fc2ブログ
2024/02/05
2024/01/27
2023/11/25
2023/06/21
2023/06/18

[中央線 阿佐ヶ谷~西荻窪]

        

目黒の間借りから実店舗へ。ココロ満たされる南インド家庭料理の新店が久我山に。『ammikallu(アミカル)』(久我山)

category - [中央線 阿佐ヶ谷~西荻窪]
2024/ 02/ 05
                 
目黒でのランチ間借りで素晴らしい南インド家庭料理を提供していた『アミカル』さんが久我山で待望の実店舗オープン!



『ammikallu』(アミカル)

2023年12月8日オープン。


古い建物の2階をリノベーション。
さまざまなアンティーク家具を組み合わせた素敵な空間になっています。
よく見りゃ懐かしの図工室の椅子なんてのも。
ドライフラワーや生花もあちこちに配置され、雰囲気は暖か。



この日は土曜のランチ訪問。

土日はバナナリーフを用いたベジミールスが提供されていました。
(平日はカレー2種が選べるランチプレートだそうです。)


★【ホリデーランチ】ベジミールス ¥1900

ワダは揚げたてアツアツのホクホク。
サンバルにはドラムスティック、ラッサムにはフレッシュカレーリーフ。

日本のカレーの「じっくり煮込んだ」価値観とは逆で、食材の活力とスパイスの香り、その作りたての美味しさが存分に堪能できます。

さらに、この久我山で、このおしゃれな空間で、それなのにライス、サンバル、ラッサムにワダまでお代わりが可能。
南インド現地方式のサンバルサーバーで持ってきてくれます。

私はワダをおかわりしちゃいましたよ。


★チキン65 ¥450

この日の黒板メニューにあった、南インド式の鳥唐揚げ。
衣サックリ中ジューシーでとても美味しいですね。


★チャイ ¥300

素敵なガラスカップでいただくチャイは癒しの味。

店名の「アミカル」(ammikallu)とはスパイスを挽く石製の調理器具。

店主が師事した南インドのお母さんがこのammikalluを用いてスパイスを挽き、料理を作る様を見て、「こんな風に料理を作れたらいいな」という思いをこめたそうです。

他にあの「ダバインディア」での勤務経験もあるという店主。

この日もカレーマニアだけでなく近隣の老夫婦がランチに訪れていたりと、久我山の日常に素敵なスパイス料理が溶け込みつつあるのでした。


「カレー細胞」Facebookページ

●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ



関連ランキング:インド料理 | 久我山駅富士見ケ丘駅三鷹台駅


スポンサーサイト



                         
                                  
        

創業1983年の老舗洋食、ここが1号店。『洋食亭ブラームス ルミネ荻窪店』(荻窪)

category - [中央線 阿佐ヶ谷~西荻窪]
2024/ 01/ 27
                 
創業1983年。
自由が丘や武蔵小杉に店舗展開する『洋食亭ブラームス』の、実はここが1号店。

『洋食亭ブラームス ルミネ荻窪店』

お店は荻窪駅直結、ルミネ荻窪店5階のレストランフロアにあります。

このルミネ荻窪店自体のオープンが1981年ですから、その2年後にスタートしたわけですね。



カレーメニューは
・ハーブ三元豚のカツカレー
・ビーフカレー
・チキンソテーカレー


個人的には洋食店の技術を堪能できるチキンソテーカレーがオススメなのですが、実はその他の洋食メニューにもカレーをつけることができるんです。

これがとても良いんですよ。

★ハンバーグステーキ(180g) ¥1800
★ライス ¥200
★カレーソース追加 ¥330



見てください。
ソースポットに入って、オプションとは思えない本気のカレーがついてくるんです。


カレーは舌触り滑らかで甘さ・辛さ・ほろ苦さの抑制効いたバランスが持ち味。
固形具材がないプレーンタイプなので、どんな洋食メニューにも合うってこと。


ハンバーグはデミグラスソースがたっぷり。ジューシー食感がたまりません。
もちろん、カレーをかけていただく楽しみも。

ちなみにこちら、オーダーを受けてから丁寧に作るため、メインディッシュは提供までにそれなりの時間がかかります。
サラダなどサイドメニューやドリンクを注文して待つのもオススメですよ。

「カレー細胞」Facebookページ

●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
                         
                                  
        

昼はカレー、夜はワインと串揚げ。この2毛作が巧い。『シャトーまるご』(阿佐ヶ谷)

category - [中央線 阿佐ヶ谷~西荻窪]
2023/ 11/ 25
                 
阿佐ヶ谷駅北口駅前ビル2階。

夜はジビエも楽しめるワインと串揚げの店。


昼はガラリ、カレー専門店に。

『シャトーまるご』


11:30~14:30(L.O14:00)のランチタイムの間、大田区石川台『カレーハウス ドン』の元スタッフによるカレーがいただけるんです。


カウンター席の向かいにはよるニューがズラリ。
ジビエ、ジビエ、ジビエ、魅力的!


その日のカレーは黒板に掲示されています。
基本となるビーフカレーとそのバリエーション、時には全く別のカレーも登場するようです。


★メンチカレー(辛口) ¥1100

目玉焼きが印象的ですね、

カレーの味わいはまさに濃密、とにかくそれに尽きます。

解された牛肉がカレーソース全体に行き渡り食べ応え充分。
甘みも強調されており、これは辛くしていただいてもOKなタイプですね。

ライスは普通盛りで300gと多めなのですが、濃密なカレーと合わせたら多すぎるという印象は全くありません。


メンチカツはA5牛使用でサイズ以上にリッチな旨み。

うーん、実に濃厚濃密。

食べた後の率直な感想は、

「あぁ、ワイン呑みたくなってきた」

なのでした。

まさに、このお店の術中にハマったというわけです。

「カレー細胞」Facebookページ

●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
                         
                                  
        

バンダリ跡に誕生した、アジア屋台料理食堂。『アジア食堂 スキマほーる』(阿佐ヶ谷)

category - [中央線 阿佐ヶ谷~西荻窪]
2023/ 06/ 21
                 
阿佐ヶ谷スターロード入り口。
割と長く営業していた大衆インド料理店『バンダリ』が閉店し、その後にまた面白そうなお店がオープンしていました。

『アジア食堂 スキマほーる』

2023年3月21日オープン。
ベトナムのバインミーをはじめとした、アジア各国の屋台料理を提供する食堂です。

店内はなかなかPOP。
靴下などの雑貨も販売していました。
『バンダリ』同様2階もありますね。

メニューは黒板にて。

ランチメニューはバインミーのバリエーションが豊富。
夜はうってかわって酒の肴になる一品料理が増えるようです。


★肉燥飯 バーソーハン ¥660

いわゆる台湾の魯肉飯(ルーローハン)に分類される一皿ですが、台南で肉をそぼろにして用いた魯肉飯を肉燥飯と呼ぶようです。
一見タイのガパオライスにも見えますが、バジルは用いられておらず旨み推しでシンプルな味付け。
添えられたナマスはバインミーに用いられるアレですね。
卓上調味料をあれこれ加えながら、美味しく完食。

阿佐ヶ谷駅前でこの価格、まさに現地屋台気分でふらり立ち寄れる便利なお店ができたものです。

ちなみにお店のTwitterには「金継ぎも承っております。」と書いてるので、そちらの需要ある方も是非。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ



関連ランキング:バインミー | 阿佐ケ谷駅南阿佐ケ谷駅

                         
                                  
        

世田谷区民は阿佐ヶ谷クミン。『馬芹』(阿佐ヶ谷)

category - [中央線 阿佐ヶ谷~西荻窪]
2023/ 06/ 18
                 
阿佐ヶ谷、行きつけの熱帯魚店の近くにできた、ちょっと個性的な居酒屋。


『馬芹』

「クミン」と読みます。
つまりはスパイス絡みの居酒屋。
それも、カレーとフォーの居酒屋だったんですね。


カウンター横には焼酎や泡盛の瓶がズラリ。
メニューブックはなく、その日の料理は黒板に書かれています。
この日はカレー、フォーの他、台南式ルーロー阪なんかもありましたよ。


★ハイボール ¥500

まずは一杯。
お通しの白菜にはビリッとブラックペッパーが。


★パ~キム ¥500

パクチー×キムチでパ~キム。
胡麻がアクセントで効いていますね。

この日はあまりお腹が空いていないタイミング。
嬉しいことにこちらのカレー、ご飯なしでのオーダーもできるんです。
居酒屋ならではですよね。


★クミンカレー(ルーのみ)¥800

豚ひき肉にジャガイモ、そしてたっぷりのクミン。
肉とクミンを噛みしめるようなキーマです。
反面、クミン以外のスパイスはかなり引き算されており、意外にスッキリ。
スイートチリがかかった千切りキャベツと共に、ご馳走様。

食中酒として合わせたのはこちら

★山原くいな

沖縄本島北部やんばるの泡盛。
まろみと甘みがありつつ、すっきりした飲み口で料理の味を邪魔しないんです。

ふらり2軒めに立ち寄るのにちょうど良いお店。
家がこの辺にあったら、最後の〆に良さそうですね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ



関連ランキング:カレー | 阿佐ケ谷駅