FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

クラフトビールとクラフトカレー、羊そして発酵。「風乗りメリー」(下北沢)

下北沢オオゼキ裏、かつて「ビアバーうしとら弐号店」があった場所にある小粋なお店。


「風乗りメリー」

女囚さそり書体の看板がイカしてますね。


こちらクラフトビールに加え、カレーとスパイス料理を提供するお店。

しかも羊肉と発酵に嗜好が偏っているという、私の好みを知っているかのようなお店です。


★Godspeed お疲れ様 ¥1080

爆走しているのか休息しているのか謎の名前ですがこちら、ドイツのモルトとホップ、カナダの水で造ったペールラガー。仄かなスパイス&柑橘香が心地良さを誘いますね。


★砂肝のガラムマサラ・コンフィ ¥780

砂肝のコンフィっていうだけでも美味いのに、そこにスパイスを加えるなんてズルすぎる。
ビールやワインのお供に。


★パクチー羊餃子 ¥780

これ、良い意味で羊のクセが生きてます。
手作り感ある衣の食感もナイスでオススメ。


★梅津の笊トニック ¥880

笊(ざる)と呼ばれる粗い網で濾した鳥取のにごり酒。発酵好きに。

と、ここまででも素晴らしいスパイス居酒屋なのですが、カレーが正直期待以上だった。

★ポークひじきカレー ¥1180

ゴロッとしたポークとココナッツミルク、そこにひじきが入ったインド人もビックリなカレー。
お米はバスマティ米です。

オリジナルな金の匙でいただきます。
辛さも程よく心地よく、するすると食べてしまいます。バランスが良い、センスが良いですね!

これはもっともっと、カレー好きに注目されて良い店では?
下北沢のスパイス呑み、外してはならないお店ですよ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

最強コスパ!松屋が贈るステーキとカレーのお店。「ステーキ屋 松 下北沢店」(下北沢)

「いきなりステーキ」の牙城を切り崩す、松屋フーズの新業態「ステーキ屋 松」が下北沢に登場!


「ステーキ屋 松 下北沢店」

2019年3月の三鷹店に続き10月1日オープン。
続く11月22日には「吉祥寺店」もオープンし、現在3店舗展開となりました。


レッドカーペットの如き矢印に沿って、2階にある店舗へと上がります。

オーダーは食券機。
松屋グループ各店で導入しているカスタムオーダー方式ですね。


内装はファミレス的でありながら、カウンター席が多く配置されていることから、お一人様客需要も見込んでいることが伺えますね。



有難過ぎることにはなんと、サラダ、スープ、珈琲がセルフで食べ飲み放題・・・


これはたまりません。


★生ビール(小)¥250

ビールも安い、安すぎる。


★牛すじ煮込みのビーフカレー ステーキセット ¥1450

見てくださいこの夢のようなセット!
母体が松屋だけに、カレーの充実度は圧倒的です。


アッツアツのビーフカレーにじっくり煮込まれた牛すじ肉。
これだけでも大満足なのですが・・・

焼き石に乗せられたステーキの立派なこと!


これは気分が上がります。



卓上にはお肉につけるソース、スパイス、塩が10種類。
もちろん高級店と同等、というわけにはいきませんが、お値段を遥かに上回る満足度と言えましょう。

そして、おひとり様の普段使いに優しい、下北沢店限定メニューがこちら。

★下北沢限定 ステーキカレー ¥1200

松屋フーズらしい、ワンプレートスタイルのカレーライスです。

シンプルなビーフカレーに薄切りカットのステーキがオン。
溢れる肉汁とライス&カレーのクロス部分がなんとも幸せ。


食後は追加料金なしのコーヒーで一服。

価格と味の満足度、ホスピタリティと、流行らない要素がないお店。
「いきなりステーキ」からすれば、いきなり現れた強力な刺客、といったところではないでしょうか。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ステーキ屋 松 下北沢店



関連ランキング:ステーキ | 下北沢駅池ノ上駅世田谷代田駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

スパイスガールズによる、土日限定スパイスカレー店。「カ・リーベ」(下北沢)

下北沢にあたらしい間借りカレー店が誕生。


「カ・リーベ」

2020年2月22日オープン。
下北沢一番街のBAR「prière cona-yuki」を土日ランチのみ間借りして営業するスパイスカレー店です。


謳い文句は、
「カレーと旅とスナックをこよなく愛するスパイスガールズが心を込めて作るスパイスカレー」
その言葉の通り、2人の女性がお店を切り盛りしています。
店名とロゴは鹿児島県大島郡の最南端の与論島にあった伝説のスナック「リーベ」さんからいただいたそう。


その日のメニューはSNSで告知。
限定30食での提供です。


★A.B あいがけ ¥1200
A.新玉のトマトチキン
B.鱈と長芋クリーミーレモン
★ハリッサ +¥100


見目鮮やか、目にも美味しい一皿ですね。

「新玉のトマトチキン」は優しくフレッシュな味わい。
日常使いのスパイスカレーです。

そこにトッピングの辛味調味料ハリッサ、これがなかなか辛い!
少し加えるだけで劇的な味変です。
なるほど、このカレーなら新潟のかんずりなんかも合いそうだなぁ。

「鱈と長芋クリーミーレモン」は、どことなく南インド・ケララのミーンモーリーを彷彿とさせる風合い。
塩気強めで、鱈の鱈っぽさが出ています。

副菜では紅芯大根と玉ねぎのアチャールが爽やかで良かったですよ。


★シナモンラッシー ¥400

ほんとは昼酒も楽しめるこのお店ですが、このあとお仕事があるので自重。
ほんとはここから2杯くらい飲めたら幸せだったろうなぁ・・・・

通りから中がよく見えるお店の作りもあって、ふらっと立ち寄る客も多く、オープン2日目からご盛況。
良いところにお店を構えたものですね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

カ・リーベ



関連ランキング:カレー(その他) | 下北沢

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

成城ビリヤニ学園。「コルカタカフェ ケバブビリヤニ」(成城学園前)

成城学園前駅から徒歩3分ほどの場所に、ビリヤニ推しのお店を発見!

「コルカタカフェ ケバブビリヤニ」

品川、新橋や六本木、上野に展開する「ケバブ・ビリヤニ」グループのような店名ですが、こちらは成城、祖師ヶ谷を中心に展開する「コルカタ」グループの一店です。

テイクアウト推しですが、イートインできるカウンター席、座敷席も完備。

素朴で手作り感溢れる雰囲気ですね。

メニューには一般的なナン&カレーも。
ビリヤニはチキン、マトン、ひよこ豆の3種がありました。

フライパンから上がる炎。

やってきたビリヤニがこちら。

★マトンビリヤニ ¥1030

フワッと香るサフランが爽やかです。

食べてなるほど、そう来たか。

作り置いた肉無しグレービー無しのビリヤニをスパイスと炒めて仕上げ、半分盛り付けたところでマトンカレーをかけ、さらにその上にグレービー無しビリヤニをかける。
こうしてビリヤニ、グレービー、ビリヤニの層を提供時に作ることで3種のビリヤニに対応しているわけだ。

もちろん、肉の旨味や香りが米にしみることはない簡易タイプですが、効率よくサフランを香らせることはできる、のかな?

何にせよ、ブレイクの兆しがあるビリヤニを前面に押し出したお店が増えるのは嬉しいことですね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

コルカタカフェ ケバブ ビリヤニ



関連ランキング:インド料理 | 成城学園前駅祖師ケ谷大蔵駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

中東、アジア、沖縄を往来する個性派クラフトカレー店。「wacca」(池ノ上)


池ノ上駅の近くに登場した、素敵な雰囲気のお店。


「wacca」

2019年10月1日オープン。
昼はカレー屋、夜はスパイス料理とお酒が楽しめる居酒屋と、二つの顔を持つお店です。


店名はご店主の名前から。
下北沢にある同名店、大阪にある同名店とは経営上の繋がりはありませんよ。


★カレー2種盛 ¥1200
・ポークカレー
・チキンキーマカレー

この日はお店の定番カレー二種を組み合わせてみました。


・ポークカレー

野菜や果物を煮込んだブイヨンベースの甘辛仕立て。
ラフテーの如き立派な豚バラ肉が印象的です。


・チキンキーマカレー

ココナッツミルクとトマトで仕上げたドライタイプのキーマカレー。爽やかな口当たりですね。

いずれのカレーも、スパイス使いはごくシンプル。
そこで活躍するのが、添えられた辛味ぺースト「ハリッサ」なんです。

唐辛子とニンニクの刺激と旨みが凝縮したハリッサをカレーに混ぜ込んでいくことで、味わいが変化。
穏やかだったスパイス感がどんどん花開いていくわけです。
自分好みの味へと調節できるこのアイデア、実に面白いですね。

そしてもうひとつ、見逃せないのがデザート。

★スパイスチーズケーキ ¥550

ギッシリ食感の中にシナモンとクローブが香る濃厚チーズケーキ。
これは絶品、絶対食べるべきです。


★ホットコーヒー

ランチカレーをいただいて、カフェ使いでしばし寛ぐ幸せ。

もう一つの顔である夜の居酒屋では、ハーフカレーも用意。
ライス抜きで、カレーとスパイス料理、そして沖縄料理を摘まみながら飲む。
これまた幸せではないですか。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

wacca



関連ランキング:カレー(その他) | 池ノ上駅東北沢駅下北沢駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ