FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

大阪ダルバート食堂 本田シェフによる待望のモダンネパール、東京に見参。「OLD NEPAL」(豪徳寺)

Japanese Curry Awards2015新人賞を受賞、
今や日本を代表するネパール料理店となった大阪「ダルバート食堂」の本田遼シェフが待望の新店を東京にオープン!


場所は豪徳寺。駅から歩いて2分ほどの好立地です。


「OLD NEPAL」(オールドネパール)

今年アタマに開催した「カレー寺」で発表、宣言した通り、新大久保にたくさんある低価格居酒屋タイプではなく、しっかり手をかけたモダン路線のネパール料理がコンセプト。


赤レンガの壁で間仕切りされた店内は予想以上に広く、席間もゆったり。
グレーの壁とこなれた木のテーブルトップをベースにしたシックな内装も、今までのネパ―ル料理店のイメージを打ち壊してくれます。

厨房も驚くほど広く、よくこんな良い物件が見つかったものだと感心。


実は、ちょうど先日、遼くんによる書籍「ダルバートとネパール料理」が刊行された折も折。

ネパール料理の知識が体系的に網羅されたこの本がとにかく凄くて、
ネパール料理のレシピ本というだけでも貴重なのに、地域や民族によって多様なネパールの食文化や習慣、用いる米や食材、スパイスについてリアルな見解を網羅、さらには「ちょっと安めの食堂のダルバート」「裕福な家庭のダルバート」「ネワール族の家庭のシンプルなダルバート」など現地で出会うタイプ別ダルバートの紹介や、カトゥマンドゥ食べ歩きガイドまで、異常なほどのネパール料理パーフェクトガイド。

徐々に広がっているものの、まだまだ正しく認識されているとは言い難いネパール料理。

この新店「OLD NEPAL」」と書籍「ダルバートとネパール料理」の合わせ技は、
日本におけるネパール料理の地位向上に一役買うこととなるでしょう。

正式オープンは2020年7月9日。
コロナの影響でスタートがずれ込みましたが、結果それでよかったのではないかとすら思えます。

この日はプレオープン期間。料理はお任せでお願いしました。
それでは行ってみましょう。


★ネパールビール JPY650+TAX

まずはネパールアイス。
キレの中に甘みがあり、これからの暑い季節に最高です。


★カジャセット

メインの料理が出てくるまでの間、こちらを前菜としていただきます。
マスタードオイルが効いた豚のネワール風アチャールはじめ、グンドゥルックアチャール、葉ニンニクなどを、煎り色が美しい干し飯「チウラ」と併せていただくのですが、一品一品の素材や味へのこだわりが素晴らしすぎます。
流石の一言。

そもそも「カジャって何?」については書籍「ダルバートとネパール料理」に詳細な説明があるのでそちらをどうぞ。


★ククリラムコーク JPY600+TAX

香り高いネパールのククリラムをコーラで割ると、世界一美味しいラムコークが出来ます。
しかもこちらのコーラは自家製、これは飲むべし。


★本田さんのスペシャルダルバート

やってきました、本日のメインプレート。
これは魅惑的すぎる!!


カレーは右から山羊、チキン、グンドゥルックコジョル。

山羊と言いつつ羊だったり、羊と言いつつ山羊だったり、山羊と羊の表記が曖昧な場合も多いネパール料理ですが、こちらは正真正銘の山羊。
独特のフワーッとした甘い香りがヒマラヤ気分を盛り上げてくれます。

そして基本のチキンが圧倒的に美味い!
これは実際に食べてもらうのが一番なのですが、珍しさだけでなく調理の軸がしっかりしているからこその安定感があります。

さらに干し野菜グンドゥルックの旨味が汁に染み出したグンドゥルックコジョルは、これ以上ないほどご飯に合う。絶対日本人が好きな味なのです。


さらにダルバートの要とも言えるダルスープ(ダルは豆 バートはご飯)がまた最高の出来。
滑らかで品良い舌触りながら、豆の旨味が生きています。
塩気の強いグンドゥルックが脇にあるからでしょう、ダル自体の塩気は抑え目。こういうバランス感覚も遼くんならではですね。

副菜にもこだわりの品がズラリ。
青パパイヤにハグラウリ、酸味たっぷりのゴルペラコアチャールも美味しいです。

さらに味変用として、グンドゥルックのふりかけや、ネパール山椒と唐辛子から作るふりかけ「ティムルコチョープ」も用意。日本の「ゆかり」感覚でライスに合いますので、気になったら訊いてみてくださいね。


★ヒエ焼酎 JPY550+TAX

ネパールには美味い焼酎もたくさん。
濃厚なクセがスパイス料理によく合います。


★パラ

ネパール語では「ウォー」、ネワール語で「パラ」。
米粉で作る、もっちりニョワッとした独特食感の一品。
チキンカレーのジョル(グレービー)がかかった丁寧な仕上がりです。


★豚バラ

パラはパラでもこっちは豚バラ。
とにかく肉質と脂の質が良いです。
時折くるティムルの痺れがここち良い!


★スパイスジン JPY600+TAX

ティムルとシルティムルがホールでザクザク浮かんだ至福の一杯。
スパイス酒好きなら絶対飲むべし。


★水牛のジョル

なんとここで水牛!
独特の噛みごたえと、脂のミルキーな旨みが最高?

ネパール現地では最も食べられている肉といっても良い水牛。けれど日本では殆ど手に入りません。
それは水牛の屠畜場がないから。(日本の食肉用屠畜場は捌ける動物の種類が決まっているんです。)
3年ほど前、大阪「ダルバート食堂」で飲んでいたとき、「水牛の屠畜場がないなら作るしかない。いま屠畜の勉強をしています。」と言っていた遼くん。(突破的思考がすげえです。)その後良い国内ルートが見つかったようで、晴れての水牛料理登場。

以前からブッ飛んだ野望を臆することなく口にしていた遼くんですが、ひとつひとつ実現していくのには頭が下がります。

デザートだって素敵です。

★自家製クルフィ JPY330+TAX

インドのアイスとして紹介されることの多いクルフィ。
こちらはサクッとミルキーなシャーベット仕立てで、シナモンやブラウンカルダモン、スターアニスなど甘い香りのスパイスを用いたローステッドマサラがトッピング。


★自家製ズーズーダウ JPY300+TAX

ネワール族に愛される濃厚なヨーグルトデザート。
日本ではなかなか食べる機会のない逸品です。
しっかり煮詰められ、ガツッと酸味が効いた自家製ヨーグルトにかぐわしきカルダモン香。
これはハマります。

今後の営業スタイルですが、昼はダルバートランチ、夜はコースをメインとしたモダンネパールを軸に展開していく予定とのこと。
今まで体験したことのないネパール料理の奥深さがメディアで話題になるのも、時間の問題でしょう。

お店と書籍、合わせ技で楽しむとより一層理解が深まりますので是非!



●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ



オールドネパール



関連ランキング:ネパール料理 | 豪徳寺駅山下駅梅ケ丘駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

大阪から2店舗コラボで東京進出。魅惑のスリランカカレー。「ADDA」(下北沢/世田谷代田)

2017年「旧ヤム邸」の東京進出を皮切りに、「ポンガラカレー」「ゼロワンカレー」と名だたる大阪の人気店が東京へとやってきました。
令和になってもその勢いはとどまるばかりか、ますます加速。

大阪のスリランカ料理店「デッカオ」と、大阪でいろいろ斬新な試みを展開する「ボタ」が手を組んで東京進出・・・
そんな噂をちょうど1年前に聞いていたのですが、2020年のこの状況にもめげず、とうとう実現!!

場所は今春、下北沢の線路跡地にできた商業・文化施設「BONUS TRUCK」。

自粛のタイミングと開業がぶつかったため、大きなニュースになってはいませんが、なかなか心地よい場所です。

「デッカオ」「ボタ」コラボ店舗は、メインロードから一つ裏へと入った場所にありました。


「ADDA」(アッダ)

2020年6月1日オープン。
店名はベンガル語で集まる・つどうの意味。

昼は大阪「ボタ」と「デッカオ」のあいがけコラボが楽しめるカレー屋。
夜は偏愛的なセレクト酒とおつまみが並ぶ、ふらりとみんなが集える酒場というコンセプトですが、
現在はランチタイムのカレーテイクアウトのみとなっています。


カレーは定番のチキンカレーに加えて週替わりカレーが2種。
スリランカの副菜もついてきます。


カウンターにはボタニカル系・スパイス系のジンがズラリ。
あぁ、早く飲み屋営業始まればいいのに・・・・なんて思いながらカレーを待ちます。

まだ他にお客さんはおらず、ゆったりとした時間が流れています。

カレーを受け取り外へ。
天気が良ければベンチやら芝生やら、食べる場所はあちこちにありますよ。


★カレー2種がけセット ¥1000
・チキンカレー
・サバとトマトのカレー
[副菜]
・ナスのモージュ
・水菜の和え物
・赤玉ねぎのアチャール.


おぉ、テイクアウトながら実に鮮やかなビジュアルですね。


2種がけは定番チキンと週替わりを一品プラスする方式。
週替わり2品の合がけはないのかぁ・・・なんて思っていたのですが、次の瞬間これには納得。


なにせこのチキンカレーが旨すぎる!!
確かにこれ、強制的に食わせたほうが良い逸品です。
香りも良いが、チキン自体もかなり美味い。


んで鯖。
これはチキンと好対照な、サバサバした一品。
いわゆる「カレー感」を意識しすぎず旨味に振り切っているのは、チキンカレーを混ぜる想定あっての落とし込みですね。

ということで、ターメリックライスにぶっかけて混ぜちゃいましょう。

おぉ、ナスのモージュも旨いなぁ。
鯖カレーも混ぜていよいよ真価を発揮。
けれどやっぱり、基本のチキンカレーが旨い、旨すぎるよ。

この日は朝下北沢に用事があったこともあり、開店まもなくの訪問。
早い時間帯ならではのスパイスのフレッシュさもまたたまらなかったのです。

しかしテイクアウトでも充分な満足度。
店内営業開始したら間違いなく人気店となるでしょうね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ADDA



関連ランキング:カレー(その他) | 下北沢

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

ライブハウスでカリガリカレーの味。「Flowers Loft 下北沢」(下北沢)

コロナ禍で苦境に立つライブハウス業界ですが、
カレーの提供で活性化を狙うのがこちら。

下北沢駅前の再開発でできたSHIMOKITA FRONTに2020年2月2日誕生したライブハウス。

「Flowers Loft 下北沢」

こちらあの新宿Loftの系列。
BARスペースでカレーを提供しているのですが、実はこの「Flowers Loft Curry Rice」、秋葉原「カリガリ」からカレーのベースを仕入れ、こちらでアレンジしたものなのです。

現在は入り口前でのテイクアウトもスタート。
この日はタイミング的に混んでなさそうだったので、イートインでいただくことにしました。


地下に続く階段を降りると・・・




バースペースが現れます。


このご時世だからか、他に客はいない様子。

透明パーテーションで仕切られたカウンターで、カレーとドリンクをオーダー。


★ Flowers Loft ハイボール ¥700

メーカーズマークをベースにエルダーフラワーコーディアルを加え、最後にシナモンを振りかけたハイボール。
いわばスパイス&ハーブ酒ですね。これは嬉しい。


★Flowers Loft Curry Rice ¥900

ベースとなる秋葉原「カリガリ」のカレーにさらにスパイスとトッピングを追加アレンジ。
カルダモン、クミン、コリアンダーシードをメインにその他20種のスパイスを配合したスパイスフルなカレーです。

具材はほろほろに煮崩れたチキン。
独自トッピングとしてサツマイモのレモン煮、かぼちゃサラダなど。

ライブハウスでここまで本気のカレーがいただけるなんて、流石は下北沢ですね。
ポストコロナ・ウィズコロナと云われるこれからも、音楽とカレーは共に歩むのです。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

Flowers Loft 下北沢



関連ランキング:その他 | 下北沢駅池ノ上駅東北沢駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

下北沢に嬉しいニュース。定番性あふれるカレーの新店。「カレーの店 八月」(下北沢)

仕事上の外出に伴い、下北沢へ。
なんと、新しいカレー店を見つけたんです。

場所はかつて老舗バー「ぐらばー亭」があった場所に建て直されたビル。(「ぐらばー亭」はその後別の場所で再開)

「カレーの店 八月」

予備知識もなくフラッと入ったのですが、結論から言えばとても良かった。

なんだかカレー愛のあるカレーだなぁ、なんて思い、食べながら聞いてみたら、
なんとオーナーがサニーデイサービスの曽我部恵一さんだったんです。

曽我部さんと言えば、静岡の老舗カレー店「がるそん」を題名にした曲を発表するほどカレー愛に溢れたお方。
(「がるそん」のカレー、本当に美味いんです。)
以前より下北沢で、「CITY COUNTRY CITY」(通称「CCC」)というレコード店併設のカフェバーを経営していた同氏。
今回のコロナ禍に伴う自粛でビル4Fにある「CCC」への集客も困難となり(そしておそらく本業のライブもどんどん中止となってしまったこともあり)、以前より準備していたこのカレー店のスタートを早め、2020年4月10日テイクアウトを主としつつオープン。

建物の一階がカレー店舗、二階が厨房、そして三階はレコードショップとなっています。

カレー店自体は中休みのない通し営業。
ええ感じに微妙な時間だったので、店内でいただくことにしました。

コンクリ打ちっぱなしながら、温かみのある店内。


4月にオープンなのに、なぜ店名は「八月」なの?
訊けば何か明確な意味というよりは、イメージだそうです。

確かに8月はサニーデイなイメージもあるし、人によっては鯨からクリスマス、息子や濡れた砂など色々なイメージが広がりますよね。


「八月 メニュー」とあるから月替わりメニューっぽいですが、こちらがレギュラーメニュー。
4種のカレーそれぞれに、あいがけキーマをプラスすることができます。


★クラフトコーラ ¥550

国産の柑橘類をベースにスパイス類を加えた100%天然由来の「生」コーラ。
特にカルダモンが強く香り、めっちゃ好きな味!


★チキンカレーあいがけキーマ ¥1180

おぉ。
華やかなスパイスカレー全盛の昨今、こちら一見華やかながら、老舗カレー店特有の骨太さも感じさせてくれる素敵なビジュアル。
しかもライスで区切る合がけの場合、ライスを縦に配置するお店が多いのですが、ここは合がけの片方をキーマに固定することでライスを横に配置、メインのサラサラカレーを手前側に持ってきている。
自由な並列ではなくて、提供側の意図する軸を感じさせる構成。
このあたりのこだわりが個人的にとても刺さったんです。

絶対に深いカレー愛がある人がいるぞと。

んで、この後オーナーが曽我部氏であると知り「なるほど」と思った次第。

まずはサラサラのチキンカレー、これが一周して面白い。
スパイスカレーと言えばスパイスカレーなのだけど、昨今流行りのスパイスカレーとは言い難い。
むしろ、東京民に愛され続けてきた老舗定番カレーの面影を感じるのです。

ざっくり言えば新宿「モンスナック」のカレーにほんの少しとろみを加え、湯島「デリー」もしくは「ラホール」テイストをちょっと加えたようなイメージ。旨味強めな鶏むね肉なんてほぼ「デリー」ですし。

庶民的で、スパイシーで、けれどもハードすぎず、辛すぎずの定番感。
新店でこのチューニングはなかなかないですよ。


そしてもう一方のキーマ。
これが個人的にはかなりツボった。
ウェットとドライの中間くらいでスルッと食べやすい仕立てなのですが、メティがブワッと香るあたりなかなか個性的。
いや、個性的だけども飽きがこないギリギリのチューニング。

この2つのカレーのバランスがとにかくニクいのですよね。
総じて言えば奇の衒いもなく、それでいてカレー好きが定番として愛するに足るツボの押さえ方。

続々カレー店が増える下北沢の街に、ひとつ芯となるカレーが現れた感があります。

あ、食べた後のお皿も要チェックですよ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

カレーの店 八月



関連ランキング:カレーライス | 下北沢駅池ノ上駅世田谷代田駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

シモキタ、カフェカレーの進化形。「狛犬珈琲」(下北沢)

下北沢一番街に東京した、POPなカフェ兼カレー屋さん。

「狛犬珈琲」

2019年8月25日オープン。
実はここ、「野毛山カレー食堂」の創業者である宮田剛さんがプロデュースしたお店なんです。

入口には開運招福商売繁盛な恵比須さんのハイブリッド狛犬。


店内にあるのは「狛犬サワー」という暖簾。
18時を過ぎるとこの暖簾が入口にかけられ、アジアン居酒屋へと変身する趣向なのです。

タイ料理店で働いていたという宮田さんの経験を活かし、カレーはタイ料理をはじめとしたアジアンテイスト。
タイカレーの他、カオマンガイとカレーの2種盛りなんてのも用意されています。


★2種カレー(グリーンカレー+トマトチキンカレー) ¥1280

日によって内容が変わるカレーを2種盛りでオーダーしてみました。
盛り付けの鮮やかさが際立ちますね。

グリーンカレーは単なるタイのグリーンカレーではなく、玉ねぎやリンゴ、マンゴー、バナナなどのフルーツでとろみをつけた、日泰融合仕様。
もちろんバイマックルーやレモングラスの香りも忘れてはいません。

トマトチキンカレーはトマトにヨーグルトを加えた爽やかで食べやすい味わい。

なるほどなるほど、いわゆるカフェカレーの文脈とスパイスカレーの文脈、その両方を併せ持った楽しい一皿になっていますね。


★ハンドドリップコーヒー(セットドリンク) ¥480

ドリンクは食事とセットで100円引き。珈琲店を名乗るだけあって、ちゃんと美味しいです。

まさに令和型のカレーカフェ。
夜の居酒屋もにぎやかで楽しそうですね。

●「カレー細胞」Facebookページ https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

狛犬珈琲



関連ランキング:カフェ | 下北沢駅新代田駅東北沢駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ