FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

芝浦名物モルガランチ。「インド料理 ラフィー」(田町)

芝浦の「ボンディ」に行こうとしたら、隣のインド料理屋さんが何やら普通じゃない感じ。

「インド料理 ラフィー」

いわゆるインネパとは違う空気感・・・

実はここ、ムスリム系のインド料理店でした。
お昼過ぎのこの時間、店の奥の小さなスペースでちょうど、店員さんが礼拝中。
小ボリュームながらコーランが聴こえてきます。

メニューを見ればいわゆるナン&カレーセット以外にもあれこれ。


ビリヤニもあるし、ムスリムらしいビーフカレーも。

けれども迷うことなくこちらをオーダー。
どうやらお店の看板メニューっぽいです。

★モルガランチ ¥1480
・フルレッグカリー
・サフランサイズ
・キャベツソティー
・メスポテト
・ドリンク


モルガ?ムルギ?
聞けば「ムルギは雌鶏、モルガは雄鶏。」とのこと。

カタカナ表記の揺れはあれどたぶんウルドゥ語、モルグ・マッカーニーの「モルグ」と同じでしょう。

店主のラシドさん、「ナイルレストラン」名物のムルギーランチ(こちらはヒンディー語ベースでしょう)はもちろんご存知、というか構成的にも意識してる感じ。
メスポテト(マッシュポテトですね)を添えていたりね。
曰く「向こうは日本の米、うちインドの米」とのこと。


「向こうは味ないから全部まぜる。これは味あるから一つ一つ食べて。」
・・・めっちゃ対抗心剥き出しですね。


メインのカレーにはチキンレッグが丸々一本。
トマト感がけっこう強いです。
辛さはメニューMAXの5にしたのですが、さほど辛くはありません。
というか、辛くしないとイタリアンのトマトソースっぽくなるかも。


綺麗なバスマティのサフランライス、結構なボリューム。
ペース配分が必要です。


メスポテト(マッシュポテト)はマスタードオイルがっつん。
ん?これってベンガルのアルボッタやじゃないかしら???

ラシドさんに訊いてみたら「違う。うち全部インド料理。ベンガルじゃなくてインド。」とのこと。
まぁ、ベンガルもインドじゃない?なんて思うのですが、多分何かしらプライドの部分なのでしょう。

けど、たぶんベンガル・・・・のような気が・・・

キャベツソティーはココナッツファインたっぷり、マスタードシードも使ってて南インドのポリヤルみたい。
聞いてみたら「ちがう、これココナッツ使ってない、チャットマサラ。」
まぁ、どう見てもココナッツだしチャット味はしないのですが、多分何かしらプライドの部分なのでしょう。

けど、たぶんココナッツ・・・・

「美味しい?美味しかったらネットにアップして!『モルガランチ美味しかった』って。」

グイグイ来ます。

ボリュームたっぷり、満腹にてお会計。

「どう?向こうとどっちが美味しい?」

めっちゃ意識してます。

といっても「ナイルレストラン」のムルギーランチは大昔、カレーライス好きな日本人にインド料理を受け入れてもらうため編み出された歴史的メニュー。
一概に比較はできません。

「こっちのはだいぶインドらしかったです。」

と、巧く答えてみました。

「そう。インドらしい! 向こうは味ない。」

いやはや、揺るぎなきプライドと対抗心。

インドにはまだまだ、我々の理解が届かないメンタリティのバックボーンがあるようです。

刺激的なお店ですね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ゴールデン街、クラフト感覚あふれる間借りカレーの新星。「RHiME」(新宿三丁目/東新宿)

今や間借りカレー全盛の東京。

その流れを決定づけたのは2017年、新宿ゴールデン街に3つの間借りカレー店が近接して登場した時じゃないでしょうか。
「エピタフカレー」「サンラサー」「銀河系カレー」。

時が流れ、「サンラサー」は東新宿、「銀河系カレー」は浅草に。
「エピタフカレー」のみが営業を続けるその一角に、あらたに登場した間借りカレー店がこちら。

「RHiME」

新宿ゴールデン街5番街「SKAVLA」のランチ間借り。
スタート時は不定期営業でしたが現在では水・金・日と曜日を決めての営業になっています。

カウンター奥にはTap Marché(タップ・マルシェ)。
ゴールデン街ではあまり見かけないクラフトビールサーバですね。

が、残念ながらこの日は仕事の合間にて。
カレーのみにて。

★あいがけカレー ¥1100
(RHiMEポーク・キーマ)
・炙りチェダーチーズ +¥200
・生卵 +¥50


おぉう、なんとも食欲をそそるビジュアルですね。

実はこちらのご店主とは以前、金沢「ジョーハウス」の話でやりとりしたことがあり、
「ジョーハウス」名物のマリボーチーズカレーにちなんで炙りチェダーをトッピングしたのですが、これが正解。


◎RHiMEポークカレー+炙りチェダーチーズ+生卵

しっかり焦げ目がついた炙りチェダーチーズ。
学生時代「ジョーハウス」の常連だったという店主の嗜好がビシビシ伝わってきます。
レシピではなくスピリットの伝承ですね。
ベースとなるポークカレーにはトマトの酸味が効いており、チーズと生卵が良くマッチします。


◎キーマカレー

一方キーマもなかなか個性的。
刻み根菜たっぷりでシャキッとした食感なんですね。
上にまぶされた天かすも新宿御苑「けらら」を彷彿とさせ最高です。
いや実際、天かすってかなりいろいろなカレーに合うんですよ。

学生時代金沢では漆塗りを学んでいたという店主。
器自体は漆ではありませんが、カレーの随所にクラフトワークの感覚が見てとれます。

新宿ゴールデン街のクラフトカレー、是非クラフトビールともペアリングしたいものですね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

RHiME



関連ランキング:カレーライス | 新宿三丁目駅東新宿駅西武新宿駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

カレーという概念の基準点の如く。「カレーショップ デリー」(新秋津/秋津)

カウンター6席。
いつからあるのか、秋津の小さなカレースタンド。


「カレーショップデリー」


メニューにはトーストやサンドイッチ、スパゲティの文字も。

喫茶店がカレーを出す、のではなくカレー屋が喫茶店メニューを出しているんです。

カウンター向こうではベテランのお母さんが一人で切り盛り。
ちょうど3人家族でやってきたお客さんのカレーを作っているところでした。

冷蔵庫の上には音割れ気味の液晶テレビ。
お昼時のサスペンスが流れています。


★ビーフカレー ¥600

ほらやってきました。
これこそニッポンのカレーライス。
これ以上削ぐところのないミニマリズムですね。


全てが程よい味わい。
辛過ぎず、重すぎず、シャバ過ぎず。
カレーという概念の基準点であるかのように。

ただ、明らかに手作りの温かみを感じるのです。


★セットコーヒー +¥150

ベーシックなカレーの後はやはりコーヒー。
何も考えずにすむ、やすらぎのひととき。

ちょっとした昭和ノスタルジィ。

令和になっても、平成ノスタルジィを感じるには、まだ少し時間がかかりそうです。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad