FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

あの旬香亭が、二大国民食へと発展的回帰。「駅前スタンド 湯気 with 旬香亭」(静岡)

静岡で偶然、素晴らしい新店に遭遇!

静岡駅北口から線路沿いに西へ。
コンテナを改装した、気になるお店。

え?カレーと中華そば!?


え!?旬香亭!??


「駅前スタンド 湯気 with 旬香亭」

東京ではトンカツの名店「ポンチ軒」やカツカレー専門店「ジーエス」などで知られる旬香亭、実は静岡が本拠なのですよね。

こちらは旬香亭プロデュースによる、カレーと中華そばメインのスタンド居酒屋。

オープンは2019年3月18日だそうです。


コンテナだけに細長く、カウンターのみの店内。


オーダーは食券制です。


おぉ、静岡ではカレーの他、ラーメンとおでん、そして静岡の地酒もいただきたいと思ってた!
全部あるじゃないですか。最高じゃないですか。


★本日の日本酒 磯自慢 ¥450

焼津市の老舗酒蔵「磯自慢」。
キン!と冷えて澄んだ綺麗な味ですね。


★夜限定 鶏白湯おでん つくね ¥250

いやもう、これ食べたほうがいいですよ。
いわゆる大衆的な静岡おでんとは違って、料亭の味。
ボリュームもたっぷりで、これ手軽にいただけるの素晴らしい!


そしてメインはカレーと、湯気ソバ。
湯気ソバって何?

★湯気ソバ(温)+ミニカレーセット ¥1000

で両方楽しんでみましょう。


◎名物湯気ソバ

うわぁ、一見めちゃめちゃ昭和な、小池さんがすすってそうなラーメン。
けれどスープはかなーり少な目で、湯気のような泡がトッピングされています。

・・・実はこの泡、トリュフで香りづけされているんです。


油そばのようにスープを絡め、泡を崩していただきましょう。

・・・うわっ、なんかめちゃめちゃ美味いですよこれ。
ラーメン食べたい気分を裏切らない、ラーメンど真ん中な味。
それでいて、油そばのような濃度と香りで麺自体を愉しめるという・・・・

別添えで追いスープが用意されているのですが、そのまま飲んでも良し、麺に加えて風合いの変化を楽しむもよし。

カレーだって手が込んでいます。

◎オリジナルカレーライス(キーマスタイル・ミニ)

カレーの中にキーマ、カレーの上にもキーマ。
どことなく中華カレー的な味わいがあると思ったら、なんと隠し味に白湯を用いているそう。
最初にいただいたおでんの白湯がこちらにも生かされているわけですね。
なるほど納得の工夫です。

流石は旬香亭、一筋縄ではいかないアプローチ。
斬新なアイデアが満載で懐かしくも新しい味ですね。

それにしても、和食とフレンチの融合で名を馳せ、とんかつを極めた旬香亭。
ここにきて「ジーエス」ではカツカレー専門店に挑戦したり、この「湯気」では二大国民食であるラーメンとカレーを看板にしたりと、ニッポンの大衆食への発展的回帰を試みているのが、実に頼もしく、興味深いことであります。

ちょっとヤバいな。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

駅前スタンド 湯気 with 旬香亭



関連ランキング:ラーメン | 静岡駅新静岡駅日吉町駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

素晴らしきテイクアウト専門スリランカ料理店、静岡に誕生。「七夕工作舎」(静岡)

静岡に、テイクアウト専門のスリランカ料理店が誕生。

「七夕工作舎」

厨房についた小窓だけの小さな店構え。

オープンは2019年3月7日。
スリランカからやってきたルワニ母さんが家族にふるまってきたカレーがベース。
スパイス・ハーブの研鑽を積んだ日本人女性との共同作業で作り上げたお店です。


ちなみにルワニさんの旦那さんは同じ静岡にあるスリランカ料理店「ダハミ」のシェフだそうですよ。

この日は雨にもかかわらず、11時の開店時間には数人のお客さんが。

メニューはダル、チキン、ツナの3種。
それぞれがセット弁当での提供。

ちなみに店頭ではインド・スリランカで愛用されているステンレスの弁当箱「ダッパー」が販売されており、
持参すると50円割引になるというサービスも。

これは面白いですね。


出来上がった弁当は、白い箱詰めに。
ホテルに戻り、さぁご開帳!


★ツナカレー ¥800

おぉ、これは気分があがりますね!
パッキングも丁寧で好感が持てます。


イエローライスの上にはポルサンボル。
まさにココナッツと鰹のふりかけ。

パパダムもしっかり乗っています。


カレーは常連さんの勧めもありツナを選択。
これがなかなか素晴らしかった。


カレーはココナッツミルクたっぷり。
マイルドながら、カラピンチャ(カレーリーフ)やランぺが香る本格派。
そこに大き目カットのツナがゴロッゴロ。ほんとゴロッゴロ。
サラッとしたカレーの中にマグロの旨味が拡がるんです。

さらに・・・

オーダー時につけていただいた「辛味」「香り」2種の「追いスパイス」を投入。
(追いスパイスは無料。調合は時折変わるとか)

辛さと香りの深みが加わって、さっきまでのマイルド風味からガラリと味変しちゃいます。
こりゃあ楽しい!

付け合わせのキャロットラペ・・・いや、クミンマリネかな・・・も丁寧な仕上がりでした。

実に端正、そして抜群の美味さ。
油少なく、カラダにスッと入って食後スッキリ。

テイクアウト専門とて侮れない、素晴らしいスリランカ料理店の誕生ですよ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

七夕工作舎



関連ランキング:スリランカ料理 | 新静岡駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

静岡、歌のタイトルにもなった市役所前のカレー屋さん。「がるそん」(静岡)

令和初のカレーはこちら、知る人ぞ知る静岡カレーの老舗名店へ。




「がるそん」

創業42年、いろんな看板が共存しているのもその歴史故。
サニーデイサービスの曽我部恵一さんがこの店のファンで、好きすぎて歌にしてしまったほど!
曲のタイトルはズバリ「がるそん」(アルバム「PINK」に収録)。


急な階段を上り2階へ。


表裏あるカウンターがお店の中心。
入り口側には旦那さん、奥側には奥さんがスタンバイしています。


市役所前のカレー屋さん・・・という「がるそん」の歌い出し通り、窓の外はすぐ市役所。


これは良き居心地。
但し、1人あたりのテーブルスペースはかなり小さめ。
小さすぎて面白いほど。


さて、カレーはビーフ、ポーク、チキンの他、野菜たっぷりのがるそんカレーにドライカレー、ハンバーグカレー、シーフードカレー。
ドライカレーだけは13時以降の提供になっているそう。


まずやってくるのは、白ゴマ黒ゴマがかかったサラダと、なぜかグリーンのソースがかかったヨーグルト。
静岡茶の緑ではなく、クリームソーダのアレです。


★ハンバーグカレー ¥1000

うぉぉ、皿デカい!
小さいテーブルに乗らんわ(笑)

カレーはタマネギ、ニンジン、野菜や果物の甘さを感じる欧風カレー。
そこにブラックペッパーがしっかり用いられており、甘くて辛い、独特かつ熟練の味わいを醸し出しています。
さらにその上からは生クリーム。
なるほど、これはクセになる
ハンバーグも食べ応え充分で、これは満足度高い一皿。


★ビーフカレー ¥850
・辛口 +¥50


辛口にもトライしてみました。
ベースのカレーにチリパウダーが加えられており、なかなかの辛口に。
個人的にはこちらもかなり好きながら、初訪問ではノーマルの辛さで独特風味を楽しむのがオススメ。
ビーフの具材は牛スジで、こちらもなかなか良いですね。


★ブレンドコーヒー ¥400

「世界一美味い珈琲は、カレーの後の珈琲である。」
特にブラックペッパーが効いたカレーの後でいただくコーヒーは最高すぎます。
ああ、私にも曲が降りてきそうな気分・・・

営業は不定休、かつ売り切れ早仕舞いもあり。
遠方からの方は予め電話確認しておいたほうが安全でしょう。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

がるそん



関連ランキング:欧風カレー | 新静岡駅静岡駅日吉町駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

伊豆高原を代表するカレー名所。「Spicy Curry ガラムマサラ」(伊豆高原)

以前から、「伊豆のカレーといえばここ」というお店があるんです。

伊豆急伊豆高原駅から徒歩40分。

美しい桜のトンネルをくぐって行ったその先に・・・


ひょっこり現れるカレーのお店。


「Spicy Curry ガラムマサラ」

小麦粉不使用、化学調味料不使用、スパイスから作るオリジナルカレーのお店です。
場所が場所だけに、約10年ぶりの訪問となりました。



まず素晴らしいのは、天井の高い贅沢な空間。

そして、大きな窓越しに広がる森の風景。


梅や椿、クヌギに山つつじ、馬酔木・・・ヤマガラがさえずり、リスが梢を走ります。
夏にはクワガタもやってくるという、ジブリの世界を地で行く美しさ。

一度来たら忘れることはできません。


さて、こちらで提供されるカレーは、
・ビーフ
・エビ
・チキン
・きのこ
・マイルドビーフ

の五種類。

それぞれがベースの仕込みも、スパイスの配合も異なる別々のカレーとなっています。


★白ワイン ハーフボトル ¥800

オリジナルラベルが可愛いですね。


★チキンのカリー ¥1200

鶏ガラを香ばしく炙ってスープをとったカレー。
カレー自体はトマトの酸味が立ちつつもスッキリ優雅な味わい。
少し炙りが入った鶏肉も柔らかで素敵。


★ビーフのカリー ¥1500

こちらは伊豆牛を用いた贅沢なカレー。
牛の旨みと、フルーティーな香り、ほど良い辛さがありながら、シュッとしたキレが特長です。


ゴロっとした伊豆牛の塊、ランプステーキ用の肉とのことで、実にアリガタイ感じ。

何かのスパイスがビシバシっと立った感じではなく、ほのかに香り、
後味もスッキリ爽やかなのが、ここ「ガラムマサラ」のカレーの特長といえるでしょうか。

インパクトよりも気品、ですね。

高原は高原でもデカン高原じゃなく、伊豆高原ですから。


★Wセット(スパイスケーキ+ドリンク) +¥500

食後にはシナモンやコリアンダーがほのかに香るしっとりケーキ。

実に優雅な時間が流れてゆきます。

このままずっと、帰りたくなくなる、異空間のひととき。

・・・いや、帰りも徒歩40分かぁ~ってのもあるんですけどね。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

QLOOKアクセス解析

ガラムマサラ

昼総合点★★★☆☆ 3.8



関連ランキング:カレーライス | 伊豆高原駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

伊豆・道の駅のカレーカフェ。「ケニーズハウスカフェ ぐらんぱるぽーと店」(富戸)

国道135号線沿い、お土産屋とフードコートが併設した道の駅「ぐらんぱるぽーと」
(なんで地方の施設って英語をひらがな表記にするんでしょうね。)
そこにカレーをウリにしているカフェを発見。


「ケニーズハウスカフェ ぐらんぱるぽーと店」

伊豆高原に本店を構える「ケニーズハウスカフェ」の支店です。
こちら「ぐらんぱるぽーと」の店舗は手軽にいただけるファストフード仕様で、
ソフトクリーム、サンドイッチ、そしてカレーが看板メニュー。

ま、カレー以外には目もくれないのですが。


★骨付きチキンカレー ドリンクつき ¥1150

ライスかパンかが選べたので、パンを選択してみました。
ふかふかの手作りパン、といった印象です。

カレーはちょっと「新宿中村屋」を彷彿とさせる、玉ねぎたっぷりシャバっとカレー。
生クリームをかけてリッチ感を出しています。
骨付きチキンもそこそこボリュームがあり、カレーとしてはなかなか良くできた仕立てなのですが・・・・

いかんせん、プラスチック容器だと1000円越えカレーの満足感が得られませんね。
まぁ、道の駅のフードコートと考えればしょうがないというか、テイクアウト的にもオペレーション的にも便利なのでしょうが。
あまりアツアツでなかったのも勿体ないところです。

その辺は本店だと違うのでしょうね。


ともあれ、見晴らしも抜群。
道中のスパイス補給には充分な選択肢となるはずですよ。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

QLOOKアクセス解析

ケニーズハウスカフェ ぐらんぱるぽーと店

昼総合点★★★☆☆ 3.3



関連ランキング:カフェ | 富戸駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ