FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

世田谷ライフで新連載「Curry New Wave」始めます。

世田谷ライフで連載はじめます。


「Curry New Wave」

世田谷からはじまるカレーカルチャーに焦点を当てるこの企画、記念すべき第一回は「OLD NEPAL TOKYO」です。

ネパール料理を斬新なコース仕立てで提供するこのお店が東京のカレーシーンに与える影響、そして大阪「ダルバート食堂」から続く本田遼オーナーシェフの野望まで、一気に書いてみました。


世田谷から世界へ!

ご購入はこちらからどうぞ。

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

名店から大衆チェーンへ。気軽な街のインド料理。「サムラート自由が丘店」(自由ヶ丘)

かつて「モティ」と並ぶインド料理の名店として名を馳せた「サムラート」。
ナン&カレーという日本におけるインド料理のフォーマットが確立された時代を経て、今ではコモディティ化。
新宿にある本店は別として、都内にチェーン展開する各店は完全にインド料理大衆食堂となっています。



「サムラート自由が丘店」

こちら自由が丘においても、「タージマハール」「ふたば」などそれなりに設えられたインド料理レストランがある中で「サムラート 」はかなり庶民派の立ち位置。


店内は席数を減らしての営業ですが、客の姿はなし。
寧ろテイクアウトや宅配がよく出ている様子です。

ランチタイムは16時30分まで。
中休みなしでディナーに切り替わる通し営業です。
このあたりはチェーン店のありがたみですね。

ランチメニューはいわゆるナン&カレーが中心。
その中にビリヤニの文字を発見。

そういや、「サムラート 」でビリヤニ食べたことはなかったなあ。

★ビリヤニセット(マトン) ¥1300

アッツアツのおひとり鍋で提供されるビリヤニ。
なるほど。
予め仕込んでおいたビリヤニに、同じく仕込んでいたグレービーなしの白いビリヤニ(というかプラオ?」をまぶして色のコントラストをつけ、器ごと温めている様子。

なので中のビリヤニの味は均一。
ホールスパイスを使用していない(少なくとも提供時にはなし)分刺激も抑えめです。
ちょうど、オムライスの中のチキンライスのような感じですね。

セットのライタは驚くほどボリュームたっぷり。
ビリヤニにかけて味変しようとしたら、これが結構甘いんだ。

なるほど、これはかけすぎると変になるライタ。
ヨーグルトは甘い、という日本人のイメージに合わせたのでしょうか。
ビリヤニと別々に食べるのが良さそうですね。

ここは大衆チェーンと割り切って楽しむお店。
ゆっくり時間取れる時には近隣の「タージマハール」「ふたば」などに行けばいいわけですし。

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

別府ムスリム学生のオアシス。完全ハラールレストラン。「ユーシャ」(別府)

湯の町として知られる別府。
実は4000人もの留学生が暮らす国際都市でもあります。

海岸線に近い国道10号線沿いには別府マスジド(モスク)が。

そのすぐ近くにあるのがこちら。大分初の100%ハラール対応レストランです。

「カレーの王国 ユーシャ」

店主は別府大学の卒業生でバングラデシュ出身のモンズールさん。
イスラム教徒であるモンズールさんが留学生活で直面した食の問題。後輩たちに同じ苦労をさせまいとハラールフード専門食料品店「アジアンフード」をオープン。



今度は留学生たちが安心して外食できる場所をと考え、2012年2月3日「アジアンフード」の隣にレストラン「ユーシャ」をオープンしました。


カウンター席には電源完備。


ボックス席にはコーラン完備です。


ランチメニューは親しみやすいナン&カレーが中心。
ムスリム飯ならではのメニューとしては各種ビリヤニとダルゴーシュトが用意されていました。


★マトンビリヤニ ¥1050

お米はバスマティ使用。
シンプル仕立てながら、なかなかの現地仕様です。

ふんわりというよりは、しっとり米に味が染みわたったタイプ。
新大久保あたりの屋台ビリヤニのような感じですね。
マトンもたっぷり入っていましたよ。


★マサラチャイ ¥300

食後はホッと一息。

ちなみにこの日お店に立っていたのはインドからの留学生さん。
ムスリム学生たちの食と暮らしを支える拠点として、欠かせない場所であることがよく伝わってくるのでした。

道路向こうはすぐ別府湾。
浜辺の公園散策にあわせて立ち寄ってみては?

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

旅のお供に秀逸なカレーパン。「小麦と酵母 満 エキュート日暮里店」(日暮里)

日暮里駅の駅ナカ、エキュート日暮里。
京成スカイライナーに乗ったりするときなんあによく活用するんですが、久しぶりに立ち寄ったら美味しそうなパン屋が入っていました。

「小麦と酵母 満 エキュート日暮里店」

三軒茶屋「濱田家」の姉妹店「満(みつる)」、曙橋に拠点をもちエキナカの商業施設に展開しています。


和をテーマにした惣菜パンが人気だそうですが、やはり私の目当てはカレーパン。

fc2blog_20210117100751cac.jpg
★カレーパン ¥220

肉厚、存在感アリアリのカレーパン。
これが、これが実に良かった。

表面の衣はサクサク。そして・・・・

ギッシリ詰まったカレー部分がありつつ、パン部分はパン部分でしっかり。
パンも薄くカレーも少なく空洞が空き気味なカレーパンが多い中、こちらはカレーもパンもしっかり楽しめる仕様です。
カレーも濃厚で、パンもふわふわ。

カレーも、パン自体も自信がある現れですね。

日暮里って、旅の起点となることも多い駅。
電車に持ち込む朝食はもう、このカレーパンで良いんじゃないでしょうか。

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ 続きを読む

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

偏愛食堂【第6弾】2021年 初春カレー御殿 一年の計はカレーにあり。

2021年の偏愛食堂新年企画はやっぱりカレー。
只今好評開催中
【第6弾】2021年 初春カレー御殿 一年の計はカレーにあり。


会期:2021年1月6日(水)~18日(月)
【ランチタイム】午前11時~LO午後3時
【ディナータイム】午後3時~8時(LO午後7時)
会場:西武渋谷店A館8階=レストラン街「ダイニングプラザ」 
出店:東京・東新宿「サンラサー」
偏愛フーディスト:カレー細胞・松宏彰

1日30食限定、スタンディングスタイルのカレー店、東新宿「サンラサー」。


昨年のBLUTUSカレー特集「DRY&WET」コーナーでも紹介させていただいた通り、
店主有澤まりこさんによる、毎日食べても食べ飽きないカレーが人気のお店です。

某ゲーム会社が近隣であることからその界隈の常連も多く、SNSでの知名度も高いのですが、
「いつか行きたいけど、なかなか行けない、まだ行ったことがない」という声がとても多くもありました。

そこで、西武渋谷店8階の広々とした場所で、「サンラサー」のカレーを大解放しちゃおう!
というのが一つの狙い。
午前11時~LO午後3時までのランチタイムでは、サンラサーのカレープレートがたっぷり用意されています。

そして、それだけだと勿体ない。
どうせ渋谷で、どうせ広い店でやるのなら、普段の「サンラサー」ができないことを!

ということで導かれたのがディナーのメインとなる「カレー鍋」。

せっかくの新年ですし、鍋、食いたいですもんね。
それがカレーだったらなお最高。

そして鍋は鍋でも「おひとり様対応」なのが肝。

このご時世ですから、ディスタンスを保った場所で、おひとり様で、鍋を楽しむって選択肢は大切ですから。

具材は旬の海鮮がメイン。


ディナーのカレー鍋で用いる食材(真鱈、白子、牡蠣)は、「きっかけ食堂」さんが繋いでくださった三陸水産のエース「イカ王子」さんから仕入れています。

偏愛食堂 総監督「いなり王子」と夢のW王子コラボ。


追加具材や、その日のスペシャリテもたくさん。
ご来店時にホワイトボードで案内いたしますので、お楽しみに。

貴重すぎるサンラサーのカレーとカレー鍋。
広々とした空間でいただける、この機会を逃すべからず。
(ちなみに1/18の会期終了後、東新宿「サンラサー」の営業再開は1/26からを予定しているそうです。)


また店内ではじょいっこさんの「テイクアウトアート展」も開催!




【第6弾】2021年 初春カレー御殿 一年の計はカレーにあり。

いよいよ1/18まで!
お気軽にお越しくださいませ!!

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ