FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

餃子レストランの変則カレーが面白い。「GYOZA ROCCOMAN 渋谷道玄坂店」(渋谷/神泉)

道玄坂、「真武咲弥」の道路向かいにあるお洒落な餃子ダイニング。


「GYOZA ROCCOMAN 渋谷道玄坂店」

一号店は日吉にあるようです。

メニューには餃子はもちろん、四川料理やタイ料理なども。

そして見逃してはならないのがテーブル上のこのPOP。

これは頼むしかないでしょう。


★旨辛台湾ミンチベジタブルカレー ¥900

いわゆる名古屋の「台湾ラーメン」の如き挽き肉とカレーの組み合わせプレート。
卵黄、温野菜、キャロットラペ、パクチー、オニオンピクルスに加え、スープとヤムウンセンが付いてきます。


カレーは粘度高くプルプル。
しっかりと野菜を煮込んでいるのに加え、隠し味に西京味噌を用いており辛さよりも旨味押し。
一方の台湾ミンチにはホールのブラックペッパーがゴロゴロ。なかなかスパイシーでありながら、こちらも濃厚な旨味。
副菜ではズッキーニなどの温野菜がとてもジューシーで素敵、夏の旬野菜はいいですね。

洒落ている雰囲気でありながら、味は濃厚旨み押し。
餃子にも通づる、大衆的な味わいにホッとするお店でした。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

GYOZA ROCCOMAN 渋谷道玄坂店



関連ランキング:餃子 | 神泉駅渋谷駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

ついに復活!週一原宿のスパイス愉しみ処。「BLOCK HOUSE 水曜カレー」(原宿)

高木さんによる「水曜カレー」がついに復活!

場所は以前と同じ原宿「BLOCK HOUSE」
外階段を上った三階。

「BLOCK HOUSE 水曜カレー

2015年 原宿
2016年 神楽坂
そして2021年再び原宿へ。

看板をよく見れば「仮)」の文字が消されていますね。


まさに隠れ家というのに相応しい原宿のルーフトップ。

なのにしっかり満席なのですから流石高木さん、そして皆さんの情報キャッチ力も凄いですね。



青空が抜けたこの空間、やはり素晴らしい。
ズラリ並ぶお酒が呑めないのは勿体なくもあるけれど。


変わらぬメニューデザインが素敵。
いや、デザインだけでなく書かれている料理内容もビックリもんですよ。


★スペシャルカレープレート(カレー3種盛り)¥2000

この日のテーマは「冷やしアジと酸辛ポークとビリビリ】
・冷やしアジカレー
・ポークヴィンダルー
・ベジタブルサンバル

冷たいアジカレーとポークヴィンダルーのツートップです。

アジはなんとスパイシーなヅケ。
冷や汁のような雰囲気で、もはやカレーという概念のキワキワを征く攻めっぷり。
個人的にはミクロネシアのヤップ島でいただいたマグロのヅケを思い出させる生&スパイシーな風合いで面白すぎます。


さらにポークヴィンダルーとサンバル。
ヴィンダルーはビネガーのビシッとせた酸味が決まっているのはもちろん、ポーク自体の仕上がりクオリティが抜群!
サンバルは全体をつなぎ纏める存在・・・と思ったら野菜の存在感がしっかりで単品でも張れる美味さ。
もちろん、混ぜ合わせても抜群にいい仕事をします。

そして、今回ビックリしたのがライスに乗った「ジャンブー」。
どうやらブラジル原産の野菜だそうですが、菜の花のような食感のあと山椒のようなビリビリが。
こりゃ面白くクセになります。
聞けば国産で、今が季節なのだとか。これは儲けもんだ。

南インドテイストを基調としつつも、食の驚きと愉しみを企む高木ワールドが冴え渡った一食でした。


★アイスチャイ ¥300

熱帯の東京ですから、糖分補給も忘れずに。

営業日はもちろん水曜日のみ。
昼間は少し並びますが、アイドルタイム後に予約のみの夕方営業があるようです。
暑い中、並ばず食べたい方はインスタの案内をチェックしてみてくださいね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

BLOCK HOUSE 水曜カレー



関連ランキング:カレー(その他) | 明治神宮前駅原宿駅表参道駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

話題の朝スリランカ、五反田に進出。「スパイスカレー食堂 五反田店」(五反田)

朝からヘルシーなスリランカカレープレートを提供し話題になった四谷「スパイスカレー食堂」が五反田に進出!


「スパイスカレー食堂 五反田店」

2021年7月15日オープン。
こちらもやはり朝8時からの営業です。

殆どの人にとって仕事終わりの外食が困難になっている飲食受難の時代。
ならば朝昼に特化した営業を、というこの店の営業方針はズバリ当たっているようですね。

オーダーは四谷店同様券売機にて。
購入を済ませ、カウンター席へ着きます。

料理を待っている間はPOPを眺めましょう。
油をほとんど用いず胃にもたれないスリランカカレーの素晴らしさ、そしてオススメの食べ方などが書かれていますよ。


★ベジタブルキーマカレー ¥1200

オリジナルの大きなお皿も四谷店と同じ。
メインのカレーに加え、パリップ(スリランカの豆カレー)、サラダやサンボルなどの副菜、パパダムが盛り付けられています。


ベジタブルキーマって、挽肉と野菜のカレー?と思っていたのですが違いました。
なんと肉の代わりに豆腐を用いたキーマカレー。

そう、ベジメニューも多いスリランカのカレー、豆腐やランぺが良く合うんですよね。
がっつり混ぜながらヘルシーにいただきましょう。

ベースは辛さ控えめ。
もう少し刺激が欲しい時は卓上スパイスを加えるのがオススメ。

辛味追加と香り追加。
香りの方はスリランカのミックススパイス「トゥナパハ」ですね。

朝でも、昼でも、立ち食いそばのような気軽さで立ち寄れるスリランカカレー店。
一年前には想像できなかった世界です。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

スパイスにこだわる代官山のカフェ。「Spice&Cafe FamFam」(代官山/渋谷)

スパイスにこだわる、代官山の心地よいカフェ。


「Spice&Cafe FamFam」

代官山駅からも渋谷駅南口からも徒歩7分ほどの場所にあるSodaCCoの2階に2019年オープン。



光差すテラス席、落ち着いたテーブル席。
席間も広くゆったりとした雰囲気です。

ドリンク、アルコール、デザートと並ぶメニューの中で、食事はバリエーション豊かなカレー。

出汁系、タイ系、ラー油のカレーなど面白いメニューが揃う中で今回オーダーしたのはこちら。


★とろとろ豚肉とオクラのアメリカ南部風カレー ¥1200

アメリカ南部のカレー的料理といえばガンボとカントリーキャプテン。

こちらスパイス&ハーブ使いはクレオール式ガンボを髣髴とさせつつ、オクラは煮込まず生で、肉はボリュームある立方体にカットされた豚バラ肉と要素分解。
食感に変化をもたせ、肉と野菜のバランスをうまく取ってています。


なるほど!という着地ですね。


★アサイーラッシー +¥300

カレーを食べるもよし、ただカフェとして寛ぐもよし。
ゆったりした時間を過ごしたいならここですね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

Spice&Cafe FamFam



関連ランキング:カフェ | 代官山駅恵比寿駅渋谷駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

カレーからパフェ、蜃気楼のような非日常。「256 nicom」(新検見川)

カレーからパフェへの流れが鮮やかな「256(ニコム)」さんへ久々の訪問。
新検見川駅からバスで15分ほど。「さつきが丘団地」停留所のすぐそば。


「256 nicom」(ニコム)


実は「256」さん、現在は京成中山の別館「256 nicommauve」での営業がメインで、今回は久々となる新検見川での営業。

京成中山ではカレー→かき氷での提供なので、こちらでのカレー→パフェ営業は貴重も貴重。
もともとなかなか予約が取れない店として知られていましたが、次のチャンスはいつになるのでしょうか。

前回の訪問は2年前、いやもうちょっと前だったっけか。
訪問してしばらくした時にiPhoneがクラッシュしてカレー写真データ500軒分ほど飛んだっけな。


「256」の写真もその一つだったんだよな。
ありゃあキツかったな。


純喫茶を改装、クラシックなインテリアやドライフラワーで世界観を作り上げた店内。


現在ほとんどの日程が営業自粛中とはいえ、この空間は残してほしいものです。


というか住みたいな。シャトルバスさえあれば。

刻が来て、目の前の皿にカレーが盛り付けられていきます。

美しい、あまりに美しく緻密。
ベースとなるのはスリランカのライス&カリーですが、そこに収まらない芸術作品となっています。

構成のメインは

チキンカレー
うずら卵カレー
大根カレー
いわしカレー
パリップ

この5つを軸に、驚くほどの品数の副菜たちが。

一品一品に手間がかかっており、センスや技術はもちろんのこと、よほど好きじゃないと作り込めないディテール感に溢れています。
いつまでも眺めていられますが、これを食べなきゃパフェは出てこないわけで。
というかカレーマニアだけじゃなく、パフェ目当てのキラキラしたスイーツ女子のみなさんもちゃんとこのカレープレートを食べる流れになっているのが色々な意味で嬉しいのです。


カレー、食べてビックリしました。
品数が多いので個々の話は割愛しますが、前回と比べてもグン!とレベルアップをしています。確実に。
いや、うめぇっす。

手間の中に愛がありますね。

そして、出てきましたよ・・・パフェ。


「桃のVenus」!!

一体なんでしょう、この卓上のパリコレ感。


いろんなアングル、いろんなフォーメーションで写真を撮ってしまいます。


もうちょっと待ってね。まだ溶けないでね。


ふわぁ、ずっと撮ってられる。

いやいや。

トップに桃が半分ドン!と乗っててスゲエ!と思ったらなんと・・・


桃の内側はブリュレ仕立て!
これはスゲエのどんでん返しです。

皮ごと食える桃ブリュレ、これ食べたら天上界から追放されるやつだな。

そこから紅茶アイス、桃のスライス、下方のジュレへと至るめくるめく冒険。
禁断の領域に堕ちてゆきます。

これ、明日また食いたいと思っても食えないんですよね・・・


多少の遠出など苦にならない非日常体験。

もしもまた突然チャンスが巡ってきたならば・・・絶対逃してはなりません。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

256



関連ランキング:カフェ | 新検見川駅スポーツセンター駅検見川駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ