FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

酒も美味いし料理も美味い、何よりカレーが大当たり。「情熱ダイニングIROHA」(池袋)

こんなコロナ禍の中でもふらり入った居酒屋のカレーが大当たりなのだから、カレー運はコロナより強い。

池袋西口、「火星カレー」「マレーチャン」などスパイス料理店が犇めく通称(私が言ってるだけ)スパイスストリート。
その先っちょ、「マレーチャン」のほぼ向かいある居酒屋にふらり突入。



「情熱ダイニング IROHA」

新店?と思ったら2019年1月から営業しているようです。
全然気付かなんだ。


酒が並ぶ、ズドンとしたカウンター席もカッコイイ。
お店の奥には半個室席もあり、いろんなシチュエーションに使えそうです。

メニューは海鮮、肉、徳島うどんと多彩。
そして何より、カレーメニューがたくさんあるんです。
それでは行ってみましょう。


★生へべすサワー ¥650

へべすは宮崎のマイナー柑橘。
強い香りと酸味が素敵ですね。
お通しはお豆腐・・・と思ったらなんと明太子クリームチーズ!


★うる目イワシ炙焼き ¥550

マイワシ、カタクチイワシに次ぐ第三のイワシ、ウルメイワシは旨味溢れる苦さが魅力。
これは日本酒が飲みたくなります。


★雁木 純米無濾過生原酒 ¥550

なかなか辛口なおりがらみ生原酒。
ちょっと面白いお酒がちょいちょいあって、お酒好きにもオススメのお店ですね。

カレーメニューは4種類。

カレー屋さんもびっくりIROHA牛すじスパイシーカレー
自家製牛すじカレーうどん温玉のせ
自家製牛すじカレーバケット添え
串揚げカレーフォンデュ


どれもこれも魅力的ですが、まずはやはり基本のカレーライスで。


★カレー屋さんもびっくりIROHA牛すじスパイシーカレー ¥900

多すぎず少なすぎずの程よいサイズ。
見ただけでこれが美味いカレーとわかります。


カレー本体は程よくスパイシー、そして何より牛すじが旨味たっぷりで美味すぎる!
しかも居酒屋の牛すじカレーって、旨味はあっても具材が少ないことが多いのですが、こちらはとにかく贅沢。
「カレー屋さんもびっくり」というキャッチフレーズも決して誇大ではありません。

軽い気持ちで入ったお店ですが、意外な当たりを引きました。
これは池袋に良いお店を見つけましたよ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

IROHA



関連ランキング:居酒屋 | 池袋駅要町駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

壺焼きカレーに麻辣魯肉飯に南インドにロシア?未だ嘗てない珍カレー店誕生!「カレーは飲み物。(壺)」

池袋東口に、未だ嘗てない珍奇なコンセプトのカレー店が誕生しました。


「カレーは飲み物。(壺)」

2020年2月28日オープン。
もちろん「カレーは飲み物。」「とんかつは飲み物。」「焼きそばは飲み物。」「ハンバーグは飲み物。」などを展開する株式会社のみもの。の経営です。
「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。」で口火を切った同社の歩み自体が既に珍奇ではありますが、今回は店名に(壺)とついてある通り、壺焼きカレーのお店。
いや、

「壺焼きカレーと麻辣魯肉飯のお店」なのです。

ほう、カレーと魯肉飯といえば「魯珈」のブレイクが、カレーと麻辣といえば近年の中華×カレーの流れが頭に浮かびます。
一方の壺焼きカレーに関しては、もともと「カレーは飲み物。」の黒カレーが実はレベルが高い欧風カレーであることから、壺焼きカレーにしたら確かに美味かろうと。

そしてこの組み合わせ。
EAST meets WEST的な狙いを感じますよね。

早速入店してみましょう。

担々麺屋の跡地に入っただけあって、店内はカウンターメイン。
卓上にマークシート方式のオーダーシートが置かれています。

上から順に壺焼きカレーの種類と量、魯肉飯の種類と量、3つまで選べる無料トッピング、追加トッピング、ドリンクというステップ。
普通に上から順にマークしていったので、
「ほう、カレーを選んだら次は魯肉飯を選ぶのか、あいがけ前提なのだな」
と思っていたらそうではなく、カレーか魯肉飯の中からいずれか一つを選ぶらしい。

これはオーダーミスります。
単にデザインの問題で、カレーと魯肉飯のステップをひと括りにすれば良いだけなので、簡単に改善できますね。

無料トッピングが3つまで選べる点は従来の「カレーは飲み物。」と同じ。
ですがその内容にビックリ。

モスクワ風ポテトサラダにラッサムスープ?
ここに来てさらにロシアと南インド持ってきますか!!

欧風に台湾に中華にロシア、南インド・・・
これで間違いない。
このお店、EAST meets WESTどころか、カレーでユーラシア大陸制覇しようとしてます、
望むところですぞ。


★ほろほろチキンカレー(並)¥890
(無料トッピング)
・モスクワ風ポテトサラダ
・アチャール
・ラッサムスープ
◉ちょい麻辣魯肉 +¥250


ワオ!これがユーラシア大陸制覇オーダーだ!!
魯肉をカレーに追加トッピングすることで合いがけが可能だったんですねー。

今までの「カレーは飲み物。」が大衆的な労働者メシ然とした盛り付けだったのに比べ、壺焼きポットと陶器のターリー皿にカトリを用いた品ある盛り付けが新鮮ですね。


直火でグツグツ煮た壺焼きカレーはやはり、「カレーは飲み物。」の黒カレーに近いもの。
あらためて、「かなり美味い欧風カレー」と再確認できます。


一方の麻辣魯肉、これがまた破壊的に美味い!
魯肉の旨味に程良い辛さと痺れ。
ちょっと傑作ではないでしょうか。

そこへさらにインドやロシアが加わる訳ですが・・・
心配は無用。
カレーという食べ物はそもそも、異文化が組み合わさることで美味さがブーストされるのですから。

まさに「カレーはクロスカルチャー。」ですよね。

一見、いろいろ試して上手くいったものや、トレンドに乗っかれそうなものを無造作に組み合わせたようにも見えますが(実際そうかも知れませんが)、結果料理としての完成度、美味さは「飲み物。」系列ナンバーワンじゃないでしょうか。

ホント、先入観抜きにすればかなり美味い。

ただ、狭い店内で器ごとアッツアツのカレーを扱うためのオペレーションには、まだまだ改善の必要あり。
魅力的なお店なので、日々進化を期待したいですね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

カレーは飲み物。(壺)



関連ランキング:カレーライス | 池袋駅東池袋駅東池袋四丁目駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

タイ料理ベースのパスタ専門店、日本初上陸。「THAIPAGHETTI タイパゲッティ」(池袋)

タイ料理をベースにしたパスタ専門店「I am Thai pasta(アイアムタイパスタ)」が、本場タイから日本初上陸!

場所は池袋。
日本人客への掴みも考慮し、店名も新たに展開。

「THAIPAGHETTI タイパゲッティ」

サンシャイン通りを脇に入ったところにあるアスラインビル池袋の2階に2020年1月15日オープン。


もっとこじんまりした店をイメージしていたので、正直驚きました。


めちゃくちゃ広いんです。


グローバル感覚溢れるオープンキッチンも綺麗。
めちゃ気合入っていますね。

にしてはまだ、全然話題になっていないようなんですが・・・
メニューを見てみましょう。
写真も綺麗、見ているだけでワクワクするメニューブックですね。



様々なタイ料理がパスタに姿を変えてお出迎え。


お、スープスパゲッティもあるんだ。
トムカーガイのパスタとか、絶対好みだな。


パスタ以外に、チャーハンシリーズもラインナップ。


大きな誤植もまぁ、現地感ではあります。
いずれ直るでしょうけど。

これだけバリエーションがあると迷いますが、まずは基本といえるこちらをオーダー。

★グリーンカレースパゲティ ¥1250

タイ現地でも出くわすことがあるグリーンカレーパスタ。
辛さUPもできたのですが、最初はデフォルトで。


メインの具材は立派な茄子と、鶏のササミ。
早速いただいてみましょう。


さすがパスタ専門店だけあって麺の湯で加減は完璧。
そして、日本のよくあるカフェメニューのグリーンカレーとは異なり、バジルがガツンと強く香ります。
辛さもほどよく、これは素敵。

加えてしっかりした具材の美味さも際立ちます。
特に茄子の香ばしさが最高!

鳴り物入り感と、それに比しての客の少なさから、実は半分期待していなかったのですが・・・・
なかなかどうして、ちゃんとタイ料理であり、ちゃんとパスタで大満足。

これは他のも食べてみたいので、再訪アリアリですね。
・・・にしてもこの巨大な店内、どこまで埋まるかな。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

タイパゲッティ



関連ランキング:パスタ | 東池袋駅池袋駅東池袋四丁目駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

デザインできるカレー店で、チーズダッカルビカレーを。「トウキョウカレーデザイン」(要町)

要町に忽然と現れたカレー屋さん。
とにかく普通じゃなくて、ずっと気になっていたんです。


「トウキョウカレーデザイン」(Tokyo Curry DEsign)

エッジィな店名、ガストロノミー?いえいえ。
見上げればそこには・・・

「コウヒャン」「韓国料理」「カレー」

どどどどどういうこと?


実はここ、カレーと韓国家庭料理が混在する、謎なお店だったのです。
早速入店してみましょう。

ズドン!と広々した店内。
でっかいモニタには韓流MVが流れています。


全ての席にはiPadが。


そのTOPにはカレーの説明書き。
量、辛さ、トッピングの組み合わせなど、好みのカレーを自身で「デザイン」できる旨が記されています。
まさに「トーキョーカレーデザイン」!!
(「ココイチ」だってカスタムが・・・は禁句)

実際、オーダーもこのiPadにて行うんです。

豊富な韓国家庭料理やカレーがラインナップ。
迷いますね。

カレーを食べずに韓国料理を食べるのか。
韓国料理を食べずにカレーを食べるのか。
どちらも勿体ない気がします。

そうだ、韓国料理をカレーにトッピングすれば良いじゃない!

具材を選び、


量を選び、


辛さを選び、


漬け物を選び、

オーダー確定!

こちらを飲みながら待ちましょう。

★生マッコリ ¥350

ほどなく、カレーが運ばれてきましたよ。


★チーズダッカルビカレー ¥900
・普通盛り
・3辛


人気のチーズダッカルビ、絶対カレーに合うよなぁ、って思っていた人も多いはず!
ですよね???

ベースとなるカレーの仕込みには各種スパイスのほかパイナップルやリンゴ、赤ワイン、牛肉、三元豚などを使用。
隠し味に桜海老、鰹節、鯖節、乾燥帆立貝、マンゴーチャツネ、国産蜂蜜を加えています。
(「隠してない!」は禁句)

また、お米は新潟産コシヒカリを用いています。

早速いただいてみましょう。

まずベースのカレーですが、シンプルでありながら、業務用レトルトとは一線を画した味わい。
なかなかちゃんとしていますね。

3辛は私にとってはベスポジ。
「松屋」のカレーをちょっとだけ辛くしたレベルです。

そしてチーズダッカルビ。
まず、カレーライスと炙りチーズの組み合わせという時点で最強。
そしてピリッとした鶏肉とキムチ的な野菜もカレーになかなか合います。

いやややや、これ、予想はしてたけどなかなか美味いんでないの?

カレーと韓国料理の組み合わせって、意外に少ないのだけど、まだまだ可能性がありそうですね。

それでいて店名が「トウキョウカレーデザイン」。
やはりカレーにはカオスが良く合うようですねぇ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

トウキョウ カレー デザイン



関連ランキング:カレーライス | 要町駅椎名町駅千川駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

池袋北口の風俗街で1000円のMANZOKU。「満足ハウス」(池袋)

池袋のネパール料理店って、ひっそりとした路地にあり、日本の物価を無視した良心価格で、ほっこりとした店名の店が多いんです。
「ふんわりダイニング」「こせり」「アリガット」・・・

そしてこちら、

「満足ハウス」

但し正式名称はちょっと長くて、

「満足ハウス エスニックバルタットピーロ平和通店」

池袋北口の風俗街を抜けた静かな路地にあるのですが、この界隈で「ちょっと満足ハウス行ってくる。」なんて言えば誤解されること間違いなしです。


店内はブロック壁・・・の壁紙。


ウイスキーはみな297円。
ネパールのククリラムは390円。
ネパールの勝ちだけど、それでも安すぎます。


ディナーメニューには100円台、200円台の料理がズラリ。
そう、ここはまごうことなきネパールセンベロなのです。

さぁ、せっかくなので、一番高い酒と一番高い料理を頼んじゃうぞ!!


★ククリラムコーク ¥390

ネパールのラムで作る、世界一旨いラムコーク。


★チトワンのタス ¥790

お店のお兄さんのふるさとチトワンのセット。
濃厚にスパイスマリネされた鶏肉と、押し米チウラ、そしてアチャールと野菜。
とにかく呑兵衛仕様の味付けが嬉しいですね。

しめて1200円ほど。
4桁行くのはこの店では贅沢。
それだけの支払いでリッチな満足感が得られるのだから、近隣の風俗店よりも満足の費用対効果は高いのです(多分)。

さすが、満足ハウス!

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第5便
カレーとハラール。文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

満足ハウス



関連ランキング:アジア・エスニック(その他) | 池袋駅北池袋駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ