FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

学大に待望の復活!カレーも飲みも居心地最高。「sync 森カレー」(学芸大学)

かつて学芸大学でコアな人気を博したカレー店「sync」。
恵比寿店をオープンしたのち、学芸大学のお店はクローズしていたのですが、ついに帰ってきました。

「sync 森カレー」

以前あった場所とは違い「C/NE」というコミュニティスペース(文化会館)の月曜から金曜を借り切っての営業。
この場所がまた素晴らしいんです。

木造お座敷スタイルの店内。


バーカウンター席もリラックスの極みです。


わぁわぁわぁ、大好きなクラフトジンもズラリ勢揃い。
夢のような空間であります。


★クラフトジン オピーア ¥900

こちら私が、酒好きのカレー好きには必ず勧めているスパイスジン。
わかってる感が半端ではありません。
まさに飲むスパイス料理。絶対飲むべし。

酒のつまみとなる一品料理も充実。
ヤバい、カレー屋と思って油断してた。

★森から(とり唐揚げ) ¥500

この唐揚げがレベル高し。
プリプリの食感は、大山鶏の胸肉を用いているそうです。
(日によって使う部位は変えているとか)
たまりませんな。

そしてカレー。
以前と変わらぬ定番カレーの他に、黒板メニューに限定カレーがあったのですが、これがまた危険極まりない。

★発酵力カレー ¥1300
(塩麹ポーク/納豆/豆豉/ネギ)


なんと、発酵尽くしのオトナカレー!
ちょうど前日に南方中華料理「南三」と納豆バーのハシゴをし、良い感じに脳が醸されていたタイミングだけに、さらにヤバい!

一口食べると、口内脳内醸し醸され大変な旨み。
コドモにゃ絶対解らないオトナの愉悦が襲いかかります。


底に潜んだ塩麹ポークはまさに、食べる古民家。
鄙びた旨みがどこまでも深く拡がります。

カレー屋としても飲み屋としても素敵すぎる店となって学大に帰ってきた「sync」。
10月からはついに、永遠の傑作「牡蠣とクレソンのカレーもスタート。
これはヤバいことになってきましたよ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第2便 ドライカレーの世界。文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/4490-4e90f24c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)