fc2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

コクと旨味とさっぱりと。Wスープで華やか味のスープカレー。『SOUP CURRY KING/スープカリーキング 本店』(南平岸)

札幌で不動の人気を得ながらも道外進出をしていない、文字通り通りのご当地札幌スープカレー店。

『SOUP CURRY KING/スープカリーキング 本店』

オープンは2007年。


広々とした店内。

名前こそ似ていますが、ストイックでミニマルな味を追求する『コング』とは対照的に、こちら『キング』の味は華やかそのもの。旨み、コク、サッパリを共存させたWスープが掛け値なしに美味いのです。
ここのスープカレーをいただくと、ラーメン文化華やかなりし札幌でスープカレー文化が栄えている理由がとても腑に落ちます。
技巧を重ねたスープを極めていく、その点においてラーメンとスープカレーは同じなのですよね。


★ラム野菜カリー ¥1550(税込)
・納豆 ¥100
・チーズ ライスON +¥200
・辛さ 8番 +¥100
・ライス 半分


驚愕です!この羊の肉塊!

パキスタン料理かっ!ってなボリューム。
しかも風味も柔らかさも最高で素晴らしい。これ、羊好きは絶対頼むべき品。

そしてスープはハッキリと凄い旨味。けれど重くはないんです。

その秘密はこの店独自のダブルスープ。
鶏ガラ、ゲンコツを2日間かけてじっくり煮込み、香味野菜を加えた「コクスープ」と、昆布・煮干し・かつお節を贅沢にとった和風1番ダシの「旨みスープ」。この2つを合わせることで「サッパリ」「コク」「旨み」が共存する華やかな仕上がりになっているというわけ。
さらに納豆を加えることで、味や食感がさらに立体的になり、思わず「めっちゃ美味い」と言ってしまいます。


札幌市街の中心部、狸小路にも支店があるので状況によって使い分けましょう。


カレー細胞 初の単著「ニッポンカレーカルチャーガイド」
ご購入はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

札幌スープカレーの源流。その味を継ぐもう一つのお店。『薬膳カリィ本舗 アジャンタ総本家 』(元町)

創業1971年、札幌最古のスープカレー店『アジャンタ』。
『マジックスパイス』がスープカレーという言葉を用い一大ジャンルを築く前からスープ状の『薬膳カリィ』を提供していた、札幌スープカレーの源流です。

2001年、ご夫婦の離婚によって2系統に分かれた『アジャンタ』。
『アジャンタ』の暖簾は妻の南美智子さんが受け継ぎ現『アジャンタ インドカリ店』に。
夫の辰尻宗男さんは別の場所で『アジャンタ総本家』を開業します。

2011年に辰尻宗男さんが亡くなられた後、お弟子さんが継いでいるのがこちら。

『薬膳カリィ本舗 アジャンタ総本家』

地下鉄元町駅より徒歩5分の場所にあります。

今もアットホームな雰囲気で営業する『アジャンタ インドカリ店』とは対照的に、24席のレストランスタイル。

天井も高くなかなか立派です。


壁には芸能人のサイン。
FC展開、精力的な広報と、『総本家』のほうがマスコミによく登場する印象があります。

『アジャンタ インドカリ店』と『アジャンタ総本家』、どちらが本流かという議論は立場と視点によって大きく異なるので、ここでは割愛しておきましょう。

何はともあれスープカレーの源流の味を体験したいなら、オーダーはこちら。

★とりカリィ ¥1000(税込)

でっかいチキンレッグがまるまる二本入った『アジャンタ』の基本にして代表メニューです。
昨今の秘儀やかなスープカレーとは一線を画すシンプルビジュアル。

スープの奥から香り立つカルダモン、クローブ。
『アジャンタ』ならではのスパイスオイル感がじっくり堪能できます。

もちろん『アジャンタ インドカリ店』とベースのレシピは同じで、どちらもその味を守り続けているのですが、
ことデフォルトの辛さで言えば『アジャンタ総本家』のほうが辛めですね。
(辛さを数字でオーダーするシステムは『アジャンタ』以後に確立したため、辛さの調整は口頭でのお願いになります)

忘れてはいけないのが平日ランチタイム限定の無料サービス。

薬膳スープで煮込んだコラーゲン、いわゆる煮凝りですね。
これをスープに投入しちゃいましょう。
サッと溶けちゃいますが、美容に良さそうな・・・気分。


★ラッシー ¥350

これは絶対頼むべき一杯。
ミントを用いており爽やか極まりないラッシーなんです。
辛さを和らげ舌をリセットする効果も抜群なので、カレーと一緒に頼みましょう。。


『薬食同根』、そのスピリットを今に受け継ぐスープカレー。
程よき発汗効果がまた、心地よいですね。


カレー細胞 初の単著「ニッポンカレーカルチャーガイド」
ご購入はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

健在!最古の札幌スープカレー店。『アジャンタ インドカリ店』(石山通)

札幌スープカレーの元祖といえば創業1993年、マジスパこと『マジックスパイス』。

けれども、マジスパがスープカレーという言葉を用いるずっと前から、
今でいうスープカレーを提供していたお店がいくつかあるんです。

つまりマジスパがスープカレーという言葉を発明し話題になってはじめて、
「そういえば、あそこのカレーもスープカレーって言えるよね」
なんて具合にジャンル統合されていった、スープカレー先史時代のパイオニアたち。

マジスパのルーツがインドネシアのソトアヤムなのに対し、
それらの店のカレーのルーツはインドだったり、スリランカだったり。

スリランカルーツの「スープカレー」の元祖といわれるのは1978年創業の『ポレポレ』。

そしてインドルーツの「薬膳スープカレー」の元祖にして、最古のスープカレー店といわれるのが、1971年創業のこちら。


『アジャンタ インドカリ店』

当初は喫茶店としてオープンしたこのお店、店主の辰尻さんがインドで出会ったスパイス料理と漢方を融合した独自の「薬膳カリィ」を提供し始めたところ評判に。
1975年ごろ常連さんのアドバイスもあって出汁用の鶏レッグを具材としても用い、今の形に。
看板を『薬膳カリィ本舗アジャンタ』に変えたのもこの頃のようです。

現在「札幌スープカレー」と呼ばれる各店の提供スタイルの基本がすでにあったということ。
スープカレーというジャンルはまだなかったものの、『ポレポレ』も『マジックスパイス』も他の老舗店も、
きっと『アジャンタ』の影響を少なからず受けたのではないでしょうか。

2001年頃、店主ご夫妻は離婚され、『アジャンタ』の暖簾は妻の南美智子さんが受け継ぎ、夫の辰尻宗男さんは弟子を連れ別の場所で『アジャンタ総本家』を開業します。

これが現在札幌に2系統の『アジャンタ』がある理由。

どちらが正統?どちらが本流?みたいな話は常にあって、それぞれの言い分があるので意見統一は難しいところ。

元の看板を継いでいる『アジャンタ インドカリ店』が本流という意見もあれば、
元の店長が立ち上げた『アジャンタ総本家』が本流という意見もある。
そもそもご夫婦で一緒に作り上げたカレーなのだから、どちらも本流という意見もある。

ちなみに私の著書『ジャパニーズカレーカルチャーガイド』では、
歴史的にスープカレー最古の看板を継ぐ『アジャンタ インドカリ店』のほうを採りあげています。
20年近く前こちらの店を訪れたとき南美智子さんにとても良くしていただいた、その恩返しの気持ちもあります。

辰尻宗男さんは2009年に亡くなられ、『アジャンタ総本家』は現在お弟子さんが継承。

一方の『アジャンタ インドカリ店』は2017年に現在の中央区南29条西に移転。
2021年まで美智子ママが厨房に立っていましたが、2022年1月に新店長へとバトンタッチしました。
2021年7月には伊豆長岡にも進出

また、札幌市南区にある同名の『アジャンタ インドカリ店』は2011年に『アジャンタ インドカリ店』から暖簾分けしたお店です。

さて、前置きが長くなってしまいました。
こちら最古のスープカレーの看板を受け継ぐ『アジャンタ インドカリ店』

立派なレストラン然とした『アジャンタ総本家』とは対照的に、今もアットホームな喫茶店の佇まいを残しています。


メニューは

・とりカリ
・やさいカリ
・とりやさいカリ
・らむカリ
・らむ筋カリ(時々)
・はーぶカリ(お子様専用)
・かしみぃるカリ(日曜限定)

けれど最初に食べておきたいのは、札幌スープカレーの源流となったこちらでしょう。

★とりカリ ¥1200

1975年頃完成したとされる、最古のスープカレー。
液面のテカリが印象的ですが、これこそ『アジャンタ』の味の決め手のマサラオイルなんです。

オイリーだけど、油っこくない。
矛盾するようだけど、そうなのです。
インドのスパイスと漢方を融合した、ちょっぴり苦くて香ばしい、どこにもない『アジャンタ』の味。
たっぷりのチキンも、野菜も、シンプルだけど飽きの来ない美味しさ。

長く続く定番には、長く続く定番ならではの求心力が感じられます。

20年近く前にいただいた時と比べても、味は見事にそのまんま。
ただしデフォルトの辛さは抑えめになっています。
より幅広い層に食べてもらうためのままのチューニングではないでしょうか。
辛さが欲しい人には辛さ追加も可能になっていますよ。

帰り際、瓶詰のマサラオイルを土産に購入。
カレーにも、パスタにも、うどんにも、これを加えると『アジャンタ』の味っぽくなるという逸品。
手作りで、もちろんお店でしか買えません。

歴史あるお店に伺うと、神社仏閣へ詣でたときのような清々しい気分になります。
そして、背筋が伸びる思い。

いいものです。


カレー細胞 初の単著「ニッポンカレーカルチャーガイド」
ご購入はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

アジャンタインドカリ店



関連ランキング:スープカレー | 石山通駅東屯田通駅中央図書館前駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

スープカレーにひげ男爵出現。『すーぷかりー ひげ男爵』(バスセンター前)

札幌にスープカレー店数多あれど、こちらは地元で愛される個性派人気店。

『すーぷかりー ひげ男爵』

オープンは2007年。
チェーン展開せず、ここ一店舗のみで営業しています。


まず「ひげ男爵」という店名がユニークですが、実際ヒゲをたくわえた方、もしくはひげをつけている方はカレー100円引きという【ひげ割】が。

ちなみに私は無精ひげは対象外。
しっかりひげと向き合わねばなりませんね。

ビールは小樽ビールを取り揃え。

★小樽ビール ヴァイス ¥660

バナナのようなフルーティ感の中に仄かな苦味がある、これは個性派のビールです。

お、カレーがやってきましたよ。

★シーフード ¥1408
・辛さ 3
○仁淀川山椒(強)+¥110


うわぁ、これはナイスなチョイス!
メニューの説明に「ひげ男爵出現」とあって「?」と思っていたのですが、こういうことなんですね。
ライスの上にイカのリングフライ、フィッシュフライ、海苔。
寝不足で目が腫れたプリングルスおじさんのようであります。


スープカレーにはたっぷりの削り節が。スープ自体も出汁の旨味たっぷりで、油っこさがなくサラリとしたタッチ。
食べ進むにつれ味わいが増すタイプですね。

オプションで仁淀川山椒プラスしたので、口の中がスースービリビリしますが。
これもまた一興。

そしてもちろん、スープカレーの要というべき野菜もしっかりとした味わい。

チェーン展開していない分、全国的知名度は低いですが、札幌に来たらチェックしたい一軒です。

しかしホント、札幌ってスープカレー店の数が凄いな。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ひげ男爵



関連ランキング:スープカレー | バスセンター前駅大通駅さっぽろ駅(札幌市営)

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

ラスタなスリランカカリの名物は納豆。「村上カレー店プルプル」(大通)

札幌スープカレーの特徴である、
メイン具材を選び、辛さを数字で選び、ライスの量を選び、トッピングを選ぶオーダースタイルを最初に始めたのは創業1984年「スリランカ狂我国」だと言われています。

もちろん当時は「スープカレー」という言葉もなく(「スープカレー」の名称を用いたのは1993年創業の「マジックスパイス」が初)スリランカカリとして提供されていたのですが。

今はなき「スリランカ狂我国」から暖簾分け、今もそのスピリットを継承しているのがこちらのお店。



「村上カレー店プルプル」

オープンは1995年。

スリランカカリを継承しつつも、レゲエ好き店主の好みで全面的にラスタ&ジャマイカ。


もっとも「スリランカカリ」はスリランカ料理そのものではなく、北海道で生まれたスープカレーの一系統というべきものなので、大した問題ではありません。


★ナット・挽肉ベジダブル ¥1050(税込)
・サンボール1/2 ¥150
・トルカリ ¥50


実はこの「村上カレー店 プルプル」、札幌では納豆カレーの元祖とも言われているんです。今やスープカレー店の定番トッピングに並ぶ納豆ですが、最初はここの名物だったんですね。


挽き割りの納豆は単に添えられているのではなく、鶏ひき肉と一体となって全体に行き渡っています。

具材のオクラの効果もあり、スープ自体がトロッとした舌触りに。
これはスープカレーとしてはかなり異質な美味さ。
リピーターがつくのがよくわかります。

さらに注目したいのがライスに添えられたオプション。
スリランカのポルサンボールが元と思われる「サンボール」はミッシリと固められた味噌状。ココナッツと唐辛子の旨味で、ライスと食べるも良し、スープに混ぜるも良し。
「トルカリ」はベンガルのボルタがベースかな?
ポテトサラダにスパイスを加えた仕様で舌のリセットに役立ちます。

食後のデザートはこちら。

★スパイス入り牛乳プリン ¥100

スリランカ繋がりでワタラッパンみたいなのが出てくるかな?と思ったら全然違いました。シナモン&カルダモン香るミルクプリン。100円だし頼まない理由はありません。

個性派店主の個性派カレー店だけに、店内はある種の迫力、緊迫感がありますが、接客自体は紳士的で丁寧。

ちなみにラストオーダーの時間は決まっておらず、とにかく8時までに食べて店を出てくれたらオーケーとのことです。

隅から隅まで、とても存在感のあるお店。

こちらの味を受け継いだ「カレー魂 デストロイヤー」も大人気で、「スリランカ狂我国」からの系譜はまだまだ続くのでした。

カレー細胞 初の単著「ニッポンカレーカルチャーガイド」
ご購入はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

村上カレー店・プルプル



関連ランキング:スープカレー | 中央区役所前駅西8丁目駅西11丁目駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ