fc2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

アキバでジャワ現地式カフェタイム。「チンタ ジャワカフェ秋葉原店」(秋葉原)

秋葉原でリアルジャワ料理!


「チンタ ジャワカフェ秋葉原店」

2014年、ジャワ料理を中心とした現地式インドネシアレストランとして平塚にオープンした「チンタジャワカフェ」の支店。
現在は渋谷にもお店を構えています。

14時30分を過ぎるとカレーの選択肢が急に狭まる秋葉原、通し営業の貴重なお店でもあります。


店内には他に客が7人ほど。
みなインドネシア人の様子です。

イスラム教徒が多いインドネシアですから、こちらの料理はハラール対応。
ビル内には礼拝室もあります。

メニュー数はとにかく多く、初めての方は迷ってしまうでしょう。
お一人様で迷ったら、いろいろなおかずがワンプレートになったナシチャンプルー。

ですがこの日はなんとなく汁物の気分だったのでこちらをオーダーしました。


★ラムジャワーカレー ¥1120
★白ご飯 ¥310


ジャワスタイルのグレカンビン GULAY KAMBLNG。
ココナッツミルクをたっぷり用いたスープカレー的な一品です。

提供はどんぶりスタイル、まずはその量に怯みます。

ですが食べてみればスープに溶け込んだ羊肉とココナッツミルク、そしてニンニクの濃密な旨味で食がどんどん進みます。
レンゲでご飯を掬い、北海道スープカレーのように浸していただければまるで羊茶漬け。
さすがの「チンタジャワカフェ」、味付けは抜群ですね。

辛さ調整はサンバルで行えます。

スモールサイズがあれば頼みやすいかなとも思いつつ、それは日本人発想にすぎないなと反省もしつつ。


★ジャワコーヒー ¥370

コーヒーの産地としても有名なジャワ島。
この店では現地式で提供されます。

つまり、フィルターで濾過せず、細かく挽いた豆をそのままコーヒーカップに入れお湯を注ぐわけです。
酸味が限りなく少なく、苦みとコクに特化したジャワのコーヒー豆ならではの飲み方。
勢いよく飲むと粉が口に流れ込むので、ゆっくり、上澄みを飲んでいきましょう。

店内に流れるガムランのゆったりとした音色。

慌ただしい秋葉原で一息つくには最高の空間ですね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

令和に受け継ぐ、昭和カレースタンド物語。「インデラ」(神田)

神田駅西、昭和の佇まいそのままのカレー専門店。

「インデラ」


入り口には「カレー店」と書いてあります。

扉を開けると地下へと続く階段が。
今作るとしたら贅沢すぎる空間使いです。

調度品から何から、昭和へ完全なるタイムスリップ。
カウンター席のみながら広々とした空間をご高齢のマダムがお一人で回しています。

この日は閉店時間18時ギリギリの入店。
事前に電話連絡すると、待っててくれるとのことで急行。

席に着くと
「カレーは普通でいい?それともハード?」


そう、こちらのカレーは普通と辛口に当たるハードの2種類のみなんです。

「ハードでお願いします」

穏やかな空気感にミスマッチな言葉のやりとりがちょっと面白い・・・

卓上にはちょっとビビってしまうほどの副菜が。

らっきょや福神漬けといった定番からザーサイ、きんぴら牛蒡、ピリ辛コンニャク、蓮根のごま味噌漬けまで、その数17種類。

「残り物だけになっちゃったけどねぇ」

普段は20種類から30種類あるのだとか。

「コロナでぱったりお客さん来なくなっちゃった」


★ハードカレー ¥750

やってきました。
これこそジャパニーズ・カレーライス。


豚肉の旨味がしっかりと溶け出した「カレールゥ」、辛さは程よくオトナな苦味がまた心地よいんです。
これは、かなり好きなカレーライス。
お米は新潟産。かなり量はあるんですが、数多の副菜をおかずにしながらいくらでも食べられちゃいます。

東京のど真ん中に、こんな素敵な昭和カレーが保存されているなんて。

聞けば、このお店を始めてか今年で53年めになるそう。
(1968年、昭和43年創業かな)

マダムの実家は四ツ谷で、母親ひとりになり、姉と2人で何かやらなきゃと思った時に、
幼なじみの麻雀仲間が、新橋東口の地下鉄乗り場近くでカレースタンドを始め大当たり。

当時カレーは洋食屋さんで食べるもの。
カレー屋さんはおろか、飲食の専門店なんてなかった時代。
新橋のお店ではさっとカレーを食べて、さっと電車に乗れる。
高度経済成長時代で、サラリーマンがモーレツに忙しかった時代、そのクイックさがうけたようだ。

「これからの時代はスピードよ」

そう言われ、公務員の家で育って商売経験はないけれど、カレー屋をやってみようかしらと決断。

お店を施工するとき「カウンターだけのカレー専門店にしたい」と伝えると、
最初「え?やった前例がないからわからないけども」と言われた。
完成したらスナックみたいな感じになっちゃった。
ただ「食事するからカウンターの奥行きは広くとって」とは伝えていたから、そこはまあなんとか。

未経験からのスタートだったから、最初は新橋のお店からコックさんに来てもらって一から教えてもらった。

赤いデニムの前掛けをして、お皿はこれで、というところまで。

関西では生卵をカレーに落とすというのもコックさんに教わった。
東京ではそんなの誰も知らなかったからやってみようとなった。

白い卵だとなんだか寒々しいから赤卵にしましょうと姉が言った。

最初は何から何まで教わった通り。

「あ、お皿だけは自分たちで変えたの。最初こんな薄い皿でって言われたけど、深い皿の方が食べやすいでしょ?」

オープン当時のカレーは120円。
「はやい・やすい・うまいで行けば繁盛するわよ」という幼なじみのアドバイス通り、お店には次々とお客さんが来た。

「あの時代に合っていたのね」

昔は今みたいに海外から食材が入ってくることもなかったわけだけども、

「仕入れる材料も作り方も全然変えてないのよ。カレー粉はS&BとC&B、醤油はキッコーマン。変えると味がかわっちゃうのよ」



10年前にお姉さんは癌で亡くなり、いまはお一人での営業。

「仕入れは全部、現金で。それが一番安くしてくれるのよ。」

昭和の時代に置き去りにして、なくなりかけていたものが、この場所にはあります。

ぜひ、行ってみてください。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

インデラ



関連ランキング:欧風カレー | 神田駅新日本橋駅小伝馬町駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

柏の超名店カレー、神田に参上! 「カレーの店 ボンベイ神田店」(小川町/淡路町)

攻めてます。

びっくりしました。

柏を代表するカレーの名店「ボンベイ」が恵比寿に続き、カレーの聖地・神田へと新店舗オープン!

場所は小川町交差点すぐ。
スタイリッシュな外観が目立ちます。

「カレーの店 ボンベイ神田店」

2021年11月30日オープン。
恵比寿店で出会った近隣の飲食企業とタッグを組んで実現した神田出店。
ただし決してFC展開ではなく「ボンベイ」主力スタッフを投入し満を持してのオープンとなりました。

レジェンドカレー店「デリー」から派生した「デリー系」とも言われるボンベイですが、柏で開業したのは1968年。もはや超老舗の域です。


看板には「少しですが特別なメニューも用意してます」の一文。いったい何が??
ワクワクするではありませんか。


前の飲食店を居抜き、白と黒に統一された店内。
壁紙を剥がしたままのラフな白壁をそのまま見せるあたり、マルタン・マルジェラのアンチモード、ポペリズムに通ずるものを感じます。

ちなみに柏ボンベイのスローガンは「WORKING CLASS HERO」(ジョン・レノンですね)。
内装ひとつとってもそのスタンスを貫いているわけです。

さて、柏ボンベイの名物といえばやはり「デリー」譲りの激辛カシミールカレー。
頼まないわけにはいきませんね。

★カシミールカレー ¥900

シャバシャバ真っ黒なカレーにゴロっと鶏むね肉。
これぞカシミール。
ロゴ入りの皿に盛られたご飯はガッチリ硬めの炊き加減。そうじゃなきゃ。

トッピングで納豆を追加してみました。
「納豆カシミール」最高です。

ビシッとクセになる辛さは「デリー」譲り。
しかしこの日、あることに気がつきました。
それは鶏肉の下処理の違い。
「デリー」がインド・パキスタン料理をルーツに据えているのに対し、こちら「ボンベイ」の鶏肉は洋食やフレンチに通ずる下処理で、より香ばしいんです。
同じレシピから派生しても50年以上の時を経て、飲食店としてのスタンスやあり方の違いが肉ひとつとっても出てくるワケですね。

そして、ボンベイ独自のスタンスは冒頭の看板にあった「特別なメニュー」にも表れていました。

★ボンベイのナポリタン ¥900

カレースパゲティではありません。
昔ながらのナポリタン。
カシミールたまごが乗っている以外にカレー要素なし。
なのにこちら、反則級に美味い。
何が美味いって、麺が美味い。
昔ながらのナポリタンながらやや細麺でモチッとしつつ歯応えもある絶妙麺。聞けば柏のこだわりある製麺所から仕入れているそうです。

なるほど、柏のWORKING CLASS HEROは、めちゃくちゃスタイリッシュでめちゃくちゃスパイシーながら、ストンと腑に落ちる大衆洋食屋さんでもあるわけだ。

そして!
聞いてみるもんです。
こちらにもありました「あの」メニュー!


★赤キーマ ¥1000

恵比寿店の裏メニューながら、その圧倒的にインパクトある味わいで大人気になった赤キーマ。
こちらでも裏メニュー扱いですが、聞けば大抵用意されているようです。
肉肉しいドライキーマにしっかり染み込んだカシミールカレー。辛い旨い辛い旨いのスパイラルが堪りません。
食感に楽しい変化をもたらすカシューナッツとブラウンマッシュも健在です。

このカレーはやはり、お酒にあわせるのが吉。

缶のワインが置いてあったのですが、飲みやすくて赤キーマにズバリ合いましたよ。
もちろん、赤には赤で。

こちらお隣の席の料理。

やはりスタイリッシュですね。
白いテーブルクロスがまた洋食レストラン気分を盛り上げてくれます。


この日は磯野シェフもお店に。
柏の名店「ボンベイ」、東京でも大旋風を起こしそうな予感です。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

東京ボンベイ 神田店



関連ランキング:カレーライス | 小川町駅淡路町駅新御茶ノ水駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

アパホテルの一階で北海道スープカレー。「カレー食堂 心 秋葉原店」(末広町/秋葉原)

東京に進出した北海道スープカレー店の中でも今や古参となった「カレー食堂 心」。


その秋葉原店があるのはアパホテルの一階。


「カレー食堂 心 秋葉原店」

神田カレーグランプリにも参加中です。


ホテルの一階にこんなカレー店があるなんて、ちょっと素晴らしい。

アパホテルは「アパ社長カレー」を売りにするほどカレーに前向き。
かつて歌舞伎町ではスリランカランチを提供していたこともあるほどなんです。

★【秋葉原店限定 週替わりメニュー】
山賊焼きのスープカレー ¥990(税込)
・8辛
・ライス:玄米 小盛り


スープカレーの定番と言えば骨付きチキンですが、こちらは骨なし肉使用。


そもそも山賊焼きって何だっけ?
改めて調べたら山賊焼きには焼いたものと揚げたものの2種類あるようで、こちらは前者。
山口県岩国発祥で、ニンニク風味の照り焼き風のたれに絡めてあぶり焼きにしたローストチキン風の料理とのこと。
確かにニンニクがガツンと効いていて、まあ美味しくないわけがありません。

辛さは8辛にしましたが、個人的には程よい辛口具合。
スープカレー店の辛さ表記ってお店によってレベルが違うので、迷うこともしばしば。
そういう時には、レギュラーの辛さとして表記されているMAXから一つ下あたりを選べばよいと考えます。
こちらでは10辛まで無料なので、8か9にしておけば、お店側が想定する範囲内でのバランスでしっかり辛さが楽しめますからね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

カレー食堂心 秋葉原店



関連ランキング:カレーライス | 末広町駅秋葉原駅御茶ノ水駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

究極に美味しいビリヤニ専門店、ついに始動!「ビリヤニ大澤」(小川町/淡路町)

「ただただ、究極に美味しいビリヤニを作りたい。そしてそれを食べてほしい。僕の願いはそれだけなんです」

美味しいビリヤニに人生をかけた男がいる。

大澤孝将(おおさわたかまさ)。

ビリヤニマニアの間では知らぬものはいないキーマン。

間借りのビリヤニ専門店「ビリヤニマサラ」、ビリヤニ作りに特化したシェアハウス「ビリヤニハウス」、そこで大澤氏が作り出してきた妥協なきビリヤニは、マニアたちをして「最高のビリヤニ」と言わしめる逸品。

ただしそれは今まで、限られた人たちのみ体験できる口福でした。

その大澤氏が、ついにお店をオープン。

メニューはビリヤニとコーラのみ。
大鍋で調理し炊き立てだけを提供するため完全予約制のビリヤニ専門店。
クラウドファンディングで資金を募ったところ、予定の倍以上の支援が集まったほどの注目店です。

6月には私がプロデュースするSHIBUYA CURRY TUNEにも出店。
ここでもおそるべき人気を誇っていましたが、ついに!!

お店の場所は神田。南インド料理の名店「SPICE BOX」と駐車場を挟んだ隣のビルの地下一階。
もともとタイ料理「ジャンビー」が入っていた場所ですね。

外看板はなく、住所的には「SPICE BOX」と同じになっているそうで、グーグルマップなどを頼りに行く際は要注意です。

階段を降りるとお店の看板が。

「ビリヤニ大澤」

2021年8月25日グランドオープン。

完全に雰囲気は和食屋のそれでインドテイストは一切なし。
ここにも大澤氏の独自スタンスがはっきり表れているんです。

曰く
「うちはインド料理店じゃないビリヤニ専門店。ビリヤニが美味しいという事が全て。蘊蓄じゃなく食べて美味いかどうかだけで判断してほしい」

最近特に注目されるようになったビリヤニはインド料理として紹介されることが多いのですが、実際にはインド周辺国でも食べられているムスリム系料理。
特に大澤氏のビリヤニの原点はインドよりもパキスタンで「パキスタン生まれ、世田谷育ち」のビリヤニなのです。

入口の扉には木札が掛かっています。

「アナグマ」

そう、この日訪問したのはアナグマビリヤニの回。
他にはマトンの回(ネックやショルダーなど部位指定)や、オマール海老の回、クマビリヤニの回なども予定されており、それぞれの回では、そのビリヤニ一択での提供。
ビリヤニの内容はSNSで予告、予約は一週間前の夜8時(もしくは8時30分)から受け付けるというシステムです。


入口扉のガラスにはウルドゥー語の刻印が。
右下から左上へと「ビリヤニオウサワ」と読めるそうなのですが・・・このサイン一つにしてもディテールにわたる細かいデザイン性が見てとれ、まさに狂気と呼んでいいほどの大澤氏のこだわりは健在。


店内は約10席のコの字カウンター、目の前から素早くアツアツビリヤニが提供できるレイアウト。
その天板一つにしても何度も試行錯誤し作ったオーダーメイドなのです。
ちなみに内装はあの「OLD NEPAL」と同じデザイナー。


ビリヤニを炊き上げるためだけに特化したキッチンはオープンタイプで死角なし。
予約の時間より早めに訪問すれば、席から調理工程を眺めることができるという趣向です。


あ、ビリヤニハウスのサインもありますね。


★コカコーラ ¥300

もともと油モノに合うコーラ。パキスタンなどの現地でもビリヤニとの相性はNo.1と言われるだけあって、この店ではとにかく「コーラとビリヤニを合わせて欲しい」圧が強い。(というか他に選択肢がない)

しかもここにも強いこだわりがあり、コーラが凍る寸前の-0.1℃にKEEPしておくためのコーラ専用冷蔵庫があるんです。

さて、炊きあがりの時間。
アナグマビリヤニがやってきました。

蓋を開いた瞬間、ムワッと炊き立ての香りが充満。
この瞬間の幸せは、この店でしか楽しめないものです。

ここから即、大澤氏が予約順にビリヤニを盛り付けていくのですが、一人ひとりに「手食ですか?」と確認。
実は、スプーンで食べる人と手食の人とで盛り付ける皿を分けているんですね。

スプーンも皿も、取り寄せられるだけ取り寄せ、実際にビリヤニを盛って食べて一番良いモノを(コスト後回しで)選んでの提供。「美味いビリヤニを食わせる」その一点にすべての判断が集中しています。

私はもちろん手食、提供された盛り付けがこちら。

★アナグマビリヤニ (時価)¥4000

あぁこの香り、言葉では言い表せません。
白、黄色、茶色のカラーももはや芸術品。


写真だとボリュームがわかりませんが、このひと盛りで約800gほど。
え?それ多すぎるんじゃない?
と驚くのは大澤氏のビリヤニを食べたことがない人だけ。

ほんとうに美味いビリヤニは量の感覚がマヒして気が付くとペロリ食べちゃえるのですから。


シェアハウス「ビリヤニハウス」で提供していた時から「日本一」の誉れ高い大澤氏のビリヤニですが、ビリヤニ専用キッチンを得た今はまさに無双。
香り、米の食感ともに素晴らしいの一言。もちろんビリヤニは生き物ですから炊き上がったロットごとに違う個性が出ることもありますがそこは大澤シェフ、とにかく「美味い」に着地させます。

骨付きでしっとり仕上がったアナグマの肉もたっぷりボリューミィ。
糸島産のいわゆるジビエですが変なクセはなく、赤身と髄の旨味がたっぷりでたまりません。

今回は夏のアナグマでしたが、冬のアナグマはたっぷり脂肪を蓄えているため脂が米一粒一粒に纏わりつきこれまた至福の味。冬のアナグマ回もまたぜひ狙いたいところ。


ちなみに店内には、お店の規模に似つかわしくないほどの電ノコが設置されているのですが、実はこれアナグマなどのジビエ肉を骨ごと切断するためだけの設備。骨から出る随こそが醍醐味ですからね。
アナグマの他にクマ肉などもここでぶった切るそうです。


★やる気のあるコーラ ¥500

普通のコーラより200円増しのスペシャルコーラ。
中身は普通のコカコーラなのですが、違うのはグラス。
コカ・コーラを美味く飲むためだけに開発されたグラスらしく、たしかに飲み口滑らか。
コーラが気品ある飲み物に感じます。
ただし、ビリヤニを食べながら飲むのはこちらではなく普通のコーラがオススメと大澤氏。
食後の一杯ですね。


今回紹介した以外にも店内至るところビリヤニを美味しく提供するためのこだわりがあれこれ。
「言えばキリがないけど、そこは言いたくない。結果、美味いかどうか。それだけ」と大澤氏。

外食に向かい風が吹く今日このごろですが、日本ビリヤニ史にその名を刻むであろう話題店のオープン。
実に、実に喜ばしいですね。

ビリヤニ大澤



関連ランキング:インド料理 | 小川町駅淡路町駅神田駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ