FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

水戸の心地よき南北インド名店。「遊食カレー&インド料理 カルマ」(水戸)

「コジコジ」からの帰り道。
偕楽園を散策した後ディナーで立ち寄ったお店。
これがまた素晴らしかった。

水戸市役所近く。
アジアの空気が濃厚なこちらの建物。

「マル優ビル」
その一階に灯る、魅惑的な燈火。



「遊食カレー&インド料理 カルマ」

早速中へ入ってみましょう。


カウンターにはインドのワイン「SULA」のボトルがずらり。


カレーリーフの苗に・・・


半立体のガネーシャ像!!


奥の壁には生命の樹が刺繍された絢爛な布。

この店が只者ではないことがわかります。


★signature シングル ¥600

こちらはインド直送のウイスキー。
インドウイスキーといえばマクダウェルが一番有名ですが、こちらsignatureは東京でも滅多にお目にかかれません。


★自家製パニールとグリーンピース ¥550

インドのカッテージチーズ「パニール」をそのままいただく前菜。
リコッタチーズのような優しい食感に、ミルクとグリーンピースの香ばしさ、そしてレモンの爽やかさが混ざり合い素敵。


★スペシャルマハラジャ・ターリー ¥1360
・南インド風チキンカレー
・ラムのカレー +¥200


選べるカレーは「極辛」というチキンカレーと、追加料金かかるけど逆にそこが気になるラムカレーをチョイス。
ライスとチャパティ、アチャールとタンドリーチキンが付いてきます。


シャバシャバのチキンカレーは、じんわりじんわりと沁みわたる辛さ。
新陳代謝をあげ、体の芯から健康になりそうなカレーです。

一方のラム肉カレーは、まろやかクリーミー。
どうも先入観で羊のカレーのほうがゴリっとした辛さと旨みを想像していただけにこれは意外。
けれど意表を突かれた分、これはまた新鮮な美味さで一本取られた気分です。


添えられたタンドリーチキン、これがまた味がしっかりしており好み。
アタ粉の風味が活きたチャパティも上質です。

これは期待以上に丁寧で、こだわりのある一皿で大満足。

聞けばこちらの女性店主、インド関連のアカデミックな筋の方々とも繋がりが強いようで、
決して一般層に向け加減した仕立てではない料理の味わいにも納得。

以前は水戸市南町で営業していたそうですね。


★マハラジャのアイスクリーム ¥650

締めのアイスも贅沢ですよ。
ナッツがふんだんに入っており、確かにマハラジャ気分(たぶん)。

決して南アジア系料理店が多いとは言えない水戸ですが、「コジコジ」とこの「カルマ」は訪問して損はない、
いや、訪問すべき名店であると言えましょう。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

カルマ



関連ランキング:インド料理 | 水戸駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

水戸に輝く、関東スリランカ至高の星。「錫蘭食堂コジコジ」(水戸)

日本におけるスリランカ料理といえば、西は大阪、東は茨城。
輸入業に携わるスリランカ人が茨城に多く住んでいるのがひとつの理由ですが、
お店の多くは車でしか行けないような場所にあり、ひとところに集まっているわけではないんですね。

そんな中でも、ひときわ輝きを放つお店がこちら。
郊外ではなく、街中のお店です。

「錫蘭食堂コジコジ」

こちらのオーナーシェフは日本人の(通称)さるさん。
開業当初はスリランカ人シェフを雇い、自らもスリランカ料理を学び、
現在では自らシェフも手掛けています。

関東を代表するスリランカ料理の名店としてJapanese Curry Awards2019を受賞。
今回はそのメダルをお届けすべく訪問してきました。


入口には「ナンはありません」の文字。
オープン当初はインド料理も扱っていたこの店ですが、今はスリランカ料理一本です。




布を駆使した空間づくりが実に素敵。
実はさるさん、前職は某有名アパレルブランドでして、それもまた納得なのです。

この日は4人で予約訪問。
布で仕切られた半個室でのランチとなりました。


★ライオンスタウト ¥550

アジア最古のブリュワリーで作られるスリランカの黒ビール。
ギネスを強く濃くしたような味わいで、個人的には世界ナンバーワン黒ビールではないかと。


★スリランカプレート ¥1250
・カレー追加 +¥350


この日のカレーは日替わりでタコ、シャケ、チキンの3種。
カレー2種が付くスリランカプレートに一品追加で全種盛りにしてみました。

鮮やか、そして美しい。
一品一品が丁寧な味付けで、混ぜるのが勿体ないほど(けど混ぜるとさらに美味いんです)。


ライスはスリランカのパラッパラ小粒米サンバライス。


日本でもなかなか珍しいタコカレー。
タコって食べない国がほとんどと良く言われますが、スリランカ近くの島国モルディブあたりではタコカレーも定番ですし、スパイスに合わないわけがありません。

そして感激したのがシャケのカレー。
シャケってベースの味と個性が強すぎてカレーが負けることが多いのですが、これは完璧!
シャケとタメ張る濃厚スパイス使いが最高です。


チキンカレーは安定の激ウマぶり。
迷ったらこれ。迷わなくてもこれはオーダーしましょう。


セイロンティーの国スリランカですから、食後はチャイ。

合わせるデザートはもちろんこちら。

★ワタラッパン +¥350

スリランカの黒糖プリン。
タピオカなんかより絶対流行る要素大なんだけどなあ。
いろんなタイプがあるワタラッパンですが、「コジコジ」のは結構プリン寄りの柔らか食感。
来たら絶対食べなくなっちゃいます。

スリランカ料理好きなら絶対「コジコジ」。
スリランカ料理に興味あるなら絶対「コジコジ」。
ファンになること間違いなしですよ。

東京から行くには水戸駅から徒歩20分以上と、一瞬怯むこの店ですが、実は東京駅からこの店のすぐ近所の茨城大までは長距離バス一本。
意外に行きやすいこともお伝えしておきましょう。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

コジコジ



関連ランキング:スリランカ料理 | 赤塚駅常陸津田駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

荒川沖リトルタイランド。「トゥクトゥク」(荒川沖)

荒川沖リトルタイタウン。

何軒かはすでに閉店しているものの、まだ数軒のタイ料理店やタイマッサージ店が密集していました。


「タイ料理 トゥクトゥク」


どう見ても大衆中華な外観。


ショーケースも可愛すぎます。


普通に近所のタイ人のおじさんやおばさんがランチ訪問。


壁に描かれた花、ミラー仕立てのウイスキー棚。
もちろんカラオケ。
夜はエエ感じの社交場になるんでしょうか。

さて、現地式タイ料理店の楽しみといえば、メニューのカタカナ表記。

「バードタイ」

あ、パッタイですね。
このほかにも見応えたっぷりなメニューは必見。


★カイヨーマーガパオ ¥900

アヒルの卵、つまりピータンのバジル炒め。
カリカリに揚がったバジルがナイスアクセントです。


濃い味が好きならこのプリックナンプラーをプラス。
味がピシピシ決まりますよ。


★カオネームクルック

ザクザクな煎り米と発酵ソーセージの酸っぱ辛いサラダ。

ローストされた唐辛子の香ばしさも格別です。


レタスに巻いていただければ、荒川沖名物のネギがピン!
タイタウンだって地産地消!


★エンタフウ ¥1000

知る人ぞ知るタイのピンク麺。
その実体はスープに用いられた腐乳。


見事なピンクに染まっていますね。
仄かな甘みと独特の旨味。
沖縄の豆腐餻(トーフヨウ)好きな方などにオススメですよ。


トイレはなんとウイスキー棚の裏。

アメイジングに溢れた小さなタイランドなのでした。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

トゥクトゥク



関連ランキング:タイ料理 | 荒川沖駅


テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

龍ヶ崎タイ料理秘境探検 -その3- 絶品北部料理がいただける大衆食堂。「ラミンチェンマイ」(竜ヶ崎)

龍ヶ崎タイ料理秘境探検、「Ty」「ワンワーン」に続いて訪れたのはこちら。
モール内のタイ料理4店のなかで唯一、食べログ登録されていたお店。

龍ヶ崎タイ料理4店のなかで唯一、外から店内が覗けるお店でもあります。


「ラミソチェソマイ」

もとい、

「ラミンチェンマイ」

前回の龍ヶ崎訪問時、昼間入り口が開いていたので入ってみたらおじいさんが一人。
尋ねてみたら「ワタシね、ただ掃除してるだけなのでわからないんです」との答え。

後日電話したらまたおじいさんが出て「ワタシね、ただ掃除してるだけなのでわからないんです」との答え。


ですが今回、晴れて営業していました。


前2店とは異なり、テーブル席メインの食堂的作り。


王様写真、カラオケも基本装備。窓際には亀・人魚・ワニの縁起物。
店内は地元のおじさんたちでにぎわっていました。

我々が店内に入るや否や「お兄さんたちどっから来たの?」と聞かれるあたり、普段は地元の顔見知りしか来ないんでしょうね。
西部劇の酒場みたいだな。

「東京から来た」といえば「えーなんでこんなところに?」と驚かれ、「タイ料理食べに」と言ったらさらに驚かれました。
「俺、タイ料理ダメなんだよねー」とか言っちゃったりして。

ここ、タイ料理屋ですけど、彼らにとってはきっと「大衆食堂」なんでしょう。

さて、タイ料理店でお通しの定番といえば、えびせん。
確かにこちらでもえびせんが出てきたのですが・・・

かっぱえびせんでした。

そうか龍ヶ崎あたりは河童の伝承も多いからなぁ。

ちなみにさっきの「タイ料理苦手」と言っていたおじさんにはスルメが提供。
この辺りはお客によって臨機応変っぽいですね。

女性コックさんはチェンマイ出身。
ならば北のメニューを攻めてみましょう。


★タムカヌン ¥1000

タイ北部のジャックフルーツ炒め。
バイマックルーの爽やかさに加えニンニクが効いてパンチある仕上がり。


★ラープ・プラー ¥1080

こちらなんとマグロのラープ。
ドッサリとフライドガーリックがかかっていますね。
マグロは刺身というかヅケというかな状態なので、ゴォイっぽくもあります。

んでこれ、一口食べてビックリした。

口の中にムワッと拡がる独特の香り、なにか燻されたような仄かに苦いような、けれど爽やかなような・・・

どうやらこれ、ドクダミのようなスモーキーな苦味がするパックパイというハーブを用いてるそう。
これはかなり癖になりますぞ。

というか、この店かなり味のレベル高いっす。
みなさん大衆食堂っぽく使ってますが、タイ料理店としてかなりのレベルです。

・・・しかし盛り付けのデザインがほぼ同じ(笑)
龍ヶ崎のタイ料理店って、ほんとキュウリが好きなのね。

河童の郷ですからね。

「Ty」「ワンワーン」「ラミンチェンマイ」といずれも個性的かつレベルの高かった龍ヶ崎タイ料理秘境。

お店を出ると、残りの一軒「アロイジャン」が営業開始していたのですが、終電ギリの時間だったので、次回に持ち越し。
実に楽しい桃源郷への旅は、ひとまずおしまい。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ラミンチェンマイ 龍ヶ崎



関連ランキング:タイ料理 | 竜ケ崎駅


テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

龍ヶ崎タイ料理秘境探検 -その2- いろいろレベルが違う凄い店だワン。「ワンワーン」(竜ヶ崎)

龍ヶ崎タイ料理秘境探検。
4軒の未知なるタイ料理店が密集する謎のモール。

一軒めで訪れた「Ty」のママにこの辺の様子を聞いてみた。
これだけの密度、タイ人コミュニティが近くにあるのかと聞けば特にそんなことはなく、お客はブラジル人、ペルー人、フィリピン人が多いとのこと。

謎が深まる龍ヶ崎・・・

で、電話が繋がらない他の3店、営業状況なんかも聞いてみたら、「アロイジャン」「ラミンチェンマイ」は7時ころ開いてることが多い、「ワンワーン」は遅い時間に開く、とか。

なるほど2軒めは「アロイジャン」か「ラミンチェンマイ」か。
と思って外に出たら、何故か一番早く開いたのは「ワンワーン」。

龍ヶ崎、謎。


中の様子が全く分かりませぬが・・・
とにかく素晴らしいのがお店のロゴ。


スタイリッシュな黒犬がワンワーン!

「WANWAAN」


歌わず踊らずが難しい雰囲気の店内。

ビシッと決まったママさんが登場。
チェンマイ出身だそうです。


★マンゴージュース


グラスのシールがチャーミング。


★サイウア

タイ北部、チェンマイでよく食べられる香草ソーセージ。
ママの手作りで柔らかな噛みごたえ、抜けるような香りが魅力です。


★コームーヤーン

これにはビビった。本気でビビった。

「豚トロの炙り焼き」というシンプルな料理ながら、表面のカリッと具合とジューシーな脂のバランスは完璧。
そこに胆汁の苦味がガツンと効いたナムジュムが加われば、異様なまでの芳ばしさが口内に拡がります。

これ、史上最高のコームーヤーンかも知れん・・・


★ナムプリックオーン

こちらもチェンマイ式。
トマトのディップなのですけど、タイの乾燥納豆トゥアナウを用いてるそう。
茨城県民大喜びですな!!


★カイチョームーサップ

ママのオススメ、豚挽き肉入り玉子焼き。
実はこれ、私も好きなんですよねぇー。

メニューブックには料理の種類は決して多くはないのだけれど、
事前に連絡すればいろいろ作ってくれるとのこと。
コームーヤーンはじめ料理のレベルはめちゃ高なので、これは期待です。

そしていつしか煌めく光の中、

イサーンの田舎歌ルークトゥンを歌う我らがクンプー氏。

実はここのママ、元歌手だったそうで、ママに歌ってもらう代わりに我々も歌うこととなった次第。
ママのテレサテン、必聴です。

そして、ここから打ち解けたママのお話が凄い。

というか、この店ちょっと只者ではなかったのです。

まず息子さん。
なんと元ミスタージャパン(タイ人?)のハンサムで、タイの芸能界に友だちが多く、
代々木公園タイフェスのために来日したタイの歌手がこの「ワンワーン」に来ることもあるそう。

さらに、タイのテレビで人気の女優Kubkibさんも親戚。の
Kubkibさんの旦那さんはイケメン台湾人で、そのお子さんはタイで超有名な子役のパオパオちゃん!
なんとなんとインスタのフォロワー数586万人を越えるすさまじい人気っぷり。
それがどれだけ凄いかって、北海道の全人口(547万人)より多いんですから!
パオパオちゃんご家族も、この「ワンワーン」に来るそうです。

一体どういうことだ龍ヶ崎。

ちなみに店名の「ワンワーン」は、もともとは犬という意味ではなく(ロゴは犬だけど)、
大切な人が離れてもまた戻ってくる「絆」みたいな意味が込められているんだそう。

なるほど、だから一族皆「ワンワーン」に集まってくるのですね。

まさかの凄い店と出会ってしまいました。


龍ヶ崎タイ料理秘境探検、3軒めも面白いですよ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ワンワーン バー&レストラン



関連ランキング:タイ料理 | 竜ケ崎駅


テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ