FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

空港の朝はハイレベルなカレーうどんで。「cuud」(羽田空港第1ビル)

※2020年1月の訪問です。

スリランカ料理「コートロッジ」が撤退して以来、カレー的に寂しい空港だった羽田に2016年、希望の光が差しました。


「cuud」

「クウド」と読みます。
「クウコウウドン」の略でしょうかね。


こちらなんと朝5時30分から営業している、カレーうどん専門店。
素晴らしい、実に素晴らしいコンセプトですね。
こちらは第一ターミナルですが、第二ターミナルにも2号店オープン済みですので便利な方をば。


広々と、スッキリとデザインされた店内。
テクスチャー含め、なんだか「3DCGによる完成予想図」みたいですが、ちゃんと実際の写真ですよ。

メニューブックも端正。


朝限定で冷やしカレーうどんがあります。

少し注意したいのは、駅前の立ち食いそばのように、オーダー後すぐ着丼するわけではなく、
注文を受けてから一つづつ茹で、手鍋で丁寧に作るため、多少の時間がかかること。
早めにチェックインを済ませ、余裕をもって訪問しましょう。

ちなみにこの日は6,7分ほどでの提供でした。


★朝カレーうどん ¥908
★季節の蒸し野菜 ¥278


いやぁ、これは朝から気分が上がりますね!
ライスと和出汁スープがセットになっており、3段階の食べ方が楽しめるとの事です。
別添えの野菜ピクルスもまたお洒落。



少し細目で、しっかりとした伸びがある麺にカレーが良く絡みます。
クリーミィで飲み込んだ後少しピリッと来る辛味。
洒落たポーズだけでなく、ちゃんとしたカレーうどん屋さんですね。


ホックホクの季節の蒸し野菜もカレーに漬けていただきます。


麺が少なくなったらご飯を投入して、カレーおじやに。
粒立ちしたお米がこれまたカレーに合いますね。

さらに最後は和出汁スープを混ぜて、出汁カレー汁として飲み干します。

いやぁこれはなかなか満足度高いなぁ。


★朝トマトカレーうどん ¥908

こちらはトマトの酸味が効いてちょっと洋風。
全く異なる味わいでしたよ。
どっちが好きかは好みがわかれるところですが、まずはノーマルを食べてのことかなぁ。

寝不足でボーッとしがちな早朝の空港。
この店があれば乗り切れますよ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

cuud



関連ランキング:カレーうどん | 羽田空港第1ターミナル駅(東京モノレール)羽田空港第1・第2ターミナル駅(京急)羽田空港第2ターミナル駅(東京モノレール)

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

インドの風が、貴方の心を熱くする・・・・・・・「インド料理ターラ」(池上)


「インドの風が、貴方の心を熱くする・・・・・・・」

80年代風のイカしたコピーが際立つインド料理店が池上の駅前にあります。


「インド料理ターラ」(TARA)

結構な老舗だと思うのですが、オープンしたのはいつなんだろう。
下の階には「ステーキハウスBM」。都内に数店舗、こちらは70年代に開業した老舗です。


最近多いネパール人によるインド料理店とはだいぶ異なる空気感。


インドの風、吹いてきた気がする!

アツくなってきた気がする!!


★ラムハイボール ¥530

ということでお酒でクールダウン。
インドのラム、マクダウェルで作ったハイボールです。


★海老チリ

おっと、インディアンチャイニーズなメニューがありましたよ。
いわゆる中華のエビチリっぽいけど、スパイスが効いてんの。
これ、お勧めですよ。


★マトンマサラ ¥900

カレーは色々あったのですが、辛口というこちらをチョイス。
ディナーのカレーメニューは数年前は1000円台だったのが、何故か値下げしている!
凄いなぁ。
ちなみに辛さはほどほど、生姜がしっかり効いていました。

合わせたのはこちら。

★マサラクルチャ

普通のナンじゃ面白くないので、詰め物入りのやつをオーダー。
中はジャガイモのマサラ炒め、つまりサモサの中身ってな感じですが、塩気も効いており飲みのスターターとしても良いかも。

インドの重厚さを感じさせつつも良心価格で、地元のみんなに親しまれる味。
インドの風は、地域に溶け込んだ心地よい風でした。

●「カレー細胞」Facebookページ https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ターラ



関連ランキング:インド料理 | 池上駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

地元密着、多国籍居酒屋のトムヤム豆腐が美味すぎる。「エスニックレストラン ハヌマン 中延店」(中延)

元気に営業中!

「エスニックレストラン ハヌマン 中延店」

ポップな笑い猿マークが印象的なこちら、石川台に1号店をもち東急池上線、大井町線の駅前に展開する「ハヌマン』の2号店にあたるお店。


ネパール人によるインド料理店、いわゆるインネパ店なのですが、インド料理に拘らず独創的な料理を提供する面白いスパイス居酒屋となっています。
ちなみに大森のスペイン・イタリア料理店「LOCAL UNO」も系列店なんですよ。


壁にはインネパ店のシンボルともいえるヒマラヤの写真。
天井には世界各国の旗が飾られており、ここが多国籍居酒屋であることがわかります。

カウンター席の上には様々なお酒がズラリ。
それでは行ってみましょう。


★ネパールアイス ¥550

ネパールの人気ビール。
それだけでなく世界のビールが550円均一なのが嬉しいところ。

★サイゴンビール ¥550

こちらはベトナムのビールですね。


★ポテトフライ ¥350

こういう普通のメニューがちゃんと美味いのが、優れた居酒屋なのです。


★カレー餃子 ¥730

居酒屋として分かりやすいメニュー名ですが、つまりはネパールのモモ。
肉厚モッチリの皮にジューシーな具材、さりげなくちゃんと美味い。

そして、この店の絶対的オススメがこちら。

★トムヤムとうふ ¥810

なんと、トムヤム風味の麻婆豆腐!
豆腐自体は普通の絹豆腐なのですが、とにかくスープが最高!
タイのトムヤムの酸っぱ辛さと、花椒の痺れ、さらにニンニク、生姜、ニラがガッツリ効いて疲れが一気に吹き飛ぶ味!
これとご飯だけでも充分満足だし、単体でも充分酒が進みます。


★ハヌマンスペシャルビザ ¥980

もはやインド料理の気配はありません。
チーズに加え、野菜、エビ、キノコがたっぷりたっぷりのピザ。
生地も肉厚で結構お腹に溜まります。
無理せず余ったらテイクアウト!


★あらごし梅酒 ロック ¥500

吉野海をふんだんに使った奈良の梅酒。
何が凄いって、ロックなのに水割りかと思える気前良さ。
こりゃロック一択でしょう。
梅味が濃くて最高。


★ビリヤニ ¥1480

締めは最近始めたというビリヤニで。
バスマティライスを使用、具材はチキン。
仕込んでいたものを炒め直しているのか、フワッと感は今ひとつですが、居酒屋スタイルでバスマティのビリヤニを出す頑張り自体に拍手ですね。


★ククリラムコーク ¥450

ビリヤニに一番合う飲み物といえばやはりコーラ。
香りが強いネパールのククリラムで割ったラムコークは地上最強です。
しかもこの店、ボリュームも気前良い!
ベースはククリラムかマイヤーズかが選択可なので、しっかり指定してオーダーしましょうね。


★チャイ ¥300

食後はあたたかいチャイで。
あたたかい接客もこの店の魅力ですね。


窓の外には高架を走る大井町線。
ここは地元密着、ハートフルな街の食堂兼居酒屋。
地元の駅にこんな店があったら最高。

お客さんがめっきり減ったこの時期ですが、テイクアウトなりなんなり、地元の方々で支えあったていきましょうね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

エスニックレストラン ハヌマン 中延店



関連ランキング:タイ料理 | 中延駅荏原中延駅荏原町駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

高架下のネパール風カレーうどん。「シバ」(大井町)

大井町高架下、安定した人気を誇るインド・ネパール料理店。


「シバ」

ナン&カレー&タンドリーチキンをメインにしたいわゆる「インネパ店」です。
メインフロアは半地下。
さらに下にも喫煙フロアがあるようです。


立派なタンドール窯の上にはエベレスト写真が。

この日は15時30分ころの訪問。
ありがたい通し営業ですよ。

ランチメニュー(平日16時まで)はナン&カレーがメイン。
ダルバートなどのネパール料理は見当たらないのですが・・・ひとつ、面白いものを見つけました。

早速オーダー。

サラダを食べながら到着を待ちます。


★ネパール風カレーうどん ¥1050

ホッカホカの湯気とともに登場。
良いですねー。


ネパール風といってもトゥクパのようなスープ麺というより、そこそこの粘度があるカレーうどんとなっています。
時折香るティムル(ネパール山椒)がいい感じですね。

オーダー時に辛さを聞かれたので辛口で。
なかなかの辛さですよ。

麺の茹で加減はかなり柔らかめ。
具材としてしめじ、ほうれん草、ピーマン、タマネギ、そしてでっかい鶏ムネ肉が2つ。
食べ応え十分です。


最後はセットのご飯をカレーに投入。

なんやかんやで結構お腹いっぱいになりました。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

シバ



関連ランキング:インド料理 | 大井町駅下神明駅鮫洲駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

美味しくリーズナブルな大衆居酒屋、その秘密は店名逆さ読み。「まるび」(大井町)

大井町北口、街角に輝く居酒屋の看板。

「まるび」

けれどここ、普通の居酒屋じゃあありません。
試しに看板を逆から読んでみましょう。

「まるび」→「びるま」

そう、実はここ、ビルマつまりミャンマー人による、ミャンマー料理がいただける居酒屋なんです。

早速入店してみましょう。

店内はもう、完全に居酒屋。
近隣の務め人と思われる方々が一杯ひっかけに集まっています。
「ここの料理、ほんっとに美味いから!」
なんて嬉しそうに語る皆さんを見ていると、国籍とか抜きにして愛されている居酒屋なんだなぁと実感。


★ミャンマービール ¥550

日本のビールもありますが、ミャンマービールもあります。


お通しはカツ煮。
味がしみていて何気に旨い!


★ミャンマーエビサラダ (プズントゥ)¥600

定番の流れではまずラペットゥ(お茶の葉サラダ)ですが、あえて海老から。
サッパリ甘辛くてスターターにピッタリ。


★角ハイボール ¥250

この日のサービス価格だったのですがとにかく安い!そして濃い!


★カレーポテト ¥380

ミャンマー系以外にもカレーメニューがあります。
思った以上にカレー味、そして思っていた3倍ほどの量!
このお店のお値打ち感、凄いですね。


★ホタテバター焼き ¥450

いやぁ、味濃くて酒が進むわー。
確かにここ、普通の居酒屋メニューが美味しいです。
そして安い。


★チキンじゃがいも煮(チェッターヒン)¥600

さて、ミャンマー料理に戻りましょう。
「ミャンマーカレー」として知られる「ヒン」、そして「ミャンマーチキンカレー」と訳されることもある「チェッターヒン」。
ですが実は「ヒン」は「煮込み料理」という意味で、実に様々なタイプがあるんです。

こちらのヒンは、汁気のない完全ドライタイプ。
ニンニクたっぷり、塩と油が強めで、カレーというよ生姜焼きに近い雰囲気ですね。
そのままだと結構味濃いので、キャベツがどんどん進みます。

そして、お酒もどんどん進みます。


★ラペッタミン

〆はお茶の葉チャーハン。
メニューにないけど、快く作ってくれました。
独特の風味が面白いですよ。

ミャンマー料理も民族や地方によっていろいろだけど、この店の料理の味の濃さ、油の使い方、雰囲気・・・ヤンゴンっぽいかなぁ。
なんて思って聞いてみたらズバリ、お店の方はヤンゴン出身でした。

ミャンマー料理好きかどうかにかかわらず、酒飲みならめちゃ楽しめるお店ですよ。



●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第1便:麻婆豆腐はカレーか否か。文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)
curry_Brand_2400_1300.jpg



まるび



関連ランキング:東南アジア料理(その他) | 大井町駅下神明駅鮫洲駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ