FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

ハンバーグが美味すぎる、江古田のバングラデシュ。「マヒ グローバルダイニング」(新江古田)

江古田のはずれ、ひょんなことから面白いお店を発見しました。


「マヒ グローバルダイニング」

看板に見えるハラールの印。
そう、実はこちらの店主、バングラデシュの方なんです。


お店を斜めから見てみると、あ、門構え以外は古民家??


中はしっかりリノベーションされていますよ。


★アサヒスーパードライ 中生 ¥380

あぁ、都心では望むべくもない価格。
板橋・練馬価格です。

さて、この店の注目ポイントその1はイタリアン。
江古田にはバングラデシュ人によるイタリアンレストラン「プランボーネ」というお店があるのですが、現在はランチ営業のみ。
そしてその人気メニュー2品が、夜でもいただけるのがここ「マヒ」というわけなんです。
バングラデシュ人繋がりのコラボ、これは楽しみですね。


★自家製ミート&バジルソースのピザ ¥700

おお、これは美しい!

生地はパリッと硬め、チーズに絡むバジルソースがなんとも美味いですね。
サイズは小ぶりなので、お酒と合わせるスターターにも最適です。

そしてこれ!これがもう凄かった。

★江古田ハンバーグ ~自家製てりやきソース ¥1000

実はこれ、日本醤油協会主催の「しょうゆ味レシピ&エピソードコンテスト」で金賞を受賞してしまったメニューなんです!
バングラデシュ人の開発したハンバーグが醤油協会から賞をいただくなんて、まさにグローバル。
「news every.」で紹介されたこともあるとか。

しっかりハリのある肉に、ミョウガ、紫蘇、大根おろし、そして醤油。
いやまぁ、ビックリするほど旨い!!
普通のハンガーグハウスじゃ勝てない美味さです。

思うに、その美味しさのポイントは、日本人にとって馴染みあるミョウガや紫蘇を、バングラデシュ人視点で「面白いハーブ」として構築している点。
先入観がないからこそ、食材の意外な美味さを引き出せているんですね。

しかも、味がしみたキャベツがまた美味いんだ。


★ハイボールブラックニッカ ¥350

相変わらずお酒が安くて嬉しい!

そして、このお店のもう一つの魅力は、もちろんバングラデシュ人のお店ならではのメニュー。
ニハーリ、ハリーム、ビリヤニも常時提供しているんです。


★ニハーリカレー ¥1100

パキスタンやバングラデシュ、インドのムスリムたちの間で愛される「ニハーリ」。
羊のスネ肉を骨ごとじっくり煮込んだスパイススープなのですが、これがデフォルトでなかなかええ感じの辛さ!
仕立てはバングラデシュ現地式というわけでなく、どちらかといえばインドスタイルです。

あわせたのはこちら。

★カブリナン ¥500

カブール地方を語源とする、ドライフルーツ入りスイートナン「カブリナン」ですが、その仕立てはお店によってそれぞれ。
ナンの上に具材を塗るタイプもありますが、こちらは詰め物タイプ。
しかも面白いのは、甘さ控えめ、ゴマをふんだんに用いていること。
実は私、ゴマをたっぷり使ったゴマナンも好きなんですが、あれって食べるたび胡麻がパラパラ落ちて勿体ないんですよね。
このカブリナンなら、ゴマを取りこぼすことなくたっぷりいただける。最高です。


★ビーフティッカ ¥900

ビーフカレーにビーフステーキ・・・ムスリム国家バングラデシュならではの牛肉料理もあれこれ。
こちらのティッカは肉汁たっぷり、味しっかり濃い目でナイス。
ここ、肉料理レベル高いなぁ。


★ククリラムコーク ¥600

「グローバルダイニング」を謳うだけあって、インド・バングラデシュ・イタリア以外の国の料理やお酒もあれこれ。
こちらはネパールのラムで作ったラムコーク。
私のお気に入りです。


★シンハー ¥600

こちらはタイのビールですね。


★チキンビリヤニ ¥900

〆はやっぱりビリヤニでしょう。
しっかりバスマティ米使用ですが、すでにあるベースをサッと仕上がるオペレーションらしく、提供はクイック。
なかなかちゃんとしたビリヤニですよ。

食後は店長さんと暫し歓談。
オープン当初は、これ以外お現地式バングラデシュ料理もメニューにいれていたのですが、あまり食数が出なくて引っ込めたそう。
けれど、希望するお客さんは事前に連絡いただければバングラデシュ料理出します!とのことです。
バングレデシュ式ニハーリだって出せるそうで、これはまた予約して再訪するしかないですね。

江古田南アジア系、期待の星なのでした。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第2便 ドライカレーの世界。文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

マヒ グローバル ダイニング



関連ランキング:インド料理 | 江古田駅新江古田駅東長崎駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/4461-0eb098c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)