FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

赤坂ランチにバングラデシュビリヤニ。「ラダッカ」(溜池山王)


「マスク差し上げます」

素晴らしい集客アイデアを掲げるのは、赤坂二丁目交番脇にあるバングデシュ料理店。

「ラダッカ」

「多国籍肉酒場」と名乗ったり、食べログ公式ページでも「ダイニングバー・居酒屋・多国籍料理」とカテゴリー設定されていたりしますが、基本はバングラデシュ&インド料理のお店。
お酒を飲まないムスリム料理のイメージよりも、ダイニングバーや居酒屋を名乗ったほうが客が来やすいし単価も上がる、そういう戦略でしょう。


入り口脇には「ダカラ ラダッカ ビリヤニ祭り!」の張り紙。
バングラデシュの首都ダッカのビリヤニがランチでいただけて、マスクがもらえるわけですね。
早速入ってみましょう。


地下の広々とした店内はガラッガラ。
プロジェクターで桜の風景が流れています。
2020年の未来には、地下でバーチャル花見をすることになっているのですね。


ランチメニューはブッフェ、ビリヤニ、カレーセットからチョイス。
ブッフェはバングラデシュ料理を謳っていますが、家庭料理というわけではなくほぼ北インド料理というラインナップ。
(バングラデシュも元々インドですから間違いではないのです)
けれどせっかくならローカル色の強いビリヤニを選んでみましょうね。


★ダッカビリヤニ(マトン) ¥1000

おぉ。
多くの人がイメージするインドのビリヤニとは随分風合いが異なるバングラデシュ式ビリヤニ!


黄色とオレンジに染まった米はバスマティライスにバングラデシュの小粒米チニグラをミックス。
フワッと軽やかな食感がたまりません。

肉とグレービーは米に混ぜ込まれておらず、上からかけられている方式。
隣国ミャンマーのビリヤニ「ダンパウ」にも似ていますね。

柔らかく煮込まれたマトンをライスに混ぜ合わせながらいただきましょう。

お。
比較的穏やかな味付けの店が多いバングラデシュのビリヤニですが、こちらはブラックペッパーとクローブがガッツリ効いてなかなかスパイシー。
見た目の素朴さからは意外なほどパンチがありました。


★マンゴーラッシー +¥100

ランチ時はプラス100円でドリンク。
ゆったりしたいところですが・・・・食べたらすぐ帰りましょう。


お会計時、ちゃんとマスクもいただきましたよ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

赤坂の名物カレーうどん。「赤坂うどん 葉隠」(赤坂見附)

赤坂で行列ができる人気のうどん店へランチ訪問。

「赤坂うどん 葉隠」

平日昼12時20分で5人待ちでしたが15分ほどですんなり入れました。タイミングですね。
コロナの影響もあるのかな。


地下にある店内は小さいながらも落ち着く空間。
夜はうどん居酒屋として楽しめるそうで、確かに居心地良さそうですね。

ランチメニューはこちら。

サービスでおいなりかそぼろご飯かが付いてきます。
(ご飯は日替わりのようです。)


おいなりを選択しました。
しっかり美味いですね。


★カレーうどん ¥850
★ちくわ天 ¥100


実はこのお店の名物はカレーうどん。
ちくわ天とカレーうどんの組み合わせは私的定番です。


少し平たい手打ち麺はコシや伸びではなく、、しっかりとした噛み応えが持ち味。
確かに美味い。

カレーは出汁がしっかり効いていながらも濃すぎず辛すぎずの塩梅。
仄かに感じる粉感が特徴的です。

ちくわ天は揚げたての衣がとにかく美味いですね。


卓上にはたくわんととろろ昆布。
目黒のカレーうどん名店「こんぴら茶屋」でも置いているとろろ昆布、残ったカレー汁に投入してカレーを吸わせていただくのがオススメですよ。

夜はうどんのハーフサイズもあるみたい。
日本酒とこのカレーうどんを合わせていただきたいものです。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

葉隠



関連ランキング:うどん | 赤坂見附駅永田町駅赤坂駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

駅直オフィスビルのインド料理&タイ料理。「ロイヤルココナッツガーデン」(溜池山王)

溜池山王駅直結、山王パークタワーに入ったタイ料理&インド料理店。


「ロイヤルココナッツガーデン」

かつて「印度亭」が入っていた場所ですね。

厨房スタッフ予想通りのネパール系。
ホールはタイ人の美人さんが担当です。


ランチメニューにはベーシックなタイ料理とインド料理が並んでいます。
インド料理にミニガパオを加えたり、タイ料理にタンドリーチキン をつけたりと、国境越えもOKですよ。


★ロイヤルココナッツガーデンセット ¥1050

ガパオライスにグリーンカレー、サラダ、ドリンクが付いたランチセット。


グリーンカレーは甘くもあり辛くもありの程良いバランス。
ハーブがフレッシュというより良く煮込まれている系なのはランチ時のクイックサーブ優先ですね。


一方のガパオライスは気前良い挽肉の盛りが魅力。
ガパオ(ホーリーバジル)の使用量はごく少なめですので、挽肉ライスと割り切って・・・


ナンプラーで調味しましょう。
(言えば持ってきてくれますよ。)

飲食店受難のご時世ですが、駅直オフィスビル内という立地は強く、客の入りも上々。
弁当も人気の様子で、むしろみなが知っているベーシック料理を出しているのが、この場所では良いのかも知れませんね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ロイヤルココナッツガーデン



関連ランキング:タイ料理 | 溜池山王駅国会議事堂前駅赤坂駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

赤坂で1000円を切るランチドーサ登場。「ザフラン」〈溜池山王/赤坂)

赤坂に、とっても使い勝手のよい南北インド料理店が誕生しました。

「ザフラン」(ZAFFRAN)

2019年8月29日オープン。
以前「スープカレーと季節野菜ダイニング 彩」があった場所ですね。


3Dプリンター感あふれる個性的な内装。


店内は意外と奥へと広いのですが、色々に仕切られています。


パーテーションを可動させることで様々な人数への個室対応を可能にしているのですね。

ランチメニューはこちら。

ベーシックな北インド料理と、南インド料理を取り揃え。
南インドミールスは夜のみ提供の様です。


★ランチ プレーンドーサ ¥900(税抜)
・プレーンドーサ
・カレー1種
・サラダ
・ラッシーorチャイ


ドーサは南インドの米粉クレープ(もしくはガレット)。
カレーが付いてきてこの値段は都内最安クラスでは?

ドーサは比較的肉厚なのに、表面パリッと、噛みごたえミシッと。
ココナッツチャトニやトマトチャトニをつけていただくのですが、こちらではドーサ自体の味が濃く、何もつけずとも楽しめます。

南インドではもう一つ、サラッとしたサンバルという野菜カレーがついてくることが多いのですが、こちらではカレー一種を選べる方式。
マトンカレーをお願いしました。
カレーはガツッと塩気強めで、北インドのナンにもライスにも合う仕立て。ここは南北インドを分けて作っているのでは無さそう。


ドリンクはラッシーで。

全体的に味濃いめで、1000円を切る赤坂ランチとしてのインパクトは充分。

けど本来はお酒に合わせる味付けなのでしょうね。
夜の個室宴会も良さそうです。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

完全個室バル ZAFFRAN



関連ランキング:居酒屋 | 赤坂駅溜池山王駅国会議事堂前駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

松屋フーズのカレー専門店、赤坂に進出。「マイカリー食堂 赤坂店」(赤坂)

カレーという料理に並々ならぬ情熱を燃やす「松屋」
その母体である松屋フーズが手がけるカレー専門店が赤坂に進出。

「マイカリー食堂 赤坂店」

2020年3月4日オープン。
BIZタワー及びTBSに至近の好立地ですね。

「自由にカスタマイズしてマイカリーを作る」がコンセプトのこのお店。
オーダーで(楽しみながら)迷う人がいることも見越して、券売機は2台態勢です。



発券されたら席につき、番号での呼び出しを待つだけ。

このあたりの流れは慣れたらかなりスムーズですね。


★とろ~りチーズのミルフィーユかつカレー(少なめ・辛口)¥760

期間限定のミルフィーユかつにチーズや野菜を合わせた一皿。
これは食っとかないと。

まずベースのカレー。
粘度低め、ニッポンカレーとスパイスカレーの程良い中間で、色々なトッピングに合わせる万能チューニング。
2013年、「マイカリー食堂」が渋谷に登場した際には正直イマイチだったのですが、この7年で確実にレベルアップしていますね。

加えてたっぷりのほうれん草にダイナミックなカボチャ。なんだか嬉しい。


そして限定のミルフィーユかつ。
サクッとした衣の中はメンチカツかのような柔らかさ。
チーズとの相性も抜群で、これは美味い!

ちょっとこのメニュー、みんなで食べてレギュラー化してもらいましょうよ。


★ホットコーヒー ¥100

コーヒーはなんと、セルフでおかわり自由。
頼まない手はありません。

ココイチに加え「大阪マドラスカレー」「MAJI CURRY」とカレーライス専門店が続々増える赤坂ですが、立地、味、価格のバランスが良く、充分に戦っていけるのではないでしょうか。


テイクアウトのWEB予約やUberの宅配など、このご時世に便利なサービスも充実していますよ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

マイカリー食堂 赤坂店



関連ランキング:カレーライス | 赤坂駅溜池山王駅赤坂見附駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ