FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

青い魚は青くない?

青い魚、と聞いてどんな魚が思い浮かびますか?

サバ?

コバルトスズメ?

アオブダイ?

ブルーテトラ?

ブルーレインボー?

ブルームーンギャラクシースネークヘッド?

アオウオ・・・はあんまり青くないですね。

実は、これらの魚は全て、
青い色素を持っていません。

「どう見たって青じゃないの?」

とお思いでしょう。

説明します。

動物の体色は色素胞(しきそほう)という細胞で決まります。

色素胞には細胞に含まれる色素顆粒によって、

黒色素胞・・・全ての光を吸収する
赤色素胞・・・赤以外の光を吸収する
青色素胞・・・青以外の光を吸収する
黄色素胞・・・黄色以外の光を吸収する
白色素胞・・・全ての光を反射散乱する

などがあります。

しかし、青くメタリックに輝く魚は青色素胞を持っていないのです。

FLYING ROPEFISH!-upオルナティピンニス
 (チャンナ・オルナティピンニス)

ではなぜ人間の目には青く見えるのでしょう?

魚のメタリックな輝きは実は、
「虹色素胞」と呼ばれる細胞の中にある、
薄い板状結晶(グアニン)の多層薄膜の光干渉現象によるものです。

「虹色素胞」は非常に薄い膜が何層にも重なってできており、
この重なり方が整った状態になると、鏡のようにビカビカした反射性を持ちます。
サンマやシルバーアロワナ、シルバーグーラミィなどのビカビカした銀色は、
まさにこの状態です。
FLYING ROPEFISH!-bigeye2
   (ビッグアイカラシン)

しかし膜の重なり方がずれている状態では、反射光スペクトルのピーク幅が狭くなり、
色素がないのにも関わらず、鮮やかな色彩として見えることになります。
FLYING ROPEFISH!-upガロ
   (スネークヘッドガロ)

そう、魚が青く見えるのは、
体の表面にある虹色素胞が可視光線のうちの青い光を反射している状態なのです。


例えば、最近流行のブルーエンゼルってのも、
虹色素胞の膜の重なり方がずれ、
青い光をより反射する状態になった品種なのでしょうね。

太陽光のもとでビカビカと輝いて見える色は虹色素胞。
変わらないのは他の色素胞と覚えておけば基本的にはOK。
南米の有名なモルフォ蝶の羽根も虹色素胞によるものです。
FLYING ROPEFISH!-モルフォ
この蝶も実際には青い色素を持っていません。

ただ、モルフォ蝶などの昆虫では虹色素胞の構造が常に固定されているので、
死んで標本になっても鮮やかな青はそのまま保存されますが、
魚の場合この虹色素胞の膜の重なりは神経で制御されているそうで、
魚が気分によって体色を変えたり、死ぬと色がなくなるのはそのためなのだそう。
FLYING ROPEFISH!-garo7
 (スネークヘッドガロの尻びれ)

そう、
「青い魚」は本当は「青くない」のです。

ただし、物事には必ず例外がありまして、
近年、スポットマンダリンフィッシュ(サイケデリックフィッシュ)
という海水魚から初めて青色素胞が発見されました。
マリンアクアリストにはおなじみの魚です。
青色素胞にはまだ謎が多いようですが、
やはり、虹色素胞の青に比べると発色はくすむようですね。

人気ブログランキング参加中。
いつもクリックありがとうございます。
クリックはこちら

FLYING ROPEFISH!-ranking banner