fc2ブログ
2023/12/06
2023/10/08
2023/09/14
2023/08/21
2023/05/14

[世田谷エリア]

        

駒沢公園と同じ歴史の喫茶店でカレーと珈琲。『LARE ラルー』(駒沢大学)

category - [世田谷エリア]
2023/ 12/ 06
                 
1964年。
前の前の東京オリンピックの年に誕生した駒沢オリンピック公園。
同じ駒沢の地で、同じ1964年から続く喫茶店があります。

『LARE』(ラルー)

入り口を入れば、コーヒー豆やケーキの販売スペース。


その奥に喫茶スペースがあります。


名物メニューはガトーショコラとカレーライス。

やはりコーヒー好きはカレー好きカレー好きはチョコレート好き、チョコレート好きはコーヒー好きというわけですね。


★オリジナル特製カレーセット ¥1100

カレーライスとコーヒーのセットで注文しました。

ほろ苦くて濃く深い、まるで深煎り珈琲のようなカレー。
ライスは昭和の喫茶店らしくモチモチ炊きでした。

ブレンドコーヒーは深煎りから浅煎りまで
こくふか/こだわり/あじわい/さわやかの4段階が用意されています。

★あじわい(シティ)

やはり喫茶店ではカレーの後の珈琲が最高ですね。

来年はついにオープン60周年。
変わらず続いて欲しいお店ですね。

「カレー細胞」Facebookページ

●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
スポンサーサイト



                         
                                  
        

BAR間借りでいただく完全オリジナルなスパイスカオソーイが最高。『COZY食堂』(奥沢)

category - [世田谷エリア]
2023/ 10/ 08
                 
最近は間借りカレーのお店もずいぶん増えましたが、間借りカオソーイというのはちょっと聞いたことがなくてビックリ。
しかもそのカオソーイが、他とは全く異なるオリジナルカオソーイだったことで2度ビックリ。
さらにそれが他にない美味しさだったのですから、3度ビックリです。

そのお店は東急奥沢駅のすぐ近くにありました。
自由が丘からも余裕の徒歩圏内ですね。

ちょっと見過ごしてしまいそうな入口なのですが・・・

『COZY食堂』

『BAR nasa』にて2022年11月から間借り営業スタート。
営業日は火曜から金曜。
火曜はランチのみ、金曜はディナーのみ(24時まで!)、水・木は昼夜営業となっています。

まずこの『BAR nasa』という場所が面白くて、ピアノやドラムセット、ギターにベースが置いてあるんですが、


これ、お客さんの演奏OKなんだそうです。

実際、お酒飲んでちょっと演奏して、みたいなお客もフラッとくるみたい。

お店の奥にはシュッと長いカウンター席が。


看板メニューは「カオソーイ」。

日本では「タイのカレーラーメン」と紹介されることが多い、タイ北部チェンマイ名物の麺料理です。
ココナッツミルクが効いたカレー味のスープ、茹で麺と揚げ麺の二層構造などが特徴ですね。


★ブッサバー EX-ヴァイス ¥1200

珍しいタイのクラフトビールもありました。
タイ特産のジンジャーフラワー香料とドイツ産へフェバイス酵母を使用したフローラルな香りのビール。
これは面白いですね。

そして登場したカオソーイがこちら。

★牛すじカオソーイ ¥1500

茹で麺の上に乗った揚げ麺、現地カオソーイには欠かせない薬味セットなど、いわゆるガチカオソーイの要素は万全。
けれどもスープの色味がちょっと濃いですね。
そして、添えられているスープは何だろう??


実はこのスープ、ココナッツミルクスープでした。
ベースのスープはココナッツミルク抑え目にしてあり、好みに応じてココナッツミルクを加えていける仕様だったんです。

実は私もカオソーイが基本的には好きなのですが、タイ人仕様だとココナッツミルクが強すぎたり、
しかも(ラーメンに慣れた日本人からすれば)茹で過ぎて柔らかい麺がココナッツ味一色に染まったりで、
食べていて後半段々キツくなることもしばしば。

そんなインサイトを鮮やかに解決してくれる素晴らしいアイデアですね。


さらにベースのスープも一味違いました。
牛の旨味がしっかり出たスープはホールスパイスの香り。
クミンシードも入っている一方で、ターメリックは不使用という大胆アレンジ。

これ、最早「スパイスラーメン」じゃないですか!

実はこちらの店主はもともと「カレーが食べられなかった」そうで、いろいろ「何が自分にダメなんだろうか」と試した結果、
なんとターメリックを受け付けないことが判明(そんなことあるんですね)。
自分が食べられるカレーを自分で作ろうと、スパイスカレー作りをはじめたそうです。

そしてそのノウハウを、本業でタイを訪れるうち好きになったタイ料理に応用しようと思い付いたそう。

そう、こちらのカオソーイはスパイスカレーとカオソーイの良いとこどりで組み立てた、完全オリジナル麺料理だったのです。


麺の湯で具合もいいし、牛すじの旨味も抜群。
スパイスの刺激も素晴らしく、ココナッツミルクを加えていくことによる味変も実に楽しい。

これ、カレー好きにもラーメン好きにもタイ料理好きにも刺さる絶妙の落としどころですね!


〆はジャスミンライスのサービス。


タイ風スパイス雑炊で華麗にフィニッシュ!!

カオソーイの美味しさと楽しさはそのままに、カオソーイを日本人が敬遠しがちな要素を絶妙にクリア。
これはなかなかの発明。
カレー好きにもラーメン好きにもタイ料理好きにもオススメしたい。

・・・ところが。

実はこの『COZY食堂』、2023年10月いっぱいをもって『BAR nasa』での営業を終了。
再開先は探し中とのこと。

このオンリーワンなカオソーイがいただける場所がなくなるのは勿体ない。
いい場所が見つかると良いですね。

まずは10月中に駆け込んでみてください。

「カレー細胞」Facebookページ

●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell



関連ランキング:タイ料理 | 奥沢駅自由が丘駅緑が丘駅


                         
                                  
        

下高井戸にクラフトビールとキャンプ飯の新店登場。『マジックアワー』(下高井戸)

category - [世田谷エリア]
2023/ 09/ 14
                 
下高井戸を歩いていると、国産クラフトビールとキャンプ料理のお店を発見。


『マジックアワー』

オープンは2023年8月29日とのこと。
偶然の新店遭遇ですね。


国産クラフトビールは常時6タップスタンバイ。
その他クラフトビール缶もあれこれありました。


★横浜ビール(神奈川)
ヴァイツェン ¥850


ドイツ酵母由来のバナナ&バニラ香。
日本酒で例えれば「醍醐の雫」の如き生命感に溢れています。
これは旨い!最初の一杯に。


★TWO RABBITS(滋賀)
CHOCOLATE & STRAWBERRY SOUR ¥950


こちらはかなりの個性派
酸味の中にイチゴ風味とチョコ風味が入り混じるダークビール。
個人的にはかなり好きな振り切り方です。

フードのテーマは「キャンプ飯」。
けれどひと昔前とは違って、今のキャンプ飯は進化しているんです。
アヒージョに生ハム、ブラジリアン生ソーセージ、そしてタンドリーチキンにカレーもありましたよ。


★無水キーマカレーと3種のアチャール ¥1400

キャンプのお供であるダッチオープンを使い、野菜の水分だけで作ったキーマ。
無水ながら、玉ねぎの水分と肉の脂でしっとり仕上がっており、ビールと合わせモリモリいただけます。


3種のアチャールはニンジン、タマネギ、キャベツ。
いやなんともう!
こんなグルメなキャンプ行ってみたいですね。

入口には営業時間17~24時と書いてあります。
近隣住民が最後に一杯、みたいな使い方が出来そうで実に羨ましい。

これから地元に愛されていきそうなお店でした。

「カレー細胞」Facebookページ

●twitterあらためX 「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ



関連ランキング:ビアバー | 下高井戸

                         
                                  
        

シモキタ発、スープカレー期待の新鋭。『スープカレー&ダイニング エルビス』(下北沢)

category - [世田谷エリア]
2023/ 08/ 21
                 
下北沢といえばカレー。
いやいやそれにしてもですね。

下北沢の裏路地に誕生したMAGASINN(マガザン)下北沢というビル。

テナントの半分がカレー店という素晴らしき偏り度合いなんですよ。

おや?『SAMA』『もうやんカレー』という有名どころと並び、聞き慣れぬ名前のスープカレー店が。


『スープカレー&ダイニング エルビス』

オープンは2022年11月19日。
札幌出身店主による「札幌インスパイア」スープカレー店とのことです。
下北沢といえば東京No.1のスープカレー激戦区ですが、札幌からの進出ではなくシモキタ発のスープカレー店としては『ポニピリカ』以来でしょうか。


ダイニングを名乗っている通り、夜につまめるフードメニューもあれこれ。


スープは和風一番だしをベースにパイタンスープを加えた「ホワイト」と、カシミールカレー風の「ブラック」の2種。
札幌スープカレーらしく具材や辛さ、ライスの量など好みでカスタマイズできる仕様になっています。


★トリオチキンカレー+やさい ¥1700

「トリオチキン」は骨付きチキン、パリパリチキン、煮込みチキンが全部入り。
食感の違いが堪能できてこりゃあ魅惑的だ。


「ホワイト」スープの白湯度合いもなかなか。
当たり前ではありますが、基本のスープが美味しいことがスープカレーにとって一番大事。
このお店のスープは間違いないですね。

ホールのカルダモンが入っているなど「スパイスカレー」としての攻めっぷりもなかなか。

東京で最もスープカレーが根付いた街である下北沢ですが、見事に他店と被らない味はお見事。
夜飲める雰囲気も相まって、根強いファンがつきそうな気配を感じましたよ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ



関連ランキング:スープカレー | 下北沢駅新代田駅東北沢駅

                         
                                  
        

昼過ぎが狙いめ。二子玉川の人気カレー処。『オクシモロン 二子玉川』(二子玉川)

category - [世田谷エリア]
2023/ 05/ 14
                 
今や鎌倉の人気カレー店『オクシモロン』。
その二子玉川店が玉川高島屋S・Cの屋上から4階へと移転していました。


『オクシモロン 二子玉川』

実は『オクシモロン』の前身である『珠玉』が二子玉川にあったことから、この地には縁があるのですね。

行列が絶えない人気店としても知られていますが、整理券が発行されるので順番待ちの間、多少席を外してもOK。


ウェイティングスペースにはオリジナルなアパレルや食器、書籍もあります。

ランチタイムを過ぎたカフェタイムなら、比較的すぐ入れます。カレーの提供も通しなのでご安心をば。

席についてからのオーダーもQRコード経由。
システム化が進んでいますね。

fc2blog_202305131702536c7.jpg
★和風キーマカリー(大辛)¥1320

「エスニックそぼろカリー」と並ぶ『オクシモロン』のシグニチャーメニュー。
ベースはかなり辛さ控えめなので(大辛)でオーダーしました。

根菜と豚挽き肉のキーマにほんのり醤油味。
スパイス使いは穏やかで、クセなく誰でもいただけます。辛さは(大辛)でも優しげな辛さですよ。(※個人差があります)

カレーにドリンク、スイーツをつけるとセット割があるのも嬉しいところ。
大好きなレモンケーキを我慢して、今回はドリンクのみにしました。

★オクシモロン ストロングコーヒー ¥660(セット割 ¥460)

スイーツにも負けないガッツリ濃厚な味わい。
口直しにシナモンが効いて甘い「くるみのおやつ」がついてきます。
満たされますね。

周囲のテーブルはみな、女性かカップルか家族連れ。

いや、男性だけで入っても良いのですよ。
大丈夫です。

カレー細胞公式ストアOPEN!
ポケットカレーはじめ私がセレクトした色々なカレー商品を追加していきます。
ブックマークお願いいたします。


●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ



関連ランキング:カレー | 二子玉川駅二子新地駅