カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

黄泉の国に奏でられる、スパイス交響曲の愉悦。「Spice & Dining KALA」(筑豊中間)

いざ、九州最凶南インド料理店にして、変態の聖地へ。


「Spice & Dining KALA」

前回の記事はこちら。お店の来歴も。⇒『無双!番長プレゼンツ脳髄カチ割る最強ミールス!!「Spice & Dining KALA」』


今回このラスボスステージへと同行してくれたのは・・・


経堂「ガラムマサラ」のハサンさん。

実はかつて「KALA」の番長が東京にいた頃、交流を深めた仲なのです。

番長・・・いや、今九州カレー界では「BOSS」と呼ばれているようですね。


相変わらずかっこよすぎる店内。


あ、立派な楽曲制作ブースができてるじゃないですか。
実はKALAの番長、もといBOSSのもう一つの顔はミュージシャン。

他者の脳をトランスさせる設計図を引くという意味において、
楽曲制作とカレー作りは切っても切れない関係なのです。


2年ぶり訪問の乾杯はタージマハールで。
王妃の墓標の名を冠したお酒こそ、この場所にふさわしい。

さて、この日は番長完全おまかせコース。
付き合いも長く好みも把握してもらっているので、どんなツボを突いてくるのか、楽しみ愉しみ。

それでは、番長プレゼンツ、北九州式南インド交響曲の、始まり始まり!!!


★からし高菜

いきなり九州らしい一品から攻めてきました。
けれど、けれど辛子といいつつ、マスタードシードがっつりで南インドしてます。


★九州式サバ缶マサラ

・・・鯖缶なのに神々しすぎて笑います。

そう、サバ缶マサラといえば経堂「ガラムマサラ」の名物メニュー。
ハサンさんがやってくると聞いてのおもてなしな一品というわけです。

粋!!


★レモンセヴァイ

南インド式ビーフンのレモン風味炒め。
爽やかな酸味で食が進むけど、お腹膨れるので要注意!!


★ヒジキのクミン&カレーリーフ

ここに海藻入れてくるのがいかにも番長。
そういや、海藻料理専門店やるって話もありましたよね。


★日向夏ピクル

ここでまた九州ぶち込んできます。
レモンピクルのようでいて、ちょっとした渋みがオトナっぽい。
これは逸品!お土産屋で売れます。


・・・お、何やらバナナの葉っぱに包まれた巨大なブツが登場。

実はこれこそが、東京では絶対いただくことのできない危険なブツ・・・・

★ノドグロのボリチャトゥ ニルギリソース

ポリチャトゥは南インド・ケララ州あたりで、魚とスパイスをバナナの葉っぱで包み蒸し焼いた料理。
しかし圧倒的なのはその魚。
写真じゃ伝わりにくいですが、なんと30cm近くはあろうかという高級魚ノドグロ!!
しかもそれを、いったいどんだけミント使ってんだっていうほど贅沢なニルギリソースで包んでるんです。

ノドグロの、身がしまっていつつも柔らかい、至福の食感。
ミントのガッツンとした香りに押しつぶされないだけのポテンシャルは流石の高級魚。
たまりませんとはまさにこのことです。

これ、銀座で食ったら2万円するんじゃないかしら?
ってか、北九州でいただく北九州の魚の鮮度、東京では絶対にいただけない贅沢であります。
・・・いや、もっといえばこれ、南インドでもいただくことができない、唯一無二ここだけのご馳走ですな。


★パイナップルチャトニ

味変的にノドグロ×パイナップル。
こんな贅沢が許されるのは「KALA」だけ。

ほんとにヤバい店です。

そして、ここまで優雅に、ゴージャスに攻めておきながら、
「KALA」のもうひとつのヤバい側面が牙を剥きます。


★牡蠣のピクル スコーピオン仕立て

牡蠣プリップリで旨い!けどスッパカライ!!
だってスコーピオン!!!


★セロリのアチャール

アジョワン、マスタードシード、そして・・・スコーピオン。
いやいやこのセロリ、一番辛いやん!!!

「ホルモン番長」時代から、常人の域を超えた辛さと美味さを披露してきた番長ならではの、脳天打ち抜く剛速球。
ここでやってきましたよ。

そして、北九州式南インド組曲は予想の斜め上を行く変奏へ。


★インド風ナムル

インドとコリアが北九州の地でハイブリッド!
菜の花に蕎麦の実、そしてマスタードシードをガン!と効かせたこのナムル、
かねてから「韓国料理とインド料理はアプローチに共通点がある」と話していた番長ならではの一品。
舌をスッキリリセットしてくれます。

そして、次に登場するのは・・・・・

嘘だろ・・・・


★バナナリーフミールス

ちょ、ちょっとまって、今までのは前菜だったってこと????

しかもここに来て、一品一品手抜きなしの究極ミールス登場です。


ホワイトアスパラのサンバルにタケノコにゴーヤに・・・・
それぞれの食材の味をふんだんに活かした極上の多重奏。


塩やニンニク、そしてクミンといった、「わかりやすい」味を極限まで削ぐことで、食べ手側の感覚を鋭敏な状態へと誘い、
一品一品の味や香りが折り重なるたびに、心地よき和音が奏でられていく・・・・

それぞれの奏で手が、互いの音を邪魔することなく、互いに乗っかってゆく。

限りなく優雅でありながら、
感覚の深部にまですーっと入り込んでくるある種の暴力性をも秘めた味わい。

規格外、破天荒、変態的でありつつも、そのマインドコントロールの緻密さこそが、「ホルモン番長」より連綿と続く、番長の料理の音楽性なのですよね。


最後は極上の南アフリカワインをいただきました。

この世には、そこに行かなければ体験できないものがあります。

SNS全盛、知識は何でもググれば出てくるこの時代だからこそ、そこで体験しなければわからない感覚、というものの価値はグッと増しているのだと思います。

この「KALA」が、九州の、しかも博多から一時間半かかる場所にあるのは、ある意味必然なのでしょう。

・・・さて、ここは東京でも、博多でもない、黄泉の国。

黄泉の国の食べ物を食べると、帰ることができなくなるのは、東西の神話に示されている真実。

今夜は、番長ちに泊めてもらうとしよう。

ハサンさんとともに。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

メキシカン ミールス マスカラス。「チャクラ」(赤坂/薬院)

「KALA」の番長から「福岡にメキシカンミールスなるものを提供する店がある」と聞き、早速突撃!


「チャクラ」

元々はバー「エル・フラミンゴ」のランチとして南インドミールスを提供していたのが、2017年2月からは夜もミールスコースを提供するミールス専門店「チャクラ」へと生まれ変わったそうです。

店頭に「KALA」からの10周年祝いが飾ってあるのは、腹を括ったその決断に対する意味もあるのでしょうか。

この日はランチ訪問。


一見広く感じる店内ですが、その半分はウェイティングスペース。
贅沢にも感じますが、店主一人でミールスをひとつひとつ作り上げるため、席数を絞っているとのこと。


★コロナ ¥600

メキシカンだけに!コロナ!

ランチのミールスメニューは3種類。

・メキシカンミールス
・ノンベジミールス
・ベジミールス
夜はミールスコースとなるようです。

と、ここでメキシカンミールスをいただかない手はないのですが、よく見りゃその「通称」がイケてます。



『ミールス マスカラス』!!

ちなみにメニューに描かれている「18の技」は今、「19の技」に進化しているようですね。


★メキシカンミールス(ミールス マスカラス)¥2000

おぉ、こりゃあワクワクしますね!
パッと見、南インドの端正なミールスのようですが、
チャパティに見えるのはタコス、さらにはサボテンのトーレン、サルサロハ、サルサメヒカーナ、ハラペーニョ、メキシコのチキンカレー「ティンガ」と、メキシコの味テンコ盛り。


食べてみれば、これがなかなか面白い。
メキシコ、インド、メキシコ、インドと斬新さは有れど混ぜ合わせても違和感はなく、このお店独特の味となっています。


一見キワモノのようで、混ぜ合わせて味のレイヤーを愉しむミールスの基本をしっかり押さえているあたり、好感が持てますね。


★ノンベジミールス ¥1500

同行者がオーダーしたノンベジ。
こちらにもちょいメキシコ要素入ってます。


★ハバネロ

追加オプションのハバネロ。
といっても、タマネギベースで和えられており、爽やかなピリ辛にアレンジされています。


美味いラッシー。


★カタラナ

マスカラス最後の技はまさかのデザート。
クレマカタラナじゃなくカタラナってとこが渋い。
ミル・マスカラス、御歳74歳!

メキシコとインドの融合といえば、昔ハリウッドで訪問した「Turban & Cowboy」以来かも。
あちらはメキシコ系とインド系の2人が共同経営するストリートフード店だったのですが。

東京にも、大阪にもない、個性派店。
福岡の南インド料理事情は実に興味深いものがありますね。

・・・・あ、スパイス摂ったら、頭の回転早くなりますよ。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

チャクラ



関連ランキング:カレーライス | 薬院大通駅薬院駅西鉄福岡駅(天神)


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

ころし、400円から承ります。「ころしのカレー」(二日市)

映画「殺しの烙印」で、宍戸錠演じる殺し屋が「炊飯器のご飯の炊ける匂いに発情する」という設定は、実は炊飯器メーカーがスポンサーだったから。

あ、冒頭から話が逸れました。

本日は福岡 二日市にある、不穏な名前のカレー屋に来てみましたよ。

その名も・・・

「ころしのカレー」

前々からチェックしていた店なんですが、なんとなくアタマの中で「三重県にある」と誤認識していたんですよね。
四日市じゃなく、二日市でした。


楽しげなのか怖ろしげなのか判別し難い外観。

けれども店内は広々としていて普通のお店・・・いや、普通じゃあないな。


まず、真ん中の柱には謎の仮面が目を赤く光らせています。
大丈夫、怒らせなければ殺されはしません、多分。

さらに、席に着いたあと、店員さんがオーダーを聞きにくることはありません。

テーブル上にびっしり記された「当店のシステム」をよく読んでオーダーシートに記入、レジまで持っていくんです。

お冷やや薬味なんかもセルフサービスで揃ってますよ。

この日オーダーしたのはこちら。

★美味辛カレー 少 ¥400
★ホットコーヒー ¥100


おぉぉ、400円でここまでのゴージャス感溢れるカレー(というか皿)は予測不能!


スタンダードな「ころしのカレー」から一段辛くした「美味辛カレー」。
お味はといえば、甘みと辛さがほどよく共存した、西日本らしいカレーです。飽きない味ですね。


コーヒー付けて500円。

いくら修羅の国とはいえ、ころしの対価としては安すぎやしませんかね・・・

実はこの「ころしのカレー」、前身となったのは早良区石釜にあった「リトルインディアン」というお店。

そちらの店主が女性好きで、女性客を増やすため開発した甘いカレーに「女殺しのカレー」と名付けたのがはじまりだとか。

今では地元で随分人気なようで、この日もカップルから老夫婦、家族連れに学生グループと、幅広い層の地元のが方々が、気軽にころしあっていましたよ。

修羅の国、凄いですね。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ころしのカレー



関連ランキング:カレーライス | 西鉄二日市駅紫駅二日市駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

福岡名物!乳 おっぱいカレー。「カレー NADO」(西鉄平尾)

ピンキーサイケデリックな博多おっぱい!

「CURRY NADO」(カレーナド)

かつて福岡で名を馳せた名店「スパイスロード」、その跡地に入ったカレー屋さん。
以前は別の場所で営業されていたそうです。


「おっぱいカレー READY」!!
そう、この店の名物といえばおっぱいカレー。

東京にも「おっぱいラーメン」という店がありますが、こちらのご店主は元グラビアアイドルでもIカップでもなく、ヒングが似合うヒゲの男性ですので、お間違えなきよう。


壁から天井までサイケデリックな妄想インド空間。
あ・・・けれどこちらの店主、先日インド修行に行ってきたみたいですよ。
「スパイスロード」の高田さんとともに。
バンガロールにいる元「デリー」のスワミさんとこまで。


さて、おっぱいカレー改め、乳 おっぱいカレー。
おっぱいのサイズはお好みでS・M・Lと選べます。


★乳 おっぱいカレー ¥900
★ラッサム(ハーフ)¥100


やってきました!福岡名物 乳 おっぱいカレー!
「房」の部分はライス、「首」の部分は梅干しです。


気になるサイズはM。
ちょいと「首」が大きめかなぁと思いますが、そこは好き好きでしょうか。


鶏手羽が二本入ったチキンカレーを中心にナスのピクル、キャベツのポリヤル、アチャール、レモンピクルにサンバル、そこにラッサムを付けたらもう、南インドのミニミールス的構成。


レモンピクルとアチャールは取り放題。
スワミさんのレシピが元だそうです。


壁に張られた「手食べの極意」。
手食するとなんと、100円引き!!
ミニラッサム分が無料になる計算。

そりゃあ、やるでしょ。


おっぱいに穴をあけ、そこにサンバルを流し込みます。
気分は豊胸手術・・・

梅干しは単なる飾りじゃなく、タマリンドに代わる酸味を担っています。
ちょいと大きいですがね。
そこは好き好きで。


食後には美味しいラッシーがついてきます。

ネットの画像やら、色んな人の話によれば、このおっぱいカレー、日々内容が変わっているようですね。
今回は南インド帰りということでより、南インド寄りに進化しているのかも知れません。

しかし、どんなに内容が変わっても、おっぱいカレーであることに揺るぎはない。
おっぱいだけに揺れることもあるかと思いますが、揺るぎないようです。


「その一杯は、おっぱいを救う。」

意味はわかりませんが、おっぱいへのこだわりは確かです。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

CURRY NADO



関連ランキング:カレーライス | 西鉄平尾駅薬院駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

福岡で人気のベジミールス。「ポラポラ食堂」(福岡・赤坂)

ここ2、3年で南インドミールスを提供するお店がぐんぐん増えてきた福岡。
大阪の影響を受けたスパイスカレー店、新大久保からのガチネパール店進出とあわせ、福岡カレー事情は5年前と比べれば激変、関東、関西、北海道に次ぐカレー地帯としての地位を切り拓きつつあります。

そんななか、福岡中心街にて、南インドミールス専門店としての人気を確立してきた人気店がこちら。


「ポラポラ食堂」

スーパーマーケット サニーの地下一階という立地ながら、近隣客がミールスを求め訪れるさまは、5年前の福岡では考えられない光景ですよ。


店内はスッキリ、カフェのように心地よい空間。


福岡に南インド料理の出店が相次ぐという朝日新聞の記事。


ミールスの食べ方も丁寧に説明されています。


★ベジミールス ¥980

お、綺麗にまとまったビジュアルですね。
いわゆる「インド料理」とは違った感覚でとっつきやすそうです。


とはいえ、料理は本格的。
ミールスの基本といえるサンバル、ラッサム、ダールはシンプルかつしっかり。

混ぜ合わせていくことで味のバランスが組み上がり、変化していくのが南インドミールスの醍醐味。
一品一品がみな派手だと、混ぜていく中で主張がぶつかりうまくいかないのは、バンドやオーケストラに同じ。

この店はそこんとこ、ちゃんと意識が行き届いています。

この日のカレーは、新ジャガと舞茸のココナッツ煮。
優しく、胃にスッと入っていく感覚。

これで980円とは随分頑張っています。


★マドラスチキンカレー ¥700

こちら同行者のオーダー品。
盛り付けによって雰囲気変わりますね。


★チキンピクルス ¥350

割と好物な一品。
ディナーメニューにあった品ですが、ランチ時オーダーも可能でした。
引き締まった肉と爽やかな酸味がたまりませぬ。
オススメ!!

福岡の中心街にあって、南インドミールス専門、日和らない料理でお客さんがちゃんと入っているのは素晴らしいこと。

これからも注目していきたいお店ですね。


要予約の「飯ごうビリヤニ」も気になりますし。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ポラポラ食堂



関連ランキング:インドカレー | 赤坂駅天神駅西鉄福岡駅(天神)


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad