FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

あのとんかつ名店のカツカレーが飯田橋にも。「とんかつ檍のカレー屋 いっぺこっぺ 飯田橋店」(飯田橋)

蒲田のとんかつ超名店として知られる「とんかつ檍(あおき)」が、その隣にカツカレー専門店「いっぺこっぺ」をオープンさせたのは2015年。
林SPF豚を使用し、圧倒的美味さを誇る「檍」のトンカツが気軽にいただけるとあって人気沸騰、2019年5月には芝大門店をオープン。続く10月にはこちら飯田橋にもお店を展開。


「とんかつ檍のカレー屋 いっぺこっぺ 飯田橋店」

場所は飯田橋駅と九段下駅のちょうど中間あたり。


オーダーは食券制。
カツカレーの他、とんかつ定食もラインナップ。

カウンターでいただく、プチ「檍」としても使えますね。


★ロースカツカレー(150g) ¥1200

基本のロースカツカレーをオーダーしました。
上ロースカツカレーやカタロースカレーなどの上位互換バージョンもあるのですが、そちらはカツ別盛りなんですよね。


ライスとキャベツの上に乗った立派なカツ。
決してカレーと接触していないのには理由があります。

とにかくカツが美味すぎるため、カレーにつけていただくのが勿体ないんですね。

カツカレーとしてはなんとも不思議な着地なのですが、カツとカレーを交互に食べる楽しみ方と考えれば良きかと。

林SPF豚の特長として、赤身でいただいても安全ということがあり、それ故「檍」ではカツのピンクの断面が印象的なのですが、
この日はそこまでピンクではなく、結構火が通っている印象でした。
美味しいことに違いはありませんよ。


卓上には3種の岩塩(テキサス岩塩、ピンクロックソルト、ヒマラヤ岩塩ナマック)。
ここのカツにはカレーよではなくこれら岩塩をつけていただくのが推奨。
一番のお気に入りは、ヒマラヤ岩塩ナマック。
ヒマラヤと言っても西部、パキスタン産の岩塩なのです。
衣の上ではなく、カツの断面から振りかけると、もうそれだけでバクバクいけちゃいます。

おっと、その合間合間にご飯とカレーを食べましょうね。
カレーは良い意味でベーシック、あくまでもカツの引き立て役ですよ。

それもまた、お店の個性なのです。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

神楽坂に本格間借りスリランカ。「ライオン ロック」(飯田橋)

神楽坂ランチに間借りスリランカ料理が登場!


「ライオン ロック」

ライオンロックとはつまり、スリランカの名跡シギリヤロックですね。


本多横丁のワインバル「ヴィアンド」のランチタイムを間借りしての営業です。



シェフはスリランカ人、ホールは日本人というタッグでの営業。

最初に登場するウェルカムドリンクがこちら。

スリランカのスパイスティー「サマハン」です。
ほの甘くスパイシーで、毎日飲めば病知らずになれそうです。

カレーはワンプレートにカレーとご飯、いくつかのおかずをのせた「Rice & Curry」スタイルでの提供。
メインのカレー(およびスパイス料理)は6種の中から3つが選べる方式です。


★スリランカワンプレートランチ ¥1000

おっと、これは予想以上に本気の仕上がりですよ。


メインは「ビーフ」「ナス」「ズッキーニ」を選択。
ライスはバスマティ、副菜としてポルサンボル、フルーツサラダ、パパダム。


ビーフカレーはセミドライタイプでほんのりした辛さ。
ナスはモージュ、ズッキーニはテルダーラ仕立てで、混ぜ合わせていただくおかずですね。


パパダムを砕き、一気に混ぜ合わせます。
一品一品食べた時はさほど辛くなかったのに、混ぜるとじわじわやってくる辛さ。
そうか、ライスに唐辛子が一本ぶっ刺さってたっけ。
この染み渡るような辛さの合間に、ちょいちょいパインの甘み。

なるほどなるほど、混ぜることで美味さが開花する味の設計となっているのですね。

曜日ごと、選べる料理のバリエーションは変わる様子。
最新情報はお店のインスタでチェックしましょう。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ザ ライオン ロック



関連ランキング:カレー(その他) | 飯田橋駅牛込神楽坂駅神楽坂駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

南方中華と南インドの融合、酒と発酵のフェチズム。「牧谿 (モッケイ)」(市ヶ谷)

カレー好き・南インド料理好き・中華好き・お酒好き・発酵好き。
そんな私の5つの好みをすべて満たしてくれる、とんでもないお店が誕生。

場所は靖国神社向かい。
靖国通りから一本入った路地。


「牧谿 」

「モッケイ」と読みます。
なんとこちら、南インド料理と南方中華を組み合わせた独自のスパイス料理とカレー、そして一癖あるクラフトビールと日本酒を扱う香辛居酒屋なのです。

2020年1月にランチからスタート、3月よりディナー営業を開始したものの、
直後のコロナ禍で知名度が充分上がらないまま6月を迎えました。

外からは一瞬、どんなお店かわからない緊張感もありますが、とにかく素晴らしく、居心地の良いパラダイスであることを最初に伝えておきます。


おでん屋の居抜きという店内は、しっぽりした和風。
L字カウンターの片側には畳の席も設けられています。


その日の料理メニューはブラックボードで吊り下げられているのですが、中華・インド・発酵・スパイスと魅惑のラインナップ。

聞けばこちらのご主人なんと、南方中華の「黒猫夜」と、南インド料理の「エリックサウス」の両方で修業経験あり。

「黒猫夜」は「南三」、「エリックサウス」は「魯珈」など個性派名店を次々に輩出することで知られており、
また一つマニアックな名店が誕生したと言って過言ではないでしょう。


★平和クラフト WHITE ALE ¥800

和歌山 平和酒造のクラフトビール。
ホワイトエールにはコリアンダー、オレンジピール、柚子ピールを使用。
暑い日にぴったりの爽やかさです。


この日のお通しはじゃがいもミント炒。
のっけから嬉しいですね。


★羊・ピータン・発酵ニラ炒 ¥800

いきなり雲南トリプルパンチ。
これは・・・酒が進む・・・・・

しかもなんと、私がいちばん大好きな蔵元の日本酒がいただけたんです。

★寺田本家 香取90

微生物の自然な発酵を生かした「自然酒」が身上の寺田本家。
この「香取」は香取神宮のお神酒として献上されるお酒です。
独特の酸味と、きりっとしたバランスが頼もしいですね。


★自家製ビーフジャーキー ミント炒 ¥800

暑くなってきたこの日は、なんだかミント推し。
ジャーキーにミントなんて、あんまり思いつかないけど合うもんですね。


★鯖レモングラス バナナリーフ焼 ¥800

これは・・・・!?
南インドのポリチャトゥか、カレーのオタオタか・・・はたまた・・・・
早速御開帳!!


おぉぉ。
鯖の半身にレモングラスと唐辛子、ガッツリ味がしみわたっています。
こちらも雲南料理がベースとのことですが、ミャンマー・シャン族の熟れ鮨にも似た風合いですね!


★鷹長 菩提もと純米酒

こちらは室町時代、奈良菩提山正暦寺にて創醸された醸造法「菩提もと造り」による酒。
製造過程で生米を用いるそうですが、とにかく・・・・

「キリッとクリア」の真逆も真逆、土着感ある濃厚さが凄いですぞ。


★伊根満開

こちらはなんと古代米で作った赤い日本酒。
見た目の綺麗さだけでなく、シュシュっとした酸味がとても印象的。
瓶を見ずに飲んだとしたら、どこの国のお酒かわからないほど個性的で最高。


★ココナッツライス ¥800

単にココナッツミルクで炊いたご飯、ではありません。
カシューナッツにココナッツファイン、スパイスをインディカ米と共にザッと炒めた、南インド式のフレーバーライス。
ココナッツの食感もしっかり感じられ、これ単体でも美味しくいただける米料理です。

けど、やっぱカレー合わせたいですよね。
中華とインドを融合させた、魅力的なカレーがあるんですから、

★ウーロン咖喱 ¥800

いやまぁ、これには驚いた。美味すぎます。
烏龍茶で煮込んだチキンカレーにブラックカルダモンも用いてスモーキーな味わいに。
あぁ、これは絶対頼むべし、な逸品であります。


★ 羊レモングラス麻婆 ¥900

こちらはインドや南方中華のエッセンスを凝縮した麻婆。
黄色い唐辛子をペーストにして色を出しており、花椒の麻にほのかな甘みと酸味、羊の旨味が絶妙にマッチ。
トッピングされた生ミントが麻をリセットしてくれる愉しさも。


ウーロンチャイ

締めのチャイにも烏龍茶葉を使用。独特な香りがしっかり残っています。

酒のセレクトにも料理のチューニングにも、一筋縄ではいかない捻りが効いており、とにかく楽しい。
・・・・というか、フェティッシュ。

ハマる人にはズバリハマる個性派です。

まぁ私は冒頭で書いたように、好みのエッセンスが詰まりすぎているわけですから、
この苦しい状況下でもしっかり生き残れるほどには繁盛してほしいと思っておるのです。
もちろん、入れないほど混んじゃうと困るけど、困らない程度に皆さん、一度行ってみてくださいな。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

牧谿



関連ランキング:居酒屋 | 市ケ谷駅九段下駅半蔵門駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

飯田橋地下のタイ料理秘密基地。「ロッディー」(飯田橋)

飯田橋にもよく行くし、タイ料理も良く食べる。
なのにノーチェックなお店がまた飯田橋にありました。

飯田橋プラーノの真裏。

こんなとこにタイ料理店があるの、今まで気づかなかった。


「ロッディー」

昨日来ても明日来ても、「こんなお店なかった」となりそうな、異次元的店構え。

外からは小さな小屋に見えるものの、中には地下へグーッと伸びる階段が。


これは秘密基地感アリアリ。
ワクワクしますね。


お、タイ式の薬草酒が漬けられているじゃないですか。
「男性元気」にも惹かれますが、一人で元気になっても仕方ないので、別のをオーダー。


★タイ薬草酒【マーカツゥーロ】 ¥450

こちらの効能は「血行が良くなる」。
巡らせましょうぞ、血液。

料理メニューには気を衒ったものなどはなく、わりとシンプル。
ではシンプルイサーンで攻めましょう。


★ガイヤーン ¥850

おなじみイサーンのチキングリル。
ナムジェオ(タレ)の味で勝負する店が多い中、こちらは肉自体の下味がかなりカレー寄り。
「チキングリル カレー風味」といってもよいほど。
面白いですね。


★ラーブムー ¥900

こちらしっとりジューシーな豚肉、辛さよりマナーオの酸味が際立つ個性派ラープ。
これまた独特。

なるほど、メニュー構成はシンプルながら、他店とはちょっと違う味付けが面白いですね。
お店の作りも面白いし、他の薬酒も飲みたいし、いろいろ落ち着いたら予約訪問したいお店ですぞ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ロッディー



関連ランキング:タイ料理 | 飯田橋駅九段下駅水道橋駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

酒と肴とマッサマン。穴場のカレーランチにも。「食堂酒場 エナジーホール」(水道橋)

水道橋にオープンした、肉や和洋中、そこにカレーもある食堂酒場。


「食堂酒場 エナジーホール」

オープンは2019年9月3日。
ドラえもんの誕生日ですね。

メニューを見れば料理のバリエーションはなかなか豊富。
食材にこだわった魅惑のラインナップです。

この日はお任せのコースでお願いしました。

★生ビール ¥490

銘柄はサッポロ。
オリジナルジョッキが眩しいですね。


★宮城・女川産 生牡蠣

トゥルン・・・トゥルンとしか言えない舌触り。
シンプルな幸せ。


★本日の鮮魚カルパッチョ

スズキにイクラ、これは贅沢です。


★フォアグラと白レバーのパテ


★チリコンカン


★イベリコ豚トンテキ スパイシーソース

いやぁ、様々な食ジャンルの連鎖が楽しいですね。

お酒だって気が利いています。


★グリューワイン ¥550

シナモンやクローブなどスパイス香るホットワイン。
そう、これ今年流行りのスパイス酒ですよ。


★モモモーニ ¥550

こちらはスプモーニをもも酒でアレンジした一杯。
甘く優しい飲み口でライトに楽しめます。

さて、この店のウリのひとつであるカレー。
それはマッサマンカレー。

もともとタイ南部のムスリム料理に由来するマッサマンカレー。
2011年、CNNインターナショナルによる「世界で最も美味な料理ランキング50」の1位に選ばれたことで日本でも話題になりましたが、それでもまだまだマイナーなこのカレーを居酒屋の看板メニューに選ぶとはチとぶっ飛んでいますね。

夜は単品、もしくはコースの締めとして提供されるマッサマンですが、この日は特別にランチ仕様でいただくことができました。


★ランチカレー(マッサマン・キーマ合いがけ) ¥900

ランチ限定、キーマカレーとの合がけです。
価格設定もなかなかリーズナブル。


マッサマンはピーナッツたっぷり、マッサマンカレーとしてはシャバシャバめで、幾分辛口。
なるほど、甘さが勝ったマッサマンだとお酒と合いづらいのでは?と思っていたのですが、上手いことチューニングされていますね。


一方のキーマカレーは私の好きなドライキーマタイプ。
味は濃厚で、ご飯がガツガツ進みます。

カレー好き幹事が仕込む飲み会に、また、カレー好きのビジネスランチに。
ここは意外な穴場となりそうですね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

食堂酒場 エナジーホール



関連ランキング:居酒屋 | 水道橋駅九段下駅神保町駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ