FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

和にこだわる、東京出汁カレーの先駆けが荻窪に移転。「平日昼だけ」(荻窪)

高円寺のカフェ「シュワルツカッツ」で平日昼だけの間借り営業をしていた、その名も「平日昼だけ」。
店名のインパクトもさることながら、和出汁を駆使した濃厚風味のカレーは、他に類を見ない味わいでした。

その後、目黒「Marcelo's (旧店名:Pink Camila)」の間借りとしてテイクアウト営業を続けていましたが2020年12月、今度は荻窪へ。
「Bar Flourish」の間借りとして営業を開始しました。

もちろん、営業は平日昼だけです。

「平日昼だけ」


カウンター5席のみの小さなお店ながら、飛沫感染防止対策はしっかり。


カレーメニューは3種類ですが、基本のカレーは同じ。
和風だし(かつを・昆布・どんこ・いりこ)をふんだんに使い、かえし(醤油)を使用。独自の配合で味を整えた、とことん和風にこだわった、ここだけのカレーです。

いやぁ楽しみ。


★和だしそぼろカレー&いわしの生姜煮 ¥1130

基本の和出汁そぼろカレーに、いわしの生姜煮がのったセットを選んでみました。

いわゆる日本のカレーライスとも違う、けれど昨今のスパイスカレーともチト違う、サラサラなカレーに片栗粉でユルッととろみをつけた中華カレーのような輝き。
これですよこれ。


じんわり、じっかり、しみじみ、和の出汁が染み渡る「和出汁そぼろカレー」。
前々から素晴らしかったのですが、味のバランスがさらに調律されてきた気がします。
これは文句なく美味い。


生姜醤油でじっくり煮込んだ「いわしの生姜煮」は骨まで柔らかく、ほぐしてカレーに合わせると格別。

ライスの上には肉そぼろ、大葉、かつお節、梅干し、さらに筍と揚げ玉がトッピング。
刻みたくわんと、酢漬けミョウガも添えられています。

トッピングをカレーに混ぜ込んで、食感の変化を楽しみましょう。
卓上の山椒を加えればさらに味わいが立体的になりますよ。

食べ進むたび、食欲が増進してくるカレー。
和出汁の効果でしょうか。飲み過ぎたあと、お茶漬けを食べるとホッとする、そんな風合いすらあるカレーです。

平日昼だけの愉しみ。
これが職場の近くにあったらどんなに幸せでしょう。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
平日昼だけ



関連ランキング:カレーライス | 荻窪駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

過去と現在とを繋ぐ、シネマ通りのカレーと珈琲。「ボタコーヒー」(山形)

山形。
かつて映画館が並ぶ繁華街として賑わった「シネマ通り」。
映画館がなくなりシャッター商店街と化したこの通りに最近、古い店をリノベーションした面白いお店が続々と登場しているようです。


「洋傘のスズキ」

100年続いた老舗傘店・・・の看板を受け継ぎ改装したこのお店、一歩中へ入ると雰囲気の良いカフェ&BARでした。


「ボタコーヒー」

そう、この辺りではかつての看板をそのまま残して新しくお店を始めるパターンが多いんです。
温故知新ですね。


雰囲気の良いバーカウンター、テーブル席、ソファ席、物販棚の裏の隠れカウンター席。
どこに座ろうか、この時点でワクワクしてしまいますね。

メニューを開けば、自家焙煎のコーヒーと自家栽培の野菜、そしてカレーがメイン。
いやはや願ったり叶ったり。


このあとカレーディナーを控えていたので、軽食にしてみました。


★キーマカレーホットサンド ¥550

軽食と言ってもちゃんとカレーです。
ギュッとプレスされたトーストの中にはたっぷり優しいキーマカレーが。


★ボタコーヒー酒 ¥600
・テーブルチャージ ¥500


軽食と言ってもしっかりお酒です。
自家焙煎の珈琲とウイスキーで作った一杯。
予想以上にコーヒーもアルコールも濃い、ですね。

ちなみにお通しにはMIXナッツが出てきました。

寛ぎながらめにゅーをぱらぱらめくっていると、最後のページに気になる情報が。

なんと、二階には「ボタシアター」と名付けられたシアタールームがあるんですね。
予約制で個人が自由に使えるほか、山形ビエンナーレや国際ドキュメンタリー映画祭の会場、セミナー利用、リミテッドショップなどに活用されているようです。


一度途絶えた、ここが「シネマ通り」である由縁を再び呼び起こす、素晴らしい場づくりですね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

上杉神社前のレトロポップインド料理。「インドカレー シバヤ」(米沢)

米沢はいままさに桜満開。


米沢城址、上杉神社のちょうど向かいにあるインド料理店。


「インドカレー シバヤ」

レトロポップな外観から、最初は古いお店かと思ったのですが、オープンは2017年。
米沢民に親しまれるインド料理店「ラグパティ」の姉妹店です。


客席は一階と二階。貸し切りも可能だそうです。

メニューはいわゆる北インドのナン&カレーが中心。


ビリヤニの代替品「インドチャーハン」なるものも。
インネパ店によくあるネパールのモモやベトナムな生春巻きなどは無く、かわりにインド料理をアレンジしたメニューがちょこちょこ。

外食ランチ=ラーメンというほどラーメン天国の米沢らしく、ランチ限定で「アーユルヴェーダ インドラーメン」なるメニューもありましたよ。


★マトンコルマ ¥890
★さつまいもナン ¥500


今回は単品組み合わせでオーダーしてみました。

ターリー皿にまとめて提供されるのが何気に嬉しいですね。


◎マトンコルマ

カシューナッツを用いた北インドのクリーミーなカレー。
辛口にしてもらったら、甘さと辛さが共存するちょっと不思議な味に。


◎さつまいもナン

ジャガイモじゃなくさつまいもをナンに入れるのは見たことないかも。
ベースのナンは薄めながらしっかりした食感で案外好み。さつまいもの甘みが効いています。

お店の雰囲気も接客もフレンドリー。
学生さんは10%割引など、地域のインド料理店としていろいろ工夫されています。

競合店もほとんどないし、なかなか強いですよね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

シバヤ



関連ランキング:インドカレー | 南米沢駅米沢駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

ピラミッド聳える八王子の名物カレーは牛乳味。「これく亭」(八王子)

知る人ぞ知る、八王子の名物カレー店「これく亭」を知っていますか?

1977年開業。
インドやスリランカのカレーに独自解釈を加えたカレーが人気で、今まで何度も閉店宣言をしたことがあるのですが、そのたび根強いファンの後押しがあり復活。
閉店、休業、移転、復活を繰り返しており、私が2014年に訪問した際は、京王線山田駅近くの牧場脇で営業されていました。
隣の牧場で絞ったミルクをカレーに用いていたんです。

その後2017年6月、八王子駅から徒歩5分の場所へと移転、ぐっと訪問しやすくなりました。

「これく亭」

印象的な三角の看板は依然と同様。
移転しても老舗の風格を醸し出しています。


牧場脇の時代と比べれば店内はコンパクトに。カウンター席がメインとなっています。


メインは変わらず、チキン、キーマ、アーモンドシチューの三種。
チキンはホットかマイルドかが選べ、それぞれ合いがけも可能になっています。


★CURRY COMBI A(ホットチキンとキーマカレー)¥1300

来ました!これぞ「これく亭」。
永遠のアイコンといえるピラミッドライスも健在です。
ちなみに大盛りをオーダーするとピラミッドが二つになるんですよね。


◎ホットチキンカレー
磯沼牧場「ミルクの黄金律」だけで煮込んだスパイシーでクリーミーなカレー。水は一滴も使っていません。
とのこと。手羽元が2本入っています。
久しぶりにいただきますが、おぉぉ・・・・ここまで牛乳を感じるカレーはなかなかないです。
最初「わ、牛乳だ!」と感じ、そのあと「お、結構辛さが来るかも」と思いきや、「ふぅ、牛乳飲んだ後の食後感だ」
もう完全なるオリジナルです。

◎キーマカレー
牛7:豚3の国産ひき肉と完熟トマトのスパイシー炒めドライタイプのカレー。
とのこと。
以前は確かラム肉を用いていたはずですね。
チャナ豆がたっぷり入っていて食感が楽しい点は依然と変わらずです。

やはり独特。
どれだけ他のカレー店を食べ歩いても、「これく亭」に似たカレーは一店も見つかりません。
まさに八王子の名物カレーですね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

インドカリィに豚バラを。「スパイスカリィ パライソ」(八王子)

八王子のカレー事情が面白くなってきています。

こちら南口側にあるスパイスカレーのお店に初訪問。


「スパイスカリィ パライソ」

オープンは2018年9月。

広々として可愛らしい店内。

20代の頃にインドへ渡り衝撃を受けた女性シェフによる化学調味料不使用、グルテンフリーのカレーを提供しています。

金土には限定カリィの提供も。
この日は「ベンガルフィッシュ」でしたが、夜の時点では完売していました。


★南チキン+キーマプレート ¥1210

おお、独特。
2種、3種と組み合わせられるカレーに加え、プラス330円でおかずを乗せた「プレート」。
豚バラ、ダル、玉子、副菜が乗るので絶対オススメですね。

南チキンカリィはココナッツミルク仕立ての甘口マイルド、とのことですが、そこまでココナッツココナッツしておらず辛さも控えめ。サラッといただけます。

キーマは豚肉ベースでスパイスもしっかり。
コメが進む味です。

そして、インド人もビックリのトロットロな豚バラ。
甘みあり、食べ応え充分。
このあたりがインドとは真逆の八王子感ですね。


街角の大衆食堂やラーメン屋が多い八王子。
こちらのお店も雰囲気オシャレで、インドをベースにしていつつ、食べてみると大衆食堂的なガッツリ感があった。
街の世界観って面白いですね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ