FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

オスフロネームス・エクソドン その2

FLYING ROPEFISH!
最近さらに赤みを増してきた、オスフロネームス・エクソドン。

 過去記事はこちら→「オスフロネームス・エクソドン」

巨大になるオスフロ一族の中でも異端児で、
アナバンデッド界きっての怪魚。
なんてったって大きくなると牙が生えてくるのですから。

FLYING ROPEFISH!
普通に美しいレッドフィンオスフロなどと異なり、
血が滲むような「魔的な」赤がなんともいえず魅惑的です。

頭が良くてよく慣れるオスフロの仲間は、
「最高のペットフィッシュ」と言われる事が多いのですが、
このエクソドン種は大の「写真嫌い」。
カメラを向けると必死にかわします。

なんでやねん。

ついに向こう向いてしまいました。
FLYING ROPEFISH!
意外と平べったい・・・。

ちなみに、脇のアヌビアスはこのエクソドンがバリバリと食べるため、
いつも茎だけ状態。
草食の牙魚って珍しいですよね。

FLYING ROPEFISH!
体長と同じくらい長い腹ビレ。
こちらも赤く染まり始めています。

ちょっと前までは超希少種だったこのエクソドン、
最近では入荷が増え、価格も下がってきているようです。
しかし、エクソドンの大型個体は国内でもまだあまりいないと思うので、
がんばって育てないと。

●「カレー細胞」Facebookページはじめました。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

バンデッドグーラミィのひっぱたきバトル!

ペアで購入し、スネークヘッドガロと仲良く混泳しているバンデッドグーラミィ。

FLYING ROPEFISH!
しかしここにきて、
一つの疑惑が浮かび上がって来ました…

それは…

この二匹、オス同士じゃないの?
ということ。
メスと思われた個体も随分と色が上がってきて、
しかも、2匹が小競り合いを繰り返すようになったのです。

このバンデッドグーラミーが属するアナバンデッドの仲間には、
闘魚として有名なベタや沖縄の闘魚タイワンキンギョなどもおり、
このバンデッドグーラミーもなかなか面白いバトルを見せてくれます。

FLYING ROPEFISH!
ムチのように伸びた腹ビレを器用に動かして牽制し合います。
その動きはまるで人間の腕のよう。

FLYING ROPEFISH!
ぺしっ!ぺしっ!!

FLYING ROPEFISH!
ぺしぺしぺしっ!!

FLYING ROPEFISH!
ぐはぁ!!!

FLYING ROPEFISH!
逃がすかぁぁぁ!!

FLYING ROPEFISH!
さあ、もう逃げられまい・・・

FLYING ROPEFISH!
ジリジリジリ・・・・

FLYING ROPEFISH!
あっ!しまった!!

FLYING ROPEFISH!
まだまだぁ!!

FLYING ROPEFISH!
サイドアタック!!

FLYING ROPEFISH!
ぐはぁぁ!!

FLYING ROPEFISH!
逃げると見せかけて・・・

FLYING ROPEFISH!
急反転!!

FLYING ROPEFISH!
完全に形勢逆転! さあ、どうする??

FLYING ROPEFISH!
ジリジリジリ・・・

FLYING ROPEFISH!
チャージ!!
・・・ていうかキス攻撃!! チュッ!!!

FLYING ROPEFISH!
何?まだ闘うのか???

FLYING ROPEFISH!
ズバババババ!!!
アタタタタタタ!!!

FLYING ROPEFISH!
再びキス攻撃!! チュッ!!!

FLYING ROPEFISH!
もひとつキス攻撃!!! チューッ!!!

FLYING ROPEFISH!
・・・参った!!!


長き闘いは終わり、街に平和が訪れた。


そして、


闘い終えた心の傷を癒すべく、


戦士たちは互いに・・・


FLYING ROPEFISH!
熱いキスを交わすのであった・・・。

ブチューッ・・・



・・・懲りてねぇな。


●「カレー細胞」Facebookページはじめました。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

ミクロクテノポマ・ファスキオラータム

FLYING ROPEFISH!-ファスキオ5
2007年3/18、市ヶ谷フィッシュセンターにて入手したこの魚、
インボイス名は「クテノポマsp.cfコンギカム」
「sp.」というのは、「~の一種」。
「cf」というのは、「confer:参照」つまり「多分~かな?」ぐらいの意味。
なので「クテノポマsp.cfコンギカム」は翻訳すると、
「多分クテノポマ・コンギカムかな?と思われるクテノポマの一種」
となります。回りくどいですね。

ちなみに、クテノポマ・コンギカムという種は、
日本の図鑑にも載っていなければ日本への入荷もない種で、
現在クテノポマ属からミクロクテノポマ属へと再分類されたため、
正しくはミクロクテノポマ・コンギカムと呼ばれている珍魚。

ミクロクテノポマ属は10cmに満たない小型クテノポマで、
ヒレや体に綺麗な模様が入るのが特徴。体型もクテノポマ属と比べるとやや細長く、
アフリカ版のワイルドベタといった風合いの仲間。
日本には、
ミクロクテノポマ・アンソルギー(茶色と赤の縞々が特徴)
ミクロクテノポマ・ファスキオラータム(伸張する青いひれに入った細かい模様が特徴)
ミクロクテノポマ・ナヌム(普段はこげ茶、発色すると青味がかった縞が出るのが特徴)
の三種が入荷します。

ちなみにミクロクテノポマ・コンギカムは黄色がかった体色が特徴で、
ヒレには不規則な縞模様が入る種。
FLYING ROPEFISH!-ファスキオ4
この「クテノポマsp.cfコンギカム」の場合、
小豆色の体色にところどころ金色の発色がありますが、
ヒレに入る模様は縞にならず断続的なスポット状になっており、
かつ状態が上がったときには青味を帯びることからおそらく、
ミクロクテノポマ・ファスキオラータムの一タイプであろうと思われます。

FLYING ROPEFISH!-ファスキオ9
ミクロクテノポマ・ファスキオラータム
学名:Microctenopoma fasciolatum
別名:クテノポマ・ファスキオラータム(ファスキオラートゥム)
最大長:8cm
原産地:コンゴ、ザイール

ミクロクテノポマ属のなかでもアンソルギーと双璧をなす美種。
アンソルギーが生餌以外になかなか餌付かず神経質なのに比べ、
本種は何でも食べかつ物怖じしないので非常に飼いやすいです。

しかしこの個体は意味不明のインボイスで入ってきただけあって、
ノーマルのファスキオラータムとは少し趣が異なっているようです。
FLYING ROPEFISH!-ファスキオ8
まずは小豆色を基調にした体色。
ノーマル個体と比べると赤みが強いです。
FLYING ROPEFISH!-ファスキオ2
またエラ蓋など所々に金色の発色をしており、
それがコンギカムと混同された要因かと思われます。

そしてさらに体型。
FLYING ROPEFISH!-ファスキオ3
見事に反り返った頭部。アロワナでいうところのスプーンヘッド。
クテノポマの仲間は同じ種であっても体型が異なるタイプがいくつか見られることが多く、
洋書の「Aqualog:Labyrinthfish」では体型の違いごとの写真が紹介されているのですが、
この本によるとこのスプーンヘッドは「form C」というタイプに該当します。

FLYING ROPEFISH!-ファスキオ7
ヒレをピンと張った状態。結構ゴージャス。
ベタと同じアナバンデッドに属するだけあって、威嚇するときにはヒレを拡げます。

その様子を紹介。

FLYING ROPEFISH!-ファスキオ
混泳相手のクテノポマ・ウィークシーを発見。

FLYING ROPEFISH!-ファスキオ3
ヒレをギラギラと拡げながら相手を包囲・・・

FLYING ROPEFISH!-ファスキオ2
回転しながら自分の優勢を主張。

FLYING ROPEFISH!-ファスキオ6
そして、チャージ!

(ウィークシーの体側には、攻撃の的となる黒点があるんです。 →記事「クテノポマ・ウィークシー」参照)

とまあ、こんな具合でたまーに小競り合いをするのですが、
ベタと違い、相手のヒレをボロボロにしたり弱るまで痛めつけたりということはなく、
自分の優位が確保されたと思ったらまた何事もなく仲良くしています。

FLYING ROPEFISH!-ファスキオ
小さいけど丈夫で、時々思いもよらず派手になる、
そういう意味ではなかなか飽きのこない魅力の魚といえるでしょう。

人気ブログランキング参加中。
いつもクリックありがとうございます。
クリックはこちら

FLYING ROPEFISH!-ranking banner

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

バンデッドグーラミィ

FLYING ROPEFISH!-バンデッド8
バンデッドグーラミィ
学名:Colisa fasciata
最大長:12cm
原産地:インド、バングラデシュ

ドワーフグーラミィに似ていますが、
一回り大きく、より野性味溢れるグーラミィ。
FLYING ROPEFISH!-バンデッド
全体にドワーフグーラミィより色が濃い目で、
ショップではぱっと見「暗くくすんだドワーフグーラミィ」のように見られがちですが、
色が揚がった状態の本種は、ドワーフグーラミィでは太刀打ち出来ないほどの濃厚なギラつきで飼育者を驚かせてくれます。

FLYING ROPEFISH!-バンデッド5
そのワイルドな派手さは、
同じアナバンデッド仲間のタイワンキンギョ(パラダイスフィッシュ)ともちょっと似ていますね。

FLYING ROPEFISH!-バンデッド4
尻ビレのメタリックなギラつきは天下一品。

グーラミィの仲間はムチのような腹ビレを手のように自在に動かして周囲を探ったり、
互いにコミュニケーションをとったりします。
FLYING ROPEFISH!-バンデッド3
その自在な動きは一体どういう仕組みなのか…見ていて飽きません。
この腹ビレは触覚が高度に発達しており、
触れたモノの味まで判るとか。

FLYING ROPEFISH!-バンデッド7
現在はオスメスのペアと…

FLYING ROPEFISH!-ガロ
スネークヘッドガロの三匹で混泳中。

ガロの混泳適性診断として始めたこの組み合わせですが、
開始後一ヶ月を過ぎても全く問題ない様子。
互いに無関心…と言うか、自由に泳ぐバンデッドに対してガロが遠慮している印象。
サイズはガロのほうが三倍近くあるんですが。

FLYING ROPEFISH!-バンデッド6
時折尾ビレが裂けていますが、これはガロの仕業ではなく、ペア間の小競り合い。
アナバンデッドなので多少はしょうがないですね。

FLYING ROPEFISH!-バンデッド2
なまじポピュラー種のドワーフグーラミィに似ているばかりに、
綺麗なのにマイナー種扱いを受けている本種。
もしもショップで見かけたら注意して見てみて下さいね。

人気ブログランキング参加中。
いつもクリックありがとうございます。
クリックはこちら

FLYING ROPEFISH!-ranking banner

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

クテノポマ・ウィークシー

FLYING ROPEFISH!-ウィークシー4
クテノポマ・ウィークシー
学名:Ctenopoma weeksii
英名:mottled ctenopoma
別名:クテノポマ・オキシリンカム、オキシリンカス、ウィークシィ
最大長:20cm
原産地:ザイール

アフリカに住むアナバンデッドの仲間。
旧学名のクテノポマ・オキシリンカムと呼ばれることもあります。
一見とても地味で図鑑にもぱっとしない写真が載っているため人気はイマイチですが、
飼育してみると色々な素晴らしい魅力に溢れています。

(魅力その1…丈夫)
他のアナバンデッド同様、
えら蓋の内側にあるラビリンス器官によって空気呼吸が可能です。そのため酸欠に強く、温度や水質の変化にも適応します。
クテノポマによく見られる目の白濁もこの種では少ないようです。
FLYING ROPEFISH!-ウィークシー8

(魅力その2…混泳が容易)
最もポピュラーなクテノポマであるレオパードクテノポマも混泳が容易な種ですが、
似た体型の魚にはチョッカイを出す事があります。
このウィークシーは、珍種マクラータムと並びクテノポマの仲間で最も温和な種。
打たれ強く再生能力も高いので、
複数飼育や他種との混泳も問題もなく楽しめます。
FLYING ROPEFISH!-ウィークシー6

(魅力その3…豊かな表情)
本種は頭がよく、シクリッドやスネークヘッドのようによく人慣れします。
また、環境や気分によって体色のパターンを自在に変化させるため、
感情表現がとても豊かです。

パターンA…鮮やかなまだら模様。気分がいい状態。
FLYING ROPEFISH!-ウィークシー
FLYING ROPEFISH!-ウィークシー4

パターンB…マダラが消え、代わりに体側中央に大きな点、尾びれが黒く縁取られるパターン。警戒モードです。
FLYING ROPEFISH!-ウィークシー11
FLYING ROPEFISH!

パターンC…全体に色濃く、うっすらと緑が乗るパターン。落ち着いた状態。
FLYING ROPEFISH!-wi-kusi-
FLYING ROPEFISH!-ウィークシー10
FLYING ROPEFISH!-ウィークシー3


同種同士が争う時にはパターンBのモードになり、
巧く間合いを調節しながら相手の体側中央の黒点を狙い体当りします。
FLYING ROPEFISH!-ウィークシー7
そう、この黒点は何を隠そう「ゲームの的」なのです。
何度かどつきあい、勝負ついたと見ると、
敗者は「参りました!」とばかり降参するのですが、
その降参の仕方が洒落ています。

なんと、落ち葉が舞い落ちるかのような芝居で、
はらはらと水底に落ちながら戦線離脱するのです!!

一見の価値ありです!
FLYING ROPEFISH!-ウィークシー2

お店じゃわからないこの種の魅力。
スズメのような可愛い顔、
ギザギザのヒレをピンと張って泳ぐ野性味。
飼っていると本当に愛着のわく魚です。

FLYING ROPEFISH!-ウィークシー5
小型ポリプやアミメウナギのタンクメイトに。
水草水槽に。

クテノポマ・ウィークシー。
マイ・ベスト・フィッシュの一つです。

人気ブログランキング参加中。
いつもクリックありがとうございます。
クリックはこちら

FLYING ROPEFISH!-ranking banner

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット