FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

埼玉No1カレー店、ゴールデン街に降臨。「negombo33 ゴールデン街」(新宿三丁目)

東京間借りカレーの聖地として「エピタフカレー」「サンラサー」「百人町スプーン」など多くのカレー店を輩出してきた新宿ゴールデン街。
コロナ禍の影響で夜の街への風当たりが強く、実質ロックダウン状態が続いていたこの場所ですが、ようやく息を吹き返してきました。
カリブのカレーを提供する「マリーダカレー」に続き、埼玉No1カレー店として名高い「negombo33」が新宿ゴールデン街に進出!

区役所側の遊歩道からゴールデン街へ入るこちらの入り口。


そのド正面にあるのが「G2通り」。
向かってすぐ左にあるここ。

ここの2階のBAR「The Every Body's」が、日中「negombo33」が営業している場所。


「negombo33 ゴールデン街」

2020年6月8日オープン。
「negombo33」の東京進出としては、FC的展開の「negombo33高円寺」が最初ですが、実はこの「The Every Body's」というBARも「negombo33高円寺」と同じ経営母体。

コロナの影響で営業を止められていたゴールデン街の活性化という狙いもあり、BAR営業前の日中をカレー屋として営業することになったようです。
昼夜同経営なので厳密には「間借りカレー店」ではなく「二毛作カレー店」になるでしょうか。


店舗自体は2階にありますが、横に窓もあり、上は吹き抜けでロフト階があるなど、意外に開放的。
密への不安もそれほどなさそうです。


メニューは「negombo33」の代表メニュー、ラムキーマとビンダルーの2種。
どちらか選べと言われても無理な方向けに、合がけも用意されています。


★カレー2種盛り ¥1500
・ポークビンダルーカレー
・ラムキーマカレー


おぉ、シックなメタル皿がカッコいいですね。


ターメリックライスに斜めがけされたラムキーマは、私が羊キーマの最高峰と思っている一品。
その味はゴールデン街でも健在。

ワインで煮込んだラム挽き肉のフレッシュな香り、花山椒、生姜、アクセントのピンクペッパー。
塩気強めのガツンとした味がたまりません。


そしてレトルトでも人気のビンダルー。
独特のビネガー感で食が進みます。

高円寺同様カレーのベースは本店から配送。
こちらで最終仕上げを行っているので、味のブレも心配する必要なさそうです。

帰り際、オープン記念でいただいたのがこちら。

西所沢「negombo33」の隣で、店主の奥さんが焙煎しているコーヒー。
これがめちゃ深煎りでカレーの後によく合うんです。

店内でにアイスコーヒーとして提供していますよ。

間借りではなく二毛作である利点で、BAR営業が始まる一時間前の19時までと営業時間が長いのも嬉しいところ。
ランチタイムを逃したときにも便利だし、夕方ここでカレー食べてから早めに飲みに行くのも良さそうですね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

negombo33 新宿ゴールデン街



関連ランキング:インドカレー | 新宿三丁目駅西武新宿駅新宿西口駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

ゴールデン街ランチにカリブのカレー登場。「マリーダカレー」(新宿三丁目)

2020年4月、新宿ゴールデン街にオープンした「マリーダカレー」。
ところが緊急事態宣言により、たった1日営業したところで営業休止。
東新宿の焼き鳥店で臨時営業をしていたのですが、このたびの緊急事態宣言解除により、ゴールデン街での営業を再スタート!


場所はゴールデン街の歌舞伎町側にある、まねき通り。


「人見知り克服養成所」の文字が目印です。


「マリーダカレー」


「bar sono & PHO」のランチ間借りとしての営業。


店内にはホントに人見知り克服できそうな対面カウンターが。
4人入ればいっぱいなコンパクトさです。


現在料理メニューは「エキゾチックキーマ」と「塩漬け豚のコロンボ」の2種類。
キーマも魅力的ですが、なかなかに珍しいコロンボがあるのは見逃せません!


★塩漬け豚とたっぷり野菜コロンボ ¥1000

コロンボは通称「カリブのカレー」。
フランス領だったカリブの島々で生まれたスパイス煮込み料理です。
おそらくは植民地時代に連行されてきたインド系の人々の食文化がベースではありますが、用いられるミックススパイスには、フランス料理に用いられるタイムや、中央アメリカ原産のオールスパイスが加えられ、この地域独自の料理となっています。
「コロンボ」をカレーと呼ぶか否かは、視点の置き方によって変わりますが、少なくとも現地では「カレーではなくコロンボ」というスタンスの様ですね。


しっかりした味の豚の塩漬け。仄辛さの中にちょっとした酸味も感じられ、フィリピンやペルーで食されるアドボに似た風合いも。
添えられたマンゴーの甘酸っぱさがさらに南国気分を盛り上げてくれます。

ライスの上に振りかけられたミックススパイスは卓上にも置かれており、追加投入することで香りを調整することができます。

さらにレモン胡椒などの調味料も用意されており、辛さや味の変化を楽しむこともできます。

しかし、ランチ2択の片方がこんなマニアックな料理とは驚いた。
東京では西麻布のBAR「タフィア」くらいでしか提供されなかったコロンボですが、聞けばやはり「タフィア」とはご縁があるようで、「タフィア」で食べたコロンボの旨さに「店を出すときは絶対メニューに加えようと決めていた」のだとか。

新宿でさっとコロンボ食べて、午後の仕事に向かうなんて粋すぎます。
オープン時の試練を乗り越えて軌道に乗るといいですね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

マリーダ カレー



関連ランキング:カレーライス | 新宿三丁目駅東新宿駅西武新宿駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

愛のグッド・チューニング。祝!店舗営業再開。「サンラサー」(東新宿/新宿三丁目)

4月5月と店舗営業をお休みしていた「サンラサー」が、6月4日からついに営業再開!

「サンラサー」

再開前日のテストランに参加させていただきました。

休業中は、個人店としては異例の速さで冷凍通販のシステムを確立。
こちらもECサイトに商品入荷するや否や瞬殺で売り切れるという人気ぶりで、流石「サンラサー」。
自粛期間中。ネット上にもうひとつ支店ができたといっても過言ではありません。

そのバイタリティは確実に、他の個人店にも勇気を与えてきたし、
ポストコロナ・ウィズコロナといわれる今後も、通販サイトはお店の安定経営を支える大事な柱となるのは間違いありません。

でも、そうなのだけど、やはり「サンラサー」の魅力は有澤まりこさんそのものであります。
実際に対面して、目の前で作ってくださったカレーをいただく幸せに変わるものはありません。

ということで、お店のカウンターに戻ってきたまりこさん。
この日の一皿がこちら。


・キーママタール
・ココナッツえびクリーミーカレー
・群馬 氷室豚 低温調理 マサラの香りで
・今日のひとくちおかず ミニトマトの甘酢漬け
・アチャール各種:ホタルイカ、ゴボウ、えのき、牡蠣。砂肝
・いつものサラダといつものマンゴードレッシング


カレー屋だけど実は定食屋、という「サンラサー」のスタンス通り、実にサービス精神旺盛なラインナップ!
ガッつかせていただきましょう!


「キーママタール(豚挽き肉とグリンピースのカレー)」は、まりこさんがインド料理を習得したキッチンスタジオペイズリーのレシピによるもの。
再出発のこの日に、自らの原点を入れてくる気持ちがヒシヒシ伝わってきます。

「ココナッツえびクリーミーカレー」は海老の旨味溢れる贅沢味。
こちらは、自粛期間中の冷凍カレー製造を手助けしてくれたSPICE VILLAGEの後藤さんインスパイアだそうです。

そして、エロティックな存在感を放つ「氷室豚」は、氷温域で熟成された豚肉の旨味と脂身部分の爽やかな甘みを活かす、抑制されたスパイス使い。
氷室豚は飲食の先輩としてまりこさんが日々勇気をもらっている「豚組」の國吉社長に紹介されて取引を始めたものだそうです。
ちなみに「ミニトマトの甘酢漬け」も「豚組」インスパイアの一品だそうです。

アチャール各種:ホタルイカ、ゴボウ、えのき、牡蠣。砂肝はいずれも食材×酸味のさわやかさが素晴らしい。
急に暑くなってきたこの日に合わせた、まりこさん自身のおもてなしと受け取りました。

そして「いつものサラダといつものマンゴードレッシング」
ここでわざわざ「いつもの」と書くところに、強い想いが感じ取れます。


サンラサーの美味しさは「思いやりと愛」だと常々思っているのですが、この日はまさに。
自粛期間中におそらく、「サンラサーとは?」とあらためて考えた店主の強い想いと決意がこのプレートには詰まっていました。

原点となるペイズリーをはじめとして「サンラサー」を共に支えてくれた人々への感謝と敬意を一品一品に込めた構成。
たくさんの人々が集まることで、「サンラサー」という存在があるのだということがプレートの上に見事に表現されていたんです。
そしてそこに、今この時の、店主自身のおもてなしとして季節感あふれるアチャールを配置。
さらに自分自身と、集まってくれたたくさんの人々の、それぞれの個性を、「いつもの」サラダとドレッシングで、「いつもの」サンラサーにまとめ上げていく。
そして、それを食べるのは「サンラサー」を愛し集まった、われわれお客たち。

実は、「サンラサー」の「サン」は「集まる」という意味。
このプレートこそが、サンラサーの今までと現在、これからの歩みを表現した、決意表明なのだと受け取ったのです。

すげぇなぁ。
一見わんぱく盛りだけど、ここまで思いが詰まったプレートなかなかないですよ。


日々の定食としての料理チューニングとは、関わるみんな、訪れるみんなに向けた愛のチューニングなのです。


再開後、当面の営業スタイルは予約制。
11時から15時まで40分ごとに区切り、席数を抑えての営業です。

営業状況、予約の詳細は、お店の公式サイトをご覧くださいませ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

ゴールデン街の人気間借りカレーが実店舗オープン。まずはテイクアウトから。「エピタフカレー」(新宿三丁目)

新宿ゴールデン街の人気間借りカレー店「エピタフカレー」が、ついに実店舗オープン!
新しいお店は新宿三丁目駅のすぐ近く、新宿末廣亭のちょうど向かい。
看板がまだついていませんでしたが、営業を確認!

「エピタフカレー」

2020年5月15日オープン。

この状況下ですので、まずはテイクアウト限定でのスタートとなりました。


白く塗られたコンクリート打ちっぱなしの壁に木のL字カウンター。
オープン記念のTシャツも販売されていました。

この日は14時頃の訪問、日替わりで3種あるカレーのうち、ポークビンダルーが売り切れとのことで残る2種をテイクアウトオーダー。

★カレー2種(ケララチキン/ひよこ豆のココナッツマサラ) ¥1100
★チキンピクルス ¥400


おぉぉ、テイクアウトでも鮮やかな彩りがエピタフ。
価格は合がけ価格ですが、それぞれのカレーの量も充分でかなり得した気分。
「ケララチキン」と「ひよこ豆のココナッツマサラ」はいずれもメニュー上は(マイルド)と書いてありますが、それはあくまで辛さの話。
確かに辛さは抑え目ですが、味はしっかりしており、いずれも酸味強めでインパクトは大。
これはやはり、酒とともにいただきたいカレーですね。


トッピングくらいの軽い気持ちで追加したチキンピクルス、これも充分におかずや、酒の肴になりえるボリューム。
よし、今夜はこれで酒を飲もう。

自粛要請が解除されれば、人通りも多く賑やかな最高の立地。
新宿東口側は案外、カレーの選択肢が多くなかったので特に嬉しい。
まずはこの苦境を脱するまで、テイクアウトして自宅カレー呑みを楽しみましょうか。


お洒落なスタンドになるショップカードにも注目ですよ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

エピタフカレー



関連ランキング:インドカレー | 新宿三丁目

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

東新宿の超人気店「サンラサー」の悶絶キーマ、ついに通販開始!

歌舞伎町の間借りカレーから実店舗へ。
今や東新宿随一の人気店となった「サンラサー」。

一日限定30食、うち10食は前日予約と競争率が高いこの超人気カレー店が、2020年5月から冷凍通販をスタート!
このチャンスは見逃せません!

サンラサー通販サイトはこちら

通販サイトでの販売開始は5月9日の20時。
冷凍で通販開始されるのは、お店で日替わりカレープレートの軸となっているキーマカレー。
最初は「バイマックルーキーマカレー」に絞った販売となりそうですが、徐々にスパイスセットやグッズなどを増やし、時々限定カレーも販売する予定とのこと。

サイト公開に先行して、販売商品の試食をさせていただきましたので、早速レポート。
.今回試食させていただいたのは、「バイマックルーキーマカレー」と、今後限定発売の可能性のある「花山椒キーマ」。
お店には到底かないませんが、副菜(ゴーヤのスパイスオリーブオイル炒め/かぼちゃの甘煮/パクチー)を加えた合いがけにしてみました。

「バイマックルーキーマ」は肉感あふれる挽き肉にタイ料理でも用いられるバイマックルー(コブミカンの葉)の香りが加わり実にさわやか。
普通のインド料理ではやらない独自アプローチはまさに「サンラサー」です。
最近はレトルトカレーも完成度高いものが多いですが、やはり香りの面では冷凍のほうが圧倒的に素晴らしいですね。

対する「花山椒キーマ」は花山椒だけでなくブラックペッパーにシナモンにクローブとスパイスゴリゴリな攻めのキーマ。
同じキーマでもこれだけ味の振り幅が持てる。
流石の人気店であります。

さらに、ちょっとふざけてこんなこともしてみましたよ。

「サンラサー」のキーマに加え、「negonbo33」のレトルトポークビンダルーの合いがけ。
グッとパンチある酸味のビンダルーと、肉感あるキーマのコントラストがまた面白い!!

こうやって、自宅で勝手に名店コラボプレートを作れるのも通販の楽しいところ。
日本中の名店をコラボさせたくなっちゃいます。

「サンラサー」通販サイトでの販売開始は5月9日の20時。
サンラサー通販サイトはこちら
みんな、正座待機しましょうね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ