FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

意表を突くクオリティ、カシミール的カツカレーが美味い。「男気 豚カツカレー 渋谷店」(渋谷)

ある意味、「意表突かれ度」2020年ナンバーワンじゃないでしょうか。
渋谷ヤマダ電機裏の悶々横丁になんと、カツカレー専門店が登場。

「男気豚カツカレー 渋谷店」

見てください、この店構え。
激安串焼き居酒屋チェーンのような、ベタベタなルックス。
この見た目に釣られ、あまり考えずに入店した人は踵を返すやもしれませぬ。

だってここ・・・


びっくりするほど広い店内。充分すぎるディスタンス。

店内に流れるのは昭和歌謡曲。

壁のポスターには健さんからジェットジャガーまで。

うんうん、ここまで見ても、激安居酒屋チェーンっぽいですよね。

なのにここ・・・・

券売機を見た人はきっとビックリするでしょう。

カツカレーの価格帯は1280円~2780円となかなかの攻めっぷり。

普通この価格帯狙いなら店舗デザインも上質感メインにするだろうに。

・・・で、ここからさらに意表を突かれるわけです。

なんなん?ハイドラバーディソースとか、ピアイザーソースとか。
この店のどこにそんなインド料理マニア要素があるん????

なんだか狐につままれたような気分(インドにもベンガルキツネが生息してますからね)で、まずは中間価格帯を攻略。

店員さんに食券を渡すと辛口(ハイドラバーデ)かマイルド(ピアイザー)かを訊かれます。
もちろん辛口で。
するとすかさずカレーが到着・・・・というわけでなく、そこそこ待ちます。
というか、ちゃんと豚カツ揚げてますね。


★男気上ロース豚カツカレー(国産豚) ¥1980

・・・・はい、ここでまた意表突かれました。

皿デカい!
しかもこれ「デリー」のカシミール系やん。

しかも豚カツ別皿!!
豚カツ屋のカツカレーでたまにあるスタイルだけど、大抵は暗に「ホントはカレーにつけずに食べたほうが美味しいんだけどね・・・」というアピールを感じちゃうアレ。


ロースカツは堂々の200gで迫力充分。
衣はきめ細かめ、薄め、サクッと硬め。そしてブラックペッパーが練り込まれています。
単体でいただいても美味い豚カツ・・・やっぱりね。

と、ところがここでまた意表を突かれます。

このカツ、カレーにつけたほうが圧倒的に美味い!

カレーはビジュアルを裏切らない辛さ。
まさに「デリー」のカシミールインスパイアでありつつ、さらに苦味が強いチューイング。
なかなかのパンチ力で、ご飯と豚カツが捗ります。

なんだなんだ、カツもカレーも予想を裏切るレベルの高さではないか。

店構えからの予想を裏切る高価格でありながら、価格に見合ったクオリティ。
一体何なんだこの店は??

リピートしてしまうかもしれないではないか。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

斬新かつカジュアル。絶妙な魅力のモダン・タイレストラン。「CHOMPOO」(渋谷)

地下レストラン街のカレー色の濃さが話題の渋谷パルコですが、4階にあるこのお店も忘れてはいけません。
・・・というか、こちらが本丸ともいえましょう。

「CHOMPOO」(チョンプー)

オープンは2019年11月22日。
「Salmon&Trout」シェフの森枝幹さんがプロデューサーを務め「日本のタイ料理をアップデートする」を旗印にしたレストラン。
シェフのギャプさんの故郷であるチェンマイの郷土料理をベースとしつつ、ローカルフードの枠を超えた料理に挑戦しています。

インド料理でもようやく、世界基準のイノベーティブフュージョンが囁かれ始めた日本ですが、タイは元々イノベーティブやガストロノミーが盛んな国。そのモダンな側面が日本で楽しめるのはとても嬉しいことですね。


イノベーティブ・レストランと聞くと、カジュアルには入りづらいメージもありますが、この店は実にフランク。
渋谷の買い物ついでにふらっと立ち寄れる気軽さに溢れています。


ビジュアルブックとしての完成度が高いメニューは見ているだけで楽しい。




ずっと見ていられますが、ここは飲食店。
粘りすぎずしっかりオーダーしましょうね。


★鮎のカオヤム ¥1500

ふわぁ・・・これは美しい!眼福!

バタフライピーで鮮やかな青に染められたご飯。

威風堂々と鎮座する鮎。

そして周囲には10種以上の野菜、ハーブ、花びら。
これら全てをぐちゃーっと混ぜていただくのがカオヤムの愉しみ。

鮎も骨ごと崩して。ナンプラーをかけて。
カラフルな色彩が混ざり合う様はまさにエンタテインメント!!

そして一気にいただきます。
まず、当然ながら鮎がとても美味い。特有の苦味、柔らかな骨の食感。
そこにタイ特有のナンプラー、バイマックルーの香りが重なり合い、なんとも魅惑的。

日本食材とタイの伝統調理の見事な融合、それをカジュアルにいただける幸せ。


★おさるのジントニック ¥900

となればスパイス酒もいただきたいところ。
こちらは完熟バナナフレーバーを移したジンにスターアニスを加えたジントニック。
なかなか洒落が効いていますね。

お味も酒好きスパイス好きの望みにしっかり応えてくれるものでした。

斬新さとカジュアルさ、タイの伝統と日本の食材。
そのバランスが絶妙なこのお店、一度きたら虜になること請け合いですよ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

注目。代々木公園のスパイスカレー新店。「カレーサファリ」(代々木公園/代々木八幡)

渋谷の奥、奥渋のさらに奥。
代々木公園駅のすぐそばにスパイスカレーの新店発見。

「カレーサファリ」

2020年9月20日オープン。
先日、赤坂のエチオピア料理店「サファリ」が中野に「サファリ カレーショップ」をオープンしたのとは無関係。
こちらはスパイスカレーとクレープのお店となっています。
(クレープは15 時からの提供)

カレーは
・チキンカレー
・シュリンプカレー
・キーマカレー
・specialカレー
の4種。
あいがけもできました。

ちなみにこの日のspecialはポークビンダルー。
奥渋エリアのビンダルーブームはすごいですね。


★シュリンプとキーマ ¥1200 +税

せっかくなのであいがけを。
トッピングでカチュンバルとパクチー、自家製ハリッサ、浸し豆、カボチャクリームチーズ、パパドが付いてきます。


◎シュリンプカレー
海老出汁と和風出汁で仕込んだカレー。
濃厚な旨み押しながら、クミンやマスタードシードなどのホールスパイスもたっぷり。
どこかベンガル感もあるナイスな味わい。


◎キーマカレー
粗挽きキーマにローストナッツ。卵黄がトッピングされています。食感はウェットながら、「吉田カレー」のキーマを想起させる濃厚具合が好みでした。

そして副菜それぞれの主張もなかなかのもの。
かなりしっかり作り込まれており、混ぜて食べた際の味変も大きくて楽しいですね。

新店ながら、地に足がついた料理が頼もしい。
「スパイスポスト」と並ぶ代々木公園の人気店となっていくかも知れませんよ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

カレー サファリ



関連ランキング:カレーライス | 代々木公園駅代々木八幡駅代々木上原駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

Bunkamuraの脇でほど良きスパイス感の辛麺。「頂マーラータン」(渋谷)

辛い麺が食べたい気分のある日、Bunkamuraのすぐ脇にこんなお店を発見。


「頂マーラータン」

なんとちょうど良い。
さっそく頂きに参りましょう。

店舗は階段を降りた地下。
とてもカジュアルな雰囲気です。


オーダーはメインの具材を選び、トッピング追加していく方式。
麺の変更も可能でしたが、ここはやはりデフォルトで。


★ラム肉のマーラータン ¥820
・辛さ:3


羊にすると一気に大陸感が増しますね。


スープは鶏ガラに飛魚の焼干、鰹、昆布などを合わせた和風ベース。
そこにスパイスや薬膳素材を30種以上使用。
季節によってスパイス配合を変えているそう。
辛さは追加料金なしの3にしたら、程よい辛さでした。


麺は奈良の小さな工場で手作りしているオリジナル春雨。
もちもちプニプニ食感がなかなか良い感じ。
これはまずこの麺で食べるべきですね。

辛い麺を食べたい気分も程よく満たされ、けれど決して重くなくて良かった。

トムヤムトッピングなんかも興味あるので、また伺うとしましょう。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ミヤシタパークに出現したモダンタイ&ベトナミーズ。 「DADAI」(渋谷)

宮下公園跡地に開業した「MIYASHITA PARK(ミヤシタパーク」1階に、モダンタイ&ベトナムレストランが誕生しました。


「DADAÏ THAI VIETNAMESE DIMSUM」(ダダイ タイ ベトナメーゼ ディムサム)

銀座「DAZZLE」などを展開する「HUGE」にとって4店舗目のアジアン業態。
店名は20世紀初頭に勃興した、既存の常識を破壊する芸術思想「ダダイズム」からきているようです。

店内の巨大な絵画にもそのコンセプトが強く見てとれますね。

店内は立ち飲みスタイルのバーエリアからダイニング、ラウンジエリアと分かれており、シーンによって使い分けたりエリアを移動して楽しんだりも。

と、ここまで書くとさぞや高級店・・・と思ってしまいますが、料理もお酒もかなりリーズナブル。
パリッとしたシャツスタイルの若い店員さんたちもオーダー入ると威勢の良いかけ声で、カジュアル居酒屋のような気楽さがあります。

この日は立飲みバーカウンターからスタート。

★ダダイ・ミュール ¥650

モスコミュール好きとしては見逃せないシグネチャーカクテル。
タマリンドの酸味を利かせトロピカルに仕上げたモスコミュールで、フレッシュミントとドライドラゴンフルーツのトッピングも粋、


★鴨と新ショウガ、焼きナスのヤム ¥700

こちら前菜に最適な一品。
鴨のローストで焼きナスを包むようにいただきます。
意外にHOTな辛さに加え、新ショウガがかなり刺激的!
酒進む!


★アジアンレモンクーラー ¥550

生姜が効いたレモンクーラーにマドラーがわりのレモングラスがストン。
爽やかな香りでボリュームも満点、ゴクゴク飲めるのが嬉しい。

さて、もちろんカレーメニューも御座いますよ。

★プーパッポンカリー・三種の蟹のふわふわ卵¥2200

ディナーのメインを飾るにふさわしい華やかなビジュアル。
立派なハサミはたぶんズワイガニですね。
フワッとした玉子に絡まるのはワタリガニの腹肉、この日は蟹卵もたっぷり入っていてラッキー!
上海蟹壁多様なお得感です。
あと一種のカニは、何だろ?マングローブクラブとかかな?

味付けは結構塩気強めで、ご飯や酒がグングン進む味!
ちなみにライスは別売り、私はお酒だけでいただきましたよ。

渋谷駅から近い好立地で、ちょっとアッパーな雰囲気を手軽に楽しめる。
デートや会食だけでなく、飲みの梯子に入れても良いお店でした。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

DADAI THAI VIETNAMESE DIMSUM



関連ランキング:タイ料理 | 渋谷駅明治神宮前駅原宿駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ