲み会に、また、カレー好きのビジネスランチに。
ここは意外な穴場となりそうですね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

食堂酒場 エナジーホール



関連ランキング:居酒屋 | 水道橋駅九段下駅神保町駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

飯田橋、昼だけ営業のカレーライス店登場。「TOKYO CURRY BUCCI」(飯田橋)

飯田橋に、昼だけ営業のカレーライス屋さんが登場。

「TOKYO CURRY BUCCI」(トウキョウカレー ブッチ)

2020年2月10日オープン。

ランチ間借りのスパイスカレー店が増えている飯田橋エリアですが、こちらで提供されるのは純然たるニッポンのカレーライス。

むしろ近隣の競合は「上等カレー」や「アパ社長カレー」でしょうか。


カウンターメインのこじんまりした店内。
お会計は席についてからの前払い制です。


★タンドリーチキン・ザ・ロックカレー ¥1400

なんとも贅沢そうなヤツを頼んでみました。

ライスの上にデーンと鎮座するタンドリーチキンはなかなかの迫力。


もっとも、店内にタンドール窯があるわけではないので、あくまでタンドリーチキン風味のグリルチキンです。

カレー自体はドロッとかシャバッとかで言えばシャバッと。
けれど「サンライン」や「モンスナック」ほどのシャバシャバではないという頃合い。
どことなく昭和の印度カレー(インド料理のカレーではなく、日本人が印度風と銘打ったカレー)を彷彿とさせるクラシックさも感じられますね。

辛さもほどほどで、ランチタイムにサラッといただける食べやすいカレーであります。

ところでこのお店、「飯田橋店」を名乗っているのですが、今後チェーン展開を見込んでいるのでしょうか。
今後の動向にも注目です。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

トウキョウカレー ブッチ 飯田橋店



関連ランキング:カレーライス | 飯田橋駅九段下駅水道橋駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

曙橋の新店でミャンマーカレー定食。「アジアダイニング ケリア」(曙橋)

曙橋に新しく誕生したミャンマー料理レストラン。

「アジアンダイニング ケリア」

2019年7月オープン。
曙橋から徒歩3分の好立地ながら、飲食密集地から離れているためか、まだお客さんがつくのはこれから。

店名にアジアンダイニングと謳っているとおり、メニューにはミャンマー料理のほか、韓国のピビンバ、ベトナムのフォー、タイのパッタイなども扱っています。



カレー、つまりミャンマーの「ヒン」はセットメニューとなっており、日本のカレーライスのような仕立て。
ミャンマーのビリヤニ「ダンパウ」もありますね。


★レモンサワー ¥380

まずは一杯。
なかなかリーズナブル。


★鶏もも焼き ¥120
★ぼんじり ¥120


いきなり焼き鳥。
完全に和風居酒屋・・・と言いたいところですが、添えられているソースはトロピカル。
つまりは「サテー」ですね。
鶏肉は塩で味付けされており、ソースを付けずそのまま食べてもOK。


★マトンカレー \780

ミャンマーの羊カレー、つまり「トーターヒン」。
確かにメニューにはセットと書いてありましたが、完全に定食状態です。


カレーにはジャガイモがゴロッゴロと入っており、セミドライタイプで辛さ&スパイス感は控えめ。
つまり、羊肉の肉じゃがといった雰囲気の一品で日本人的にはほっこり。

逆にセットのスープは粗挽きのブラックペッパーがガッツリ入っていました。

食後にはタピオカデザート。

料理も雰囲気も、なんだか家庭的なお店でした。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第4便
この頃、地方のカレーがアツすぎる。 文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

アジアンダイニング ケリア



関連ランキング:アジア・エスニック(その他) | 曙橋駅四谷三丁目駅牛込柳町駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

飯田橋、華やかなるランチ間借りカレー。「極哩~GOKURI~」(飯田橋)

東京において、ますます増加の途を辿る間借りカレー業態。
最近ではその支援サービスも見られるようになってきました。

その活用例が、飯田橋のイタリアンのランチ間借りで開業したこちら。
「極哩~GOKURI~」

2019年9月2日オープン。
吉野家ホールディングスと軒先株式会社が共同運営するシェアレストランサービス「軒先レストラン」を活用した間借りカレー店です。

「軒先レストラン」は、間貸ししたいお店が登録し、間借り開業したい方とのマッチングを行うサービス。
なるほど良いところに目をつけたものです。

さて、この「極哩」、店名通り「極上」「究極」「感動」を強く謳うカレー店。

カレーを通じ人の心を動かす気概が感じられますね。


★ 極哩 ~極チーズ温玉乗せキーマ~ ¥1380

ドライキーマがあったので早速オーダーしてみました。


細かく滑らかに惹かれた挽肉カレーの上に温玉、パクチー、糸唐辛子。
周囲にはひよこ豆のサラダなど彩り豊か。
映えるビジュアルも完璧です。


キーマはガスッと味が凝縮した完全ドライタイプ。
軽く効いた花椒がアクセントですね。
温玉が水分と円やかさをプラスしてくれます。


この日はサービスでバナナラッシー。
こういうプラスアルファも嬉しいものです。

訪問時はオープンまだ一週間だったこともあり、提供スタイルに試行錯誤が見られた様子。
いきなり実店舗オープンではなく、様々なトライを検証できるのも間借り業態の良いところですね。

今後の動向にも注目です。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第2便 ドライカレーの世界。文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

極哩



関連ランキング:カレーライス | 飯田橋駅九段下駅水道橋駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

相性抜群!トムヤムクンちゃんぽん。「リンガーハット飯田橋東口店」(飯田橋)

飯田橋。
あれ?こんなところにタイ料理店が?

いや、違いました。
よく見りゃここ、長崎ちゃんぽんチェーンのリンガーハット。
驚くことに新メニュー「トムヤムクンちゃんぽん」をリリースしていたんです。
早速トライしてみましょう。


★トムヤムクンちゃんぽんセット ¥740

なんだか字ヅラが可愛い。
餃子が付いたセットでもこのお値段が嬉しいです。


いつもより汁が赤いちゃんぽん。
お味はといえば・・・

笑っちゃうほど違和感なし。

考えてみればちゃんぽん自体、東南アジアのルーツを感じる料理。
具材の野菜と海老も似ているし、合わないわけがないですよね。
この組み合わせを思いついた企画者に拍手です。

辛さはかなり抑えられていて、お子様でも安心して食べられますよ。

それにしても・・・リンガーハットの餃子美味いなぁ。
皮の硬さもちょうど良く、ニンニクしっかり効いていて、柚子胡椒と合わせれば最高。

単に餃子飲みに来ても良いですね。

「トムヤムクンちゃんぽん」は8/22から期間限定全国展開。
材料なくなり次第終了だそうですよ。

リンガーハット 飯田橋東口店



関連ランキング:ちゃんぽん | 飯田橋駅九段下駅水道橋駅



●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第2便 ドライカレーの世界。文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ