FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

圧倒的インパクト!NEWoMan新宿に誕生した、フレンチ技法のグルメカレー。「咖喱屋ボングー」(新宿)

2018年、新宿駅新南口にオープンしたお洒落な商業施設「NEWoMan新宿」。

けれどここには致命的な欠点があったのです。

それは「カレー屋がテナントに入っていない」こと。
これはまさに致命的・・・私が行くきっかけがないではないですか。

ところが。ところがです。
ここに素晴らしいニュースが舞い込んできました。

『ベイクルーズグループの株式会社フレーバーワークスは、グルメカレー店「咖喱屋ボングー」第1号店を、2020年2月27日にNEWoMan新宿店 2F エキソトにオープン。』

うぉぉぉ・・・これは行くしかないですぞ。

ということでオープン前日のプレ営業に潜入成功。

「咖喱屋ボングー」

謳い文句は、洋食を作り続けて40年のシェフが満を持して挑んだ「グルメカレー」。

現在はアパレル事業のほうが広く知られるベイクルーズグループですが、実は起業時には「アパレルを軸とするか、カフェ事業を軸とするか」という選択肢があったそう。
アパレル事業が成功を収めた今、もう一つの悲願だった飲食事業を拡張しており、カレー店としても「J.S CURRY」を経営。
今回はカジュアル使いの「J.S CURRY」とは異なり、「子どもの頃、特別な日に連れて行ったもらった洋食屋さんでの特別な体験」を目指したカレー店として、この店をオープンしました。
現時点ではチェーン展開の構想はなく、この一店舗のみでの営業予定だそうです。

お店のシグネチャーメニューは「贅沢ビーフカレー」。
伝統的なフレンチの技法で作る本格的なデミグラスソースに、多種多様なスパイスを最上のバランスでプラス。
さらに赤ワインでマリネしてから低温でじっくり煮込んだ、ほろほろの牛ほほ肉がたっぷり入っているとのこと。
その価格は肉の量によって三段階。
・贅沢ビーフカレー(ビーフ150g) ¥1600
・贅沢ビーフカレー(ビーフ300g) ¥2400
・贅沢ビーフカレー(ビーフ450g) ¥3200


尋常ではない気合が伺えますね。


店内には、カレー作りへの徹底的なこだわりや米へのこだわりが写真付きで紹介されています。
この日はもちろん、シグネチャーメニューのは「贅沢ビーフカレー」をオーダーしましたよ。


料理がやってくるまでの間は香り高いお茶をいただき待機。

さて、カレーがやってきたようですが・・・え!?

★贅沢ビーフカレー(ビーフ 450g) ¥3200

さ・・・皿がでかい・・・・
ご飯が少なく見えますが、これでしっかり300g。
カレーは熱々のスープボウルで別添えとなっています。

もうこの時点で特別感が半端ではありませんぞ。


カレーの中からは巨岩の如き牛ホホ肉がゴロッゴロ。
椅子から転がり落ちそうなほどの贅沢感。

お皿に盛り付けてみましょう。

おお・・・・


おおお・・・・

早速いただいてみましょう。

・・・なんと、これは美味い。

真っ黒なカレーは、欧風カレーの醍醐味ともいえる深いコクに溢れています。
そして、かなりオトナな苦みが心地よく、クローブとカルダモンが個性的に香ります。

聞けば、フレンチの技法・経験値に裏付けされた漆黒のルー作り。
玉ねぎをあめ色に炒め、小麦粉を焦げる寸前まで炒って作ることで生まれる苦味には相当こだわっているそう。
これは素晴らしい。


そして、スプーンですッと切れるほどに柔らかく、弾力ある牛ほほ肉。
赤ワインと香味野菜、スパイスに一夜漬け込んでから低温で煮込むそうですが、これは至福の味わいすぎる。


折り目正しい欧風カレーのマストアイテム、らっきょに福神漬け、レーズンも完備していますよ。
ちなみにライスは秋田のあきたこまちを使用。

カレーライスで3200円、と考えると高いようにも感じますが、これをフレンチと捉え、圧倒的に美味い牛ほほ肉450gに2日間かけて仕込んだ珠玉のスパイシーソースがたっぷりかかっていると考えれば、決して高すぎるとは思えない不思議。

そう、我々が抱くカレーライス=安価な庶民食という固定観念、
フレンチ=高級で上質なご馳走という固定観念が、価値判断の公平さを狂わせているわけですね。
そろそろ、この辺が再構築されないと。


★赤ワイン

かようなご馳走カレーですから、しっかりワインと合わせたくなります。
愛称はもちろん、抜群。

奇しくも巷では、「SPICE LAB TOKYO」に代表されるモダンインディアンも台頭しはじめており、
「フレンチやイタリアンならともかく、カレーなんかに2000円は出せない」と言われ続けた長い歴史にも終わりが近づいてきたようですね。


ちなみにオープン記念として、2/27~3/4の一週間は、贅沢ビーフカレーとカツカレーが半額での提供。
3/5からは通常メニューの展開となり、野菜カレー、チキンカレーの提供も開始、3/9からはカレーパン、そしてテイクアウトメニューも開始予定だそう。

まずは半額キャンペーンを逃さない手はありませんよ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

カレー屋 ボングー NEWoMan新宿店



関連ランキング:カレーライス | 新宿駅新宿三丁目駅代々木駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

歌舞伎町で朝からカレー雑炊。朝から兼八。「お通 新宿歌舞伎町店 」(西武新宿/新宿)

歌舞伎町の真夜中、そして朝、ちょっと面白いカレーがいただけるお店があるんです。

「お通 新宿歌舞伎町店」

実はここ、宮崎に本店を持つ雑炊専門店。
飲みの〆にいただく雑炊として、福岡の中洲、東京の六本木、そしてここ歌舞伎町と、名だたる夜の街へと展開しています。


入り口脇にはレトロな水着美人の写真。
この女性こそが、「お通」の創業者だったのです。

ここ歌舞伎町店の営業は、なんと24時間。

朝にもなれば、仕事終わりのカラフルなみなさんが集ってきます。
雑炊を掻き込みながら、愚痴を言ったり、夢を語ったり。

しかもこのお店、雑炊食べてさっと帰るだけのお店じゃないんですよね。

とっても気が利いたサイドメニューに・・・・


とっても気が利いたお酒あれこれ。


★兼八 ¥780

まさかの!
歌舞伎町で朝から兼八がいただけるとは。
大分・宇佐で作られる、圧倒的な香ばしさの焼酎。
「麦チョコのよう」ともいわれるその香りは他の麦焼酎とは完全に別物。
素晴らしすぎます。


★めひかりの唐揚げ ¥980

まさかの!
歌舞伎町で朝から深海魚がいただけるとは。
めひかりの和名はアオメエソ、脂ののった味わいとふんわりした食感が魅力。
これはいくらでも食べられます。

あ、そうそう、冒頭に書いた「ちょっと面白いカレー」ってのはこちらのこと。

メニューに「カレー雑炊」が 13種類もあるんです。
これは迷いますよね。


★カレーバター雑炊 ¥1400

グツグツいう鉄鍋からカレーの香り。
今回は(朝食なので)並盛りにしましたが、大盛も無料です。


贅沢にバターがブロックで投入されていますよ。


カレー雑炊は辛さもほどよく旨みたっぷり。
これは芯から暖まる美味さ。

そこにバターがじんわり溶け出し、なんともリッチな食べ心地に。
これ、冬場は特にオススメの一杯。

東京のカレーにもいろいろありますが、このカレー雑炊はまた、カレーを食べるシーンの幅をぐんと広げてくれそうですね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

お通 新宿歌舞伎町店



関連ランキング:自然食 | 新宿駅西武新宿駅新宿三丁目駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

パルテノン神殿の中にある、リアルネパール。「バドサハ」(西武新宿/東新宿)

リトル・カトマンズから少し離れた歌舞伎町。
カネと欲望が渦巻くこの街にも、ネパール人たちがこっそり集う場所があります。

歌舞伎町パルテノン神殿。
その2階。


一見夜のカラオケ屋さんに見えますが、その通り。
いや、その通りだけど、その通りじゃない。


モンゴル料理屋のインパクトある店名に気を取られますが、違う違う、そうじゃ、そうじゃない。


「バドサハ」

入店するや否や、一斉に注がれる視線。
いわゆるカラオケラウンジのように、合皮張りのソファに囲まれた店内は、全員ネパール人。
静まり返る皆。
向かいの席では、民族衣装を纏った老婆がソファの上に片膝立てた態勢で座り、手食をしています。

お、お、お、ここまでの現地感、ここまでのアウェー感、新大久保でもそうそう無いぞ。

と、ドギマギしたのは最初だけ。

実はこの日、オーナーのお母さん、お婆ちゃん(なんと95歳!)、妹、妹の旦那さんが来日しており、みんなでこちらに来ていたようなんです。

一族で歓談しているところにいきなり日本人が入ってきたものだから、お互いドキッとしちゃったわけですね。


★スクティサデコ

聞けばいろいろ出してくれます。
食材あればですけども。

こちらはニンニクバッチリ、噛みごたえバッチリのネパール人歓喜仕様。
私も嬉しいですよ。


★サカリカナ ¥1000

別にサカッているわけではありません。
タカリ族(Thakall)仕様のお食事セット。



ダルスープもククラコマス(ネパールの骨つきチキンカレー)も副菜も、基本味ハッキリめ。
変に日和ったところもなく、実に素晴らしいです。
かなり好みで、お酒も進みます。

ネパール焼酎ロキシーもありますし。

ちなみに「サカリカナ」より品数シンプルなダルバートは「ネパールカナ」という名で500円。
昨今の新大久保500円ダルバートムーブメントに合わせています。
お財布事情に合わせて選ぶと良いでしょう。

向かいの95歳おばあちゃんの華麗な手食に見とれながら食べ進んでいると、いつしか周りは歌と踊りの世界に。

めっちゃ誘われます。
いや、まあ、ここは快く誘われましょう。

このしみったれたご時世。
人生に必要なのは、歌と踊りとスパイスですから。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第3便:カレーに合うお酒【ビール編】 文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

バドサハ



関連ランキング:ネパール料理 | 西武新宿駅新大久保駅東新宿駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

AFURIが挑む激辛ラーメン、新宿に登場。「AFURI 辛紅 新宿サブナード店」(西武新宿/新宿)

順調に店舗拡大するラーメン店「AFURI」が新業態として、辛麺専門店をスタート!

「AFURI 辛紅(からくれない)新宿サブナード店」

2019年9月20日オープン。
場所は新宿サブナード端、福家書店の向かいです。
「辛紅」ブランドとしては6月にオープンした池袋に続く二店舗めとなります。


オーダーは券売機にて。


辛さやトッピングを自由に選べます。

AFURIらしくスタイリッシュな店内。


唐辛子の辛さをイメージした赤いライティングが印象的ですね。


★柚子辛紅らーめん ¥1080
・辛さ=4丁目 ¥0
・真空手揉み麺に変更 ¥0
★パクチートッピング ¥200


AFURIの白清湯スープに数種類の唐辛子をブレンド、柚子の香りを加えた一杯。
まずは追加料金なしの4辛(4丁目)にてお願いしました。


モチッとした食感の真空手揉み麺はなかなか好み。
4丁目は、激辛チャレンジまで行かずお尻も安心な、かつ満足できる辛さで丁度良い感じ。

はっきりとしっかりと香る柚子は、流石AFURI。
AFURIは柚子系が美味いですもんね。
うん、柚子はマストですね。

辛味によく合う鶏チャーシュー、ゴリっと食べ応えある満願寺もよく合っています。

どうやら限定でトムヤムクン麺なんかも出すみたいで、なるほど、カレー以外の料理のスパイスナイズは外食の大きな流れ。
嬉しい方向へ向かってくれているようです。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第3便:カレーに合うお酒【ビール編】 文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
AFURI辛紅 新宿サブナード



関連ランキング:ラーメン | 新宿西口駅西武新宿駅新宿駅


インド×ラーメンの注目店、池袋から移転、「スパイスらぁめん釈迦」(新宿御苑前)

「麺や庄の」の庄野氏と、東京スパイス番長・シャンカール野口氏による共同監修店舗「スパイスらぁめん釈迦」が、池袋から新宿御苑へと移転。

「スパイスらぁめん釈迦」

こちらは以前「麺や庄のgotsubo」があった場所。

カウンター上には「gotsubo」時代のサイン色紙も。

この移転によって「釈迦」は麺庄直営店として再スタート。


いままでの「スパイスらぁめん釈迦」の基本メニューに加え「麺や庄のgotsubo」の「塩らぁめん」を残しており、普通にラーメン屋使いもOKとなっています。


★北印度(味玉) ¥950

南インド風の「天空」と並ぶ「釈迦」の二大メニュー。
北インド・パンジャブ地方をイメージした一杯です。


テジャチリ、シナモン、グローブ、カルダモンなどのスパイスに白味噌を合わせたオリジナリティ。


しかもビーガン対応のベジ仕様なんです。

インドの酸っぱいピクルが卓上に常備されるなど、内装・コンセプト含め、インドのスパイス料理と日本のラーメンがぶつかり合う実験的空間だった池袋に比べると、よりラーメン店としての色が濃くなった印象。

それはそれで、ふらっと立ち寄る客層を掴んでいくのでしょう。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第3便:カレーに合うお酒【ビール編】 文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

スパイスらぁめん 釈迦



関連ランキング:ラーメン | 新宿御苑前駅新宿三丁目駅四谷三丁目駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ