FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

クサカゲロウ

昨日とても久しぶりに、
東熱帯魚研究所へ行って来ました。

道中、
西武山口線の車窓の戸袋に虫がいるのを発見。
FLYING ROPEFISH!-kusakagerou
FLYING ROPEFISH!-kusakagerou2
ヤマトクサカゲロウ
学名:Chrysoperla carnea
別名:ニッポンクサカゲロウ
体長:22~29mm
分布:本州,四国,九州,南西諸島
出現時期: 6~11月 (成虫にて越冬)

クサカゲロウの仲間は、英語でGreen lacewingと呼ばれ、
透き通るような薄緑色の体に美しい透明な羽を持つとても繊細で美しい昆虫。
夜行性で灯火に集まり、夏の夜、家の窓に止まっているのをよく見かけます。
ただ今は2月。
暖かい場所を見つけてそこで越冬しようとして、
そこがたまたま電車の中だったのでしょうか。

地球温暖化の影響での発生ではないことを祈ります。

クサカゲロウの名前は、その草色の体色のためという説のほか、
臭いためとする説もあります。
この昆虫を手でつかむと独特のにおいを出すのです。
但し、クサカゲロウの仲間でもにおいを出さない種も多くいます。

FLYING ROPEFISH!-kusakagerou3
背中に黄色い筋。
おろらくヤマトクサカゲロウでしょう。

クサカゲロウの仲間は、
粘液の糸の先に卵を産みつけ、葉の裏にぶら下げます。
外敵から卵を守るためです。
白い卵が糸の先に垂れ下がる様子が花のように見えることから、
「優曇華(うどんげ)の花」と呼ばれます。
優曇華とはインドの伝説で三千年に一度咲くという吉兆の花。

なんだか幻想的ですね。

幼虫になるとアブラムシを食べて成長します。
そのためヤマトクサカゲロウの幼虫はなんと、
天敵殺虫剤として農薬登録されているのだそう。

販売もされているようで、

商品名:カゲタロウ
有効成分:ヤマトクサカゲロウの幼虫
適用害虫:アブラムシ類


だそうな。
要は幼虫を購入して放し飼いしとけって訳。
こんな農薬だったら使ってても有機栽培といえますね。

成虫の餌は「甘露」すなわちアブラムシの出す蜜や花の蜜など。

クサカゲロウは、
ちょっと臭い以外は綺麗で幻想的で役に立つ虫のようです。

FLYING ROPEFISH!-kusakagerou4
FLYING ROPEFISH!-kusakagerou5

さて、電車が走り出しました。

FLYING ROPEFISH!-kusakagerou6
FLYING ROPEFISH!-kusakagerou7
なかなか風情のある絵が撮れました。


この後、東熱帯魚研究所でまたまた珍魚を入手することになるのですが・・・
そちらはまたの機会に。

乞うご期待。


人気ブログランキング参加中。
いつもクリックありがとうございます。
クリックはこちら

FLYING ROPEFISH!-ranking banner

関連記事

コメント

4. はじめまして

あの、、すごい詳しくて 楽しいです(^^)
小さい頃から虫と爬虫類大好きだったので(^^)
魚も大好きです(^^)
また見に来ますね(^^)

  • 2009/02/16(月) 20:41:43 |
  • URL |
  • 魔法のランプ #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

3. 東熱帯魚研究所は

一度行くと判りますが、ショップという雰囲気は全くなく、まさに「研究所」。
この日は数々の執筆で有名な東博司氏、隆司両名もおり、非常に楽しいひとときを過ごすことが出来ました。
単なる「買い物」とは全く違う体験が出来る場所なんです。

珍魚は状態が落ち着いてから紹介しますね。
もう少しお待ちください。

  • 2009/02/16(月) 19:56:06 |
  • URL |
  • ropefish #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

2. すごいですね!

こんな細かく分析できるってすごいですね!



僕も、
東熱帯魚研究所行ってみたいです(*´ー`)

  • 2009/02/16(月) 19:46:54 |
  • URL |
  • アロワナマン #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

1. 詳しすぎてびっくりです

東熱帯魚研究所はかなり行って見たいショップですね。HPの入荷情報はしょっちゅうチェックしてますよ。珍魚かなり楽しみです。

  • 2009/02/16(月) 16:57:22 |
  • URL |
  • warmeazy #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/75-819ed0f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)