FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

限界突破でドックンドックンの夜!!「ドックン」(宇都宮)

宇都宮リトルタイランド探訪。

完全閉店した「ミナトング」はじめ、ドアが開かない「カオケン」「サワディ」「タイ イサン」・・・
立て続けに振られた私の目の前に現れたのは・・・
 photo:07
「アイ・アイ館 AI AI KAN」

インクレイディブル・ハルクの如きグリーンの雄姿。
そしてその二階から洩れる、サザエさん家のような灯りにはまぎれもないタイランドカラー!


photo:04
「スナック フレンドモア」「タイ風マッサージ パックガーイ」「スナック大凡」・・・そして発見!!
穏やかならぬ店名のタイ料理店!!!!

「ドックン」

photo:06
「ドックン」

photo:05
「ドックン」

食べログはおろか、ネット上に日本語情報ナッシングの未開拓店。
早くも心臓ドックンドックン・・・・さぁ、入ってみましょう!!

photo:08
ワオ!アットホームでスマイリーでNot Japanなサバーイ空間!!!

photo:09
ピンクのカーテン完備!!だよぉ~

仏様のかわりに祀られているのはプー様!さすがプー様!!

photo:10
画鋲で完全封鎖の非常口!!
Can't EXITでもマイペンライ!!!

photo:01
レジはよく見りゃ巨大電卓!!でかすぎ!!!

photo:02
まさかのリロ&スティッチ!!

photo:03
そしてまさかのMK激似なトレードマーク!

「DK RESTAURANTS(ドックンレストランズ) Utsunomiya, Tochigi, Japan」

しかも丸アールつけてるし!!

photo:06
カニ蒸しとかスゲェし!!

photo:04
タイのお母さんたちが熱唱してるのはkiroroだし!!

これがアメイジング宇都宮リトルタイランドの実力か~!!!

・・・と思っていた頃はまだまだ青かった。
青すぎてソムタムにされそうなくらい青かったですハイ。

この店の真の姿はこの後明らかになるのであった・・・・

photo:05
★シンハビール ¥600

photo:09
★豚のむね焼き(ペンノン) ¥1000

いわゆる「豚のおっぱい」です。
プルッとフワッとした食感を楽しんでいる間流れていた映像はこちら。
photo:08
★那珂川ばたにたたずむあなた ¥0

photo:07
そしていきなり寄ってきたロイエット州出身マダム、蟷螂拳のような指裁きで激しいチクビ攻撃!!!

What a Feeling!!!!!何すんねん!!

photo:10
★豚肉・牛のスパイシースープ(トムセップ) ¥1000

みんな歌ばかり歌って料理注文しないもんだから、退屈しのぎにテレビ見ながらスッパムーチョ食べていたシェフ。
彼の出身地イサーンの名物スープですよ。
豚と牛のミックス仕立てで、この店のは特にレモングラスたっぷり!!根っこまでたっぷり!!

しかし・・・料理を味わう間もなく・・・フロアに駆りだされる私。

お店の木柱でポールダンスを始めるマダム!

チクビ攻撃の手を緩めないマダム!!

ソファーに飛び乗って降りれなくなるマダム!!!

目の前の相手をカンチョーした自分の指を匂って「クッサー!!」と叫ぶマダム!!!!

これがアジアンカオスというものかッ!!!
photo:06
「コレ ワタシノ イナカノ ウタ ウタエル??」

photo:05
「アナタ タイノ仕事デキルヨ、スル?スル??ウッフーンスル???」

photo:04
「レバー タベタイ!! レバー タベタイ!!」

photo:02
「アナタノ レバー チョウダイ!!トイレデ!!!!」

これまで新宿や練馬、伊勢崎町などでタイ人の爆発するカオスの輪に交じってきた私ですが・・・
この店のカオスっぷりはブッチギリ史上最高。

プリミティブな感情を全身で爆発させるタイの皆様方はしかし底抜けに明るく、
ドックンドックンと異様な楽しさを共有し続けたのでした・・・・・
しかもみんな常連さんかと思ったら、初めての方なんかもいたようで。
このお店のユル~い陽気さが、皆をドックンドックンハイにするのでしょうか???

二時間にわたるチクビ攻撃をかわし、楽しい夜を過ごすことができました!!

この夜ご一緒した皆々様!サンキューDD 愛してるぜベイベー!!!

・・・あ、食べログ登録もしておきますね。(恐ろしや・・・)

↓一日一回。クリックはこちら 
 

ドックンタイ料理 / 宇都宮駅

夜総合点★★★★ 4.4




宇都宮イサーンでぬゅーぬゅーぬゅー!!「ピッキーヌュー」(宇都宮)

ヌュー!!!

宇都宮リトルタイランド探訪の手始めは、
イサーン料理ならここだねと(タイ人とクンプーさんの間だけで)定評のあるこのお店へ。
photo:04
「ピッキーヌュー」

きゃりーぱみゅぱみゅを噛まずに言えるあなたなら難なく言えるであろうこの店名。

「ピッキーヌュー」



photo:02
あら、上の看板は「ピッキーヌゥー」ですな。ぬぅー・・・

ってか「へべれけ」も気になるw
028-638-4861(ヨッパライ) 
・・・ナイス!

photo:05
およそ飲食店とは思えない店内。

photo:06
秘密結社の集会所にしか見えません。

photo:08
ひょっとしてデストロン?

photo:07
え?PCモニターがブラウン管?斬新!!

photo:02
photo:03
メニューブックの表記はしっかり「ピッキーヌュー」

唐辛子がヌューっと燃える殺人的アイコン!!!

photo:04
★スパイレッド

血じゃないよ飲み物だよ。

photo:09
★揚げナマズサラダ ¥1800

ヌュー!!!

頭飛び出してるよ!!!

photo:10
おぉ、このナマズはClarias batrachusではないですか!

揚げた綿のようにフワッとサクッとした食感の肉は超美味!!!
今まで食べたナマズ料理の中でも最高クラスの美味さです。
ピッキーヌューの辛さがガッツンとくる反面、爽やかなこの甘さは・・・おぉ、リンゴですか!!!

この料理、素晴らしすぎます・・・・

ヌュー!!!

photo:01
★ミックスカレー ¥1500

脱力系の名前になっていますが、要するにゲーン パー ヌア。
ハロー!緑の生コショウ!!!
っていうか、生コショウの数が半端ではない!!!
生コショウカレーといったほうが良いのでは???
このやりすぎ感、素晴らしすぎます!!!

ヌュー!!!

お店のルックは殺風景だが、料理のレバルはピカイチですな!!!

興奮してレバルとか打っちゃったよ、レベルね。

ここは実に興奮モノのお店。
宇都宮リトルタイランド恐るべし!!!

しかし、リトルタイランドの真の威力はまだ序章にすぎなかったのである・・・(つづく)

↓一日一回。クリックはこちら 
 

ピッキーヌュータイ料理 / 宇都宮駅

夜総合点★★★★ 4.5


宇都宮リトルタイランドへGoGoGo!!

敬愛するプー様のブログにて宇都宮リトルタイランドのことを知ってから、

ようやくのチャンスに恵まれ現地訪問。

JR宇都宮駅と東武宇都宮駅、2つの駅は意外にも離れており(徒歩20分程度)、
パルコやらショッピングモールやら、Barやら(宇都宮は「餃子の街」であると同時に「カクテルの街」でもあるのです。)はむしろ東武宇都宮駅側に集中しており、逆にJR宇都宮駅側には居酒屋や夜の女の子的歓楽街とならんで、アジア多国籍地帯が存在しているわけです。

ま、食べログあたりで調べても、「レビュー1件」「初投稿者クン・プー」的な店ばかりなのですがw

photo:02
「THAILAND SUPAKARA」
・・・なんだ?スーパーカラオケ??

photo:03
「OPEN」って・・・作り付けの看板に書いてあるけどどう見ても「CLOSE」

photo:01
「ミナトング」
プー様を狂喜させた店も今は閉店立ち入り禁止。

photo:01
遊楽館」
二階へ上がるとタイ料理のお店・・・っていうかタイパブ。
photo:03
「カウゲン」
重い扉の奥でドタドタ音はするけど、扉には鍵が。
入れませんですはい。

photo:02
アパート的建築物にもチラホラとホーラパー臭。
一階の「サワディ」は扉にしっかり「18禁」の張り紙。
危険な五千円コースの香りプンプン。

photo:03
おなじく二階には「タイ イサン」

大尉さん入りま~す!!
と思ったらまたまた施錠済み。
イサーン好きとしては胃酸過剰になるほど残念・・・

やはりネット上にも日本人向け情報がほぼゼロ(クン・プーブログ除く)なだけあって、
なかなかハードルは高いですね~・・・・・

とかなんとかいちおう言ってみましたが、ワハハハハ~!!

お陰で濃い店と出会えちゃいましたよ。
(続く)

↓一日一回。クリックはこちら