FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

「ケララバワン」で楽しく南インド料理(練馬)

練馬区役所近くにある人気の南インド料理屋「ケララバワン」。
先日、ディナー予約して行ってきました。
FLYING ROPEFISH!
ここ一、二年で急速に都内に増えている南インド料理店ですが、
ここは比較的早く南インド料理を名乗ったお店です。

現在日本にあるインド料理店の約9割は北インド料理。
それも、シェフはインド人だけでなく、ネパール人、バングラディッシュ人、パキスタン人と様々。
世界地図を見ればわかりますが、これらの国々はインドと地続きなため、食文化もかなり共通しているわけです。ならば「インド料理」と謳って店を出したほうが客が良く集まるということで、みな「インド料理店」を名乗っているのです。

一方で南インドといえば半島の先のほう。
地続きで隣接する国もなく、純粋にインド。
昨今の南インド料理店の増加はIT系の仕事におけるインド人の増加と比例しているのだそう。

ケララバワンとは「ケララの家」という意味。
インド南端ケララ州出身のオーナー、サッシーさんが手がける、
ケララの家庭の味が楽しめるお店なのです。

さて、料理です。
まず南インドといえばこれ。
FLYING ROPEFISH!
キーマドーサ ¥980

巨大クレープといえば大体わかる感じです。
ここのドーサはシンプルで食べやすい。
「ニルヴァーナ スパイスカフェ」の洗練されたドーサとは対極的に、家庭的なドーサ。
ケララの子供たちが大喜びしながら食べる光景が目に浮かびます。
ラッサム、ココナッツチャツネ、トマトとダールのチャツネ付き。

そしてこちらも南インド特有の料理ですね。
FLYING ROPEFISH!
ダール ワラ(ワダ) ¥350(2P)

和田さん(笑)。
豆のハンバーグ、と説明されていますが、実際には豆を使った硬い衣が特徴のカレーコロッケ、
みたいな感じでしょうか。
食感もよく、スパイスがピリリと利いて、凄く凄く美味しいです。
必ず注文してください。

次はちょっと珍しい料理を。
FLYING ROPEFISH!
イドゥリー/チキンワルタカリー ¥1080

イドゥリーとは米で作った蒸しパン。ケララの家庭ではポピュラーなパンなのだとか。
ふわり軟らかく、例えて言えば、うーん・・・胸パッドみたいな感じ、です(笑)

カレーは選べたので、チキンワルタを。
このワルタがなかなか美味しい。
独特のクセがあるカレーなのですが、スパイス好きにはたまらないクセです。
これもお勧め。

FLYING ROPEFISH!
チキンビリヤーニ ¥1080
バスマティライス使用。
何が美味しいって、チキン。
スパイスが「味カレー」のごとく染み込んでディープに旨い。

そして、こんなのも。
FLYING ROPEFISH!
ケララ ミールス ノンベジ ¥2000

ケララの定食。
(ケララ ミールス ベジは¥1500)
ミールスを提供する店は都内にも増えていますが、
ここのミールスの特徴は一言で言うとマイルド。
やはり家庭的な味なんでしょう。お米はバスマティではなく、日本米なのですが、
これもオーナーの地元での食べ方を再現しているのだとか。
同じ南インドといっても、地方や家庭によってちょっとずつ調理が違うのは、日本と同じですね。
ラッサムと、チャツネが特に美味しかった。
このミールスだけでも充分に楽しめるのですが、やはり魅力的なサイドオーダーが多いので、
一人よりも何人かで訪れるのがいいですね。

そして、ちょっと意外ですがこんなメニューも。
FLYING ROPEFISH!
バターチキン ¥980
ナン ¥280


日本の皆様にはおなじみの北インド料理です。
カレーのラインナップとして取り揃えられているのですが、
意外に(?)、カレーもナンも美味しかった。
充分、こっちでも勝負できますね。

さて、美味しい料理が楽しめるのはもちろんのこと、
ケララバワンが素晴らしいのはその接客。
カジュアルでフレンドリーな店員さんたちとの会話がとても楽しいんです。

実はオーナーのサッシーさんの奥さんは漫画家の流水りんこさん。
(「インド夫婦茶碗」という作品ではこちらオーナー夫婦の私生活が楽しめます(笑)。)
この日はサッシーさんの楽しいお話をたくさんお聞きすることが出来ました。

ご家庭に寿命100年といわれるパナマボウシインコがいる話、
家ではこのインコが一番えらくて、一番最初に食事を運ばないと怒るという話、

そしてケララの美しい自然の話、
年一回ケララに帰っているサッシーさん。
ケララ州は雨季が終わる八月がさわやかで最高なのだとか。

そのほか、日本ではスパイスが北インドのものしか手に入りにくくて大変という話も・・・

なかでも一番びっくりしたのが、このサッシーさん、この店を開く前は
私の好きな日比谷の「おいしいカレー工房 ひつじや」の店長だったのだとか!?
「ひつじや美味しいですよね」って言ったら「でしょ?いい店ですよ」って。
ひつじやのスープカレーはサッシーさんが開発したそうで、
うん、信頼度アップです。

お店のHPで「チャイ無料チケット」をプリントアウトしていたので、
食後にチャイがやってきました。

それも楽しい、南インドスタイルで。

FLYING ROPEFISH!
ササッ!
FLYING ROPEFISH!
ビヤヤヤヤーッ!!

一メートル以上の高さから注ぐチャイは良く泡立っていて、甘くて、とても美味しかった!
絶対チケットは忘れず用意していきましょう!

店を出るころには店は完全に満席。
地域に愛された、練馬が誇る良店ですね。

⇒「ケララバワン」HP
⇒「流水りんこ オフィシャルホームページ」

ケララバワン
練馬区豊玉北5-31-4 松村ビル1F
電話:03-3991-5218
営業時間:11:00~15:00 17:00~23:00
定休日:月曜

印度定食屋繁盛記 働く!!インド人/流水 りんこ

¥735
Amazon.co.jp

インド夫婦茶碗 (Bunkasha comics)/流水 りんこ

¥680
Amazon.co.jp

人気ブログランキング参加中。
いつもクリックありがとうございます。
クリックはこちら

FLYING ROPEFISH!-ranking banner


ケララバワン (インド料理 / 練馬、豊島園、桜台)
★★★★ 4.0


関連記事

コメント

8. 無題

>spicecherryさん
お、サイト内リンクも張ってみるもんですね(笑)
ケララバワン、有名な割りに未訪な方が多い店のようです。
練馬という地はそれほどマイナーなのでしょうか…

しかし、この頃は今ほど南インドに詳しい方々に読まれることを想定していない書き方ですね…(笑)

あ、まぁ啓蒙的にはそれでいいのかな。
初心に戻ろう。

  • 2010/06/04(金) 04:13:47 |
  • URL |
  • ropefish #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

7. 行ってみたいですね

シェフから話は聞いているけど、遠くて未訪。
ティファンメニューが充実しているんですよね。ドーサの種類も多いとか....ひとりで行くときはタッパー持って行かなくてはなりませんね。

  • 2010/06/04(金) 02:45:14 |
  • URL |
  • spicecherry #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

6. 無題

>こすけさん
都内の他の南インド料理屋と比べても、ここは断然アットホームな雰囲気が楽しい店です。

サッシーさんの家庭の味なので結構リアル南インドだと思います。
練馬ですが、足伸ばせますか?

  • 2009/12/30(水) 06:14:51 |
  • URL |
  • ropefish #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

5. めっちゃ行きたいお店なんですよ!

良いなー!!めっちゃ美味しそう!今度行く際は声かけてくださいよー!!行きたいです!

  • 2009/12/29(火) 11:10:02 |
  • URL |
  • こすけ #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

4. 無題

>らむこさん
チャイを入れてくれているのはサッシーさんと別の店員さんです。
サッシーさんは漫画と髪型が同じなのですぐ判りますよ。

  • 2009/12/29(火) 09:32:44 |
  • URL |
  • ropefish #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

3. ここ

行きたいお店の一つですo(^-^)oチャイを入れてるのはサッシーさんですか?
この漫画面白いですよね!

  • 2009/12/29(火) 09:27:55 |
  • URL |
  • らむこ #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

2. 無題

>ミュジニーさん
行く機会があったら是非注文してみてください。

そして…胸パット以上に相応しい例えが見つかったら、教えてください(笑)。

  • 2009/12/28(月) 13:08:25 |
  • URL |
  • ropefish #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

1. 無題

胸パッド(笑)
美味しそうって見てたのに、ププッでした~。
こんなに色々食べたら、大満足ですよね♪♪

  • 2009/12/28(月) 07:15:11 |
  • URL |
  • ミュジニー #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/452-b7564421
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)