fc2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

沖縄カフェのカオマンガイ。「沖縄カフェchura*chura」(千川)

千川駅すぐの場所にある沖縄カフェ。


「沖縄カフェchura*chura」(ちゅらちゅら)

糸満出身の女性店主によるお店です。

壁にはどーんとちゅら海の絵が。
2面が窓になっている作りでもあり、解放感溢れる雰囲気です。

メニューにはサーターアンダギー、タコライス、ポーク玉子おにぎり、ラード飯(!)などの沖縄カフェめしに加え、カオマンガイの文字も。

実は要町~小竹向原エリアはタイ料理不毛地帯だけに、なかなか貴重。
オーダーしてみましょう。

★カオマンガイ ¥940

白飯かジャスミンライスか選べたので、ジャスミンライスを選択。
ちゃんと鶏ガラで炊き込まれています。
ボリュームたっぷりの鶏肉にかかったジンジャーソースがいい感じですね。

さらにメニューを眺めていると、

沖縄のローカルフード「てんぷら屋をオシャレなカフェにアレンジしたお店です。

とあり、なんだか天ぷらが食べたくなっちゃいました。


★もずく天 ¥180

ディナーメニューですが実はランチからオーダー可能。
但しオーダーから揚げあがりまで約15分ほどかかります。
プニプニアッツアツな衣が主役で、泡盛に合いそう!


★黒糖ラテ ¥480

締めは沖縄カフェらしく。

青空が出ている日には最高の場所。

レンタルスペースとしても貸し出しているようですよ。

カレー細胞 初の単著「ニッポンカレーカルチャーガイド」
ご購入はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

発見!町中華の黄色いカレーライス。「博雅」(千川)

千川、素晴らしい店構えの町中華。

「博雅」

あまりのカッコ良さに吸い込まれてしまいました。
店名は「ひろまさ」ではなく「はくが」と読むそうです。

世の町中華には2種類あります。
メニューにカレーライスがある町中華と、カレーライスがない町中華。

もちろんこちらは前者。
しかもカレーがある町中華には洋食メニューがあることも多く、ジャンルを越えた日本の食堂文化を堪能できるんです。

「博雅」ではカレーライスの他、オムレツに生姜焼き、とんかつラーメンがこれに当たります。


建物自体はかなり古そうですが、店内は広々。
座席も厨房も清潔感がありました。


★ギョウザ ¥400

町中華といえば餃子は食べとかないと。

皮は一部パリッと他はモチモチ。
餡はキャベツたっぷりジューシー仕様。

そしてビックリしたのがこちら。

★カレーライス ¥750

うおっ!黄色い!
新潟「バスセンターのカレー」かペルーの「アヒデガジーナ」かってくらい黄色い。
正直、いろんな意味で普通のカレーライスを予想していたので嬉しい誤算です。

具材はポーク。
ドロンとした密度ながら辛さはごく控えめ、油っこさもなくとても食べやすい。
うん、絶対これブラックペッパーで辛さ増したら美味しいやつ!
と思ったら卓上にブラックペッパーがあったので早速トライ。
ピリリと好みな風合いに仕上がりました。

これはもうけもんの中のもうけもん。
カレー店以外のお店で良いカレー見つけると格段に嬉しいものですね。


カレー細胞 初の単著「ニッポンカレーカルチャーガイド」
ご購入はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

いざ!灼熱のカレーつけ麺。「つけ麺道たけし」(千川)

千川駅前でいつも行列ができるつけ麺専門店。

「つけ麺道たけし」

ふと、カレーメニューがあることに気づき、初訪問してみました。
並びは4人ほどでしたが、待っている間にオーダーも完了、オペレーションもスムーズで7分ほどで入店。


カレーメニューは、
・和風カレーつけ麺
・灼熱カレーつけ麺
の2種。
和風の激辛バージョンが灼熱とのことでした。


★灼熱カレーつけ麺 ¥1050

激辛バージョン、行っちゃいましょう。
麺の量は普通(350g)・冷盛でお願いしました。


オーダー時「辛いですよ?大丈夫ですか?」と確認されただけあり、間違いない激辛ぶり。
けれどもそこはつけ麺、麺のつけ具合はコントロールできますから。


まさに灼熱。
漬け過ぎ注意。
むせちゃったら、止まりません。

けれどもただ辛いだけじゃなく、ちゃんとその裏に出汁の旨味が感じられるのが人気店ならでは。

次回は辛くないほう、いっときましょう。

カレー細胞 初の単著「ニッポンカレーカルチャーガイド」
ご購入はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

つけ麺道たけし



関連ランキング:つけ麺 | 千川駅要町駅東長崎駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

池袋パルコで北の大地のオムカレー。「OMS 池袋パルコ店」(池袋)

池袋パルコ7階。
北海道からやってきたオムライス屋さん。

「OMS」

受注管理システムではありません。
「オムズ」と読みます。


オープンキッチンには山高コック帽のシェフたち。

メニューを開けば、ん?

ラインナップやトーンがかつてスープカレーを展開していた「YOSHIMI」っぽいぞ。
気になってググッたらやはり、「YOSHIMI」系列のお店でした。
わかるもんですね。


★北海道バターチキンオムカレー ¥1280(税込)

濃厚な北海道バターを用いたルゥにサックリした衣のザンギ。
北海道気分満載のご馳走カレーです。

カレーはマイルド、オムでさらにやさしく。
よくよく考えたらこれ、親子カレーですね。


オムは綺麗な渦巻き状。
伊藤潤二ファン垂涎のビジュアルですな。


★ホットコーヒー +¥220

コーヒーがセット価格なのがありがたいですね。

店員さんたちはみな若い方ばかりでしたが、接客教育が行き届いており、気持ち良く過ごすことができました。



カレー細胞 初の単著「ニッポンカレーカルチャーガイド」
ご購入はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

OMS



関連ランキング:オムライス | 池袋駅東池袋駅都電雑司ケ谷駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

カレーはソフトドリンク。池袋夜の穴場。「からそる」(池袋)

今のご時世、21時終わりの仕事が続くと「ちょっと一杯」がなかなか難しいもの。

夜開いていてもギュウギュウに詰め込まれた客たちがバカ騒ぎしているところには行きたくないし。

ちょっとした穴場を見つけた時の嬉しさったらありません。

「からそる」

もともと「COLORSOL RESORT/カラソル リゾート」という名のトロピカルなバーだったのが、
「居酒屋はじめました」宣言。

何となく気になります。

店内は若年層向けの雰囲気。
けれども・・・

ちょっと見てくださいこのメニュー。
ソフトドリンクのとこを。

カレーがソフトドリンクになっとるんですわ。

いいネタ発見。

まずはスパイスカクテルをば。

★ガリチューモスコミュール ¥700+税

グラスの中の生姜vsジンジャー東西対決。
甘めに仕上がっていて、疲れた喉を労わります。


★インドの鶏唐揚げ ¥500+税

ちょっとスパイスを用いた唐揚げ。
いわば池袋式チキン65ですかね。


★アジア一酸っぱいレモンサワー ¥650

色々ありますな。
これ、次もリピートかな。


★生ビール(カールスバーグ)¥650+税

西洋のビールだってあります。

さて、、、次は何飲もうかな。

そろそろ行きますかね。

あのソフトドリンクを。


★カレー ¥500

おお、ソフトドリンクとは思えない、平たいグラス。
氷の代わりに白米が添えられています。

ソフトドリンクなのにスプーンで掬っていただきます。
ソフトドリンクなのになかなかの粘度と旨味。
そしてスーパードライよりも辛口です。

これはまるでカレーライスのようなソフトドリンク。
ワンコインなのが信じられません。

飲み終わってしばらくすると店員さんが

「グラスお下げしますね」

まるでお皿のように平たい陶器のグラスを下げてくれました。

このドリンクの後には、こちらが良いんじゃないかしら。


★三種スパイスのチャイティハイ ¥600

グローブ、カルダモン、シナモンかな。
居酒屋バーなのにスパイスばっかり摂ってますね。
素晴らしい。

食後のデザートはこちら。


★発酵済み悪魔の実ジュース ¥700

パイナップル、バナナ、パッションフルーツジュースをミックス、グァバを使わずグァバの味を再現したしたという、攻めのカクテル。
確かに、知らずにグァバですと言われて飲んだら信じちゃいそう。
炙りローズマリーの香ばしさもポイントです。

スパイスも摂れる、夜の池袋の穴場。

しかし難点は、一杯じゃあ済まないところですね。

カレー細胞 初の単著「ニッポンカレーカルチャーガイド」
ご購入はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

COLORSOL RESORT



関連ランキング:ダイニングバー | 池袋駅東池袋駅都電雑司ケ谷駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ