FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

神戸カレーぼっかけまぜそば、東京進出。「まぜそば 灘八 赤坂店」(赤坂見附/赤坂)

神戸で気になっていた「ぼっかけまぜそば」のお店が、なんと東京赤坂に進出していました。

「まぜそば 灘八 赤坂店」

2019年11月19日オープン。

神戸市山田のうどん店「八間蔵」で修行した弟子が、その看板メニュー「すじ香露」をルーツとする「ぼっかけまぜそば」を提供する姉妹店として三宮にオープンしたのがこの「灘八」。

牛スジと蒟蒻を甘辛く煮た「ぼっかけ」は、私が学生時代を過ごした神戸長田のソウルフード。

東京の「油そば」とは異なる神戸式のまぜそばに期待が膨らみます。


しかも嬉しいことにはここ、「カレーぼっかけまぜそば」なるものがメニューにあるんです。
(というか、それがあるからチェックしていたとも)
早速オーダーしてみましょう。


★カレーぼっかけまぜそば ¥980

鮮やかで、実にワクワクする彩り。


ばっかけ、ネギ、天かす、海苔、そしてカレーパウダーが乗っています。


一気に混ぜて混ぜていただきましょう。
中太縮れタイプの麺はモチモチ食感。
カレーの香り、ぼっかけの甘辛、そこに濃厚なタレも絡んで、なかなかに旨い。これは旨い。



魚粉、ニンニク、生姜などトッピングも多彩。
自在に味変させながら、飽きずにいただけます。

元々油そばやまぜそばが好きな私ですが、これは旨い。
地元の味というバイアスを除いても、かなりのお気に入りとなりました。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

あのカリガリが赤坂にも登場。「赤坂カリガリ」(赤坂見附/赤坂)

「間借りカレー」をひとつのビジネススキームとして、都内に続々と展開する「カリガリ」が赤坂にも登場。


「赤坂カリガリ」

「nomuno2924」という日本酒と肉のお店をランチ間借りしての営業です。

15年ほど前から私も撮影ケータリングなどで利用していたくらい、元々芸能界やマスコミと親和性が高い「カリガリ」。
この間借りカレーのビジネススキームも、アイドルや役者、ミュージシャンなどの就労支援としての側面があるんです。
この日のフロアー担当男性も、厨房担当の女性もそんな雰囲気がありましたよ。


メニューはシンプルに2種類。
「カリガリ」として一番の定番である、ココナッツミルクたっぷりの「カリガリカレー」は合いがけのみ。
代わりにこちらのスパイスカレーが看板メニューになっていました。

★カリガリ超スパイスカレーDX ¥1000

超合金かってな具合の男子ネーミング。
考えてみれば赤坂界隈にスパイスカレーを謳うお店、他にあまりありませんよね。


しっかりとスパイシーで、玉ねぎが苦味走るオトナ味。
カスリメティの香りが、スパイスカレーを主張しています。


★アイスコーヒー +¥100

店舗が増え、作り手が変わっても、安定した味とクオリティの「カリガリ」。
飲食のあたらしいビジネスモデルの成功例として、後に語られることになるでしょうね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

神田カレーグランプリ優勝店、赤坂へ。「MAJI CURRY 赤坂見附店」(赤坂見附)

カレーの街・神保町にジャパニーズカレーライスで挑戦、神田カレーグランプリで晴れてグランプリを受賞せた「MAJI CURRY(マジカレー)」が赤坂見附に進出。

「MAJI CURRY 赤坂見附店」

「くんかれ」があった場所に2019年11月18日オープン。
こちらに先んじてバンコクにもお店出したそうです。
真剣(マジ)ですね。


店内赤いです。情熱の赤、本気の赤。


★グランプリカレー ¥1100

神田カレーグランプリでGP受賞したのがこちらのカレー。
あ、チャンピオンカレーじゃありませんよ。
マジカレーの看板メニューでもある手ごねハンバーグにチーズフォンデュを加えた一皿です。


チーズフォンデュをとろーりかけちゃいますよ・・・・映えですね、映え。チーズ最強。

ニッポンのカレーライスが持つ、庶民の労働メシってイメージを見事に払拭しています。
(カレーにカウンターの影が落ちるのがちょっともったいないですね・・・)


しっかり濃密、しっかりスパイシーでほんのり甘いマジカレーはここでも変わらず。
ハンバーグ、チーズとイメージ通りの安定感です。


そして、マジカレーといえば特製「真剣!神福漬け」と調味料。
これは全部試すのが正解ですよ。

同エリアには大阪からやってきた「マドラスカレー」もありますので、東西カレー食べ比べも楽しいですね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

たこ焼き居酒屋のランチはスリランカカレー。「たこ焼き居酒屋 蛸部屋」(赤坂)

赤坂にできたたこ焼き居酒屋のランチに面白いモノがあるとのタレコミを受け、早速現場に急行。

あ、ここだ。

「たこ焼き居酒屋 蛸部屋」

2019年8月5日オープン。
大阪出身店主による、大阪流たこ焼き居酒屋。
朝5時まで営業しているとのことで嬉しいお店ができたものです。

が、こちらのランチ、たこ焼き以外に意外なものが!

え、チキン食べ放題のチキン南蛮!?
え、え、本場スリランカカレー!?


雑居ビルの階段を下り、早速地下のお店に突撃です。


店内は完全に真夜中の根城感。
酒とツマミとたこ焼きと。

が、厨房には確かに、若きスリランカ人スタッフの姿が。

ライス大盛りにしてもお値段据え置きのようですが、まずはレギュラーでのオーダーをば。

味噌汁、キャベツに続いて登場したのは、こちらのカレー。

★スリランカカレー ¥990

で、でかい・・・皿がでかすぎる。

写真ではそのデカさが伝わらないので、iPhone SEと比較してみました。


こ、この量で充分です・・・

こちらスリランカ人スタッフがオリジナルのスパイス配合で作るスリランカカレー。
味噌汁・サラダ付。
お米は九州産ひのひかりを使用とのことです。


カレーはホールから挽いたスパイスの香りたっぷり。
カラピンチャ(カレーリーフのスリランカ名)もしっかり使われています。
具材はたっぷりの鶏肉。
辛さは意外にも控えめで、スリランカご家庭の手作りカレーといった感じです。

後半戦は添えられた半熟玉子、スパイスマッシュポテトを混ぜ合わせていただきましょう。
マッシュポテトにはかなりミックススパイスが混ぜ込まれており、単品でも良い酒の肴になりそう。

ライス量増していたら後悔するほどの満腹感。
あとは、青唐辛子系の辛味が足せるとさらにメリハリでて良さそうなので、今後に期待ですね。

カウンター隣の席ではお一人様女子がチキン南蛮をオーダー。
おかわりにおかわりでステンレス皿を重ねています。
時折ストレッチしながら。

気合スゲぇなあ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第5便
カレーとハラール。文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

赤坂 たこ焼き居酒屋 蛸部屋



関連ランキング:たこ焼き | 赤坂駅赤坂見附駅溜池山王駅



テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

韓国系カラオケパブの昼間はカレーライスで。「CAFE&BAR 明洞」(溜池山王)

赤坂二丁目交番脇。
トーゴ料理「エコロロニョン」が入ったビルの地下。

「KARAOKE CAFE&BAR 明洞」

ここ、今まで完全に夜のカラオケパブだと思っていたのですが、カフェタイム営業の看板を発見。


しかも「コーヒーに合うオリジナルカレー」ですと!

早速入店してみましょう。


知らなきゃ降りることはなさそうな階段。



完全に赤坂の夜な雰囲気ですが、看板出てるので大丈夫!
ドア開けちゃいますよ!


おぉ、中は明るい雰囲気ですね。

こちら夜は韓国人ママによるカラオケパブなのですが、4か月ほど前からカフェ&ランチをスタート。
代々木上原でカフェを営んでいた日本人女性の方が、こちらのママにお声がけいただいた縁でカフェタイムを担当しています。

ちなみに近隣にある老舗焼肉店「明洞」とは関係なく、ママの思い出の地を店名にしたら、たまたま近隣と名前が被ってしまったそうです。

カフェタイムメニューを見てみましょう。


「一番人気のチキンカレー」を筆頭に、ビーフカレーやカレーピラフもラインナップ。
パスタやサンドイッチもあって完全にカフェですね。

まずは看板メニューのこちらをオーダー。

★一番人気のチキンカレー (ランチセット)¥1000

サラダ、ドリンクつき。

艶感のあるカレーには玉ねぎの自然なとろみ。
優しいながら、程よい辛さもあり、とてもバランスの良い味わいです。
鶏むね肉がゴロっと入っていて食べ応えもありますね。

メニューに「コーヒーに合うオリジナルカレー」とあるからには、セットドリンクはコーヒーで決まり。

なんと、サイフォンごとのご提供!
カレーの後の珈琲の美味さは言うまでもなし。
しかもたっぷり二杯分いただけるという有難さ。

入口の入りにくささえクリアすれば、ゆったり居心地よい隠れ家カフェ。

カフェ営業/休業日が不定期であることにだけ注意ですね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第3便:カレーに合うお酒【ビール編】 文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

カフェ バー 明洞



関連ランキング:カフェ | 溜池山王駅赤坂駅国会議事堂前駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ