fc2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

人は、食べ物と希望でできている。『BAR 希望』(神泉/渋谷)

オトナの街、奥渋にある健康志向のダイニングBAR。

『BAR 希望』

店頭にはカレーの看板が出ています。

『あなたが食べたもので、あなたは出来ています。』

まさに私がカレー細胞を名乗る理由ですね。


明るい日差しが差し込む店内ながら、夜の雰囲気良さがうかがえる店内。
実は2階もあって、DJブースも備えているそうです。

この日は、ほんのちょっと空いた時間でのランチ訪問。
カレーはキーマとマサマンがあったのですが、迷うよりは両方オーダーが吉!


★酵素玄米カレー 2種盛り
・目玉焼き付きキーマ
・マサマン


ビジュアル的に目玉焼きが効いていますね!

マサマンは手羽元たっぷり。
辛さ、甘さ、酸味は抑えられており、だれでも食べやすい味です。
キーマは中挽き。鶏と豚のあいびきかな??
こちらのほうが若干スパイシーですが、辛口とまではいかないレベル。
酵素玄米はコワッとした食感で、この食感だけでヘルシーな気分になれるのは不思議ですね。

次回は夜に訪れたいところ。
お酒もヘルシーに飲めるかな??
もしそうだったら、それこそ大いなる希望ですね。


カレー細胞 初の単著「ニッポンカレーカルチャーガイド」
ご購入はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

渋谷を一望。伊勢料理カフェダイニング。『茶寮 伊勢藤次郎』(渋谷)

渋谷ヒカリエ七階。
三重の郷土料理がテーマのカフェダイニング。


『茶寮 伊勢藤次郎』

何が素晴らしいって、その眺望。
高さ5メートルはあるかという開放的な窓からは、再開発が進む渋谷の景色が一望。


もうこれだけで大きな価値がありますね。

カレーメニューだってあるんです。
それがこちら。


★松阪牛カレーうどん御膳 ¥1958(税込)

伊勢うどんに松阪牛をカレー仕立てで組み合わせ。


ま、窓抜けで撮影したいですよね。


伊勢うどんの特徴は太く柔らかな麺。
そしてたまり醤油。

こちらのカレーうどんでも松阪牛はすき焼きのように醤油の下味がついており、カレー自体に和の味わいを加えています。

醤油が効いている分塩味も濃いめなので、途中から生卵でマイルドにまとめましょう。

窓抜けで撮っちゃいますよね。


サイドにはいなり寿司。
これが甘みも酸っぱさも控えめで、メインを引き立てる脇役に徹したシンプルさ。

実際、残ったカレー汁をつけていただけば、ほど良き醤油味が乗って美味しかったですよ。

食後のデザートはこちら。

★藤次郎 特 プリン +¥220

単品価格638円のプリンがセットでお得。
スプーンを通せばしっかりとしたコシとハリがある堅さ。
味自体はシンプルなので生クリームを合わせていただきます。


また渋谷の街をぼーっと見下ろしたくなったら来よう。


カレー細胞 初の単著「ニッポンカレーカルチャーガイド」
ご購入はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

現地愛溢れるシンガポールラクサ専門店が奥渋に移転。「シンガポールホリック ラクサ」(渋谷)

暖かくなってきたので夜の奥渋を散歩していたら・・・あれ?


「ラクサ」って書いてあるよね?

ひょっとして。

やっぱりそうだ。
原宿の路地裏にあったあのお店。

「シンガポールホリック ラクサ」

ライトで日和った店も多い原宿でポップな雰囲気を出しながら、けれどもビックリするほど現地愛に溢れたシンガポール式ラクサを提供していたお店。

原宿を畳み、2022年12月に奥渋へ移転してきたようです。


原宿の小さなテントみたいなお店からは見違えるような立派さです。


マレーシアやシンガポールで親しまれている麺料理「ラクサ」。同じ名前でも地域によって全然違う仕立てで、シンガポールのものは海老出汁とココナッツミルクを用いたピリ辛仕様。
シンガポールのソウルフードとも言われています。

この店ではラクサの他、冷やし混ぜ麺「シャンユー麺」、チキンライスもラインナップ。

あ、カヤトーストまでありますよ。


お酒やおつまみメニューもあり、BAR使いもバッチリです。


★タイガービール ¥680

シンガポールの国民的ビール。
これからの季節にピッタリ!!


★ディナー限定!よくばりセット ¥1320
・辛さ:ホット +¥33
・トッピング:はんぺん +¥110


ラクサ、チキンライス、シャンユー麺が少しずつ楽しめるお得セット。


シャンユー麺はピリ辛な冷やしまぜ麺。
さっぱりしたもの食べたい時に最高です、


ラクサのスープは相変わらずな本格ぶり。
ええ感じに海老の旨みあり、ええ感じに程よいカレー感もあり。
トッピングしたはんぺんは期待通りで、ラクサスープを吸いまくってジューシー。たまりません。


そしてチキンライス。

海南鶏飯の名で知られる、これまたシンガポールの代表的料理ですが、ここのは原宿時代から主眼が鶏肉よりもご飯の方におかれています。
鶏の旨味が出まくったスープで炊いたご飯がメイン、鶏肉はあくまで具材。

どうしてかって?
そりゃ決まってるでしょう。

このご飯をラクサスープに浸していただくんです。
「シンガポールホリック ラクサ」の真価はこの瞬間にあり。
それほど美味いです。


★ジンジャーハイボール ¥480

ラストオーダーは22時15分。
夜の駆け込み需要に結構便利に使えそう。
渋谷勤務の方には優待も。

また、土日限定でラクサの麺はお店手作りのモチモチなショート麺に変更可能だそうです。

エレベーターでビルの2階という立地だけに、まだまだ近隣の知名度もイマイチの様子。
こんないい店なのにね。

応援したいお店です。

カレー細胞 初の単著「ニッポンカレーカルチャーガイド」
ご購入はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

シンガポール ホリック ラクサ



関連ランキング:シンガポール料理 | 神泉駅渋谷駅代々木公園駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

のんべえ横丁、美女が作る間借りパキスタン。「Kotli」(渋谷)

渋谷の再開発が進んでもここだけは変わらない、のんべえ横丁。

ここにまさかの間借りパキスタンカレー店があります。


「Kotli」

「コ―トゥリー」と読みます。
パキスタン人の父をもつ可愛らしい女性エイミさんによるお店です。


じょいっこさん曰く
「安室奈美恵さんとマライヤキャリーさんを足して2で割ってから3倍美人にした若い女性。」
なるほど的確な表現で納得。

一階でオーダーを済ませ、二階へと上がります。

ミニチュア感あふれる店内にワクワクしますね。

窓からはMIYASHITA PARK、山手線が一望。
ハイブリッドな時空間はサイバーパンク。


★本日のカレー2種盛り ¥1200

無水調理のパキスタンカレーの2種盛り。
現地系パキスタン料理って、ドサササッとした盛りが多いのですが、こちらは丁寧で繊細な盛り付け。
あるようでなかった、おひとり様ランチに最適なパキスタン料理です。


ライスとチャパティ付き。


ズッシリとしたイメージが強いパキスタン料理ですが、こちらのカレーはサラリと優しいタッチ。
ジャガイモベースの野菜カレーも、豆とチキンのキーマも、するりといただけます。

しかも・・・

のんべえ横丁だけにシードルやワインもあります。

隠れて昼飲みするには最高の立地です・・・

小さくて、なかなか見つけにくいお店だけに、ここは知っている人だけの愉しみにしておきましょう。


カレー細胞 初の単著「ニッポンカレーカルチャーガイド」
ご購入はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

Kotli



関連ランキング:パキスタン料理 | 渋谷駅神泉駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

タイ、南北インド、中国東北料理まで揃う惣菜店誕生。「エスニック惣菜 MENAM」(渋谷)

「西インド会社」をご存じでしょうか?

・・・いや、世界史に出てきた東インド会社じゃありませんよ。

「西インド会社」は神保町を中心にアジア諸国のエスニックレストランを展開する企業。
漫画「美味しんぼ」のカレー回の料理監修をした神保町「マンダラ」、都内に数店舗展開するタイ料理「メナムのほとり」、タイスキの「ムアンタイ」、南インド料理の「タマリンド」、中国東北料理の「羊福」・・・・
東京エスニックシーンを陰で支える「西インド会社」がこのたび、エスニック惣菜の事業を始めました。


「エスニック惣菜 MENAM」(メナム)

渋谷東急フードショー「しぶちか」に2021年7月10日オープン。


惣菜はインド料理、タイ料理を中心としたラインナップ。
ポピュラーなものだけでなく、インドのスナック「パニプリ」やタイの「プーパッポン」、中国東北の「羊肉と長芋のクミン炒め」のように気の利いたものまで。


人気メニューを組み合わせたお弁当も半橋しています。


★魚介のカレー味炒め(ポンカリー)&カオマンガイ ¥1188(税込)

プーパッポンのカニを海老に置き換えたポンカリー(クンパッポンカリー)、トードマンクン、生春巻き、カオマンガイがひとつになったお得セット。
流石の「西インド会社」だけあって本場体シェフが仕込んだリアル仕様となっています。
特にトードマンクンが流石の美味さだなぁ。
ポンカリーのエビが加水じゃなければなお完璧でした。


★チキン65 ¥702(税込)

こちらは語源が謎とされる南インドのスパイシー鶏唐揚げ。
ブラックペッパーとニンニクがガツンと効いた上に、レモングラスがたっぷり使われているあたり、総合アジアン惣菜店ならではのアレンジです。
ビールのおつまみに最高なので、これだけ買って帰っても大吉。

安定満足のクオリティだけあって、価格は安くはないのですが、そこはそれ、ほら。
閉店間際に行くといい感じの割引があるかもですぞ。

こまめにチェックしてみて。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

MENAM



関連ランキング:デリカテッセン | 渋谷駅神泉駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ