FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

ポテンシャル地球規模!?世界を旅する小さなカレー屋さん。「CHIKYU MASALA」(新宿三丁目)

とても面白いカレー屋が新宿に誕生しました。
場所は新宿三丁目「松屋」のちょうど隣のビル。

「CHIKYU MASALA」(チキュウマサラ)

世界を渡り歩くフォトグラファー、エディさんによる独創性たっぷりのカレー屋さん。

2020年3月に一旦オープンしたものの、数日営業しただけで自粛要請を受け休業。
ようやく緩やかに再始動しています。


夜はBARになるこの場所、チキュウマサラは15時までの営業。


カウンターのみの小さな空間を、スパイスの香りが包みこみます。


店内にはエディさんが世界で撮影した写真や、デザインワークが。(エディさんはデザイナーでもあるのです!)
なんとも心地いいアトリエのようですね。


お冷やのかわりに出てきたのはレモンスカッシュ。
これにまずビックリ。
いきなりハートを掴みにきます。


★ 【今週のカレー】カシューナッツペーストのローストチキンカレー ¥1000

ムガル宮廷式、秘伝のガラムマサラを用いたカシューナッツたっぷりのクリーミーカレー。
とにかくナッツのコクが凄い!北インドというより寧ろ中近東テイストを感じさせる味わい。
そして具材のチキンが美味い。しっかりした下味と弾力。手間がかかっています。

さらにメインのカレーがクリーミィなぶん、ライスにクローブなどのホールスパイスを入れたバランス感覚もナイス。


副菜には塩レモンや青パパイヤのアチャール、スパイスリンゴなど。細部に渡る拘りがひしひしと伝わってきます。


卓上にはオリジナル開発の調味料がズラリ。
出雲のおろち唐辛子を用いたチリソースやら、パパイヤシードのドレッシングやら、これまた一筋縄ではいかない拘りが、この店の底知れぬポテンシャルを感じさせますね。
もちろん、カレーの味変も自在。

いやぁ楽しい。


食後にはアッサム茶葉のチャイ。
なんとこれが1000円の価格に含まれているんです。
サービス良すぎますね。
しかも茶葉とカルダモンがしっかり香り、しっとり甘い最高の仕上がり。

これは面白いお店です。他にどんな引き出しがあるのか、探求していきたいところですね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

チキュウ マサラ



関連ランキング:カレー(その他) | 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

シンガポールの定番朝食カヤトーストの人気店、日本進出!「ヤクン カヤトースト」(都庁前)

シンガポールの定番朝食「カヤトースト」、その人気老舗が日本進出!


「ヤクン カヤトースト新宿住友ビル店」(Ya Kun Kaya Toast)

2020年6月15日オープン。

「Ya Kun Kaya Toast」は創業1944年。
現在はシンガポール国内で70店舗以上、世界10カ国で約120店舗を展開する有名チェーン。
(実は一時期、豊洲に進出をするも撤退したことがあります)

こちらも朝7時からの営業となっており、新宿での気の利いた朝食需要に応えるお店となっています。


メニューにはカヤトーストの他、ラクサや海南鶏飯、カレー等のシンガポールフードも。
朝・昼・晩と使えますね。


席数は堂々の116!
ソーシャルディスタンスだって十分に保てます。

オーダーは先払い。
注文を受けてからトーストを焼き、出来上がるとブザーでお知らせ。

★A set カヤトースト・バター ¥490+税

基本の朝食セットをオーダーしてみました。


「カヤトースト」とは、砂糖、卵、ココナッツミルク、パンダンリーフで作られたカヤジャムがたっぷり塗られたトースト。


カヤジャム自体は甘ーいのですが、そこへさらに薄くスライスされたバターが挟みこまれることで、程よい塩気がプラスされています。

そのままでも充分美味しいカヤトーストですが、温泉卵に絡ませながら食べるのが現地で定番の食べ方。

用意されたブラックソイソースと胡椒を温泉卵にかけ、ラフにかき混ぜ…


カヤトーストをドボン。

「え?どんな味になっちゃうの?」と思う方もいるかもしれませんが、一度お試しあれ。
独特の甘さと塩味に加え、コクやまろやかさもプラス。
西洋と東洋の絶妙なハーモニーが楽しめます。これこそシンガポール!!
癖になりますよ。


セットドリンクはコピ。
コンデンスミルクと、エバミルク入りの甘いコーヒーです。
ちなみにお好みで砂糖有り無し、ミルク有り無しを選ぶこともできますよ。

ま、甘い方が現地の風を感じますけれども!

年々熱帯化する東京に相応しい、素敵な朝食処。
新宿以外にもどんどん出店してほしいと願うのでした。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

Ya Kun Kaya Toast 新宿住友ビル店



関連ランキング:カフェ | 都庁前駅西新宿駅新宿西口駅


新宿駅改札脇になんと、スパイスカレー店が登場。「SPICE FACTORY SHINJUKU」(新宿)

JR新宿駅東口改札前。
「BERG」の手前に新しいカレー屋さんができていてビックリ。

「SPICE FACTORY SHINJUKU」

どうやらオープンは2020年7月17日。
翌18日に何の情報もなくこの前を歩いている俺恐るべし。


経営はJRフーズ。新宿に先立って品川駅ナカにオープン、こちらが2号店となるようです。


オーダー・会計は券売機にて。
カレーは
・スパイシーチキンカレー
・夏野菜とココナッツミルクのエスニックカレー
・パクチーとポークのキーマカレー
の三種。
米の種類や量、トッピングが選べます。
キーマカレードッグなんてのもあるんですね。


料理の出来上がりを待つ間、テーブルにディスプレイされたホールスパイス達を眺めて楽しみましょうね。


★チキンとキーマのあい盛りカレー(雑穀米+キャベツ・普通盛) ¥930

ここはやっぱり合がけ(この店では「あい盛り」)でしょう!!


◎スパイシーチキンカレー
カルダモン、クローブ、シナモンをテンパリングしたオイルで仕上げたシャバシャバカレーはまさに、昨今のスパイスカレー。
味も香りも過不足なし、食べ飽きないチューニングで、これは予想以上に良いですね。


◎パクチーとポークのキーマカレー
豚粗挽き肉で仕上げたキーマに、ナッツやドライフルーツ。
ちょっと甘辛なテイストがこれまた良いバランスですね。

ライスは「雑穀米+キャベツ」を選んでみました。ライス部分の半分がキャベツになっているため、炭水化物をあまりとりたくない向きにもオススメ。
そして何より、キャベツとお米を混ぜると、カレーの味がジューシーに染みてきてええ感じなのです。


さらに刺激が欲しい時は、カウンターにあるカイエンペッパーと花椒を使いましょう。
キーマには特に花椒が良く合いますよ。


★ホットチャイ ¥350

しっかりとした香りのチャイ。
テイクアウト仕様が有難いですね。

今まで、いわゆるニッポン式カレースタンドがあったような立地にスパイスカレー店ができるなんて。
しかも残念な感じは一切なく、またふらり立ち寄っていいと思えるレベルの安定感。


カレーの新時代を実感しますね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

スパイスファクトリー 新宿東口店



関連ランキング:カレーライス | 新宿駅新宿西口駅新宿三丁目駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

埼玉No1カレー店、ゴールデン街に降臨。「negombo33 ゴールデン街」(新宿三丁目)

東京間借りカレーの聖地として「エピタフカレー」「サンラサー」「百人町スプーン」など多くのカレー店を輩出してきた新宿ゴールデン街。
コロナ禍の影響で夜の街への風当たりが強く、実質ロックダウン状態が続いていたこの場所ですが、ようやく息を吹き返してきました。
カリブのカレーを提供する「マリーダカレー」に続き、埼玉No1カレー店として名高い「negombo33」が新宿ゴールデン街に進出!

区役所側の遊歩道からゴールデン街へ入るこちらの入り口。


そのド正面にあるのが「G2通り」。
向かってすぐ左にあるここ。

ここの2階のBAR「The Every Body's」が、日中「negombo33」が営業している場所。


「negombo33 ゴールデン街」

2020年6月8日オープン。
「negombo33」の東京進出としては、FC的展開の「negombo33高円寺」が最初ですが、実はこの「The Every Body's」というBARも「negombo33高円寺」と同じ経営母体。

コロナの影響で営業を止められていたゴールデン街の活性化という狙いもあり、BAR営業前の日中をカレー屋として営業することになったようです。
昼夜同経営なので厳密には「間借りカレー店」ではなく「二毛作カレー店」になるでしょうか。


店舗自体は2階にありますが、横に窓もあり、上は吹き抜けでロフト階があるなど、意外に開放的。
密への不安もそれほどなさそうです。


メニューは「negombo33」の代表メニュー、ラムキーマとビンダルーの2種。
どちらか選べと言われても無理な方向けに、合がけも用意されています。


★カレー2種盛り ¥1500
・ポークビンダルーカレー
・ラムキーマカレー


おぉ、シックなメタル皿がカッコいいですね。


ターメリックライスに斜めがけされたラムキーマは、私が羊キーマの最高峰と思っている一品。
その味はゴールデン街でも健在。

ワインで煮込んだラム挽き肉のフレッシュな香り、花山椒、生姜、アクセントのピンクペッパー。
塩気強めのガツンとした味がたまりません。


そしてレトルトでも人気のビンダルー。
独特のビネガー感で食が進みます。

高円寺同様カレーのベースは本店から配送。
こちらで最終仕上げを行っているので、味のブレも心配する必要なさそうです。

帰り際、オープン記念でいただいたのがこちら。

西所沢「negombo33」の隣で、店主の奥さんが焙煎しているコーヒー。
これがめちゃ深煎りでカレーの後によく合うんです。

店内でにアイスコーヒーとして提供していますよ。

間借りではなく二毛作である利点で、BAR営業が始まる一時間前の19時までと営業時間が長いのも嬉しいところ。
ランチタイムを逃したときにも便利だし、夕方ここでカレー食べてから早めに飲みに行くのも良さそうですね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

negombo33 新宿ゴールデン街



関連ランキング:インドカレー | 新宿三丁目駅西武新宿駅新宿西口駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

ゴールデン街ランチにカリブのカレー登場。「マリーダカレー」(新宿三丁目)

2020年4月、新宿ゴールデン街にオープンした「マリーダカレー」。
ところが緊急事態宣言により、たった1日営業したところで営業休止。
東新宿の焼き鳥店で臨時営業をしていたのですが、このたびの緊急事態宣言解除により、ゴールデン街での営業を再スタート!


場所はゴールデン街の歌舞伎町側にある、まねき通り。


「人見知り克服養成所」の文字が目印です。


「マリーダカレー」


「bar sono & PHO」のランチ間借りとしての営業。


店内にはホントに人見知り克服できそうな対面カウンターが。
4人入ればいっぱいなコンパクトさです。


現在料理メニューは「エキゾチックキーマ」と「塩漬け豚のコロンボ」の2種類。
キーマも魅力的ですが、なかなかに珍しいコロンボがあるのは見逃せません!


★塩漬け豚とたっぷり野菜コロンボ ¥1000

コロンボは通称「カリブのカレー」。
フランス領だったカリブの島々で生まれたスパイス煮込み料理です。
おそらくは植民地時代に連行されてきたインド系の人々の食文化がベースではありますが、用いられるミックススパイスには、フランス料理に用いられるタイムや、中央アメリカ原産のオールスパイスが加えられ、この地域独自の料理となっています。
「コロンボ」をカレーと呼ぶか否かは、視点の置き方によって変わりますが、少なくとも現地では「カレーではなくコロンボ」というスタンスの様ですね。


しっかりした味の豚の塩漬け。仄辛さの中にちょっとした酸味も感じられ、フィリピンやペルーで食されるアドボに似た風合いも。
添えられたマンゴーの甘酸っぱさがさらに南国気分を盛り上げてくれます。

ライスの上に振りかけられたミックススパイスは卓上にも置かれており、追加投入することで香りを調整することができます。

さらにレモン胡椒などの調味料も用意されており、辛さや味の変化を楽しむこともできます。

しかし、ランチ2択の片方がこんなマニアックな料理とは驚いた。
東京では西麻布のBAR「タフィア」くらいでしか提供されなかったコロンボですが、聞けばやはり「タフィア」とはご縁があるようで、「タフィア」で食べたコロンボの旨さに「店を出すときは絶対メニューに加えようと決めていた」のだとか。

新宿でさっとコロンボ食べて、午後の仕事に向かうなんて粋すぎます。
オープン時の試練を乗り越えて軌道に乗るといいですね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

マリーダ カレー



関連ランキング:カレーライス | 新宿三丁目駅東新宿駅西武新宿駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ