fc2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

港町のニューウェーヴ・パキスタン。「チーニーカリー」(みなと元町/元町)

日本最古のインド人コミュニティと、日本最古のモスクを擁する港町・神戸。
大阪スパイスカレームーブメントの賑やかさの陰に隠れがちですが、近年もかなり面白いお店が次々登場しています。

中でも、京都「インディアゲート」、奈良「toi印食店」とともに注目を集める新鋭がこちら。

「チーニーカリー」(Cini CURRY)

オープンは2018年12月7日。
店主の高原葉子さんは神戸の名店「タンドール」のヤヤさんに弟子入りし、パキスタン料理を習得。
独自の感性によるプレゼンテーションで、他にないタイプのパキスタン料理店として注目を集めJAPANESE CURRY AWARDS2019では新人賞を受賞しました。

なお師匠のお店「タンドール」は、その後惜しまれながら閉店。ヤヤさんは一時「チーニーカリー」の厨房を手伝っていたようですが、偶然というか必然というか「チーニーカリー」の入ったビルの2階に空きが出て、現在は「チーニーカリー」のすぐ上で復活、営業再開をしていました。
上下フロアで師弟がともし営業しているなんて、面白過ぎる状況です。


パキスタン人によるパキスタン料理店って、日本人からすると重厚な雰囲気すぎたり、逆に簡素すぎる内装だったりすることが多いのですが、ここは程よい居心地ですね。

その日のメニューは黒板に掲示。
かなり気になるものを見つけオーダー。

★チキンハリーム ¥1200
◎ししゃものアチャール ¥150
◎砂ぎものビックル ¥200


大麦・小麦やいろんな豆を用いたパキスタンの濃厚シチュー「ハリーム」。
よく遭遇するのはビーフですが、チキンタイプは初めてかも。


以前「タンドール」でいただいた師匠のビーフハリームも鮮烈な印象でしたが、こちらまた違う風合いながらホント美味い。

良くほぐれた鶏肉が(同じパキスタンルーツの)サリサリを思い出させつつ、まああっちはカラヒで全く別方向の料理なんだよなぁとも思いつつ。
元々ムスリムの皆さんが断食明けにいただく料理でもあるハリーム、ズッシリしているように見えてスルスルと胃に入っていくのが恐ろしや。

このチキンハリーム、誰が食べても美味いと思う。
どっかのメーカーがまかり間違えて商品化したら、ブレイクしちゃうんじゃないかしら。


パキスタン現地ではナン(パキスタン式の丸いやつ)で食べるのが一般的ですが、こちらではバスマティライスに合わせています。(パキスタン人が「意外に米に合うね!」驚かれたそうです)
もともと副菜が2品添えられているのですがオプションで「ししゃものアチャール」と「砂ぎものビックル」を足したらこれまた大当たり。
この辺りの独自センスは流石です。


★HOTチャイ ¥400

食後はチャイで一服。
料理のお皿もチャイのカップも、いかにもパキスタン人がチョイスしそうなものばかり。
ツボをしっかり押さえていますよね。


JAPANESE CURRY AWARDS2019のメダルもしっかり飾られていました。
次は二階の師匠のお店と梯子してみたいです。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

ド迫力!ビジュアルインパクト満点のエビカレー丼は味も満点だった。「たつや」(湊川公園)

神戸湊川に「エビカレー丼」というインパクト大な名物があります。
いただけるのはこちら。

呼吸を止めて一秒・・・

「たつや」

讃岐うどんとお蕎麦のお店なのですが、オープンの10時30分からはポツポツ待ち列が。

その多くはエビカレー丼目当てのお客さん。
数量限定なので、12時頃には売り切れている場合も。

この日は平日、11時30分頃の到着。なんとかまだありましたよ。

エビカレー丼の他にもいろいろカレーメニューが。
セットにはミニうどんかミニそばが付きます。


★エビカレー丼(エビ三本)¥1300

見てください!一度見たら忘れられないキャッチーなビジュアル!
完成された造形美を感じますよね。

写真ではわかりづらいのですが、サイズもなかなかのもの。

割り箸と比較すればその大きさがわかるでしょうか。
某テレビ局のロゴマークのようにも見えますね。


トロみたっぷりのカレーには和出汁と牛肉の旨みが凝縮。
見た目以上に味のレベルが高いことが嬉しすぎます。
センターに生卵を落とすのは関西ならでは。
下のごはんとカレーを絡ませるときに良い役目を果たします。

しっかりと揚げられた大エビのフライは衣ザクザク。これまたたまらない香ばしさで満足の極み。

さらにセットでつけたうどんが素晴らしい。

細麺で、讃岐うどんらしいしっかりとしたコシがたまりません。
純粋にうどん屋としてのレベルもなかなかのものです。

まさに死角なし。
ビジュアルインパクトだけにとどまらない名店中の名店と言えましょう。

店頭ではTシャツも販売。
デザインは・・・・

なんとお店のメニュー表(笑)
これは奇想天外な湊川ファッションですね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

たつや



関連ランキング:うどん | 湊川公園駅湊川駅大倉山駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

大衆酒場がスパイスカレー店にアップデート。「ニューヤスダヤ」(神戸)

神戸駅周辺には新開地だけでなく、昔ながらの庶民的な街角があちこちに残っています。


「ニューヤスダヤ」

「ヤスダヤ」という老舗居酒屋の居抜きで、その雰囲気をそのまま残したスパイスカレー店。


一朝一夕には醸し出せない大衆居酒屋の空気感。
そこにポップでシュールでキッチュなチューニングが施されています。


カレーにまつわるもの、まつわらないもの、あらゆる面白グッズ。
全てがツッコミどころという楽しさ。


カウンター席の前にはキジの剥製とスパイス棚。
スパイスを入れる容器も駄菓子屋にあるアレですね。

こちらの店主は以前「旧ヤム邸」にいらした方。
神戸出身・・・というわけではなく、この最高な場所を見つけたから神戸でオープンしたようです。


★全部 盛り ¥1200
・ニューチキンカレー
・山椒と夏野菜のキーマ
・マッシュルームの優しい豆カレー


おぉ、大阪スパイスカレーの雰囲気を受け継ぎつつ、大衆的なカオスとうねりを感じる盛り付けですね。


定番であるニューチキンカレーはサラリとした中に旨みたっぷり、シンプルに美味しいチキンカレー。
食べた瞬間の旨味が強いので何か出汁を取っているのかと思いきや、この旨味は上に振りかけたカスリメティによるもの。
なるほど、カレー自体をシンプルにすればカスリメティが出汁の代わりになるんですね。
ただのファッションではないカスリメティ活用法。

キーマには和山椒、そしてやわらかな歯ごたえの筍、そして夏野菜たち。

マッシュルームのダル、そしてひじきなどの副菜を混ぜ合わせていただきます。
カオスのように見えた一皿ですが、食べ進むにつれどんどんしっくりくる。

そうだよね。
大衆居酒屋をはしご酒するときもホッケからマカロニサラダ、コロッケ、餃子なんていろいろ食べるけど、
最終的には「飲み」という名の大皿の中でメリハリある調和をしていきますもんね。

カオスと調和は対立概念ではないのです。


★マトンスープ ¥200

羊の脂の旨味が出まくったスープにオクラでトロミをつけ、カスリメティをかけた一杯。
あぁ、昼前だけどじっくり沁みる。
飲みの後だとどれだけ沁みるんだろう・・・・

インド料理や洋食・欧風カレーの印象が強い神戸ですが、スパイスカレーのジャンルでもかなりレベルが高くなってきました。
おすすめのお店です。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

大衆スパイス酒場 ニューヤスダヤ



関連ランキング:インドカレー | ハーバーランド駅神戸駅高速神戸駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

女性2人による、昼飲み対応スパイスカレー店誕生!「ミイコスパイス」(板宿)

先日「#神戸をカレーの街に」というハッシュタグで精力的に活動中の「ラージクマール」さんにて「神戸はカレーの街だった!?」というトークセッションに登壇したところ、お客さんの中に2人組の女性がいらっしゃって、カレー屋をスタートしたのだという。

翌日に早速、アポなしでお伺いしてみました。

場所は須磨区板宿。
商店街の中に看板がありました。

「ミイコスパイス」(MIIKO SPICE)

オープンは2021年5月8日。
BAR「フランジパニ」をワンオペで営むミイコさんが、お店で出して人気になったチキンカレーを軸にメニューを加え、昼営業の時間帯に始めたカレー屋です。
間借りではない、いわゆる「二毛作カレー店」で、カレー店営業時はミイコさんともう一人の女性が2人でお店を回しています。


当然のことながらお席はバーカウンター。
ミイコさん自身がお店に立っているので、オーダーすれば好きなお酒を飲むことも可能。


★ラフロイグ ソーダ割 ¥900(税・お通し込)

なかなかの濃いめでの提供。
酒飲みにはありがたい。

あれ?ここ昼飲みバーとして最高では?

おっといけない。
カレー店としてのメニューはこちら。

バーで人気のチキンカレーに加え、キーマカレー。
さらにあいがけやトッピングが選べます。


★華麗なるカレー(あいがけ)¥1100(税込)

スパイスチキンカレーと気まぐれキーマのあいがけです。


スパイスチキンカレーはひと口めはバターチキンのように濃厚な味わい。
けれどもズッシリした重たさはなく、スルッといただける食べやすさ。
実はオーガニックココナッツオイルを100%使用しており、胃にもたれないんです。

一方の気まぐれキーマには茄子などの刻み野菜。
時折覗くホールカルダモンに、散りばめられたアーモンドと味と食感の変化が楽しいですね。

いやあ、商店街で昼カレー呑み最高ではないですか。


★アイスマサラチャイ +¥200

締めはクールに。

オープンしてまだ1か月あまりにもかかわらず、既に大阪の某人気カレーイベントからもお声がかかった様子。
須磨を代表するスパイスカレー店に育っていくことを期待しましょう!

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

MIIKO SPICE



関連ランキング:カレー(その他) | 板宿駅東須磨駅西代駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

神戸甘辛カレーの名作、週末のみの復活!「レードル in 和つなぎカフェ」(元町)

神戸を代表する甘辛カレーとして熱烈な支持を集めた「レードル」が、週末限定で復活!

場所は元町駅の北側。鯉川筋から少し入った路地。

「和つなぎカフェ」

六甲道で創業1971年「傾いた喫茶店」として知られていた「レードル」。
2008年、約35年の営業に幕を下ろし閉店。

その後みなと元町の地下にお店を構え、新たなファンを増やしていたのですが、マスターのご病気にコロナ禍が重なり2020年7月に惜しまれながら閉店。

ところが「あの味をもう一度」という声に押され、マスターの体調も回復した2021年4月、この「和つなぎカフェ」にて土日のみの営業を再開することとなったのです。
(5月に一度休業されましたが、現在はお元気に営業再開されています)



この日はオープンの11時30分に時間を合わせての訪問。


以前の店舗が地下のシックな雰囲気だったので、陽の光が新鮮です。

メニューにはハンバーグカレーなどの定番に加え、月替りメニューも追加。
これは神戸で通える方が羨ましい!

けれど久々の「レードル」となれば、オーダーは決まっています。

★ハンバーグ(手作り)カレー ¥1000
・チーズトッピング +¥150


「レードル」不動の一番人気メニュー。
オーダーから一つずつ丁寧に作り、30分ほどしての到着です。

初め甘くて、後からヒリリとくる辛さは健在。
(以前は辛口もあったのですが、今もできるのかな?訊くのを忘れました)
大阪「インデアン」「マドラス」ともまた違う、神戸洋食をルーツにもつ甘辛カレーです。

そして、名物のハンバーグがまた最高。
フワッと柔らかいんですが、そこに甘辛カレーが絡むと至福の肉料理となるのです。

あぁ、やはりこの味。
「サヴォイ 」とともに、神戸カレーライスの老舗代表として、長く続けて行って欲しいものです。
まだ食べたことない、と言う方はぜひ土日に予定を合わせてくださいね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

KOBE和つなぎcafe 甘辛カレー レードル



関連ランキング:カレーライス | 元町駅(JR)元町駅(阪神)旧居留地・大丸前駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ