fc2ブログ
2024/02/03
2024/01/31
2023/11/15
2023/08/22
2023/08/17

[渋谷エリア]

        

道玄坂の定番スープカレー店が移転再スタート。『SHANTi渋谷店』(渋谷)

category - [渋谷エリア]
2024/ 02/ 03
                 
再開発中の道玄坂。

あ、『SHANTi渋谷店』がなくなってる!?

と思ったら、少し脇道に入った場所へと移転していました。

『SHANTi(シャンティ)渋谷店』

2024年1月5日移転オープン。


新しい店舗は地下。


前より狭く席数少なくなったけども、厨房が身近になってこれはこれで良いですね。

この日の店員さんはネパール人男女。
完全モバイルオーダーなので、コトバの壁も大丈夫です。



★MOMO(水餃子)と野菜のスープカリー ¥1200
・トッピング:チキン +¥600
・辛さ:4{激辛} 無料


やはりシャンティならではのスープカレーといえばネパール餃子「モモ」ですよね。
ネパール人が厨房にいるなら尚更です。
とはいいつつ、やはり定番の骨付きチキンも捨てがたいのでトッピングするのが吉。

辛さ4は無理ない辛さ。
やっぱり北海道スープカレーって、少しは辛くしたほうが味が締まりますね。

久々に食べたシャンティのスープカレー。
特に尖ったところはないけれど、この程よさがまた良い感じ。

実は私が初めて食べたスープカレーって、このシャンティの味なんです。
確か原宿店だったなぁ。

個人的には渋谷店より、原宿店と高田馬場店が好きだったのだけど、今回はなんだか移転前より美味しく感じる。
厨房が近いことによる心理的な効果なのか、それとも。


ともあれ満足のスープカレーランチ。
『Samurai.』や『SUAGE』もよいけど、ふとした時のシャンティも良いものです。


「カレー細胞」Facebookページ

●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
スポンサーサイト



                         
                                  
        

朗報。渋谷ヒカリエ地下でビリヤニがイートインできるようになりました。『Sita』(渋谷)

category - [渋谷エリア]
2024/ 01/ 31
                 
渋谷ヒカリエB3、日比谷花壇脇の『マンゴツリーカフェ』が入っていた場所に、中目黒のインド料理店が入っていました。

『Sita』(シータ)

中目黒、祐天寺、学芸大学にも店舗を構える『Sita』、もはや東横線の顔ですね。


テイクアウトはカレーやビリヤニをズラリ取り揃え。


カウンター席でのイートインも可能なのは『マンゴツリーカフェ』から変わらずです。
そうそう、これがランチのちょっとした穴場なんですよね。
通し営業だし、とても便利。


【ビリヤニと1種の選べるミニカレー付き】 ¥1265

カレーはサグチキンを選択。
ビリヤニは自動的にチキンビリヤニなのでチキンチキンですが問題はありません。


流石は『Sita』。
ほど良くちゃんとしてて、ほどよくスタンダード。
塩気若干強めで味をはっきりさせつつ、辛さは控えめで、万人にわかりやすいビリヤニとなっています。
カレーも、突出した点はないけれどソツなくまとまっています。

この立地でスパイス効かせすぎちゃうと、苦手な方も出てきますから。

それでも、そもそも15年前にはバスマティ米のビリヤニ自体が珍しかったことを考えれば、随分時代は変わりましたね。

「カレー細胞」Facebookページ

●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ



関連ランキング:インドカレー | 渋谷駅神泉駅表参道駅

                         
                                  
        

道玄坂地下DJ-BARの週3限定スパイスカレー。『ZU CAFE/頭バー』(渋谷)

category - [渋谷エリア]
2023/ 11/ 15
                 
渋谷・道玄坂地下のDJ-BAR『頭バー』が火・水・木の週3日のみのランチ営業で本格的なスパイスカレーを提供中。

場所は道玄坂から見てマークシティの裏側。
『渋谷古書センター』という古いビルといえば分かる人も多いのではないでしょうか。


『ZU CAFE』

実はこのビルの一階で75年間営業していた「古書サンエー」は今年6月に閉店したばかり。
(2階にある「Flying Books」は今も営業しています)
ちょっと寂しい雰囲気ですが、地下へ下りれば別世界が待っています。


外からは全く想像がつかないDJ-BAR空間。


さすが『渋谷古書センター』地下、ここでも古本販売をしているんですね。

カレーのメニューは週替わりカレーで2種。
その他、台湾式「魯肉飯と水餃子のセット」も用意されています。

オーダーしたのは、もちろんこちら。

★今週のカレープレート 2種盛り ¥1200
◎チキンカレー
◎豚肉とキノコのカレー


DJ-BARのランチカレーとは思えないレベルのビジュアルですよね。
見た目だけではありません、味も香りもしっかりしているんです。

◎チキンカレー
このお店の基本となる定番カレー。
鶏はむね肉を使用。マスタードシードにクローブといったホールスパイスが用いられており、
インドの家庭で出てきそうなイメージのチキンカレーです。

◎豚肉とキノコのカレー
ホールスパイスから作ったインドよりのカレーに舞茸、シメジ、大根といった和食材、
そこに白ワインや生クリームを加えた和印洋クロスオーバーカレー。
DJ-BARらしいサンプリングとリミックスが光ります。

ライスの上にちょこんと乗っているのはあらビックリ、魯肉飯のアタマ。
八角の香りと肉に染み渡る甘さで、プレートの良きアクセントになっていました。

営業は平日週3のみと渋谷ワーカー以外にはハードル高めですが、逆にタイミング合えば嬉しいですよね。


「カレー細胞」Facebookページ

●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ



関連ランキング:バー | 渋谷駅神泉駅

                         
                                  
        

再開発進む渋谷桜ヶ丘に本格ネパール料理店。『ビストロ ローカル』(渋谷)

category - [渋谷エリア]
2023/ 08/ 22
                 
渋谷道玄坂に2021年春、忽然と登場して、近隣ネパール人の喝采と一部の日本人マニアの感涙を誘った『ローカル渋谷』。
その姉妹店が渋谷桜ヶ丘に誕生しています。


場所はかつて『カンティプール』があった場所。
渋谷ネパール料理の先駆けとして長きに渡り営業してきた立地とあって、ネパール人の皆さまにも馴染みがある場所と言えるでしょう。

新しい店舗の名前は・・・

『ビストロ ローカル』

2023年6月5日オープン。

1号店『ローカル渋谷』同様、
ネットで飲み会場所を探す層には「半個室あり、飲み放題ありのBBQレストラン」
ふらり立ち寄る一般層には「肉が美味しいインド料理店」
ネパール人と日本人マニアに向けては「渋谷でネパール料理がゆったりいただけるお店」と、
3層構造の見せ方になっています。


広い店内空間を生かし、すでにネパール人の貸切パーティー需要もあるそうですよ。


★ククリラムコーラ ¥650

ネパールのラム、ククリラム。
私が一番好きなラムコークはこのラムをベースにしたもの。
香りが強く、スパイス料理とぶつけても決して負けないんです。


★お通し ¥350

この日は鶏皮の唐揚げでした。


★ラムスープカレーセット ¥1980

ネパール人経営であっても、日本人がとっつきやすいインド料理、バターチキンやナン、タンドリーチキンをメインに出すお店が多いことは皆さんご存知でしょう。
そういう店で「スープカレー」という名前がメニューにあった場合は即オーダーすべし。
ネパール人シェフたち自身が本当に好きな故郷の味、ネパール式のカレーをこっそりメニューに入れる時にも用いるのが「スープカレー」という言葉なのですから。

こちらのお店は比較的堂々とネパール料理を出してはいるのですが、それでも渋谷という立地柄わかりやすい名前をつけねばならない。この「スープカレーセット」もアルファベット表記の方は「Dalbhat」(ダルバート)になっているんですね。


真鍮の器が用いられた、ネワール族的盛り付けのダルバート。
カシコマス(ネパールの羊カレー)とミックスダルスープにライス、そのほか各種アチャールとグンドゥルック(発酵干し野菜)が並んだ本格派です。つまり完全に、同胞向け。
渋谷区だけでなく、世田谷区にも多く住むネパール人たちにとって、新大久保まで行かずともここでダルバートがいただけるのはとても嬉しいはず。

アクセスの良い渋谷の地で、大人数のネパール料理パーティーができるなんて、一昔前は想像がつかなかった。
時代も変わってきましたね。

●「カレー細胞」Facebookページ https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ



関連ランキング:アジア・エスニック | 渋谷駅神泉駅代官山駅

                         
                                  
        

渋谷の隠れ家BARはカレーとスパイス酒の秘境でもある。『Bar LSD』(神泉/渋谷)

category - [渋谷エリア]
2023/ 08/ 17
                 
カレー好きな皆さんがまだ知らない渋谷カレースポットを紹介できるのもジャパニーズカレーフェスティバルの醍醐味。
こちらは夜2時頃までやっていてカレーやスパイス酒がいただける隠れ家BARです。



『Bar LSD』

元々、今はなき中目黒『ベロニカ』からの繋がったこのお店ですが、
今や『DJ-Bar東間屋』『カレーショップ初恋』『Bar LSD』と一列に並ぶ渋谷スパイス酒ベルトの一角です。


ちなみに店名のLSDは「Local Support Department」の略ですのでご安心を。


★スプリッツァー

まずは爽やかにビール×ワイン。


★ねっかHI

奥会津から来た330ml瓶の米焼酎ハイボール。
呑みやすく、かつ面白いですね。

日によって作り手、内容が変わり、どんなカレーが出てくるか楽しみなこのお店、この夜のカレーはこちら。


★ケララチキンカレー、ネパールのグンドゥルックアチャール添え ¥1200

南インド・ケララ州のココナッツベースのチキンカレーに、ネパール山岳部の漬け物をオン。
まあ、この場所でこれがいただけるなんて思いもよらないだろうて。

まさにカレー好きのためのBAR。
穴場中の穴場です。

合わせたのはデュワーズベースのティムル(ネパール山椒)ハイボール。

程よい痺れがカレーに最高にマッチしますよね。

その他にもいろんな漬け込みをしているので聞いてみてくださいね。


JAPANESE CURRY FESTIVAL2023 in 渋谷 8/4-20開催。
『Bar LSD』も参加中。
カウンターにQRコードがあるので、スタンプラリーにも参加してくださいね。

logo_b.jpg
★JAPANESE CURRY FESTIVAL2023公式サイトはこちら。

★スタンプラリー「Japanese Curry Rally」はこちらから。


●「カレー細胞」Facebookページ https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ



関連ランキング:バー | 渋谷駅神泉駅代官山駅