FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

~深海生物特集(10)~ ミョウガガイ

サイバーパンク!

映画「マトリックス」で用いられたセット美術です。
・・・といっても違和感が無いくらい奇妙なこの生物は・・・

FLYING ROPEFISH!
ミョウガガイ
学名:Scalpellum stearnsi
英名:Myouga-gai
最大長:♀10cm ♂1mm
原産地:水深100m以深

名前も外見も貝の仲間のようですが、実はエビやカニと同じ甲殻類。
近縁のフジツボ同様、岩や貝に付着して群集生活を送ります。

FLYING ROPEFISH!
FLYING ROPEFISH!
おや?何か出てきたぞ?
メーテルのまつ毛?

実はは曼脚(まんきゃく)と呼ばれる触手。
自ら移動しないミョウガガイは、この曼脚を出し入れしながら餌をこし取るのです。

メスは10cmほどになりますが、オスはわずか1mmたらず。
メスの体に付着して暮らしているらしいです。
多分、男のプライドとかは、ありません。

FLYING ROPEFISH!
ちなみに英名はミョウガ・ガイ
そのまんまですね。

 ◆→『深海生物特集』全14回目次◆

サンシャイン国際水族館
Deep Sea~深海の不思議な生きものたち~
09/03/20~09/05/10
→詳細はホームページ


●「カレー細胞」Facebookページはじめました。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

~深海生物特集(7)~ モロトゲアカエビ

深海に棲む赤いエビ。

FLYING ROPEFISH!
繊細で綺麗なこのエビの名は「モロトゲアカエビ」。

そしてまたの名を・・・

「甘エビ」

といいます。

FLYING ROPEFISH!
モロトゲアカエビ
学名:Pandalopsis japonica
別名:甘エビ、縞エビ
最大長:13cm
原産地:サハリンから日本海島根県、朝鮮半島東岸まで。水深200~500m

一般に「甘エビ」といわれるエビには数種が含まれています。

もっとも多いのが「ホッコクアカエビ」(Pandalus borealis)
全身が赤一色で少し細身のエビです。
回転寿司のネタに使われている甘エビはほぼ、
アイスランドなどから冷凍輸入された「ホッコクアカエビ」です。

次に多いのが「トヤマエビ」(Pandalus hypsinotus)
「ホッコクアカエビ」より一回り大きく甘みは少なめ。
回転寿司などで「ボタンエビ」という名前で少し高めの価格に設定されているのがこのエビです。
(ちなみに標準和名の「ボタンエビ」はまた別のエビですが漁獲量が少ないため、
一般にはこの「トヤマエビ」が「ボタンエビ」として流通しています。)

そして流通量は少なめですが、
甘み、食感ともに最高とされるのがこの「モロトゲアカエビ」(Pandalopsis japonica)です。
学名でわかるとおり上記二種とは属が異なっており、産卵数が少ない仲間であることから、
漁獲による急激な減少の可能性も想定できます。
近い将来、「幻の甘エビ」などといって高値取引されたりして・・・。

少なくとも現在では、
この「モロトゲアカエビ」も通常の「甘エビ」として市場に流通しています。
一般的な「ホッコクアカエビ」との見分け方は簡単。
「ホッコクアカエビ」の体が全身赤(朱色)一色なのに対して、
この「モロトゲアカエビ」のほうは赤みが強く、
さらに全身にくっきりとした白い縞模様が走っているのです。
FLYING ROPEFISH!
↑こんな感じです。

FLYING ROPEFISH!
↑サンシャイン水族館の展示で「モロトゲアカエビ」に混じっていた赤一色のエビ。
「ホッコクアカエビ」でしょうか? 詳細不明です。

さて皆さん。
これからは、お店で出てくる甘エビをよく意識して見てみてください。
白い縞が入っていたら大当たり。
「おっ、さすがモロトゲアカエビ。プリッとしていてしかも甘みが濃厚。」
などと、うざいグルメっぷりを発揮するのもよし。

しかし決して、すし屋で「モロトゲアカエビ一貫!」などと注文するのはやめておきましょう。
うざがられるのを通り越して、「何言ってんのこいつ」と思われるでしょう。

ここは一つ、当たりを待つ密かな愉しみを満喫しましょうね。
 ◆→『深海生物特集』全14回目次◆

サンシャイン国際水族館
Deep Sea~深海の不思議な生きものたち~
09/03/20~09/05/10
→詳細はホームページ



●「カレー細胞」Facebookページはじめました。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

~深海生物特集(5)~ イガグリガ二

FLYING ROPEFISH!-ibara
イガグリガニ
学名:Paralomis hystrix
最大長:甲長約15cm
原産地:東京湾~土佐湾、ニュージーランド 水深300~600mの深海

名前の由来は・・・いうまでもないですね。

全身を覆うトゲ、まさにイガグリです。

カニという名がついてはいますが、
タラバガニなどと同様ヤドカリに近い仲間。
外見上ハサミ脚と歩脚で4対8本しか見えないのがポイントです。

FLYING ROPEFISH!-ibara3
タラバガニ科だけあって食べると美味なようですが、
実際にはあまり食用とされていません。

何故かって?

理由は簡単。
FLYING ROPEFISH!-ibara2
タラバガニを食べるように殻を手でバキッと割るところを想像してみてください。
殻が割れる前に自分の手が血まみれです・・・

FLYING ROPEFISH!-ibara5
小さな目がチャーミング。
オレンジの色彩は明るいところでは派手ですが、
暗い海の中では目立たなくなります。
深海生物に赤やオレンジが多いのはそのせい。

FLYING ROPEFISH!-ibara4
いっぱいいると、なんだかハムスターのようです。
結構可愛い。

 ◆→『深海生物特集』全14回目次◆

サンシャイン国際水族館
Deep Sea~深海の不思議な生きものたち~
09/03/20~09/05/10
→詳細はホームページ



●「カレー細胞」Facebookページはじめました。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

~深海生物特集(1)~ ダイオウグソクムシ

「深海」
それは水深200mを超える海の深い部分。
そして海の80%を占めるこの深海の大部分は、まだ未知の世界。
そこには、人間の常識を超えた奇奇怪怪な生き物たちが跳梁跋扈し、
私たちを驚かせてくれます。


池袋サンシャイン国際水族館で開催されている特別展示、
「Deep Sea~深海の不思議な生きものたち~」。

本ブログでは、
そこで見られる深海の驚くべき生き物たちを随時紹介してゆきます。

FLYING ROPEFISH!-ダイオウ
ダイオウグソクムシ
漢字表記:大王具足虫
学名:Bathynomus giganteus
最大長:20~40cm(最大50cm)
原産地:メキシコ湾、西大西洋周辺、水深200-1000mの海底砂泥地

世界最大の等脚類(ダンゴムシの仲間)。
日本最大の等脚類であるオオグソクムシが最大15cmであるのに比べ、
こちらは成長すると50cm、体重は小型犬並の約2kgにも達する巨体。

冗談のような大きさに加え、
着色前のプラモデルのような色彩、
そして全く動かないことから、
来場者からは「これ本物? 模型?」って声が次々と飛び交っていました。

FLYING ROPEFISH!-ダイオウ3
見てください。このうそ臭いほどの敵キャラデザイン。
スターウォーズの「帝国軍」?
機動戦士ガンダムの「ジオン軍」?
それともスターシップトゥルーパーズの「アラクニド・バグズ」?

黒光りする悪そうな眼は昆虫などと同じ「複眼」。
3500の個眼からなり、全ての節足動物の複眼のなかでも最大となります。

FLYING ROPEFISH!-ダイオウ2
凶悪な外見ですが、
海底で魚などの死骸を食べる“海の掃除屋”。
海底にたまる死骸や弱った魚を食べつくし、海底を綺麗に保つ重要な役割を担っています。

泳ぐときは上下逆さの背泳ぎ状態になるそう。
また、襲われると体を丸め防御しようとするものの、
体が硬く「くの字」にしかならないのだそうです。

最大最強の大王ですが、この一点においてはダンゴムシに負けてますね。

 ◆→『深海生物特集』全14回目次◆

サンシャイン国際水族館
Deep Sea~深海の不思議な生きものたち~
09/03/20~09/05/10
→詳細はホームページ



●「カレー細胞」Facebookページはじめました。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

ミステリーザリガニのミステリー

FLYING ROPEFISH!-ミステリー4
ミステリークレイフィッシュ(ミステリーザリガニ)
 学名:Procambarus fallax? Procambarus alleni?
 英名:マーブルクレイフィッシュ
 最大長:?
 原産地:北米?


変わった生き物です。




何がって?




実はこのザリガニ・・・






単為生殖つまり、
メス一匹だけで増えるんです。




全てメスでオスはいません。

ザリガニで一番の特長といえるハサミ足もほら・・・
FLYING ROPEFISH!-ミステリー1
メスなので小さいです。

一匹で殖えるので生まれる子どもは全てクローンです。
つまり母親と全く同じ遺伝子をもっているため、
体の模様だって全く同じです。





・・・と、ここまででも充分ミステリーなんですが、
ミステリーザリガニがミステリーである所以はまだあります。






実はこのザリガニ・・・



どこから来たのか全くわからないんです!



は?



テナ感じですが・・・



どういうことかというと、
このザリガニが発見されたのは実はドイツの愛好家宅なのです。

どうやら1990年代から産地不明種としてドイツに流通していたらしく、
単為生殖することが発見され大騒動になった2003年にはもう、
どこから来たのか追跡不能だった・・・ということらしいです。

その後の研究で、
北米産のザリガニProcambarus fallaxもしくはProcambarus alleniの
突然変異だとも言われていますが、未だ定かではありません。




・・・話は少しそれますが、
日本で根強い人気のビーシュリンプやレッドビーも
意外なことに学名が付いていない不明種扱いです。
やはり、最初どこで採集されたのかが特定できないので、
種としての登録に必要な情報が揃わないということらしいです。
また、ビーシュリンプを種として登録するためには、
いっぱいいっぱい存在する未記載の近縁種
(タイガーシュリンプとかゼブラシュリンプとかニュービーシュリンプとか)
も同時に整理する必要があり、
それがあまりに大変なので学者たちが尻ごんで手を付けていない
という話もあります。

誰かやりませんか?
ビーシュリンプの学名をあなたの名前にできますよ!!!
なんて。


・・・話を元に戻しましょう。


このミステリーザリガニ、
低温にも強いので、日本に野生化したら大変なことになります!

バンバンとクローンが増殖します!

バンバンと!!!

いまは「謎の種」ということで曖昧になっていますが、
いずれは特定外来生物に指定される可能性もあるでしょう。

注意です。


ちなみに、
ミステリーザリガニ、ミステリークレイフィッシュという名で通用するのは日本だけで、
海外ではマーブルクレイフィッシュの名で流通しています。

その点も注意。

このブログでは何度かとり上げていますが、
日本独自の呼び名ってホント紛らわしいですよね。

それこそミステリーですよ。


最後にボディのアップ写真。
FLYING ROPEFISH!-ミステリー2
確かにマーブル(大理石)模様ですね。




人気ブログランキング参加中。
いつもクリックありがとうございます。
クリックはこちら

FLYING ROPEFISH!-ranking banner