FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

北海道スープカレーの人気店、池袋に進出!「Suage池袋店」(池袋)

北海道スープカレーの人気店「Suage」が渋谷、丸の内、中目黒に次ぐ東京4号店を池袋にオープン!

「Suage池袋店」

オープンは2021年7月27日。
場所は東武百貨店レストラン街SPICE12階になります。



オープンキッチンで見通しの良い店内。
若いスタッフたちがきびきびと動いていて好印象ですね。

まずはやはりこちら。

★ガラナ ¥250

北海道のご当地炭酸ドリンク。
コカコーラ日本上陸の際の迎撃兵器として開発されましたが、コカコーラの進出が遅れた北海道でだけシェアを確保し生き残ることができました。個人的には南のルートビア、北のガラナどちらも大好きなのですが。

メニューを見てみましょう。


基本構成は他の「Suage」と同様ですが、スープのバリエーションに注目。
渋谷店にはイカスミスープ、中目黒店と丸の内店にはエビスープが用意されているのですが、こちら池袋店にはココナッツスープが登場。
北海道・円山にある「Suage3」限定のスープ、東京初登場です。


★パリパリ知床どりと野菜カレー ¥1380
・ココナッツスープ
・辛さ5(大辛)
・小ライス
・トッピング:道産せせりの塩麹漬け +¥350


おぉぉ、流石の立体的ビジュアル。食欲をそそりまくりますね。


野菜も肉も、北海道食材にこだわるのが「Suage」の特徴。

知床鶏は弾力ある肉とパリッとした皮のコントラストがたまりません。
道産せせりの塩麹漬けはなんともエロティックな食感と旨味で、絶対これは頼んどけ的オススメ。
ジャガイモはインカのめざめ、甘味と滑らかな食感が最高。
蝦夷舞茸はボリュームたっぷり、ハリのある食感とスープがよく染みる形状で、これまたナイス。
お米はななつぼしで、自社精米だそうです。


そしてココナッツスープ。
思っていたほどココナッツミルクの主張は強くなく、それぞれの食材を引き立てる味わい。
「Suage」の持ち味である出汁の旨味もしっかり効いており、骨太な出来栄えとなっています。


具材に刺さった串は、テーブルの串入れに入れましょうね。

野菜と肉、そしてスパイスを美味しく摂取できるスープカレーは、食欲が落ちる夏にもぴったり。
池袋駅から一歩も外に出ず到達できるので、猛暑日でも大丈夫です。


外食に逆風が吹き荒れる中でのオープンとなりましたが、ここはしっかり応援していきたいですね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

Suage池袋店



関連ランキング:スープカレー | 池袋駅東池袋駅都電雑司ケ谷駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

この夏、スープストックトーキョーが「カレー屋」になる!『Curry Stock Tokyo』2021.6.18[fri]~9.5[sun]

この夏、スープストックトーキョーがカレー屋に変身!
『Curry Stock Tokyo』
2021.6.18[fri]~9.5[sun]


スープストックトーキョーでここ最近名物となっている夏のフェア。
池袋エチカにある店舗へ早速訪問してきました。

「スープストックトーキョー Echika池袋店」

今年、四ツ谷にカレー専門店「イエロー」をオープンするなど、ますますカレーに本腰が入ってきたスープストックトーキョー。
今夏のカレーは南インド料理やスリランカ料理を中心にした本気ラインナップ!

期間中、週替わりで2種類ずつ全19種類のカレーが登場します。
(ちなみに入れ替えタイミングの金曜だけはカレー4種から選べてお得!)


★冷たいスープと2種がけカレーのセット ¥1382~

今回は南インド・チェティナード州の「ゴーヤーと鶏肉のウプカレー(+¥100)」にスリランカの「カシューナッツのホッダ(+¥100)」を組み合わせ。
「とうもろこしとさつまいもの冷たいスープ」とのセットでオーダーしました。


見てください、このビジュアル。
いわゆるファストフードにあたるチェーン店でこの丁寧さ、素晴らしい!

ウプカレーの「ウプ」とは「塩」の意味。
ゴーヤの苦味もあいまって爽やかかつ引き締まった味わい。
カシューナッツのホッダはココナッツミルクにマスタードシードたっぷり。カシューナッツに加えカボチャの食感が楽しいです。

カレーに関して率直な感想。
今までもカレーにフォーカスすることが多かった「スープストックトーキョー」ですが、どうしても味はお洒落なライト層向けという感がありました。
ですが、今年は違います。
普段南インド料理やスパイスカレーを食べ慣れた方でも、「え?チェーン店でここまで出せるの?」と嬉しくなるようなクオリティと言えます。
「スープストックトーキョー」ほどのお店となると当然、市場ニーズを常に見据えているでしょうから、スパイス料理に対して「ここまでやって大丈夫」という顧客側の成熟度あってのチューニングでしょう。
実に素晴らしい時代になったものです。


そして、セットの「とうもろこしとさつまいもの冷たいスープ」。
うわぁ、美味しい!

そりゃあスープ専門店だから美味いのは当たり前なのですが、カレーと合わせるとその美味さが引き立ちますね。

『Curry Stock Tokyo』
2021.6.18[fri]~9.5[sun]の80日間開催。
見逃せませんよ。

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

日本マレーシア料理店のパイオニア「マレーチャン」、新メニューの銀針麺が最高。(池袋)

今年で創業33年。
日本マレーシア料理店の先駆けにして、ハラール対応レストランの先駆け。

「マレーチャン」

久々の訪問となりました。


ママのアットホームでマイペースな接客はいつ来てもホッとしますね。

最近は仮想通貨での支払いにも対応、ウィキペディアによると仮想通貨決済対応通貨数世界一とのこと。
マジか!と思いましたが、かねてから多様な顧客を相手にしてきたお店ですから、納得でもあります。

「マレーチャン」最大の特徴はそのメニュー数。
その数なんと100種類以上!!
多様な食文化がクロスするマレーシア、その様々な料理を網羅しているのですから。
中華系料理、インド系料理、タイ系料理、マレー系料理・・・
ムルタバからナシブリヤニ、ロティチャナイ、ロティジャラ、フィッシュヘッドカレーにアッサムラクサ、ルンダンにオタオタと全方位に対応しています。


★豆苗さっぱり炒め ¥790

「マレーチャン」得意の中華系マレーシア料理
前菜に最適です。
案外、ニンニクが効いていますよ。


★テンペドライカレー ¥1500

テンペ独特のフニャリとした食感と甘酸っぱさ。
カレーという意識でいただくと、あまり食べたことのない落としどころに一瞬戸惑いますが、次第にクセになってきます。

ちなみにライスはジャスミンライス。
インド系マレーシア料理のナシブリヤニなどにはパキスタン産バスマティ米を使用しており、つまりは常時両方用意しているんですよね。

そして、今回痺れた新メニューがこちら。

★銀針麺(Silver Needle Noodle)

中華圏で「銀針粉」とも呼ばれる、米粉とタピオカ粉を練った麺。
麺は短く、両端が細い紡錘形なのが特徴的です。
というか、つまりこれ一本一本手で練って作るそうで、大変な手間!

ママがマレーシアでどハマりして、いつかお店で出したいと思っていたもので、
昨今の「タピオカブーム」でタピオカ粉がネットで安定入手できるようになり、晴れてオンメニューしたそうです。


まず出来立てをいただくと、タピオカ特有のプニプニした食感がたまりません。
いわば、プニプニ焼きそば。
こりゃあ美味い、美味すぎる!!

食べ進み、麺が少し冷めてくると今度は弾力ある食感へと徐々に変化。
おっと、これはこれでなかなかクセになりそうだ。

いやぁ、これはちょっとドハマリしちゃいました。
めっちゃオススメです。

今回は焼きそばスタイルでいただいたのですが、汁そばタイプでもオーダー可能。
絶対そっちも美味しいはず。

老舗の、目が覚めるような新メニュー。流石としか言いようがありませんね。

ちなみにこの「マレーチャン」、全国へハラール対応弁当の宅配・ケータリングも行っているのですが、
オリンピックに向け大量のオーダーが入っているそう。
なのに、昨今の状況だと大口キャンセルの可能性だってあるわけで、直前まで準備をどうしよう・・・と困ってらっしゃいました。
いざと言う時はみんなでサポートしたいものです。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

カレギュウのオルタナティブはカレーぎゅう。「生そば 玉川」(池袋)

牛丼とカレーライスのいいとこどり、「カレギュウ」といえば天下の「松屋」の人気メニュー。

ところがそのオルタナティブなカレーを発見してしまいました。

東が西武で西東武でおなじみ池袋の東口。

「生そば 玉川」

こちら実は「磯丸水産」を運営するS F Pによる蕎麦屋さん。錦糸町にも店があるようです。


ショーケースには「カレーぎゅう」の文字。
そう、「カレギュウ」じゃなくて「カレーぎゅう」なんですね。


シックな雰囲気ながら客数は多く、流石は大手の仕切り。


価格帯も立ち食いクラスの手軽さです。


★カレーぎゅう ¥690
★ちくわ天 ¥140


さて、やってきましたよ。
カレーとご飯と牛丼のアタマという構成はまさに「松屋」の「カレギュウ」そのもの。
早速いただいてみましょう。

あ、ちょっと意外です。
蕎麦屋だから出汁系に振っているかと思いきや、トマト強めの洋風カレー。
牛肉はまさに牛丼のそれですが、つゆ感は少なめです。
ご飯はモッチリ炊きタイプで、腹持ち良さそう。


蕎麦やうどんには高確率でつけてしまうちくわ天。
これをカレーに浸すとなかなか良かったです。
いっそ、各種天麩羅をドサッとトッピングすると面白いかも。

「カレギュウ」と「カレーぎゅう」、似ているようでちょっと違う。
けれど本家「松屋」もカレーが刷新されてのち、「カレギュウ」としてのバランスは少し崩れたように感じます。

どこか、「カレギュウ」の最適解を出してくれるカレー屋はないかなぁ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

ゴジラと同じ歳のメキシカンファミレス。「EL TORITO エル・トリート」(池袋)

池袋西口「東武SPICE2」

SPICE2といってもカレー屋がたくさんあるわけじゃありません。
いちばんスパイシーなお店はたぶんこちら。

「EL TORITO エル・トリート」


「EST.1954」

日本で初代「ゴジラ」が公開された年にカリフォルニアで創業したメキシコ料理チェーンです。
日本ではゼンショーグループのココスが経営しているようですね。


店内は100席を超える驚きの広さ。
今こそこの広さが大きなメリットになりますね。

この日はメニューの中でも一番カレーに近い料理をオーダーしてみました。

★スパイシーチキンエンチェラーダ ¥820+税

柔らかくしたコーントルティーヤに煮込んだ鶏肉を包み、スパイシーサルサをかけて焼いた一品。


フライドライス、チリコンカン、ワカモレなどがワンプレートに乗って、まるでカレープレートのようですね。

お値段も、料理のカジュアルさもまさにファミレス。
ただしスパイシーなファミレスなのですから、これはこれでとても良いではありませんか。


●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

エルトリート 池袋西口店



関連ランキング:ファミレス | 池袋駅東池袋駅都電雑司ケ谷駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ