FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

知られざるペルー料理の老舗名店。「INKA」(六会日大)

ちょっと前に見つけて気になっていた。
行こう行こうと思っていた。
六会日大前の線路脇に佇む、味のある店構え。

一見、スナックかなと思える風情ですが、よく見れば店名がほら。


「INKA」(インカ)

そう、実はここ、ペルー料理のレストランだったんです。

早速入店してみましょう。

お店の作りはスナック風ですが、雰囲気はかなりアットホーム。


壁にズラリと並ぶペルー料理の数々は圧巻。
セビーチェやロモサルタードといった、ペルーを代表する料理だけでなく、ペルーのスパゲッティやら、ペルーのワンプレートライスやら、多彩な食文化が複合するペルーのリアルフードもあれこれ。

ちょっと興奮してしまいますね。

そしてお店のマスターは・・・あれ?日本人?

実は違いました。

この店のマスターは沖縄系三世ペルー人のヴィクトル・ウーゴー・ミヤシロさん。
(メチャクチャ格好良い名前!)

リマに隣接するカヤオから来日、この場所に店を構えて23年。
オープン当初はこの辺りにペルー人も多く賑わっていたそうですが、リーマンショック、東日本大震災と徐々に客が減り、いまはかなり落ち着いてしまったそうです。

なるほど、古くから移民受け入れに積極的だった大和市にも近いし、そのような経緯があったのですね。


★クリスタルビール ¥600

まずはペルーのセルベッサ。
あ、ペルーは南米スペイン語なのでビールじゃなくてセルベッサというのですよね。
標高3000mのペルー・アレキパの街でいただくより泡立ちも良く、逆に美味しいです。


★ピスコサワー ¥700

朝にピスコサワー、昼にピスコサワー、夜にピスコサワー、寝る前にピスコサワーといった具合に、ペルーの国民酒といわれるピスコサワー。
ブドウから作る蒸留酒のサワーなのですが、これ、日本でいただいたピスコサワーの中でナンバーワンの美味さです。
今すぐまた飲みたい!


★アヒ デ ガジナ AJI DE GALLINA \900

こちら日本では「ペルーのカレー」と呼ばれることもある料理。
アヒは唐辛子、ガジナは雌鶏。
鶏肉を唐辛子とチーズで煮込んだソースをライスと共にいただく料理です。


そもそも唐辛子の原産地でもあるペルーですが、この料理に用いられる黄色い唐辛子は全く辛くないもの。
むしろ香りや旨み押しで、香り高いシチューライスといった感じなのです。
が、ここのアヒ デ ガジナは塩気の決まりっぷりもバッチリで、なんだか毎日食べたい味わいです。
ちょっと感動。


★アンティクチョス ATICUCHOS \600

特製スパイスに漬けた牛ハツ焼き。
これはいい感じに旨みが生きていて、素晴らしい酒のおつまみ!

アットホームでありながら、ビシッと決まったホンモノのペルー料理を提供してくれるこのお店。
ただただ鄙びて客足が遠のいていくのは勿体なさすぎる!

これは応援せねばなりません。
東京からペルーに行くよりは圧倒的に近い六会日大前。
是非皆さん足を運んでみてくださいな。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第4便
この頃、地方のカレーがアツすぎる。 文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

インカ



関連ランキング:中南米料理(その他) | 六会日大前駅


関連記事

テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/4546-b341e1fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)